親が、子どものためによかれと思ってすることが、かえって子どものためにならないということはよくあります(自分の子育ての経験からも痛感します)。今から書くこともその一例かもしれません。

指折り算(造語ですが)

小学校2・3年生で、何人かに1人は、まだ指を折って足し算、引き算の計算をします。これは一刻も早く治さないと(暗算でできるようにしないと)将来に大きな禍根を残します。

かけ算の九九は最初からいわば丸暗記のためか、九九ができない子はごくまれです(仕事上、私は過去に1人しか遭遇していません)。ところが、2桁と1桁の足し算、引き算がさらっとできない子はちょくちょくいます。

例えば、15−8を計算するときに、習い始めのごとく10から8を引いて2、その2と余った5で7とする人はめったにいません。3・4回同じ計算に出会ってそれくらいで、答えが7だと覚えてしまい、以後は15−8を見た瞬間に7としているはずです。つまり、答えを暗記して労力を省いているわけです。
指折り算をしている人は、いつまでもこの暗記ができません。かわいそうですが、小1の計算力のままで以後を乗り切っていかなければならないということになります。

筆算至上主義もよくない

中学生で、頭は悪くないのに、なぜこんなに数学が弱いんだろう、計算力がないのだろうと思える人は、ほぼ例外なく何でも筆算をしたがる人です。それが災いに転化する理由は指折り算と同じです。そのたびに筆算をするということは、答えを暗記する機会を奪うということです。

真面目な親、真面目な子が陥りやすい

筆算至上主義の人は、小学校の高学年までのある時期に家庭で次のような会話があったのではないかと私は勝手に推測しています。
親「今度のテスト、簡単なのになぜ100点がとれなかったん?」
子「計算まちがいしたから。」
親「ええ加減に暗算でやったんとちがう?ちゃんと筆算したらまちがえへんと思うで。」
子「わかった、そうする。」

で、親の忠告通り、自信がないときは筆算を忠実に実行し、他の人が筆算は面倒くさいので暗算をして計算結果を少しずつ暗記して蓄積している間も、その人だけはほとんど蓄積なし。
その結果、中学校に上がる頃には計算で人の4倍も5倍も時間がかかるようになってしまっている。
案外、こんなところではないかと想像しています。

男の子で計算の弱い子が少ない理由

筆算至上主義者は例外なく女の子です。男の子ではあまり見たことがない。

男の子は基本的に超ずぼらです。筆算しろと言っても面倒くさがってしない、暗算で済ませようとすることのほうが多い。案外、このことが、女子に比べて算数・数学嫌いが少ない理由の一つではないかと思っています。