2011ワールドカップ女子サッカーの日本代表、なでしこジャパンは優勝候補のドイツ、スウェーデンをやぶり、17日の決勝でアメリカと対戦します。

準決勝戦で、スウェーデンを3対1でくだしたなでしこジャパンの戦いぶりは世界中で絶賛されているようです。
Soccer KING誌の記事『米メディアがなでしこを絶賛「世界中にサッカー本来の姿を発見させた」』は特に印象的で、何十人もの人がウェブ上で引用、紹介しています。


「女子ワールドカップ決勝でなでしこジャパンと対戦することが決まったアメリカの『ESPN』が、準決勝スウェーデン戦での日本のパフォーマンスを称賛した。」

「日本の女性たちは自分たちが最も身長の高いチームではないことを知っていた。フィジカルにおいても最も強じんというわけではなかった」

「しかし彼女たちは、世界中の誰もが今、発見したことを既に知っていた。サッカーはフィジカルだけではなく、本来、情熱的で精神的で、正真正銘、戦術的なものだ」



「サッカーはフィジカルだけではなく、本来、情熱的で精神的で、正真正銘、戦術的なものだ」のくだりが特に読者の心をうったようです。
私も、「いい表現だな」「これはサッカーに限らない、勉強も、先天的な頭脳だけではなくて、情熱と、精神力と、戦術で決まる」と感動しました。


元の記事を探す

そして、Soccer KINGが紹介したアメリカ誌『ESPN』の記事を読んでみたいと思いました。

Soccer KINGは、アメリカ誌『ESPN』と紹介するだけで元の記事までは明示していません。
ウェブ上でSoccer KINGの記事を引用している人たちも、元のESPNの記事まで確認している人はいませんでした。

そこで、自分で探すことにしました。
「ESPN」で検索して、ESPNのサイトにはすぐにたどりつけました。
ところが、予想以上に大きいサイトでした。
膨大な数の記事があって、なかなか探している記事にたどりつけません。

困りました。

思いついたのが、Soccer KINGの記事はいかにも直訳調です。
記事中の「日本の女性たちは自分たちが最も身長の高いチームではないことを知っていた。」程度だと、私の英語力でも英訳できそうです。
このくだりを英語に訳し戻して、それで検索したら、元の記事にたどりつけるのではないだろうか。

「Japanese women know they are not the tallest」で検索すると、一発で、探していた記事が冒頭にあがってきました。
正しくは、「The Japanese women knew they wouldn't be the tallest soccer team in the 2011 FIFA Women's World Cup. 」でした。


『ESPN』の記事

元の記事の題名は、『Japanese team measured by heart, not height』です。
『日本チームは体の高さではなくて心の強さで評価』とでも訳したらよいのでしょうか。
しゃれた言いまわしです。
heartとheightと、韻をふんでいるのも素敵です。

Soccer KINGが引用したのは、記事の冒頭の部分だけです。

『ESPN』の本文は、さらに感動的でした。

決勝進出が決して「偶然の事故」ではないこと、北京オリンピックではアメリカの得点で急に覇気がなくなったのに今度は違ったというスウェーデンコーチの言葉、サッカーは彼女たちの夢そのものなのだという佐々木監督の言葉、試合では「世界中の友人の方々へ、地震に際しての援助に感謝します」の垂れ幕を掲げて戦っていること、チームスピリットと一体感が強さの源であること、「サッカーをしている、しようとしている少女たちに自分たちの姿を見てほしい」という沢選手の言葉、「日本チームは一人が動くと、全員が動くのよ」というスウェーデン選手の賞賛の言葉、なでしこの花の紹介と、なでしこジャパンがなでしこの花のように感動的な、心をうつ、洗練された、美しいサッカーをしていることなどを述べた後、「自分たちの小さな勝利が地震の被害を受けた人たちに勇気と希望を与えてくれたら」「決勝でも最善を尽くします」という佐々木監督の言葉でしめくくっています。

日本人に勇気を与えてくれる、素晴らしい記事でした。

『ESPN』の元の記事のアドレスは、こちらです。
ar0010001643l






追記:アメリカの読者も、この記事には心をうたれたようです。
コメント欄には多くのコメントが寄せられています。

特に、
They are the pride of a nation, and hope of its people,  COME ON JAPAN!

「彼女たちは国の誇りであり、国民の希望なんだよ。さあ、日本よ、かかってこい!」

アメリカ人のこういうところは、本当に好きです。



***** 5教科以外の全目次はこちら、ワンクリックで探している記事を開くことができます *****