はなHANA

花屋でおしごと☆結婚☆妊娠☆出産☆育児☆飲食店開業

帝王切開

私は、五年前に一人目を普通分娩で出産。
そして今回二人目の出産に挑んだところ、
急遽帝王切開になりました。

そのいきさつうんぬんは
長くなるし、
色んな感情がおり混ざって、
とても長ーーーーい話になるので、
今日
メモしておきたいと思った「帝王切開で良かった事」を書いておくことにした。

あくまでも、
私の経験上で、私個人の感想。

一番良かった事は、
お股から産んでないから、
お股が切開されることなく、
トイレでの激痛が無かったこと。
(内臓的な部分で、それ以上の地獄の痛みはあった)
お股が切れていたときは、とにもかくにも座るのも痛かったし、尿が傷にしみたりと、出るものも出せないような痛さがしばらく続いた。
でも帝王切開だと、それは大丈夫だった。

悪露(おろ)が全然少ない!
普通分娩だと、後産で胎盤などを排出した後もしばらく、生理の二日目を超えるような、レバー状のものがしばらく出ていた。
しかもお股が切れていることもあって、もう何がなんだか、下の方の大惨事はしばらく続いていた。
痔の人が使う穴の空いたクッションをして、痛くなく、不快でない体制をなんとか探して、慣れない授乳をしていると、どんどん猫背になって、体が凝り固まっていたなぁ…
でも帝王切開だと、子宮の中まで洗浄されて閉じられるので、あらかたキレイにされた子宮からの排出はごく少ないもので、あれ?こんなに少なかったか?と助産師さんに聞いてしまった。これはとっても楽だった。


普通分娩だと、入院日数も少ないし、ほら授乳だ、おむつ替えだ!と出産後丸1日しないうちに睡眠不足のハードな生活が始まる。
特に一人目ともなると気合いが入りすぎて、不眠不休で赤ちゃんをみてしまい、ぐったりだつた。
でも帝王切開だと、
まず、とにかく眠らされる。
眠らされなきゃ激痛に耐えられない。
結果、赤ちゃんの面倒は助産師さんがしばらくみてくれる。
だからまだ私、赤ちゃんのオムツ替えしていない。
まあね、自分がベッドから体を起こすのにだって最初はのたうち回りながら1時間くらいかかったんだから、赤ちゃんの面倒をみるどころではない。赤ちゃんのオムツ替えどころか、自分の体を何とかキャスター付きの点滴の棒にしがみつかせて貞子のごとく、すり足でトイレにたどり着き自分の用を済ませる。
その試練はすさまじいものだったけど、結果的になんだかずいぶん睡眠が取れている。

お腹の傷が…ってことでずいぶんいたわってもらえるので、堂々と寝ていられる。ってか寝ざるを得ないんだけどね。
普通分娩のときは、新生児室や授乳室に足を運ばなきゃいけなかったのが、助産師さんか赤ちゃんを連れてきてくれるから楽だった♪
これは二人目だという心の余裕がそうさせるもので、帝王切開うんぬんではないのかもしれないけれど…

ま、明日からは母子同室が始まるので、睡眠不足が始まるのかな…


きっと、計画的な帝王切開だったなら、もっと体力の消耗も少なく、身体に負担が少ないんだろうなぁ。
あと赤ちゃんの頭の形がきれい。
顔色も良く、骨をきしませながら狭い産道を通る苦しみを赤ちゃんが感じずに済む。

あ、あと女性特約の保険に入ってたから、手術と入院費用が少し出る♪
これで買おうか悩んでいた赤ちゃんのハイローチェア購入決定!

以上
私の経験上感じた帝王切開の良い所。
良かった事を見る!
プラス思考!!!

次男誕生日!

