暗記すべき英文

(1)私は野球とサッカーが好きだ、しかし父はそれらを好きではない。
I like baseball and football, but my father doesn't like them.

(2)私は野球をすることはとてもおもしろいと思う。
I think that playing baseball is a lot of fun.

(3)私が帰宅したとき、母は台所で料理をしていた。
When I came home, my mother was cooking in the kitchen.

(4)もし明日暇なら私に会いに来てください。
Come and see me if you are free tomorrow.

(5)私はとても疲れていたので外出できなかった。
I was so tired that I couldn't go out.


接続詞

英語の接続詞には、(語のグループ)、(主語+動詞+〜)を対等につなぐもの(等位接続詞)と、文の中に(他の文)を入れ込むもの(従属接続詞)とがあります。


等位接続詞(語と語、句と句、文と文を対等につなぐ接続詞)

and, or, but, soは、2つのもの(語・句・文)を対等に結びつけるはたらきをする接続詞です。

語と語

Please lend me a pencil and an eraser.(私に鉛筆と消しゴムを貸してください。)

句と句

You may take something to drink or something to eat.(あなたは何か飲むものか何か食べるものをとってよい。)

文と文

He was very poor, but he was happy.(彼は貧しかった、しかし幸せだった。)

He was rich, so he was very happy.(彼は富んでいた、それでとても幸せだった。)


連語の等位接続詞

both A and B(AもBも両方)

He can speak both English and French.(彼は英語もフランス語も両方話すことができる。)

either A or B(AかBのどちらか)

You may use either this computer or that one.(あなたはこのコンピューターかあのコンピューターかのどちらかを使ってよい。)

命令文, and〜(・・・しなさい、そうすれば〜)と、命令文, or(・・・しなさい、そうしないと〜)

Hurry up, and you will catch the train.(急ぎなさい、そうすれば電車に間に合うでしょう。)

Hurry up, or you will miss the train.(急ぎなさい、そうしないと電車に乗り遅れるでしょう。)

not only A but also B(AだけでなくBも)

Schweitzer was not only a doctor but also a musician.(シュバイツァーは医者であるだけでなく音楽家でもあった。)


従属接続詞

1つの文(主節)の中にもう1つの文(従属節)を入れ込むはたらきをする接続詞を従属接続詞といいます。

名詞のはたらきをする節(名詞節)を導く接続詞(中学校で習うのはthatだけ)と、副詞のはたらきをする節を導く接続詞(when, while, till, before, after, as soon as, if, because, though, so 〜 that・・・)とがあります。

名詞節を導く接続詞that(〜と、〜ということを)

・・・think that 〜(〜と思う)、・・・know that 〜(〜ということを知っている)、・・・hope that 〜(〜であることを望む)の形で出てきます。
that以下の節が、動詞のthink, know, hopeの目的語になる場合で、このthatはしばしば省略されます。

I thought (that) he was honest.(私は彼は正直だと思った。)

主節の動詞が過去形(thought)であるとき、従属節の動詞も過去形(was)です(これを時制の一致といいます。)

I know (that) he is kind to everyone.(私は彼がみんなに親切であることを知っている。)

I hope (that) it will be fine tomorrow.(私は明日天気がよいことを望む。)


副詞節を導く接続詞

時を表す従属接続詞(when, while, until, till, before, after, as soon as)

when(〜の時)

When I was a child, I wanted to become a doctor.(私は子どものとき、医者になりたかった。)

while(〜の間)

While I stayed in Kyoto, I visited many temples.(私は京都に滞在中、多くの寺院を訪れた。)
=During my stay in Kyoto, I visited many temples.

till(〜まで)

You may stay here until(till) it stops raining.(雨がやむまでここにいていいですよ。)

before(〜の前に), after(〜の後に)

Clean your room before you go out.(外出する前に部屋を掃除しなさい。)
You may go out after you clean your room.(部屋の掃除をした後外出していいです。)

as soon as(〜するとすぐに)

As soon as I got to the station, the train started.(私が駅に着くとすぐに電車は出発した。)


条件を表す従属接続詞 if(もし〜ならば)

I won't go out if it rains tomorrow.(もし明日雨なら外出はしないつもりだ。)

条件を表す接続詞に導かれる文では、未来のことでもwillを使わず、現在形を使います。

×I won't go out if it will rain tomorrow.


原因を表す従属接続詞 because(なぜなら)

She helped her father because he looked very tired.(お父さんがとても疲れているようにみえたから彼女はお父さんを手伝った。)


譲歩を表す従属接続詞 though(〜だけれども)

Though it was raining, I went shopping.(雨が降っていたが、私は買い物に出かけた。)
=It was raining, but I went shopping.
 

程度を表す連語の接続詞 so 〜 that ・・・(とても〜だから・・・)

He was so rich that he bought a new house.(彼はとても金持ちだから新しい家を買った。)
=He was rich enough to buy a new house.

He was so poor that he could not buy a car.(彼はとても貧しかったので車を買えなかった。)
=He was too poor to buy a car.