最近本格的にヴァイス勝てません まんしんです


なんかデッキが言うことを聞かない ジムバッジが足りてないのか・・・?


さてさて間も空かずその2の考察へ・・・ってまぁ最近プレイングも何も考えずフリーとかやってるんですが 大きな大会も控えてないし今はのんびりやってきたいです(言い訳)


今回はなんか自分語りばっかのオナ記事になりますがご了承を


・コンセプト

圧縮して盤面維持して最後に詰めて勝つ ヴァイスの欲しい要素のほとんどを持っているタイトル

戦い方も多彩であり状況次第では全く違った動きが可能 手札とストックとデッキ枚数管理ができればぶっちゃけ誰でも使える


・基本的な立ち回り

0帯

合計で5回殴れれば嬉しい あくまで嬉しい

手札はできるだけ多く確保したいので無意味やたらに3面攻撃をしてるとすぐに死ぬタイトル

1ターン目は応援+3500キャラ 次ターンはその状態で1パン そして次に3面展開が理想

その3面の中には絆および高松といった手札確保が可能なキャラ以外は好ましくない 扉を前の攻撃で捲っていれば問題無し

先上がりは必須ではないが相手に有利な立ち回りをされないためにも極力目指した方がいい


1帯

デッキによって大きく異なるが基本盤面は 神使 神使 翼 後ろに葛藤 見守る

あくまでこの盤面は《突破されない》ことを前提に立ち回っているため脳筋相手には弱め

助太刀が手元にない場合は神使よりも1/0のキャラ推奨 神使は突破されたら問題大有りなんで 

しかし《歌いたかった歌》の存在だけで11500のラインを採用してなくても要求できるので1面は展開したいところ

集中の容量はデッキが15枚切ったあたりおよびCXが5枚以上落ちた時 これは人それぞれ

オペトを採用してるので割かし1帯リフは狙える 1枚しかなくてもそこから集中キャラ拾えればなんとか

ストック全損集中はかつてしていましたが状況次第 CX尽きた時くらいですかね 実際

1帯中はクロックしない理由がほとんどないので引きまくります 1-6クロックドローは手札5枚以下じゃないとしないです

諦めるタイミングは相手の攻撃貫通後トップCXでかさ張った時とかですかね あとは盤面割られまくった時とか

諦めた場合はチェンジ前とチェンジ先両方を手札に確保します 多少無理やりでも回収します そのとき手札2枚しかないとかだったら3帯ゲーに賭けるしかないです


2帯

チェンジ第一です 1-6成功の場合は積極的に狙います 扉めくる可能性高いんで

仮に1-6失敗してもチェンジのことは第一です 椎名リフなんて一週目ですることは滅多にないかと

シナジーを確保する必要は無いですが引けたら積極的に使っていきます 呪われた世界戦線を引いてしまった場合はクロックしてしまうパターンもありかと 状況次第ですが(手札にキャラが2枚以下しかいない時等)

レベル応援はクロックや思い出飛ばしのキャラを相手が採用してる構築の時は積極的に出します 余裕があれば添える程度

この段階でダメージ差で有利に立てると勝ちが見えます 逆の場合はストック管理が重要になります

3帯

先上がりの場合は3-0で理不尽を登場させることを推奨 デッキトップ飛ばしやアンコ封じのタイトル相手の場合はさすがに考えますが

魂-1かつ次ターンのストック管理が楽になります 手札枚数がかなり厳しい場合は無理に出していいことないので詰めるときまで待ちます

後上がりの場合は理不尽即決は状況次第です ワンチャンスある場合はありです

単独行動による回復は微々たるものですので優先度は低め 無理やり回復してもいいことないです

理不尽詰めは相手5落ち以上なら迷わず攻めます 3-3以上でも同じく

それ以外の時は返しを想定して動く必要があります 無理やり射出してキャンセル率上げるというのも基本的にはないです

理由は仮にキャンセルしたとしての返しの自ターンでやれることがかなり抑制されてしまうからです


基本的に3帯は4ストックあれば3帯の登場が可能、+1で神使か集中か絆 +2で3帯追加 +3で椎名といったところでしょうか



・各カードの使いどころ(箇条書き)

