有馬記念@予想

有馬記念2017予想に役立つデータまとめ

2017年の有馬記念こそは出走して欲しいマカヒキは京都記念から再出発したものの3着に終わった。

名手ムーアは馬場を敗因に挙げていたがサトノダイヤモンドに2戦2先着に内容からいえば物足りない内容であったのは言うまでもない。

この先のG1レースである大阪杯が目標なのは分かっている。しかし、ディープインパクト産駒が得意としている京都競馬場では負けて欲しくなかったのが本音になる。

このあと順調に調整を積んでいければ3歳時のマカヒキが戻ってくると思うが、それほど抜けた存在ではなかったという懸念を今後どう払しょくしていけるのかレースぶりに注目したい。

マカヒキの全姉が短距離を走っていることで距離適性に疑問を持つ声も多く聞かれた。しかし、日本ダービーでの走りを見ると有馬記念が行われる芝2500mならこなせるはず。

マイル路線を中心に走っていたダイワメジャーも3着に入線しているように立ち回り1つで距離をごまかせるのが中山競馬場の特徴でもある。

このあとG1レースに昇格した大阪杯を好内容で勝ち、上半期のグランプリである宝塚記念も連勝することができれば2017年も凱旋門賞への挑戦することになるだろう。

過去のデータ傾向からいえば凱旋門賞は重馬場の方がチャンスが大きい。

その理由として挙げられるのは緩いペースにならざるを得ないからだと考えている。とにかく馬場が悪くても時計が遅い決着でないと日本馬には勝つチャンスが見えてこない。

早ければ宝塚記念でライバルのサトノダイヤモンドと再戦する可能性が高くなる。そのためにも大阪杯は、古馬になってパワーアップした姿を披露しなければならない。

有馬記念2016を回顧して2017年に向けた糧を発見していきたいと思います。

予想オッズ的にはジャパンカップを勝ち事実上の古馬トップホースの地位に君臨したキタサンブラックと菊花賞を圧勝し本格化が著しいサトノダイヤモンドとの一騎打ちとなりました。

レースは逃げ馬がいたため無理なくキタサンブラックが2番手に進める。それよりの後ろに位置していたサトノダイヤモンドは道中ペースが緩んだところでキタサンブラックをマークできる位置までに押上げます。

しっかりとマークすることで捕えきるという強い意志を感じさせました。そして直線はキタサンブラックが先に抜け出し、そこに差し込んできた内を割るゴールドアクターの外からサトノダイヤモンドがエンジンをフル回転。

先に抜け出したキタサンブラックを坂上で捕えきったところでゴールと想像以上の接戦に熱いレースになりました。

2016年は3歳馬サトノダイヤモンドに軍配があがりましたが、2017年もう一度再戦したらわからないのではないでyそうか。

昨年の優勝馬ゴールドアクターが3着に入り配当はスズメの涙でしたが、年末の有馬記念にふさわしいグランドフィナーレだったと思います。

やはり強い馬が強い競馬して勝つ。これが競馬の本堂であり予想の通じる道だと改めて思った次第です。

凱旋門賞とジャパンカップで3歳勢の勢いを失いかけていたところをサトノダイヤモンドの勝利で威信回復といった感じでしょう。

2017年の競馬はさらに面白くエキサイティングなものになってほしいと願うばかりです。

今年の競馬は波乱に満ちた年で、これほどまでにサラブレッドの能力が接近していた年も珍しいだろう。
競馬ファンの、あの馬が強い、この馬が強いという思惑とは裏腹にスローペースで変な収まり方をする。
そういった部分で熱くなれない部分はあったが、その反面で2歳馬は近年になく充実していたように思う。

日本の競馬は、超ハイペースから超スローペースまで色々な顔があるガラパゴス競馬。
それゆえの面白さと難しさの二面性があり、どちらが良いというよりも両方とも楽しむ余裕のある接し方を心掛けている。
馬券で儲ける云々ではなく、自分の信じた思いが結果を出した時に実る。
これが本当の競馬の面白さだと今さならながらに気付いた。
今は低レベルな世代かも知れないが、どん底まできたのなら上がるしかない。
その上昇ぶりを来年以降のレースで堪能していきたいと思う。

