文を書くときに気をつけないといけない言葉に「的を得る」があります。

「的確で要点をつかんでいる」という意味で、「その意見は非常に的を得たものだ」などと書くと、すぐに、「『的を射た』が正しい用法であり、『的を得た』などと誤った表現を用いるとは不勉強もはなはだしい。」といった意見が寄せられたりします。


「的を得る」は間違いだとする人の論拠

「的を得る」は間違っていると主張する人は次のように主張します。

「的は弓で射るものであって、的を得る=的を手に入れたって意味がないのだから、「的を得る」は明らかに誤用である。」
「「道理にかなっている」という意味の『当を得る』と混同した、誤りである。」

ほとんどの辞書はこの立場で、見出し語として「的を射る」はあるが、「的を得る」はないそうです。


「的を得る」も正しい用法だとする人の論拠

こちらの立場の人はさらに二手に分かれます。

一つの立場は、文化庁が発表した「国語に関する世論調査(平成15年)」で、「的を射る」を使う人が38.8%、「的を得る」を使う人が54.3パーセントであったことなどから、「的を得る」も認めてよいとする意見です。
言葉の誤用も時代によって正しい用法に転化するという立場です。

もう一つの立場は、「的を得る」は意味的にも歴史的にも正しい用法だとする意見です。
的をただ射たって当たらないと意味がない。「正鵠(せいこく)を得る」という言葉があるが、「正」も「鵠」も弓の的の真ん中の黒星のことであり、「的を得る」は、「的を射て正鵠を得る」を語源とする正しい使い方である、と主張します。

前者の意見に対しては、「間違って使う人が多くてもそれだけで誤った使い方が正しい使い方になるわけではない」という反論が成り立ちますが、後者は論として筋が通っています。


私の立場

個人的には、「的を得る」のほうをついつい使ってしまいそうになります。「的を射る」はどうも発音しにくい。「的を射る」よりも「的を得る」を使う人のほうが多いのも、発音のしやすさにあるのではないでしょうか。

しかし、あえて「的を得る」を使おうとも思いません。
読んだ人に「この文を書いた人は無知だ」と思われるかもしれないという危険をおかしてまで使いたくない。
「的を射る」を使うか、他の言葉で同じ意味を表そうとすると思います。

作文や小論文で、子どもが「的を得る」と書いていたら書き直させます。

寛容な採点者ばかりとは限りません。「的を射る」が正しく、「的を得る」は明らかな間違いだとかたく信じている人が採点をしている可能性がないとはいえません。

あえて「火中の栗を拾う」冒険は、試験では避けなければいけません。



***** 5教科以外の全目次はこちら、ワンクリックで探している記事を開くことができます *****