戦線勧誘は0帯および神使による確認後登場および3帯で3-5以下の場合の調整目的での登場

葛藤前進は手札3枚以下および他に後列が存在する場合

神使は 絆>神使 の優先度 相手に8000が突破困難だと判断した場合は積極的に 3帯の調整はストック次第では優先順位高め

入れ替え集中は積極的に使用 CXは基本的に使わないため捨てる手段がこれくらいしかない


手札アンコールは+1000して倒せる相手の場合は積極的に 手札に0帯が溜まっていたりストックにCXがない場合もアンコはするときが多い


椎名は極力6リフまで粘りたい(願望) 実際はキャンセル率が1/3切ったらストック次第で使う 無理して使う場面は負け寸前くらい


・ストック管理手札管理デッキ枚数管理について(AB全く知らない人用)

ストックを確保できる天使の翼や1/0集中(天使)といった0コスアタッカーで極力ストックを使わずに攻めることを第一とすること 1/1の優先度は低めですが出れば脅威になりうるので1面は添えたい 2面は相手次第

手札確保は高松や絆 しかいないためこれらは重宝していきたい ストック管理ができれば扉を捲れればこれらと共に手札を増やし続けることもできる

デッキ枚数管理は(6-自分のクロックダメージ)+3がリフ直前理想 6が7でもいいがこれがいわゆる1-6リフである

こっからオペト枚数×3と集中回数×4を合わせていくやつ 集中は極力減らして上手くあわせたい




・各デッキに対する立ち回り

対DG

注意すべきはラスボス修行デスコのシナジー 後列が吹き飛ぶので後列依存しているABにはかなりの脅威となる

防ぎようがないため盤面構築は通常通り しかし盤面よりもストック管理優先

神使はラハマオを防ぐ有効策だが 剣+デスコシナジー+ラハマオ といった凶悪コンボに目も当てられず安心はできない

一番の対処法は相手のダメージ管理 AB側の理想は 0-6⇒1-2くらい⇒2-0 1帯が無ければ尚更だがこればかりは相手依存なのでなんとも

ストック管理をしっかりすればDGによる嵐が去ったあとでも持ち直しが可能 ダメージレースは有利に立てるはずなためそれを上手く利用して最後に理不尽を添えれば勝機はある

あとは2帯先上がりも有効 さっさと単独行動を登場させ後ろにレベル応援がいれば剣ラハマオラインを辛うじて突破 助太刀があればアクターレデスコが突っ込んできても返り討ちにできる

ダメージレース離されると完全にDGペース CXを打つためにも手札とストック管理を重点的に


対rewrite

1帯では完全に不利が付いているために立ち回りが重要

このメタに《オペレーター遊佐》を採用するケースがあるが個人的には推奨しない 理由は1帯相殺はあまり問題ないから

4000なら0帯でも相手できるし相手から攻めてくる分にはアンコで対応が追いつきます

問題は2/2 9500 これをABで越えるためには2000/1のCXが必要になってきます

しかし相手にも身代わりアンコが存在するためあまり意味を成さない場面が多いです そのため自分は1面を諦め、そこに絆キャラを添えチャンプしていく《絆ループ》をしています

1面を神使 1面を0コスキャラ 1面を絆音無 の盤面は作りそれを無限に繰り返します

後ろには見守必須で神使が返しで割られたら絆で拾った神使でアンコ 自ターンで絆をオペトとかで回収の流れです

穴が開くためダメージは増えますが2/2の場合は3点とキャンセルはしやすいです はい

2/2で神使を狙う場合は身代わり咲夜に余裕があるときのみですのでそこで判断できます 余裕がないと判断した時は歌を自分ターンに使ったり天使集中で無理やり上げて攻めます

水着(相殺)なら神使捨ててアンコ 2/2なら歌で迎撃 正直この構築ではこの動きが一番安定します(笑)