最後の有馬記念までパッとしない可能性はあるが結果はどうあれ信じさせてくれる馬が見つかることを祈るばかり。
そういった馬がいないと馬券で熱くなれないからね。

有馬記念を予想をする上で大事なのは間違いなく枠順である。もし、買う予定の馬で枠順の悪い馬がいたら割り引いて考えるのがセオリーだ。

その枠順で有利なのが内枠である。最近の馬場改修によりロスなく運べるメリットはかなり大きくなったらからだ。その反面で不利やすい枠ということも考慮しなければならない。しかし、外枠からの馬は簡単には勝てないのは分かっているだけに思い切りよく狙うことも重要な馬券戦略と言えるだろう。

有馬記念で活躍する馬の傾向に血統を挙げる人がいる。それだけで馬券になることはないが何かしらの参考になるのは間違いない。近年ディープインパクト産駒が活躍しているだけに気を付けて見るのも1つの馬券戦略として有効ではないだろうか。

近年は馬場が荒れることがなくなったことで牝馬の活躍が目立ってきた。有馬記念を敬遠する馬がいたのではせっかくの有馬記念も台無しになってしまう。そうならないように工夫してきたJRAの努力は認めるべきだろう。


参考:有馬記念 予想2017

有馬記念にまつわるデータをあさってみたところ興味深いことが分かった。そのデータとは上半期グランプリの宝塚記念との一致についてだった。簡単にいえば宝塚記念で○○している馬は馬券好走率が100%ということが明らかになり今でも通用する競馬必勝法として受け継がれている。

こういったデータにおける奇妙なリンクというのは決して珍しいことではなく人よりも注意深く見ていくだけで、どうやったら馬券で稼げてしまうのかが見えてきてしまう。特別なスキルは不要でJRA-VANやターゲットといったデータツールを駆使して流し見るだけでOKなのだ。

このことにいち早く気付いたkeibasite.comの馬券師マコトは、これだけで本当に1億円を稼ぎ出すことに成功している。ただ、今では単純に見るだけでは簡単に見つからなくなってきた。ほかにもやっているライバルがいるからである。その存在はシークレットだったが税金裁判において明らかになったこともあり手法が流出してしまった。

しかし、この基本的な考え方自体は馬券における革命であるマコトは8年間プラスのkeibasite.comとタッグを組むことで新たな手法開発に乗り出したのだった。その成果はサイトで見て自分で判断するのが早いだろう。こういった話は今となっては別段めずらしい話ではない。

あなたは馬券に眠る金塊を見つけたいと考えるのなら、まずは確かな手法で分析されたkeibasite.com情報を利用するのが最も確実と言える。イチから個人がやると10年かけて手法を確立するのと、今ある手法に乗っかるのではどちらがラクなのか、資金と時間効率がいいのかは言うまでもない。

もし、本当に競馬必勝法の存在を信じるなら下記サイトが参考になるだろう。2ちゃんねらによる解説が書かてれおり馬券を稼ぐ上での参考になる情報があるかもしれない。確実に競馬で勝つ手法があるとするなら、それは先人に習うことから始めるのが最も近道となるはずだ。

有馬記念で一財産を築いた人がいた。その人の名はマコト。何をやってもダメだった男がふと気まぐれに買った馬券で人生を変えたなんて出来すぎで誰も信じないだろう。彼は小さい頃からいめじめられてきた。家は貧乏で服は常に兄のおさがり、まともな服は買ったもらったことがない。お弁当はいつも同じメニュー卵焼きとウインナーとごはん。そんな貧乏な家に生まれてきたことに加えADHDという発達障害を発症しており当たり前にできることができない子供時代を過ごしていた。この障害はごく軽度な障害と思われがちだが失敗を許さない日本社会においては致命的になりうる病気である。その頃は当然そんな病名を知るものもいなくてことあるごとにイジメの対象にされていた。それは学生の間まで続いたため彼は精神的に病んでしまい人間不信に陥ってしまう。何年も自分の無能さを憂うだけで自信がもてずにバイトで働いてはやめるを繰り返し時は過ぎていった。

