メートル法と単位の覚え方についてはこちらでまとめました。

ところが、単位が覚えられても、実際の問題が解けるかどうかはまた別問題です。
今日は、単位の問題が特に苦手な子にどうやって教えているか、授業中の試行錯誤を書いてみます。

問題は2種類、大きい単位から小さい単位になおす問題と、逆の小さい単位を大きいに単位になおす問題しかありません。


大きい単位から小さい単位になおす問題

整数を整数になおす問題

次の数量を[  ]内の単位で表わしなさい。

(1)20a[平方m]

「1a=100平方mだから20と100aで2000a」とできない子にどう教えるか。

(試行)1a=100平方mをa=100平方mと覚えさせる。20のa=20の100平方m=2000平方m。

(試行の欠点)解く前に、1a=100平方mをa=100平方mに言い直すという、自塾だけのローカル・ルールを習得してもらわないといけない。


小数を整数になおす問題

次の数量を[  ]内の単位で表わしなさい。

(1)5.8平方km[ha]

「1平方km=100haだから、だから5.8平方km=580ha」とできない子にどう教えるか。

(試行)1平方km=100haだから、5.8平方kmの5の上に漢数字で百と書く。1つ下の位の8の上に百の下の位だから十と書く。下から5百8十と読ませて580と答を求める。

(試行の欠点)やはりローカル・ルールであり、そこまで面倒くさいことを子どもたちはしたがらない。結局、1平方kmが100haだから5平方kmは500a、5.8だから580aだろう?とこちらが教えてしまうことになる。


小さい単位から大きい単位になおす問題

整数を整数になおす問題

次の数量を[  ]内の単位で表わしなさい。

(1)6000リットル[キロリットル」

1000リットルが1キロリットルだから、6000リットル=6キロリットル

この問題ができない子は少ない。
しかし、困ったことに、この種類の問題はほとんど出題されない。


整数を小数になおす問題

次の数量を[  ]内の単位で表わしなさい。

(1)2780ミリリットル[リットル]

「1000ミリリットル=1リットルだから、2780ミリリットルだと小数点を入れて2.78リットル」とできない子にどう教えるか。

(試行)1000ミリリットル=1リットルより、1000の位のところに小数点を打ちなさいと教える。

(試行の欠点)「1000のところに小数点」と教えたとき、子どもたちは1、10、100、1000と見つけていくが、1000の位の2のうしろに点をうつのか前に点をうつのかで迷ってしまう。
特に、6900000立法cm[立法m]という問題のように、位が大きくなると位取りじたい、わけがわからなくなる。

結局、例えば400g[kg]の問題だと、「やっと1000gで1kgだろう?400gで1000に届かないのだから小数点を使って0.とするしかないじゃないか」と、答を教える結果になってしまう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



単位の換算を覚えてもらうだけでも大変なのに、さらに問題を解いてもらう段階になるともっと大変です。

子どもたち以上に、私は単位の単元を憎んでいます。



***** 5教科以外の全目次はこちら、ワンクリックで探している記事を開くことができます *****