文節について、やっと解決しましたので、今日は文中における「文節のはたらき」、文の成分についてまとめます。

文節は、文の成分として5種類に分類できます。

主語述語修飾語接続語独立語の5つです。


日本語は述語が「主」、主語が「従」

英語と違い、日本語は主語に重きをおかない言葉です。
主語は、よく省略されたりします。
しかし、述語が省略されることはまずありません。
述語こそが日本語の文の最重要部であり、書き手、話し手が言いたいことの中心にあたる部分です。


述語

書き手、話し手が伝えたいことの中心部分が述語です。

述語は、何を述べているかの内容の観点から、4つに分類されます。
(1)(何が)どうする
(2)(何が)どんなだ
(3)(何が)何だ
(4)(何が)ある・ない

しかし、ここでも形式、外見が問題を解くときの鍵になります。

述語は、形式的には、文の最後にある文節です。

そのことを知っておけば、文中のどの文節が述語であるかを迷うことはありません。


主語

文の主体(「誰が」、「何が」にあたる部分)を示す文節が主語です。

主語を見つける際も、決め手は形式、外見です。

(1)普通、主語には助詞の「」、「」が付きます(小学低学年レベル)
(2)「」が付くこともあります(小学高学年レベル)
(3)まれには、「こそ」、「さえ」、「しか」などが付くこともあります(中学生レベル)

主語を見つけるときは、「が」、「は」、「も」、(まれに「こそ」、「さえ」、「しか」)が付いているかどうかだけで判断するべきです。

次に、日本語では述語が親分で、主語は子分です。
述語がおもであって、その主体を主語とするだけです。

例題:次の文の主語をいえ。
「彼の部屋はごみが一つもない。」


「部屋は」と「ごみが」のどちらが主語か悩むかもしれませんが、主語は述語によって決まる、の原則で解決できます。
この文の述語は「ない」です。ないのは、「部屋」ではなくて「ごみ」ですから、この文の主語は「ごみが」です。

(1つの文中で、「〜は」と「〜が」の2つがあるとき、普通は「〜が」が主語です。)


修飾語

主語でもない、述語でもない文節は、ほぼ修飾語です(「ほぼ」といったのは、例外として接続語と独立語があるからです)。

修飾語は、どの文節を修飾するか(「どの文節にかかるか」という言い方もします)によって、体言(名詞)を修飾する連体修飾語と、用言(動詞・形容詞・形容動詞)を修飾する連用修飾語に分かれます。

(連体修飾・連用修飾についてはこちらを参照のこと。)

どの文節が修飾語であるかを積極的に探しにいくのは、あまり賢い方法とは言えません。主語(「が」や「は」が付いている)や、述語(文の最後の文節である)のような目印がないからです。

主語でもなく、述語でもなく、特殊な接続語や独立語でもない文節が、修飾語です。


接続語

接続語は接続(くっつける)の役割をする文節です。
2種類あります。

1つは、文と文文節と文節とを接続します。

「彼は努力家で、しかも、やさしい。」の、「しかも」が接続語です。「努力家で」と「やさしい」の2つの文節をつなぐ役割をしています。

もう1つは、文中に前の部分と後ろの部分とがあるとき、後ろの部分の「理由」・「原因」を示す文節も接続語です。

「疲れたので、少し休憩した。」の、「疲れたので」が接続語です。


独立語

他の文節に対して独立性が高いので独立語といいます。

「はい、〜」や「まあ、〜」などの返事や感嘆、「一月一日、私は〜」や「北国、そこでは〜」などの日付や場所、「田中君、〜」などの呼びかけが独立語です。

ほぼ100%、文の冒頭に置かれて読点)が打ってあるので、独立語だとすぐにわかります。


最後に

文の成分である主語・述語・修飾語・接続語・独立語は、それぞれ文節を、そのはたらきによって分類したものです。

だから、例えば「主語をいえ」と問われたとき、必ず文節単位で答えないといけません。
「山田君は高校に合格した。」だと、主語は「山田君は」であり、「山田君」と答えると誤りです。




***** 国語の全目次はこちら、ワンクリックで探している記事を開くことができます *****