一般に、漢字や難しい言葉をよく知っていることが国語力だと思われがちです。
間違いではないし、だからこそ、国語のテストで漢字や言葉の問題が多く出題されるし、漢字検定が流行ったりするわけです。

しかし、子どもたちを教えていると、おもしろいことに気づきます。

国語が苦手な子、国語の点数の低い子、文章読解力がなくて他の科目でも問題文を読み取る力の弱い子は、実は、文章を読むとき、漢字の部分は読めるんです。また、会話をしても言葉は結構知っています。話す内容もしっかりしています。

では何が明らかに見劣りするのか?

ひらがなの部分を読む能力です。

ひらがなの部分の、どこで区切るか、どこで息継ぎをするか、その部分が極端に弱い子が多い。明らかに他の子に比べて見劣りがします。

「ひらがなを上手に読めるかどうかが国語力の差となって表れる。」という文章を声を出して読ませたとき、国語の弱い子は、「ひらが、なを、上手、に、読める、かどうか、が、・・・」というふうに読んでしまいます。

上手に読めない原因を、読書量の不足、訓練不足と片づけてしまうのは簡単ですが、そこで思考を止めては無責任です。よい対応策を考えなければなりません。

塾や家庭での対策としては、「音読」です。

声を出して読むことで、ひらがなの区切りのつまずきは早期に解消されます。
小学生は、将来のためにしっかりと家庭でも音読の癖を、中学生も、まだ遅くないので、理科や社会のテスト勉強をするときに教科書の音読を、おすすめします。

昔のように、学校で習おうが習うまいが漢字をふんだんに使った文章を読ませておけば(その代わりに、わからない漢字も読めるように、読み仮名をルビでふってあった)、自立語+助詞、自立語+助動詞で区切る、日本語本来の読み方が自然に身につきます。漢字の長所の一つとして、読点を打ってなくても、漢字の前が文節の区切りだとわかるからです(この文章だと、人は無意識に、「漢字の、長所の、一つとして・・・」と頭の中で区切っているはずです)。

一時、新聞をルビ付きにしたらどうかという提案が検討されたことがありました。最近聞かないので、立ち消えになってしまったようで、残念に思います。




***** 国語の全目次はこちら、ワンクリックで探している記事を開くことができます *****