呼吸・血液の循環・排出・感覚器官・反応の章が一目で理解できるように、重要事項を最もわかりやすくまとめました。

1、血液・心臓・血液の循環

呼吸器官気管気管支
・息を吸うとき…横隔膜が下がり、肋骨が上がり、胸腔が広がる
・息をはくとき…横隔膜が上がり、肋骨が下がり、胸腔がせまくなる

血液の成分…赤血球白血球血小板血しょう(血漿)

赤血球…赤色のヘモグロビン酸素を運ぶ
・ヘモグロビンは、酸素の多いところ(肺)では酸素と結びつき、酸素の少ないところ(細胞)では酸素をはなす
白血球…侵入した細菌などを分解する
血小板…傷口の血液を凝固させる
血しょう…液体成分で、栄養分不要な物質を運ぶ

組織液血しょうが血管からしみ出たもの、細胞との間で物質のやりとりをおこなう


心臓拍動により、肺と体に血液を送る器官
心臓
動脈…心臓から送り出された血液が流れる血管、壁が厚い
大動脈…酸素の多い血液が全身に送られる
肺動脈…二酸化炭素が多い血液が肺へ送られる

静脈…心臓にもどる血液が流れる血管、逆流を防ぐがある
大静脈…二酸化炭素が増えた血液が全身からもどってくる
肺静脈…肺で酸素をもらった血液が心臓にもどってくる




肺循環…右心室→肺動脈→肺→肺静脈→左心房

体循環…左心室→大動脈→全身→大静脈→右心房


2、不要な物質の排出

二酸化炭素…細胞の呼吸で生じる、から体外に排出される

アンモニア…タンパク質が分解されてできる
・アンモニアは、肝臓尿素につくりかえられる
腎臓でこしとられ、尿管膀胱(ぼうこう)に送られて、尿として体外に排出される


おもな器官のまとめ

…酸素を体内に、二酸化炭素を体外へ
小腸…栄養分を体内に取り入れ、肝臓に送る
肝臓…栄養分を貯蔵し、アンモニアを尿素にかえて腎臓に送る
腎臓…尿素をこしとり、尿として排出


3、感覚器官

感覚器官目・耳・鼻・舌・皮膚など、刺激を受け取る器官

…光の刺激を受け取り、脳に伝達する
目虹彩(こうさい)…光の量を調節する
レンズ…光を屈折し網膜上に像をうつす
網膜…像がうつり、視神経によって脳に伝達される





…音の刺激を受け取り、脳に伝達する
鼓膜…音の振動を受け取る
耳小骨…鼓膜で受け取った刺激をうずまき管に伝える
うずまき管聴神経が刺激を受け取り、脳に伝える

鼻…においの刺激を受け取り、脳に伝える

皮膚…感覚点温かさ冷たさ圧力などを感じとり、脳に伝える


4、刺激と反応

神経系神経細胞でできており、中枢神経末梢神経に分かれる

中枢神経脊髄(せきずい)のこと、刺激を感じとり、命令を出す

末しょう神経(末梢神経)…感覚神経運動神経のこと
感覚神経…感覚器官が受け取った刺激を中枢神経に伝える
運動神経…中枢神経から出された命令を運動器官(筋肉など)に伝える

通常の反応…感覚器官→感覚神経→(脊髄)→脳→(脊髄)→運動神経→運動器官(筋肉など)

反射…危険から身を守り、体のはたらきを調節するためにおこなわれる、無意識の反応(脳ではなく、脊髄から命令が出る)
(例)
・熱い物にふれると無意識に手を引く
・口に食物が入ると無意識に唾液が出る
・暗い所から明るい所に移動すると虹彩がせばまり瞳が小さくなる

反射の反応…感覚器官→感覚神経→脊髄→運動神経→運動器官(筋肉など)


5、運動の仕組み

運動…骨格筋肉で運動する

関節…骨と骨とのつなぎ目の部分

けん(腱)…筋肉が骨格についている部分

筋肉…骨格の両側に伸びと縮みをおこなう筋肉がある




(呼吸・血液の循環・排出・感覚器官・反応の各内容の、さらに詳しい説明はこちらの目次からたどってご覧ください。)