中学生の計算まちがいのほとんどは符号のミスです。

そして、符号まちがいをする人のほぼ共通する特徴は、−(マイナス)を薄く、小さく書くことです。


まず、ミスをする原因を知る

自分の欠点を知った人、ミスをする理由がわかった人だけが、欠点をなおすことができます。

まず、−(マイナス)を薄く小さく書く人は、自分がよくミスをする原因が何かをわかっていません。
だから、同じような符号まちがいを何度もしてしまいます。

教える者は、ミスの多い人の失敗の原因が符号まちがいであることを指摘してあげることが必要です。


次に、ミスをなおす具体策を徹底する

ミスをするな、符号まちがいをしないように注意しなさい、というだけではミスはなくなりません。
誰も、ミスをしたくてしているわけではないのです。

符号まちがいをなくそうと思えば、マイナスを大きく、濃く書く癖をつけることです。

−(マイナス)を薄く小さく書く人は、薄く小さく書くから、符号を意識できません(いわゆる、「考えないで計算をしている」状態です)。

マイナスを濃く大きく書く癖さえつけば、マイナスを濃く大きく書くたびに符号を(符号が正しいかどうかを)意識できますから、必然的に計算まちがいは激減します。


実際には、すぐに符号を濃く、大きく書けるようにはなりません。
一度ついた悪い癖はなかなか治りません。

教える者は、正しい癖がつくまで、あきらめないで辛抱強く指摘してあげることが必要です。

私の経験では、−(マイナス)を濃く大きく書くようになった人は、1人の例外なく符号まちがいをしないようになります。




*****数学の全目次はこちら、ワンクリックで探している記事を開くことができます*****