(注意:この稿は、高校入試用の志願理由書について書いたものです。大学入試用の志願理由書は、大学入試志願理由書大学入試自己推薦書をご覧ください。)

大阪府公立高校入試では、前期選抜の総合学科・普通科総合選択制と、後期選抜の多部制単位制で『自己申告書』を提出します。
他府県のことはよくわかりませんが、いわゆる推薦入試で受験する場合は同じように自己推薦書・志願理由書が必要になるはずです。

必要な方の参考にしていただけるように、実際に生徒の提出した自己申告書を掲載しておきます(プライバシー保護のため一部内容を修正しています)。

(様式6−1)A4判

受検番号 ****

自 己 申 告 書

平成**年**月**日

大阪*立***高等学校長  様

下記のとおり、申告します。

氏名 ****


注意:(1)1つの文があまり長くならないようにしたほうがよい。
(2)「志願の理由」は***高校を志願した理由にしぼり、「自己アピール」は自分の誇れることにしぼって、余分なことを書かないようにしたい。



志願の理由
当該高等学校、普通科総合選択制、総合学科、多部制単位制(クリエイティブスクール)など、志願する動機や目的

私が中学3年間所属していた***リーグの先輩が***高校に通っておられて、***高校の特長を教えてくださいました。私は高校へ入学した後も野球を続けたいと思っているので、部活動の盛んな***高校を受験することを決意しました。チームの監督と練習を見学に行った時、***高校の監督にアドバイスをいただき、ますます入学したいと強く思うようになりました。在校生が礼儀正しく、勉強にもスポーツにも力を入れているすばらしい学校だとよく聞くことも、本校を志願した理由です。進学後は、***制の長所を活用し、大学進学をめざして勉強に励むとともに、クラブ活動によって心身をきたえたいと考えています。

自分をアピールできる事柄
校内における活動(部活動・生徒会活動等)、校外における活動、その他

私は中学3年間、***リーグの大阪**というチームに所属していました。このチームではセカンドを守り、中学3年生の夏にはイタリアに遠征しました。このときの大会では優勝することができました。***リーグでの厳しい練習を通じて、野球の技術以外にも、あいさつの大切さ、礼儀、友人の大切さなど、いろいろなことを学ぶことができました。また毎試合応援に来てくれる両親に感謝する気持ちもめばえました。また、中学時代は野球だけではなく、勉強も自分なりにがんばりました。野球の練習の後、机に向かうのは苦しいときもありましたが、最後までがんばりぬく根気を身につけることができたと思います。




***** 5教科以外の全目次はこちら、ワンクリックで探している記事を開くことができます *****