10月16日午後8:07
3416グラムの男の子が産まれました☆

何と言いますか、
いろいろありまして、
でもまあ結果無事に出産ということで
丸め込まれている感はあるのです、
母子共に健康で元気、
これ以上何を望むのか?!
良いではないか、
後は育てるだけ。
未来に目を向ければ良いのです。

でも、今回私が、
普通分娩からの、
緊急帝王切開になって
出産したこと。

出産直後に抱えるこの思いは、
マタニティブルーから来るもので、
しばらくすれば忘れてしまうでしょう。

だからこそ、忘れないうちに記録しておきたい…

私の頭の中のこの考えが、
一瞬でどこかに保存できて、
後で引き出せればいいのにな。


とにかく、
無事に出産できて、良かった。
その感謝は忘れてはいけないね。

みなさんどうもありがとう!
これからも、たくさんの人にお世話になりながら、ほどほどに頑張るしかありません。

知らなかった…

昨日は、無料の経営相談みたいなのに行ってきた。
法人にした方がいいんじゃないかという話が出て、でも何か気が乗らないというか、何か上手く説明ができないけどモヤモヤしてて、確信がもてなかったから、ちょっと相談に乗っていただきました。

めっちゃびっくりのお話ばかり!
自営業も、もうすぐ5年となりますが、まぁとにかく無知な私達( ̄▽ ̄;)

カンでやってきたって感じ。

でも今日言われて嬉しかったのは、
「何か変とか、違和感があるとか、そういう感覚って結構当たるから、そのカンは大切にした方が良いですよ」って。
たいてい、なんか良く分からないけど、とりあえずハンコ押しちゃって、あれ、やっぱこれじゃダメじゃん、どうしよう!って段階で相談に来る人ばかりなんだって。
私達みたいに、なんかモヤモヤしてて、どーしよっかなぁって段階で相談に来てもらわないと、アドバイスのしようもないこともある。とのこと。

超驚いたのは銀行さんとのお付き合いのこと。

最近テレビでさ、住宅ローンの繰り上げ返済とかしきりに取り上げられてるし、35年ローンを10年で返済しました!なんて言ったらもう、超やりくり上手のヒーロー扱いでしょ。
だからさ、借りたお金は、早く返した方が偉いんだって思ってて、今までも度々、定期預金作るなら、返済に回した方がいいんじゃないかと思ってた訳です。

そしたらね、
そうじゃないんだってさ。

とあるブログを見ましたら
「返済の延滞と繰り上げ返済は同罪」
みたいな事まで書かれてた!!
(;゚Д゚)コワっ!!

銀行さんの計画を狂わせるってことでは、
どっちも同じってことだそうです。

もちろん、普通の家庭だったら、そんな銀行さんのご機嫌取りなど必要ないけど、経営者なら、今は必要無いと思っていても、いつでもお金が借りられる状態でいるって事が一番安心なんだってー。

だからね、利息の支払いを惜しむんではなく、最初の約束通り、きちんと地道に返済をして行く事が信用になるんだって。
てっきり早く返した方がいいのかと思ってたよ。

花屋の社長が言ってた
「借金も財産のうちだ。借金怖がってたら会社なんてできねーぞ!」
そういうことだったんだね。
借金しないで経営するのも人によってはアリなんだけど、借金できるってことが信用に繋がる。

利息と税金をしっかり地道に納め続けることで、信用が積み重ねられ、いざというときに助けてもらえる。
長い時間をかけて、いつでも助けてもらえる状況を作っておくことが大事なんだね。

お金を借りるって悪い事かと思ってたけど、
貸してもらえるとか、むしろ銀行さんの方から借りてくださいなんて言われるって、信用されてるってことなんだと、分かった。

経営がどういうものか…
何も分かっていない私達に、超わかり易くお話してもらえて、たくさん学べました。

ほんと、良い人に出会えた♪
Recent Comments
Profile
arisa
↑オカメインコのジュジュちゃん♪
レンタル掲示板,レンタル日記,レンタルブログ「大宇宙」
アクセスカウンター

livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
Profile
  • ライブドアブログ