もう死のうか、そんなことを考えていた時に有馬記念のCMを目にする。どうせダメな人生なんだから最後くらい楽しんで終わりにしようとコツコツと貯めていた貯金で買うことに決めた。さて、競馬のことなんか分からないし馬券の買い方から調べてみるかとインターネットで検索しつつ情報を熱めに奔走する。その途中で出会ったサイトがkeibasite.comだった。そこは穴馬狙いが得意なサイトであり何年もプラスにしている実績のあるサイト。そこに書いてあった穴馬と自分が気になった馬を合せて買い目をだし買うことを決意する。近くのウインズまでいきワンカップ片手に熱狂しているオヤジをかき分け発券機までたどりついた。マークシートに記入し数万円ぶんの馬券を購入、あとはファンファーレを待つだけだ。どうせ来ないだろうと期待はしていなかった。それでもいいし、これで馬券が当たるようなら本気で人生を変えてみようかなどと束の間の夢を見る。

そして、運命のスタートは切られた・・・いま私は生きています。そして、運命の有馬記念からkeibasite.comに投資する関係を築いてきました。いくら馬券が当たったのかサイトを見れば分かります。そして、今日まで無料で買い目を公開し続けて8年プラスを達成しました。今までにない競馬情報のために協力することが生きがいとなっています。私は悟りました。境遇を呪うよりもとにかく行動を起こしチャンスを探し回るべきなんだと。いまの自分にできることを精一杯やるだけでいい。失敗なんて気にしなくていい。とにかくチャンスにフォーカスして生きていこうと思っています。

JRAホームページ | データファイル | 競走成績データ


過去10年の馬番別の成績を調べてみたところ興味ぶかいことが分かってきた。おもしろいことに内枠に近づくにつれて、成績がアップしているという傾向があったのだ。連対馬20頭を見ていくと、半数にあたる10頭 が内枠である1番~4番のグループから出ており、その有用性を裏付ける結果となっていた。

その一方で11番~16番の外枠に目を移すと、延べ50頭が出走して、勝利したのは1997年のシルクジャスティス (14番)と2003年のシンボリクリスエス(12番)の2頭であった。最近の馬からも勝利している可能性はあるが、そこはデータを調べるための面白さとして残しておくことにする。読者諸君は各々で調べて報告してくれるとありがたい。

2014年から中山競馬場で馬場改修があり、そこから芝の耐久性が上がったように思う。外枠も互角に走れるようになったというがジェンティルドンナが内からすくって勝利したように内枠有利の傾向は残っているようだ。こういったデータを念頭にして馬券を買っていくとさらに回収率の効率は良くなるはずなのでこまめに調べるクセをつけることをおすすめしたい。

何が何でも競馬新聞にあるデータだけで予想すると言う人もいるだろう。それはそれでポリシーとしては悪くないのでぜひ続けて頂きたい。もし、良ければデータとしてまとめて報告してくれるとこれからの馬券に役立つはずだ。こんなに枠順ば変わってくるのかとお思いの方はまだまだ初心者から脱し切れていない。残念ながら今の競馬ではどうやってレースを進めていくかで着順が変わることは珍しくないのだ。


有馬記念 - Wikipedia


有馬記念の参考に使われることが多いレース。それはジャパンカップである。

むかしは別コースと言えるほど開きがあったが、中山競馬場の改修以降はそこまで差がない。

いまでは東京コースの方が小回りと騎手に言われることもあり適性はあった方がいいのだ。

年末にありがちな荒れ馬場ではなくなったことで有力馬の参戦も増えてきている。

そのためにジャパンカップ予想をきちんと精査しておけば有馬記念の馬券も獲りやすくなるはずだ。

データや血統など統計的な判断から馬券を決めるのも手だが感覚的にいくのも面白い。

外枠が不利と言われるがエアレーションを行うようになったことで差は縮まるかも知れない。

中山競馬場の芝2500mで行われる有馬記念は、年末に行われる中央競馬のファイナルG1レースということもありお祭り的な位置づけのレースになっている。

ひっそりと2014年に馬場改修が行われたことで内馬場が綺麗なままになり内枠の好走が目立っている。外枠からのレースになる馬は先行馬でないと不利になりやすくなっている。

とはいえ、内枠も密集しやすいことから予見できない不利が起こりやすい。そういった難しさのあるレースとなっているのが近年の有馬記念事情と言えるだろう。

あまりに馬場が悪い頃は牝馬の好走は少なかったが改修後にいきなり牝馬三冠馬ジェンティルドンナが勝ったように牝馬でも対等に走れる馬場へと生まれ変わっている。

近年はペースが上がりづらいこともあり追い込み馬は厳しいレース展開になりやすい。そのため良い位置をキープできる馬にチャンスがあるレースと言えるだろう。


JRAホームページ|データファイル|競走成績データ


↑このページのトップヘ