暗記すべき英文

(1)あなたはなんて親切なのでしょう。
How kind you are!

(2)この本はなんとおもしろいのだろう。
What an interesting story this is!


感嘆文

「なんて〜だろう」と、驚きや感動を表す文が感嘆文です。

今の教科書では中学校英語の指導要領からはずれているので(2010年現在)、学校で正式には習わないはずです。

ただし、文の後半を省略した形で教科書に載っています。
How nice!(なんて素敵。)などがそれで、文末が!(感嘆符、エクスクラメーション・マーク)で終わっている文が、感嘆文です。


感嘆文は2種類

感嘆文には、Howで始まるものと、Whatで始まるものの2種類があります。

Howで始まる感嘆文は、How+副詞(または形容詞)+主語+動詞!の形になります。
Whatで始まる感嘆文は、What+(a, an)+形容詞名詞+主語+動詞!の形になります。

つまり、後半の主語+動詞!は同じで、How+1語(副詞(または形容詞))、What+(a, an)+2語(形容詞+名詞)ということになります。


How+副詞(または形容詞)+主語+動詞!

How fast he runs!(彼はなんと速く走るのでしょう。)
How well she sings!(彼女はなんと上手に歌うのでしょう。)
How tall they are!(彼らはなんて背が高いのでしょう。)

What+(a, an)+形容詞名詞+主語+動詞!

What a fast runner he is!(彼はなんと速いランナーだろう。)
What a good singer she is!(彼女はなんて上手な歌い手だろう。)
What tall boys you are!(彼らはなんて背が高い少年たちでしょう。)


後ろの主語+動詞はよく省略される

How kind!(なんて親切なの。)(=How kind you are!)
What a good boy!(なんていい子なの。)(=What a good boy you are!)


感嘆文への書き換え

This apple is very big.(このりんごはとても大きい。)
How big this apple is!(このりんごはなんと大きいのでしょう。)

He speaks English very well.(彼はとても上手に英語を話す。)
How well he speaks English!(彼はなんと上手な英語の話し手だろう。)

They are very pretty girls.(彼女たちはとても可愛い少女たちです。)
What pretty girls they are!(彼女たちはなんて可愛い少女たちでしょう。)

That is a very old building.(これはとても古い建物です。)
What an old building that is!(これはなんと古い建物だろう。)

上の例でわかるように、veryを、How(veryの後ろが副詞か形容詞の1語のとき)か、What(veryの後ろが(a, an)+形容詞+名詞の2語のとき)にかえて文の前に出し、前にあった「主語+動詞」を文の後ろにまわしたらよい。