時折、internet上にフリーソフトの紹介記事が出ます。
「お、これは良さそう。」と思ってダウンロードして、本当に役にたった例はまず皆無です。

ところが昨日、『これは入れとけってフリーソフト』なる記事に遭遇。
ソフトの紹介だけでなく、解説が親切なのでついつい読んでしまいました。

そこに出ていたのが、
Everything PC内を一瞬検索 (解説文)シンプルかつ高速なファイル検索ソフト。」
です。


私の仕事用のパソコンのマイドキュメントには10年以上にわたって蓄積したありとあらゆるファイルが収まっています。
ですから、必要なファイルを探し出すのも大変です。

ウインドウズ付属のファイル検索画面を開いて探すのですが、まずまともに見つけられたためしがありません。

グーグル・デスクトップがファイル検索に便利だと仄聞して、ダウンロードして試してみたのですが、まったく役に立ちませんでした。

今回もまた「あかんやろ」と疑いながら、期待せずにダウンロードしてみました(詐欺に会う人は何度も騙されます)。


これは凄い!

Everythingのインストールが完了すると、メイン画面が開きます。

これ以上ないくらいにシンプルな画面です。
上部に検索窓が1つと、その下にファイル・ビューの画面のみ。
それだけです。

何日か前、教材として作った年表のファイルを探し出すのに長時間苦労したことを思い出して、検索窓に『年表』と入れてエンター・キーを押してみました。

瞬時に(本当に一瞬です)年表のファイルだけがファイル・ビューに現われました。

「おお!」です。

今まで、行方不明のファイルを探すのに費やしていた時間はなんだったんでしょう。

さらに、ファイル名にマウスポインターをあててopenをクリックすると、探していたファイルそのものを即時に開くことができました。

目的のファイルまで、本当に「一瞬」で到着できるのです。


例えば、何年か前のチラシの原稿を見る必要が生じたとします。
私のマイドキュメントには何年分もの募集チラシの原稿が保存されています。
今までだと、「マイドキュメント」→「塾の業務」→「募集関係」→「チラシ」→「2010年チラシ」→「1月作成分」→「1月31日折込分」→「チラシの表(おもて)」と、これだけの経路を経てやっとお目当ての原稿にたどり着いていました。
どのディレクトリのどのフォルダーに入れたかを覚えているという幸運に恵まれていた場合でさえ、これだけの行程を経ていたのです。

Everythingだと、検索窓に「チラシ」と打ち込むとワンクリックでずらっと全チラシが出てきます。

私の場合、チラシの原稿の名前の先頭に「2010年」などと配布年を入れていたので、チラシが年次毎にずらっと並んでくれています。
(年次をファイル名に入れていなくても、ファイル・ビューに、ファイルの種類のアイコン・ファイルのサイズ・作成年月日の順に並んでいるので、見つけたいファイルを瞬時に見つけることができます)。

今までの苦労はなんだったんだろうかと、ため息さえ出てきました。

このソフトがあれば、もはやフォルダーすら(マイドキュメントさえも)不要です。


幸せのあまりうろたえる

すぐに同じ部屋にいたS氏やT氏やU氏に教えました。

私の声は興奮のあまりうわずっていました。

すぐにダウンロードしたU氏も、ためして「うお!」

すごい勢いでデスクトップにショートカットキーを作っていました(私もそうしました)。


Everything』、これは革命的に「いい」ソフトです。

皆様に、声を大にしておすすめしたいです。


GDP世界2位奪還の武器に

私たちは、おそらく一生のうちで1ヶ月分くらいは、貴重な時間を、パソコン内のどこにファイルをしまったかを探すのに使っているのではないでしょうか。

Everythingをパソコンに入れることで無駄な時間を節約することができれば、わが国のGDPの1%くらいは上昇するかもしれません。

もう一度中国を抜き返すのも夢ではないかも(中国の人にはこのソフトのことは内緒にしておきましょう)。



***** 5教科以外の全目次はこちら、ワンクリックで探している記事を開くことができます *****