高校入試で重要な英語長文の第2弾、今日も長文の解き方を学んでいきます。
今回は英語長文問題によく出る単語に重点をおいて説明します。

まず、例題全文を載せておきます。後で、少しずつ区切って、説明をしていきます。

例題
次の英文は、ケイコが書いた作文です。これを読んで、あとの問いに答えなさい。


Nancy, an American girl, came to my house last year. She was from the state of Texas. She stayed with us for five days in August.
On the second day of her stay, we visited some places in Toyama. When we came home, I asked Nancy, “Would you like some juice?” She thought for a while and then said, “’d like to have some water, please.” I was surprised to hear that and said, “Water?” Nancy said, “Yes. I really like the water here. It is very good. You can drink and use as much water as you like. In my state, Texas, (1)We can’t. It is very hot and dry there. Toyama is a wonderful place.” When I heard her words, I remembered the summer of 1994.
In that summer, the weather was very hot and dry, so there was little water in the dams and rivers in Japan. There was also very little drinking water. In Nagasaki, for example, they could not get water from the tap for 43 hours. Can you believe they couldn’t use water for about two days?
Every day I use water to wash my hands, or to have a bath. I drink water when I want it. I can always get water when I need it. We can’t live without water. but I often forget (2)that, and waste water.
(3)Now my family tries to be careful about using water. We use our bath water to wash our clothes. I try to use only two glasses of water when I brush my teeth.
These things save only a little water each time, but in the end my family believes we will save a lot of water. (4)Will you join us?

(1)下線部(1)のあとに省略されている内容を日本語で書きなさい。
(2)下線部(2)が指している内容を日本語で書きなさい。
(3)下線部(3)について、ケイコやケイコの家族が具体的に行っていることは何ですか。本文に書かれている順に、日本語で2つ書きなさい。
(4)下線部(4)の文でケイコが最も言いたいことは何ですか。次の文の( )内の語を並べかえて、ケイコが言いたい内容の文にしなさい。
Let’s try (save,to,to,something,water,do).
(5)本文の内容に合うように、     に適する語を書きなさい。
a. In the summer of 1994, people in Japan did not have enough           to use.
b. We           to think about saving water.



解説

第1回で述べたように、英語長文問題では、先に問題文全文を読んでから問いにとりかかると、時間が足りなくなるおそれがあります。
本文を読み進めながら、問いの印が出てきたらそこで解きながらの方式で、やっていきましょう。
太字が注意すべき場所、赤字が長文問題でよく出る重要な英単語です。

例題
Nancy, an American girl, came to my house last year. She was from the state of Texas. She stayed with us for five days in August.

人名ナンシーや時期に注目しておくこと。正誤問題で使われます。

state :the United States of America (USA)から「州」だとわかります。テキサス州からナンシーは来ています。

On the second day of her stay, we visited some places in Toyama. When we came home, I asked Nancy, “Would you like some juice?” She thought
for a while and then said, “’d like to have some water, please.”

stay :「滞在する」という意味(動詞)もありますが、ここでは「滞在」(名詞)When :「〜した時」接続詞です、ask :「頼む」もありますが、ここでは「尋ねる」、Would you like :「〜はいかがですか?」、for a while :「しばらくの間」’d like to :「〜したい」
then :Then〜と文の最初にあるときは「それから」、〜then.と文の最後だと「その時」、場所によって意味が違う重要な単語です。
have :「飲む(=drink)」「食べる(=eat)」の意味でよく使います。

ナンシーが、ジュースではなくて水のほうがほしいと言っていることを読み取っておきましょう。

 I was surprised to hear that and said, “Water?” Nancy said, “Yes. I really like the water here. It is very good. You can drink and use as much water as you like. In my state, Texas, (1)We can’t. It is very hot and dry there. Toyama is a wonderful place.”

was surprised to :「聞いて驚いた」、really :「本当に」、as much water as you like :「as 〜 as あなたが好きなのと同じだけの水=好きなだけの水」

