国語の入試問題でよく出題されるものに、文中にある「の」の識別の問題があります。

語の識別の問題を解くときは、次の順で試みるのが有効です。

(1)他の語に言い換えてみる(同じ語で言い換えられるときは同じ意味、用法である)。

(2)その語が文法的に単独の1語なのか、ある語の1部なのかを考える(2語以上であることもある)。

(3)品詞を確定して、品詞を手がかりに識別する。
自立語か付属語か。・・・付属語であれば助詞か助動詞
活用があるかないか。・・・活用するのは動詞・形容詞・形容動詞・助動詞の4つ
主語か述語か修飾語か。・・・主語になるのは名詞か代名詞
連体修飾語か連用修飾語か。


例題1:
次の傍線を引いた語のうち、一つだけ他と異なるものがある。それを選びなさい。
ア 海見える公園。
イ 私書いた文章。
ウ 雪残る山道。
エ 小鳥さえずりが聞こえる。


この問題だと、他の語で言い換えてみると、すぐに正解が見つかります。

ア 海見える公園→海見える公園
イ 私書いた文章→私書いた文章
ウ 雪残る山道→雪残る山道
エ 小鳥さえずりが聞こえる→小鳥さえずりが聞こえる(×)

以上より、1つだけ他と異なるのはエです。

この問題は、「他の語の言い換え」で容易に答えがわかる代表的な問題です。

そして、「の」は、「が」で言い換えられるかどうかで識別できる場合が多いのです。

「が」は主語を表す格助詞ですから、「が」で言い換えられる「の」は、主語であることを示す格助詞の「の」です。

ちなみに、選択肢エの「の」は、「小鳥の」が名詞の「さえずり」を修飾しているので、連体修飾であることを示す格助詞です。


例題2:
「人類も自然に生まれてきた生物の一つですから、その活動が環境に影響を与えるは必然です。」の、「の」と同じ用法のものを選べなさい。

ア 院長高橋先生はやさしい。
イ 木村さんようになりたい。
ウ 父学んだ高校に進みたい。
エ 家族と旅行するが楽しい。


この問題の、「影響に与えるは必然です」の「の」は、「影響に与えることは必然です」と、「こと」に言い換えることができる「の」です。

「こと」や「もの」は体言ですから、「こと」や「もの」に言い換えられる「の」は体言をつくる「の」です。
この「の」を、体言の代わりをする格助詞なので、準体言といいます。

例文の「の」が「こと」に言い換えられる「の」だとわかれば、同じ用法の「の」を見つけるのは容易です。

エの「家族と旅行するが正しい」が、「家族と旅行することが正しい」と言い換えられますから、正解はエです。

参考までに、他の選択肢の「の」の文法的な性質は次のようになります。

ア 院長高橋先生はやさしい。・・・「高橋先生」を修飾する連体修飾の格助詞「の」
イ 木村さんようになりたい。・・・「ように」を修飾する連体修飾の格助詞「の」
ウ 父学んだ高校に進みたい。・・・「が」で言い換えられる、主語を示す格助詞「の」


例題1や例題2のように、「の」の識別の問題は、「が」で言い換えられるかどうか、「こと」「もの」で言い換えられるかどうか、のどちらかで解決できるものがほとんどです。


仕上げに、「の」にはどのような文法的性質をもつものがあるのか、おもなものを列挙しておきます。

(1)連体修飾を示す格助詞の「の」・・・もっとも一般的に使われる「の」

(2)主語を示す格助詞の「の」・・・「」と言い換えられる「の」

(3)体言の代わりに用いられる格助詞の「の」・・・「こと」「もの」と言い換えられる、準体言の「の」

(4)同格を表す格助詞の「の」・・・(例)男私でもこわかった(男である私)。

(5)質問を表す終助詞の「の」・・・(例)まだ来ない

(6)接続助詞ので」「のに」の一部

(7)連体詞この」「その」「あの」の一部


***** 国語の全目次はこちら、ワンクリックで探している記事を開くことができます*****