暗記すべき英文

(1)私は夕食前に宿題をすませる予定です。
I will finish my homework before dinner.

(2)あなたは来週何をするつもりですか。
What are you going to do next week?

(3)お茶をもう一杯いかがですか。
Will you have another cup of tea?


未来を表す表現

過去や現在のことではなく、今よりのちの未来のことを表現したいとき、willかbe going toを用います。
willは未来を表す助動詞なので、willの後に動詞の原形を置きます。
be going toのときも、toの後は動詞の原形です。

I will be busy tomorrow.(私は明日は忙しいだろう。)
I am going to visit America this summer.(私は今年の夏、アメリカを訪れるつもりだ。)


訳し方

will、be going toの意味は、「〜するつもりだ」と、「〜だろう」です。
「〜するつもりだ」を意志未来、「〜だろう」を単純未来ということがあります。

「〜するつもりだ」が優先で、「〜するつもりだ」ではおかしいときに「〜だろう」と訳します。

特に、主語がIやYouのとき、自分のことは自分が一番よくわかっているはずですから、「〜だろう」よりは「〜するつもりだ」と訳すことがほとんどです。


否定文・疑問文

willは助動詞ですから、否定文・疑問文をつくるときは助動詞の規則に従います。

否定文:助動詞のwillのあとにnotをつけます。
I will not (won't) get up early tomorrow.(私は明日、早く起きないつもりだ。)
疑問文:助動詞のwillを文頭におきます。
Will you come next week? Yes I will.(来週来るつもりですか。はい、行くつもりです。)

be going toはbe動詞の文ですから、否定文・疑問文はbe動詞の規則に従います。

否定文:be動詞にnotをつけます。
He isn't going to wash his car this afternoon.(彼は今日の午後、車を洗わないだろう。)
疑問文:be動詞を文の先頭に出します。
Is she busy tomorrow? No, she isn't.(彼女は明日忙しいでしょうか。いいえ。)


shall

未来を表す助動詞にはwill以外にshallがあります。

イギリス人の英語とアメリカ人の英語では多少のずれがあります。
イギリス英語ではwillとshallの使い分けをしますが、中学生が学んでいるアメリカ英語ではshallは特別なときしか使いません。

Shall I open the window?(窓を開けましょうか:してほしいかどうか相手の意向を聞くとき)
Shall we dance?(ダンスをしましょう:一緒にしましょうと相手の意向を聞くとき)


wouldとshould

willの過去形がwould、shallの過去形がshouldです。
ただし、中学英語では、時制の一致の問題以外は、wouldもshouldも過去形と意識しないで、will、shallとは別の種類の語と思っていても大丈夫です。

wouldはwillの丁寧な言い方として使われます。
Will you shut the door?(ドアを閉めてください。)
Would you shut the door?(ドアを閉めていただけますか。)

shouldはshallとは独立した助動詞として、「〜するべきだ」と意味で用います。
We should be kind to old people.(老人には親切にするべきだ。)


willとshallの特別な用法

自分が、相手に、「してほしい」の意味をこめて依頼するとき、Will youを用います。
Will you help me?(手伝ってくれませんか。)
「いいですよ」と答えるときは、Sure. All right. OK. Yes, I will.などを用います。
「ごめん、忙しくてできません」のときは、I'm sorry, but I am busy.

「してほしいか」「一緒にしないか」と相手の意向を尋ねたいとき、Shall I〜? Shall we〜?を使います。
Shall I wash the dishes?(お皿を洗いましょうか。)
「お願いします」と答えるときはyes, please. 「いえ、結構です」と答えるときはNo, thank you.です。
Shall we play tennis?(テニスをしましょう。)
「ええ、しましょう」のときはYes, let's.「いや、やめときましょう」のときはNo, let's not.と答えます。


同意文書き換え

willとbe going toはまったく同じ意味と考えてよい。
Tom will visit Kyoto tomorrow.
=Tom is going to visit Kyoto tomorrow.

人にものを頼むときはPleaseかWill you〜?
Please give me some water.
=Will you give me some water?

一緒にしましょうと誘う言い方は4つあります。
Let's play baseball this afternoon.
=Shall we play baseball this afternoon?
=How about playing baseball this afternoon?
=Why don't we play baseball this afternoon?