3帯は回復合戦の恐れは薄いので理不尽を添えていきましょう ショット調整があるため魂‐1は逆に邪魔になりやすいので耐久は考えません 椎名の打ちどころがかなり難しいですがそれはもう慣れですね(投げやり)


対とある

厳しいです 黒子型は助太刀を 木山型なら手札を 以外言えることが無いです

行きで届かない場面が多いため手札管理は重要です 脳筋具合は互角なため助太刀を上手く掻い潜った方が勝ちます

屋根下を警戒するならレベル応援と言いたいところですが結局弱い1面を攻められたら元も子もないので推奨はしません 理不尽耐久も1-1と刻まれてしまい、あまり効果的ではないです

キーは歌と単独シナジー これをより多く使えれば勝てます


対ミルキィ

比較的有利です しかしアド差が凄まじいほど相手にあるので注意を

1帯アタッカーをアンコして返しで3面割りを毎回遂行します 1/0アンコ持ちのシャロは返しで10000まであるので注意 最悪無視でも問題ない

3帯のどつき合いが厳しいですが椎名と圧縮では優っているため貫通以外の死に方はレース不利な時くらいだけです サイドよりチャンプを優先的に


対シャナ

どっこいどっこいです アド差を気にする必要があります

先に1帯になって盤面生成に成功すれば1面は割られないです シャナはカムシン型だと1面チャンプが多いのでそこに絆は高松を添えて手札管理をします

手札枯渇しても相手にはシナジーがあるので油断はできないです 相手が2帯になる前には神使を2面添えておきたいところ

3帯はシャナゆうがかなり厄介なため理不尽耐久してはいけません 歌も余裕で越えてきます

3帯は絆ループでごまかしながら刻み3-4くらいから理不尽での詰めでの勝ちが多い気がします


対アイマス

有利です 通常の動きでなんとかなります

貴音に牽制できる歌を持っていれば安心 BK撃たれて越えられてもアンコで十分追いつきます

ただレースが不利になるとバーン春香っかからの貫通死がよくあります レースに勝てれば勝ち濃厚ですかね


対まどか

これも有利です 神使3面並べられます はい

1帯のまどほむシナジーも3面アンコで追いつきます 問題は3帯だけ

理不尽耐久は結構使えますがこっちの攻撃が通らない場合があるので1点ずつ削り3-3くらいからもう理不尽機能して潰しに行って問題ないです 圧縮次第ですが

まどかゲー(超圧縮)されたら詰むので注意 対処が理不尽貫通以外なくなります


対ビビッド

最近流行りだしたので一応 1帯の脳筋具合は不利です

しかし相手の行きはそんなに強くないために歌での迎撃が可能です 1/1 2000でもなんとかなる場合が多いです

2帯チェンジはこちらに有利があります アンコ持ちなため強気に攻められてかつシナジーさえ決まればペースは握れます

相手のシナジーが決まって越えられない場合は1面割りの2面チャンプもありですかね 残りCX枚数次第ですが

3帯の詰め性能には注意 刻んでくるので椎名は持っておきたい


対AB

まぁないとは思いますが一応

8扉 手札と神使が多い方が勝つ 圧縮は簡単にできるかと 理不尽ゲーは知らない

6扉2風 後ろ飛ばせばかなり有利 しかし実際あまりかわらない

ユイ軸 シナジーでの3面割り後のバックアップ次第 レースに差があれば有利側が勝つ


こんな感じでしょうか 簡単にまとめます


有利:0帯が長い(手札管理しやすい) 一時的な打点上昇で3面割り(アンコが追いつく)

不利:9500を超える脳筋、アンコ持ち 超圧縮 アド稼ぎ特化


不利だと感じたらすかさずダメージと手札確保に切り替える アンコ濫用を避け、3帯先上がりを阻止する

有利な対面の場合は臆せず攻める 盤面整ってもレース離されると実際負け濃厚


相手を回復含め3-3以上にすることを考える



以上です 参考にしてくれると幸いです 実際私自身もまだまだなんで精進していこうと思います


お疲れ様でした 今回は・・・2時間(死に顔)





最後に一言・・・1/5でキャンセルできればAB勝てる!