中学受験や高校入試の問題でよく取り上げられるのがユネスコの世界遺産です。
今年(2011年)は平泉と小笠原諸島が新たに世界遺産として登録されました。


世界遺産条約

正式名称は『世界文化遺産及び自然遺産保護に関する条約』ですが、世界遺産条約と答えたら正解です。

人類にとって普遍的な価値を持つ、世界各地の文化遺産自然遺産を国際的に保護することを目的とする条約です。

1972年、国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)の第17会総会(パリ)で採択され、1975年に発効しました。
187国が条約に参加しており(2011年6月現在)、わが国は1992年に125番目の締約国となりました。

人類の記念工作物建造物遺跡自然で、「顕著で普遍的価値」があるものを保護の対象とします。

条約締約国は、自国内の世界遺産の保護に最善を尽くす義務があります。
また、国際社会は世界遺産の保護に協力する義務を負います。


世界遺産委員会

世界遺産の保護に活用するために、締約国の分担金、拠出金、寄付金で「世界遺産基金」が設けられました。

また、締約国から選出された委員によって構成する「世界遺産委員会」が世界遺産の決定と世界遺産の保護のための援助をおこないます。

世界遺産委員会は締約国が世界遺産として推薦する候補物件を審査し、世界遺産であると認定すると「世界遺産一覧表」に登録します。

さらに、世界遺産委員会は、調査や研究、専門家の派遣、機材の供与、資金協力などの国際的な援助をおこないます。


文化遺産・自然遺産・複合遺産

「世界遺産一覧表」に2011年6月現在、936件の世界遺産が登録されています。

世界遺産は、文化遺産、自然遺産、複合遺産の3種類に分類されます。


文化遺産(725件)

(1)記念工作物(建築物、彫刻など)、(2)建造物群(建造物の集落)、(3)遺跡などを含む区域が文化遺産です。

歴史上、芸術上、学術上、「顕著な普遍的価値」があると認められると世界遺産に認定されます。

(例)万里の長城(中国)、アンコール遺跡(カンボジア)、自由の女神像(アメリカ)など。


自然遺産(183件)

(1)特徴のある生物群、(2)絶滅のおそれのある動物植物、(3)自然の風景などを含む区域が自然遺産です。

学術上、保存上、景観上、「顕著な普遍的価値」があると認められると世界遺産に認定されます。

(例)グランド・キャニオン国立公園(アメリカ)、グレート・バリア・リーフ(オーストラリア)、 カナディアン・ロッキー山脈公園(カナダ)など 。

複合遺産(28件)

文化遺産と自然遺産の両方の条件を兼ね備えた遺産です。

(例)マチュピチュの歴史保護区(ペルー)、ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群(トルコ)など。


日本国内にある世界遺産

日本国内には、文化遺産12、自然遺産4、計16の世界遺産があります。

日本の世界遺産



























文化遺産
(登録順)


法隆寺地域の仏教建造物(奈良県)1993年
姫路城(兵庫県)1993年
古都京都の文化財(京都府・滋賀県)1994年 ・・・清水寺・延暦寺・平等院鳳凰堂など
白川郷(しらかわごう)・五箇山(ごかやま)の合掌造り集落(岐阜県・富山県)1995年
広島の平和記念碑(原爆ドーム)(広島県)1996年・・・人類の「負の遺産」
厳島神社(いつくしまじんじゃ)(広島県)1996年
古都奈良の文化財(奈良県)1998年・・・東大寺と正倉院・唐招提寺など
日光の社寺(栃木県)1999年・・・徳川家康をまつる日光東照宮など
琉球王国のグスク及び関連遺産群(沖縄県)2000年・・・首里城など
紀伊山地の霊場と参詣道(奈良県・和歌山県・三重県)2004年・・・高野山・熊野三山など
石見銀山遺跡とその文化的景観(島根県)2007年
平泉の仏国土を表す建築・庭園・考古学的遺跡群(岩手県)2011年


自然遺産(登録順)

白神山地(しらかみさんち)(青森県・秋田県)1993年・・・ブナの原生林
屋久島(鹿児島県)1993年・・・縄文杉
知床(北海道)2005年
小笠原諸島(東京都)2011年


平泉(仏国土を表す建築・庭園・考古学的遺跡群)

岩手県南部にある平泉は、11世紀〜12世紀、藤原清衡(ふじわらのきよひら)・基衡(もとひら)・秀衡(ひでひら)の3代にわたって栄華を誇った奥州藤原氏の拠点でした。
奥州藤原氏は4代泰衡(やすひら)の時、源頼朝によって滅ぼされました。

平泉には、平安時代に貴族が信仰した浄土思想により、現世に仏国土(浄土)を実現しようとして中尊寺(ちゅうそんじ)や毛越寺(もうつうじ)などの寺院が建立されました。

平泉の寺院浄土庭園が、日本固有の神道と結びついた仏教の進化を明示していること、自然信仰と阿弥陀如来の極楽浄土思想の融合を象徴していることが評価され、2011年6月、第35回ユネスコ世界遺産委員会で世界遺産に登録されました。


小笠原諸島

小笠原諸島は、本州の南約1000km〜2000kmの太平洋上にある大小30余りの島々で構成されています(東京都に属します)。
小笠原群島(父島・母島など)と火山列島(硫黄島など)や、日本の最南端の沖ノ鳥島、日本の最東端の南鳥島が小笠原諸島に含まれます(世界遺産に含まれるのは小笠原群島や火山列島などで、沖ノ鳥島と南鳥島は含まれません)。

江戸時代後期、アメリカやイギリスの船の寄港地として知られており、ハワイからの移民も居住していたようです。
1876年、日本の領土であることが確定しました。

硫黄島は太平洋戦争の激戦地であり、戦後、小笠原諸島はアメリカの占領下におかれましたが、1968年、日本に復帰しました。

小笠原諸島は大陸と一度も陸続きになったことがないので、植物や昆虫、陸産貝類など多くの生物の固有種が独自の進化を遂げました。

2011年6月、世界遺産委員会は独特の生態系を評価して、自然遺産に登録しました。


負の世界遺産

世界遺産の中で、人類の残虐な行動の結果残った遺産は「負の世界遺産」といわれることがあります。

広島市の原爆ドームやアウシュヴィッツ・ビルケナウ強制収容所(ドイツ)、奴隷貿易の拠点であったゴレ島(セネガル)、政治犯の収容所であったロベン島(南アフリカ)、ビキニ環礁の核実験場などが負の遺産だとされています。


無形文化遺産

世界遺産は移動できない有形のものに限られます。

無形の文化遺産に関しては、2003年、無形文化遺産保護条約が採択され、ユネスコ文化局無形遺産課が管轄し、国際協力のもとで保護がはかられています。




***** 社会の全目次はこちら、ワンクリックで探している記事を開くことができます *****