平清盛は、平安時代末期に、保元の乱平治の乱に勝利し、武士として初めて太政大臣になりました。
娘の徳子を高倉天皇の后とし、平氏が朝廷の要職を独占して、「平家にあらずんば人にあらず」と称されるほどの権勢を誇りました。


平清盛までの系図

桓武天皇
↓葛原親王(かずらはらしんのう)
高見王
高望(たかもちおう):長男国香、次男良政(その子が平将門
平国香
平貞盛:長男維将(これまさ)(子孫が北条氏)、四男維衡(これひら)
平維衡(これひら):伊勢平氏の祖
平正度(まさのり)
平貞季(さだすえ)
平正衡(まさひら)
平正盛(まさもり)
平忠盛(ただもり)
平清盛

承平天慶の乱に功のあった平貞盛の子孫が全国に広がり、伊勢国(今の三重県)を基盤として伊勢平氏とよばれた平維衡の子孫が財をたくわえ、平正盛は白河上皇のとき北面の武士に、平忠盛は鳥羽上皇のとき貴族に列せられ、都で出世していきます。その繁栄を基盤に平清盛が権勢をふるうのです。


保元の乱(ほうげんのらん)

1156年(保元元年)に都で起こった争乱を保元の乱といいます。

天皇家では、ともに鳥羽上皇の子であった後白河天皇崇徳上皇が皇位継承をめぐって対立していました。
また、藤原摂関家では、兄の藤原忠通(関白)と弟の藤原頼長(左大臣)が氏の長者の地位を争いました。

現状に不満な崇徳上皇藤原頼長が手を組み、源氏の源為義、平氏の平忠正を味方に引き入れました。

後白河天皇藤原忠通は源氏の源義朝、平氏の平清盛に頼りました。

源為義と源義朝は父と子、平忠正と平清盛は叔父と甥です。

戦いは、奇襲攻撃に成功した後白河天皇方が勝利し、崇徳上皇は讃岐に流され、藤原頼長は戦いの中で戦死しました。源為義と平忠正は死刑となり、源為義の子の源為朝(源義朝の弟)は伊豆大島へ流刑となりました。

保元の乱は武士の実力をはっきりと示した事件であり、中央政界に武士が大きく進出するきっかけとなりました。


平治の乱(へいじのらん)

保元の乱の3年後、1159年(平治元年)に都で起こった争乱が平治の乱です。
保元の乱の勝者方である後白河上皇の近臣間の争いでした。

保元の乱に功のあった平清盛は大国播磨(今の兵庫県)の国司になり、参謀であった藤原通憲(信西)は後白河上皇の寵臣として取り立てられました。

勝者側でありながら源義朝は位をとどめられ、藤原通憲に反感を抱く藤原信頼と結びついてクーデターを企てます。

平清盛が熊野詣に出かけた隙をついて源義朝と藤原信頼が挙兵し、後白河上皇と二条天皇を幽閉し、藤原通憲を自害させました。

平清盛は都に引き返し、後白河上皇と二条天皇を奪い返して源義朝・藤原信頼追討の宣旨を得ることに成功します。
平氏と源氏の激しい戦いの後、源義朝は敗走して尾張で殺害され、子の源頼朝は伊豆に流されました。

平治の乱によって武家の棟梁としての平清盛の地位が確立し、その権力はさらに強固なものになりました。


日宋貿易

平安中期〜鎌倉中期、日本と宋との間でおこなわれた貿易が日宋貿易です。

960年に建国した宋は貿易を奨励したので、平安時代中期に大宰府の監督下でわが国とも貿易が始まりました。宋の商人が九州の博多や越前(今の福井県)敦賀に来航して私貿易をおこなっていました。

越前守であった平忠盛は、日宋貿易で得た貴重な品を院に献上して喜ばれました。

平清盛は忠盛の事業を継承し、博多港を工事で広げ、寺社の勢力下にあった瀬戸内航路を確保して日宋貿易の拡大を図りました。

清盛は航海の守り神として厳島神社を信仰し、宋と正式に国交を結んで、1173年に、摂津国(今の兵庫県)の大輪田泊(おおわだのとまり:現在の神戸港)の拡張工事をして、積極的に貿易をおこないました。

宋からは銅銭宋銭とよばれました)・陶磁器香料などを輸入し、宋へは硫黄刀剣砂金などが輸出されました。

宋銭の輸入はわが国の貨幣経済の進展に大きな役割を果たしました。


福原遷都と源氏の挙兵、清盛の死

1180年、平清盛は摂津国(今の兵庫県)の福原(今の神戸市)に都を移すことを計画しました。

1169年以降、清盛は平家一門に政治を任せて福原の邸宅で過ごしていました。
日宋貿易を推進し、純粋な武家の政権をつくる意図があったという説もあります。

お互いに協力していた平清盛と後白河上皇は次第に対立し、1179年、清盛は後白河法皇を幽閉し、院政を停止します。
1180年、高倉天皇を上皇に、清盛の娘徳子の子を安徳天皇として即位させました。
その直後、後白河法皇、高倉上皇、安徳天皇と平家一門は福原に移るのです。

都では後白河法皇の子、以仁王(もちひとおう)の平氏打倒の挙兵計画が発覚するなど、騒然とした政情の中での遷都計画でした。

源頼朝や源義仲ら反平氏勢力の挙兵や強い反対意見があって、半年後、清盛は遷都を断念し、京都に戻ります。

1181年、平清盛は平宗盛を棟梁とする平氏一門をあげて源頼朝を討とうと関東進軍を計画しますが、熱病により急死しました。


平清盛の生涯(年表)

1118年 平忠盛(たいらのただもり)の長男として誕生

1129年 従五位下左兵衛佐に叙任(12歳)

1153年 平忠盛病死、平清盛が平氏の棟梁に

1156年 保元の乱(39歳)
後白河法皇・藤原忠通・平清盛・源義朝⇔崇徳上皇・藤原頼長・源為義・平忠正

1159年 平治の乱(41歳)
藤原通憲(信西)・平清盛⇔藤原信頼・源義朝
源義朝の子の頼朝、伊豆に流罪

1167年 平清盛が太政大臣に(50歳)

1168年 清盛、大輪田泊(おおわだのとまり)を改修、日宋貿易

1177年 鹿ケ谷(ししがたに)事件
平清盛の娘の徳子、高倉天皇の中宮に

1178年 徳子が高倉天皇の皇子を生む(のちの安徳天皇)

1179年 清盛の長男、平重盛(たいらのしげもり)病死
後白河法皇を幽閉

1180年 安徳天皇が即位

源頼政(みなもとのよりまさ)・以仁王(もちひとおう)挙兵、平氏が勝つ

源頼朝(みなもとのよりとも)伊豆で挙兵、源義仲(みなもとのよしなか)木曾で挙兵

富士川の戦い、源氏が勝利

1181年 平清盛病死(64才)

1185年 壇ノ浦の戦い(だんのうらのたたかい)で平氏滅亡




***** 社会の全目次はこちら、ワンクリックで探している記事を開くことができます *****