根・茎・葉・光合成・植物の分類が一目で理解できるように、重要事項を最もわかりやすくまとめました。

1、根

根のはたらきと水にとけた養分を吸収する+体を支える

根の形…双子葉類(葉が網状脈)と単子葉類(葉が平行脈)で異なる
主根側根…双子葉類の根(タンポポ・アブラナ・エンドウなど)
ひげ根…単子葉類(トウモロコシ・イネなど)

根毛…根からうぶ毛のように生えているもの、若い根に多い
・土にふれる表面積が大きくなり、水と水にとけた養分を吸収する

道管・師管…根の中心近くに道管(水を運ぶ)と師管(栄養分を運ぶ)がある


2、茎

茎のはたらきと水にとけた養分、葉でできた栄養分の通り道

道管…根で吸収したと水にとけた養分の通り道、茎の中心側にある太い
師管…葉でできた栄養分(葉でできたデンプンが水にとける物質(糖)になったもの)の通り道、茎の中心の反対側にある細い

維管束道管師管が集まってになったもの

維管束の並び方…双子葉類と単子葉類で異なる
にそって並んでいる…双子葉類(ホウセンカなど)
不規則に散らばっている…単子葉類(トウモロコシなど)

道管の観察…ホウセンカやトウモロコシを着色した水にさし、茎の断面を顕微鏡で見ると道管が着色した水で染まっている


3、葉

葉脈…葉で、維管束がすじのように見える部分
網状脈双子葉類の葉脈で、網目状(タンポポ・アブラナ・ホウセンカ・サクラなど)
平行脈単子葉類の葉脈で、縦に並ぶ(トウモロコシ・ムラサキツユクサなど)

葉のつくり
葉の観察…表面は、かみそりの刃で切れ目を入れて皮をうすくはがして観察、断面は、ニンジンに葉をはさみT字かみそりでニンジンごとうすく切って観察

細胞…葉の内部は多くの細胞が集まってできている

表皮…細胞が1つの層になって並んでいる
葉の表側…細胞が柵(さく)のように規則正しく並んでいる
葉の裏側…細胞の間にすきまがある

道管・師管…葉脈のうち葉の表側道管、葉の裏側が師管

葉緑体…細胞の内部にある緑色のつぶ、葉緑体で光合成がおこなわれる

気孔…三日月形の細胞(孔辺細胞)に囲まれたすきま、水蒸気酸素二酸化炭素が出入りする、葉に多くあり(茎にもある)、葉では裏側に多い

蒸散気孔から水が水蒸気として体外に排出される現象、気孔の開閉で調節し日中に多い、蒸散によって根からの水の吸収がさかんになる


4、光合成

光合成…葉の葉緑体が、のエネルギーを使って、根から吸収したと気孔から取り入れた二酸化炭素を材料に、デンプン酸素を作り出すはたらき

光合成に必要なものを調べる実験…一部をアルミニウムはくでおおった、(葉で、葉緑体がなくて白い部分)入りの葉を用意する→葉をにつける(葉をやわらかくするため)→あたためたエタノールにつける(葉緑素をとかしだして葉の緑色をぬくため)→水洗いをする(エタノールを落とすため)→ヨウ素溶液につける
・ふ入りの部分…葉緑体がないのでデンプンはできない
・アルミニウムでおおった部分…光がないのでデンプンはできない
・それ以外の部分…光合成でデンプンができているので、ヨウ素溶液青紫色にかわる

光合成でできた栄養分
・葉でできたデンプンは、水にとけやすい物質(糖)にかわって体全体に運ばれ、エネルギーや成長に使われる
・デンプンにもどって、果実・種子・茎・根に貯蔵される(果実:カキなど、種子:イネなど、茎:ジャガイモなど、根:サツマイモなど)


5、呼吸

呼吸…植物も動物と同様に、栄養分酸素で活動のエネルギーを取り出し、二酸化炭素を排出している。

光合成と呼吸…植物は、1日中呼吸を、昼は呼吸に加えて光合成をおこなっており(昼間は呼吸光合成、夜間は呼吸だけ)、昼間は光合成で排出する酸素のほうが呼吸で排出する二酸化炭素の量より多い


6、植物のなかま分け

植物…花が咲き種子でふえる植物(種子植物)と、種子でふえないで胞子でふえる植物に分かれる
・種子植物
・胞子でふえる植物…シダ植物(イヌワラビ・ゼンマイ)・コケ植物(スギゴケ・ゼニゴケ)

種子植物胚珠子房につつまれている被子植物と、胚珠がむきだしで子房がない裸子植物に分かれる
・被子植物
・裸子植物(マツ・スギ・イチョウ・ソテツ・ヒノキ)

被子植物…子葉が2枚、根は主根・側根、維管束が輪に並び、葉脈は網状脈の双子葉類と、子葉が1枚、根はひげ根、維管束が不規則で、葉脈は平行脈の単子葉類に分かれる
・双子葉類
・単子葉類(ユリ・イネ・アヤメ)

双子葉類…花弁が1枚ずつはがれている離弁花類と、花弁がくっついている合弁花類に分かれる
・離弁花類(アブラナ・エンドウ・サクラ)
・合弁花類(タンポポ・ツツジ・アサガオ)

胞子でふえる植物…根・茎・葉の区別があり維管束のあるシダ植物と、根・茎・葉の区別がなく維管束がないので体全体で水を吸収するコケ植物に分かれる
シダ植物…葉の裏に胞子のうがある(イヌワラビ・ゼンマイ・スギナ・ノキシノブ)
コケ植物雄株雌株があり、仮根で付着する(スギゴケ・ゼニゴケ・ミズゴケ)

植物の分類












(「植物」の各内容の、さらに詳しい説明はこちらの目次からたどってご覧ください。)