高校入試で重要な英語長文の第4弾、今日も長文の解き方を学んでいきます。
今回は、英文法連語に注意して長文問題を読む練習です。

いつものように、例題全文を最初にのせ、実際の解き方に準じて、後で少しずつ区切って、説明をしていきます。

例題

次は、アキラがインドネシアに住む文通相手のアントンにあてて書いた手紙の一部です。これを読んで、あとの問いに答えなさい。
                   
November 15, 1996

 Dear Anton,
How are you? It is cool in Japan. The leaves of the trees have turned red.
In your last letter, you said that your dream was to study high technology at college in Japan to become an engineer. Japan is famous for its high technology. Some of the students from abroad are studying at college to become engineers.
I know that you like science. I like both sports (1) English. Do you know judo? It is one of our traditional sports. I am good at judo. I practice it hard to be a good player every day.
Last month my English teacher told me to talk about my dream in an English speech contest. I did my best in the contest and got a gold medal. My dream is to teach judo in other countries (2) I want to make it more popular.
You have a dream, too. I think that it is good for us to have dreams. (3)ぼくは、ぼくたちの夢が実現することを望んでいます。
I am looking forward to your letter.
Your friend,
Akira

                                                          

(1)(1)の( )に適する語を書きなさい。

(2)(2)の( )に適する語を選びなさい。
ア because     イ but     ウ if     エ although

(3)下線部(3)を英文になおしなさい。


(4)次の英文が、手紙文の内容に合うように、 に適する語を書きなさい。

Akira wants to make judo more popular by      it in other countries.

注:Leaves leaf(木の葉)の複数形  high technology 高度先端技術


解説

今回も、少しずつ区切って問題文を読み進めながら、問いの印が出てきたらそこで問題を解き、さらに読み進めるという方式で、やっていきましょう。
太字が注意すべき箇所、赤字が重要な文法事項と連語です。


November 15, 1996

 Dear Anton,
How are you? It is cool in Japan. The leaves of the trees have turned red.


手紙文の書式はよく出題されます。

November 15, 1996 まず、右上に日付を書きます。このときの、読み方を覚えておかないといけません。
11月15日の読み方ですが、日付の15は15(基数)ではなくて11月の15日目(序数)という発想をします。だから、この場合、fifteenではなくて、fifteenthと読みます。

次に、年ですが、英語の場合、1996は2けたずつ区切ります。19と96、nineteen ninety-sixが正しい読み方です。
ところが、2009年だと、2000と9と発想するようです。two thousand nineと読むのが一般的です。

Dear Anton, 手紙の書出しはこの書き方が多い。

turned red ここではturnは「かわる」、「葉が赤く色づく」


In your last letter, you said that your dream was to study high technology at college in Japan to become an engineer. Japan is famous for its high technology. Some of the students from abroad are studying at college to become engineers.

you said thatこのthatは接続詞で、後に節(節=主語と動詞を備えた文)が続きます。訳すときは、「〜と」か、「〜ということ」が多い。I think that〜は「〜と思う」、I know that〜だと「〜ということを知っている」。
また、接続詞のthatは省略されることが多い。

to study 不定詞です。your dream was to study〜だから、「あなたの夢は〜を学ぶこと」となります。つまり、不定詞が「〜すること」の意味になる「名詞的用法」です。
不定詞の用法については、ここを参考にしてください。


at college in Japan 「日本の大学で」、狭い場所の前は前置詞at、広い場所の前は前置詞in。
前置詞の用法についても、英文法その2をご覧ください。

to become 不定詞、「〜になるために」、不定詞の副詞的用法です。

is famous for 連語。be famous for〜 「〜で有名だ」。
連語については、高校入試連語にまとめてあります。

from abroad 「外国から来た」



I know that you like science. I like both sports (1) English. Do you know judo? It is one of our traditional sports. I am good at judo. I practice it hard to be a good player every day.

I know that接続詞that。「〜ということを知っている」

both sports (1) English 連語。 連語。both A and B 「AもBも両方」

traditional 「伝統的な」

am good at 連語。be good at 〜で、「〜が得意である」

to be a good player to beはやはり不定詞の副詞的用法。「よい選手になるために」


Last month my English teacher told me to talk about my dream in an English speech contest. I did my best in the contest and got a gold medal. My dream is to teach judo in other countries (2) I want to make it more popular.

told me to talk about 「私に〜について話すように言った」。tell 人 toで、「〜に…するように言う」

I did my best 連語。「私は最善を尽くした」。do one's bestで、「ベストを尽くす、最善をつくす」

got get 「手に入れる、獲得する」

(2) I want to make it more popular. (2)には、意味からして、「なぜなら」のbecauseが入ります。
to make は不定詞の副詞的用法で、「それ(柔道)をもっと有名にするために」


You have a dream, too. I think that it is good for us to have dreams. (3)ぼくは、ぼくたちの夢が実現することを望んでいます。
I am looking forward to your letter.
Your friend,
Akira

it is good for us to have dreams. 不定詞の重要な用法、it is for to 〜です。「〜が…するのは〜だ」、「私たちが夢を持つことはよいことだ。」

(3)ぼくは、ぼくたちの夢が実現することを望んでいます。の英作文。

「ぼくは(〜が…する)ことを望んでいます」で、接続詞thatを使った、I hope that ~が思いうかばないといけません。
「夢を実現する」は重要な表現で、dream comes trueと言います。この場合は「ぼくたちの夢」だから、複数形のdreams。夢が実現するのは未来のことなので、willも必要になります。

解答は、We hope that our dreams will come true.

am looking forward to 大事な連語。look forward to〜で、「〜を楽しみに待つ」、ここはその進行形です。「〜を楽しみに待っています」

Your friend, 手紙の最後を締めくくる表現です。

(4)次の英文が、手紙文の内容に合うように、 に適する語を書きなさい。

Akira wants to make judo more popular by      it in other countries.


解答
本文の該当部分より、teachを入れたらよいことがわかります。問題はその形です。
入試頻出の、「前置詞の後に動詞がくるときは、必ず〜ing(動名詞)である」
だから、正解はteachingです。