植物の章が一目で理解できるように、重要事項を最もわかりやすくまとめました。

1、生物の観察

ルーペ(5〜10倍)の使い方…目に近づけて持ち、見たいものを動かして観察する

タンポポ…乾いた日当たりのよい場所に生育

理科のスケッチ…細い線で描き、影をつけない


顕微鏡(40〜600倍)

顕微鏡通過する光で観察する…光が通過する薄いものでないと観察できない

上から、1接眼レンズ・2鏡筒・3レボルバー・4対物レンズ・5クリップ・6ステージ・7しぼり・8反射鏡・9鏡台、うしろに10アーム・11調節ねじ

プレパラートスライドガラスに見たいものを置き、カバーガラスをのせたもの

操作直射日光の当たらない、明るい水平な場所に置く
接眼レンズ・対物レンズの順にとりつける(最初、低倍率の対物レンズを下に向ける)
→明るく見えるように反射鏡しぼりで調節する
プレパラートステージにのせる
→横から見て対物レンズプレパラートに近づける
→上から見て、調節ねじを手前にまわしてピントを合わせる
レボルバーをまわして対物レンズ高倍率のものにかえる

顕微鏡の倍率対物レンズの倍率×接眼レンズの倍率

高倍率にすると…視野はせまく、明るさは暗くなる

観察したいものを中央に寄せたいとき…プレパラートを動かしたい向きとは逆の向きに動かす(顕微鏡は上下左右に見えているから)


双眼実体顕微鏡(20〜40倍)
…ものが立体的に見える
プレパラートを作る必要がない
上下左右は実際と同じ
接眼レンズに視度調節リングがあり、ねじは粗動ねじ微動ねじがある
粗動ねじ微動ねじ視度調節リング鏡筒の間隔調節、の順で操作


水中の微生物…植物:緑色で光合成をする(ミカヅキモ・アオミドロ・ハネケイソウ(黄褐色))、動物:光合成をせず動き回る(ミジンコ・ゾウリムシ・アメーバなど)
緑色で光合成をしてかつ動くのはミドリムシ
大きいのはミジンコ


花のつくりとはたらき

めしべ子房胚珠がある花(被子植物
花のつくり
中央に1本のめしべがあり、めしべの先を柱頭、めしべの根もとのふくらんだ部分を子房、その中を胚珠という

複数あるおしべの先をやくといい、花粉をつくる

めしべの先の柱頭花粉がつくことを受粉という

虫媒花…花粉を昆虫が運ぶ(花弁みつせんがある多くの花)
風媒花…花粉をが運ぶ(マツ・スギなど)

受粉の後、子房果実に、胚珠種子になる

めしべ1つだが、花弁(花びら)とがくおしべの数は、花の種類によって異なる
アブラナ…花弁4枚・おしべ6本
エンドウ…花弁5枚・おしべ10本
ツツジ…花弁5枚がくっついている・おしべ10本
タンポポ…花弁5枚がくっついている・おしべ5本

離弁花…花弁が離れている花(アブラナ・サクラなど)
合弁花…花弁がくっついている花(ツツジ・タンポポなど)

両性花…1つの花にめしべおしべの両方がある
単性花雌花胚珠がある)と雄花やくがある)が別々にある(ヘチマ・キュウリ・カボチャ・マツなど)


雌花胚珠がむき出しで、子房がない花(裸子植物

マツ雌花雄花も鱗(うろこ)のようなりん片でできている

雌花りん片には胚珠がむき出しでついていて、受粉後、種子になる

雄花りん片には花粉のう(やく)があり花粉が風で運ばれる








種子植物が咲き、種子でふえる植物
種子植物は、被子植物裸子植物に分かれる

被子植物胚珠子房につつまれている
裸子植物…子房がなく、胚珠がむき出しになっている(マツ・スギ・イチョウ・ソテツ・ヒノキなど)






(「植物」の各内容の、さらに詳しい説明はこちらの目次からたどってご覧ください。)