公立高校入試で出題される長文問題の中には、拍子抜けするほど簡単な問題がふくまれていることがあります。
しかし油断は禁物、やさしい問題は他の人も得点しているはずなので確実に全問正解しておかないといけません。

いつものように、問題文を読みながら、問いが出てきたらそこで解いて、さらに読み進める方法で解いてみましょう。


問題:
次は、高校生の健太(Kenta)、留学生のアンナ(Anna)、谷先生(Mr. Tani)の3人が交わした会話の一部です。会話文を読んで、あとの問いに答えなさい。


Mr. Tani: Hi, Anna and Kenta. What are you talking about?
Kenta: Good morning, Mr. Tani. I was telling her about this 500 yen coin.
Anna: Yes. Mr. Tani, the 500 yen coin is very interesting.
Mr. Tani: (A)Interesting? Why do you think so? It's just a coin.


注釈

・What are you talking about?・・・あなたたちは何について話しているのですか。

・Why do you think so?・・・あなたたちはなぜそう思うのですか。


問い1が出てきているので解いておきましょう。

(1)本文中に(A)Interesting? Why do you think so? It's just a coin.とありますが、次のうち、このとき谷先生が思っていることを表している英語として最も適しているものはどれです。一つ選び、記号を書きなさい。
ア I am going to tell Anna about the interesting coin.
イ I don't understand why such a coin is interesting.
ウ I feel happy to learn why the coin is interesting.



「なぜおもしろいと思うんですか。まさにコインじゃないですか。」と言っているので、「こんなコインがなぜおもしろいのか私には理解できない。」のイが正解。


続きを読みます。

Anna: Please look at a '0' of the '500' on this coin. If you look at it diagonally, another small '500' is seen in it.  Please try to see it.
Mr. Tani: Oh, that is interesting. ((1)     ) know that, Kenta?
Kenta: I visited the mint on a school trip when I was a junior high school student. A woman working there told us about that.
Mr. Tani: I see.

注:diagonally  斜めに   mint  造幣局


注釈

・If you look at it diagonally, another small '500' is seen in it. ・・・「もしあなたがそれを斜めに見たら、別の小さい500がその中に見られます。」

1











・on a school trip・・・「修学旅行で」

・A woman working there told us about that.・・・「そこで働いている女性が私たちにそのことについて話しました。」
現在分詞working「働いている」が後ろからa womanを修飾。


問い2を解きます。

(2)本文中の'((1)     ) know that, Kenta?'が、「健太、あなたはどのようにしてそのことを知ったのですか。」という内容になるように、解答欄の(         )に英語3語を書き入れ、英文を完成しさい。

(         ) know that, Kenta?



(How did you ) know that, Kenta? が正解です。


さらに読み進めます。

Anna: Mr. Tani, this is a picture of the mint. Yesterday, when I was walking along the river with my friends, I took it. And this morning, when I showed it to Kenta, he told me about the coins made in the mint.
Mr. Tani: Oh, it's a nice picture. Anna, in Japan, there are three mints. They are in Tokyo, Hiroshima, and Osaka. The mint in Osaka is ((2)     ) of the three. By the way, do you know why it was built by the river?
Anna: I have no idea.
Mr. Tani: Well, the rivers were ((3)     )  for building the mint and making coins.

注:river 川    built  build(建てる)の過去分詞形


注釈

・when I showed it to Kenta, he told me about the coins made in the mint.・・・「私がそれを健太に見せたとき、彼は私に造幣局でつくられたコインについて話しました。」
過去分詞made「つくられた」が、後ろからcoinを修飾しています。

・By the way, do you know why it was built by the river?・・・「ところで、あなたはなぜそれ(造幣局)が川のそばに建てられたのか知っていますか。」
by the way(ところで)は連語です。
why it was built by the river(なぜそれが川のそばに建てられたのかを)。間接疑問文なので、疑問詞whyのあとの語順が主語it+動詞wasとなっています。


問い3と問い4をかたづけておきます。

(3)本文中の
((2)     ) に入れるのに適している英語2語を、次の英語をもとにして書きなさい。
The mint in Osaka was built in 1871. The other mints were built in Tokyo in 1939 and in Hiroshima in 1945.