富山では好きなだけ水を使えるのに、テキサスではそれができないと言っています。

問い(1) 下線部(1)のあとに省略されている内容を日本語で書きなさい。
英語の問題では、「日本語で書きなさい。」は「該当する英文を見つけてきちんと訳しなさい」という意味です。
You can drink and use as much water as you like.が該当部分ですから、正解は「好きなだけ水を飲んだり使ったりする。」です。

When I heard her words, I remembered the summer of 1994.
In that summer, the weather was very hot and dry, so there was little water in the dams and rivers in Japan. There was also very little drinking water. In Nagasaki, for example, they could not get water from the
tap for 43 hours. Can you believe they couldn’t use water for about two days?

remember :「思い出す」、weather :「天気」、for example :「例えば」、get :本来のgetの意味「手に入れる」、tap :「水道の蛇口」、believe :「信じる」、about :「約〜」
so :「それで」。soは不思議な単語です。日本語の訳も「そ」で始まると覚えておくとよい。「そう」「そんなに」「それで」。
little :littleだけだと「少ししかない」、a littleとaが前につくと「少しある」。aがあるときは「ある」、aがないときは「ない」と訳すと覚えましょう。
also :「〜も」「また」。同じ意味のtoo(〜も、また)は必ず文の最後です。alsoは文中で使います。

ナンシーの言葉から、ケイコは日本が水不足であった年のことを思い出します。

Every day I use water to wash my hands, or to have a bath. I drink water when I want it. I can always get water when I need it. We can’t live without water. but I often forget (2)that, and waste water.

to wash :不定詞の副詞的用法「洗うために」、have a bath :「入浴する」、always :「いつも」、need :「必要とする」、forget :「忘れる」、思い出すrememberの対義語waste :「浪費する」
without :「〜なしで」。非常に重要な前置詞です。

問い(2)下線部(2)が指している内容を日本語で書きなさい。
この問題も、「該当する英文を探し」「きちんと訳せ」という問題です。
We can’t live without water.が該当部分。私たちは水なしでは生きられないこと。」が答えです。


(3)Now my family tries to be careful about using water. We use our bath water to wash our clothes. I try to use only two glasses of water when I brush my teeth.
These things save only a little water each time, but in the end my family believes we will save a lot of water. (4)Will you join us?

try to :「〜しようとする」、careful :「注意深く」、clothes :「衣服」、only :「たった、〜だけ」、brush :「磨く」、teeth :「歯」単数形はtooth、only a little :「ほんのわずかな」、each :「それぞれの」、in the end :「最後には」、a lot of :「たくさんの」、join :「加わる、参加する」
about using :aboutはここでは「〜について」という意味の前置詞。前置詞の後に動詞がくるときは必ずing形になることは最重要。
thing :「もの」か「こと」、ここでは「こと」

問い(3)下線部(3)について、ケイコやケイコの家族が具体的に行っていることは何ですか。本文に書かれている順に、日本語で2つ書きなさい。

やはり、該当する英文を、省略しないできちんと訳します。
We use our bath water to wash our clothes.と、I try to use only two glasses of water when I brush my teeth.が該当する英文です。洗濯をするために風呂の水を使うこと。」「歯を磨くとき、たった2杯の水だけを使うようにすること。」で正解です。

問い(4)下線部(4)の文でケイコが最も言いたいことは何ですか。次の文の( )内の語を並べかえて、ケイコが言いたい内容の文にしなさい。

Let’s try (save,to,to,something,water,do).

toが2個もあることから、try toがまず頭に浮かばないといけません。try toの後は動詞のsave かdo、save waterにすると後が困ります。だからtry to do、そうするとdo(する)の目的語はsomething、後は「水を節約するために」でto save water。

正解は、Let's try to
do something to save water.

問い(5)本文の内容に合うように、     に適する語を書きなさい。

a. In the summer of 1994, people in Japan did not have enough           to use.
b. We           to think about saving water.


a.enough(充分な)がヒントです。なかったのは充分な水、答えはwater
b.後のtoがヒント。水を節約することを考え「なければならない」、だから、have to、答えはhave

長文問題を解くのにどのような頭の使い方をすればよいか、わかっていただけたでしょうか。