暗記すべき英文

(1)私は彼が誰であるかを知っている。
I know who he is.

(2)彼がどこに住んでいるかを知っていますか。
Do you know where he lives?

(3)あなたは何をしたいのかを私に教えてください。
Please tell me what you want to do.

(4)私はいつ出発できるのだろう。
I wonder when I can start.

(5)私は彼がなぜそんなことを言ったのか理解できない。
I can't understand why he said such a thing.

(6)この質問になんて答えたらよいのかわかりません。
I don't know how I should answer this question.


間接疑問文

文の中に疑問文をふくんだものを間接疑問文といいます。

What does he like?(彼は何を好きなのか。) + I want to know it.(私はそれを知りたい。)
→ I want to know what he likes.(私は彼が何を好きなのかを知りたい。)

普通の疑問文が、What does he like?のように、一般動詞の文では「疑問詞+do(does),did、または助動詞+主語+動詞・・・」の語順、be動詞の文では「疑問詞+be動詞+主語・・・」の語順であるのに対し、間接疑問では、what he likesと、「疑問詞+主語+動詞(または助動詞+動詞)・・・」になっていることが重要です。


間接疑問文をつくる問題

例題:次の文をあとの書き出しに続けて書き換えなさい。

(1)What do you want?(あなたは何がほしいのですか。) → I don't know 〜

(答え) I don't know what you want.(私はあなたが何をほしいのかを知らない。)

(2)Where are you from? (あなたはどこの出身ですか。)→ Tell me 〜

(答え) Tell me where you are from.(私にあなたはどこの出身かを教えてください。)

(3)How old is he?(彼は何歳ですか。) → Do you know 〜

(答え) Do you know how old he is?(彼が何歳であるかを知っていますか。)

(4)What time did she get up?(彼女は何時に起きましたか。) → I wonder〜

(答え) I wonder what time she got up.(彼女は何時に起きたのかしら。)


間接疑問と疑問詞+to

間接疑問文と疑問詞+toの文は相互に書き換えることができます。

She knows where to go.(彼女はどこへ行ったらよいかを知っている。)
=She knows where she should go.

Please tell me how I can make a cake.(どうしたらケーキを作ることができるかを私に教えてください。)
=Please tell me how to make a cake.