大阪造幣局が1871年の建造、東京が1939年、広島が1945年だから、大阪が一番古いので、The mint in Osaka is ((2) the oldest ) of the three.
「of the three」(3つの中で)がヒントになって、最上級が入ることがわかります。

(4)次のうち、本文中の ((3)     ) に入れるのに最も適しているものはどれですか。一っ選び、記号を書きなさい。
ア cold  イ little  ウ useful  エ wrong


the rivers were ((3)     )  for building the mint and making coins.とあり、「造幣局と硬貨をつくるのに」と後ろにあるので、川が「役に立つ」、「便利である」。よって、答えはウのuseful。



Anna: What do you mean?
Kenta: The rivers in Osaka were important for carrying people and things.
Right?
Mr. Tani: That's right. Anna, a long time ago a lot of boats used the rivers between Osaka and Kyoto to carry different things.
Anna: Oh, my friends told me about (B)that at the Riverside Station.
Kenta: The Riverside Station? Where is that?
Anna: It is near the mint. After seeing the mint, we were walking along the river, and we found it.
Mr. Tani: ((4)     )
Kenta: Oh, have you?
Mr. Tani: Yes. When I went there, I got on a boat which goes around the city.
Seeing the town from a boat on the river is also interesting.
Anna: That sounds good. I'd like to try the boat next time.

注:boat  船    the Riverside Station (川の駅)


注釈

・What do you mean?・・・「どういう意味ですか。」

・The rivers in Osaka were important for carrying people and things.・・・「大阪の川は人や物を運ぶために重要だった。」
前置詞forの後だから、動詞carryが動名詞のcarryingになっています。

・a long time ago a lot of boats used the rivers between Osaka and Kyoto to carry different things.・・・「昔は多くの船がいろいろな物を運ぶために大阪と京都の間にある川を使いました。」
a long time ago(昔は)は連語です。
to carry different things.(いろいろな物を運ぶために)、不定詞の副詞的用法です。

・When I went there, I got on a boat which goes around the city.・・・「私はそこ(川の駅)に行ったとき、この都市を巡回する船に乗りました。」
get on(乗る)は重要な連語。
a boat which goes around the city.(この都市を一周する船)。関係代名詞which以下が後ろからa boatを修飾しています。

・Seeing the town from a boat on the river is also interesting.・・・「川の上の船からこの街を見ることもおもしろい。」

・That sounds good. ・・・「それはよさそうですね。」
soundは、「〜と聞こえる」、「〜と思える」の意味の動詞です。

・I'd like to try the boat next time.・・・「私も次の機会に船に乗ってみたい。」
Would like to(〜したい)。


最後の問題3問をします。

(5)本文中の(B)thatの表している内容は何ですか。日本語で書きなさい。

本文を見直して、
Mr. Tani: That's right. Anna, a long time ago a lot of boats used the rivers between Osaka and Kyoto to carry different things.
Anna: Oh, my friends told me about (B)that at the Riverside Station.
とあるので、このthatは、前で谷先生が述べた内容をさしていることがわかります。
該当する部分a long time ago a lot of boats used the rivers between Osaka and Kyoto to carry different things.をきちんと訳して、最後を「こと」でまとめます。
答えは、「昔は多くの船がいろいろな物を運ぶために大阪と京都の間にある川を使っていたこと。」


(6)本文中の((4)     ) が、「私もそこに行ったことがあります。」という内容になるように、英語で書きなさい。

((4)     ) のあとのKenta: Oh, have you?がヒントになります。
答えは、I have been there, too.
「行ったことがある」という経験を表わす英文だからhave beenにすること、「そこに」はthereであること、「私も」の「も」を見落とさないようにすることに注意。


(7)本文の内容と合うように、出来事が起きた順に次のア〜エの英文を並べかえ、その順に記号を解答欄の(  )に書きなさい。
 ア Mr. Tani heard something interesting about the 500 yen coin from Anna.
 イ Kenta visited the mint in Osaka on his school trip.
 ウ Anna showed a picture of the mint to Kenta.
 エ Anna went to the Riverside Station after seeing the mint.


健太の修学旅行が最初で、次にアンナが造幣局へ行ったあと川の駅に行き、撮った造幣局の写真を健太に見せ、最後に谷先生がアンナから500円硬貨についてのおもしろいことを聞いたという順でした。
よって、イ、エ、ウ、アの順です。


(80点満点中21点の配点の問題です。21点、確実に得点できましたか?)


***** 英語の全目次はこちら、ワンクリックで探している記事を開くことができます。*****