入試で作文・小論文を書くとき、守らないといけない「作文を書くときの形式上の注意点」と「原稿用紙の使い方」について。
国語の便覧などでもふれられていますが、説明が簡単すぎるか、逆に詳しすぎて、実際に作文を書くにあたって参考になりにくいもの多いので、ここにまとめておきます。


入試作文の書き方で守らないといけないこと(12か条)

1、丁寧に書く(乱雑な字は大きく減点)
大きめの字で書く
しっかりと濃く書く

2、楷書で書く
(くずし字や続け字はだめ)

3、正しい漢字を書く
(ハネやトメまで採点される)

4、漢字や送りがなの誤りは減点

5、漢字で書かないといけない語句をひらがなで書くと減点
(漢字で書ける他の表現にする)

6、主語と述語をきちんと対応させる

7、できるだけ一つの文を短く書くくせをつける

8、文末の不統一は減点
(常体「だ・である」か、敬体「です・ます」のどちらかに統一しないとだめ)

9、短いと点数を引かれる(1行1点減点、300字15行で配点が15点の問題で12行書いたとすると内容は満点でも得点は12点)
(最低でも85%以上、300字だと260字以上は書く)

10、逆に字数制限を超えるのもよくない(1字でも超えると採点してもらえない学校がある。大阪府公立高校入試だと1行オーバーは許容されるが、2行以上の超過は認めない高校が多い。)

11、10分から15分で300字を書かないと時間が足りなくなる

12、「けど」「すごい」などの若者言葉を使わない


原稿用紙の使い方のきまり(9か条+3)

1、本文の書き始めと各段落の初めは、1マス空ける。

2、会話の「」の前後はともに改行するのが正しい書き方だが、入試では改行しないほうがよい。


3、句読点(、。)カッコ(「」『』)記号類(!?)は1文字として数える。


4、句読点が行頭にくるような場合は、行頭に置かずに前の行の最後のマスに、文字と句読点をいっしょに入れる。


5、会話の終わりでは、。」をひとつのマスに入れる。


6、縦書きでは、数字は原則として漢数字で書く。


7、縦書きでは、単位は原則としてカタカナで書く。(例:センチメートル)


8、引用には「」を使う。


9、書名・作品名には『』を使う。


10、……と――はそれぞれ2マス使う。(入試ではあまり使わない方がよい)

11、! ? の次は1マス空ける。(入試ではあまり使わない方がよい)

12、英文や洋数字は横書きにし、2文字を1マスに入れる。(入試ではあまり使わない方がよい)




***** 国語の全目次はこちら、ワンクリックで探している記事を開くことができます *****