働きアリ

勉強をしている子どもたちが、悩み、知りたい、理解したいと思いながら、今までは調べる方法がなかった事柄を、必要かつ十分な説明でわかりやすく記述したサイトです

方程式

math 数を0でわることはできない

中学1年生で、方程式の最初に『等式の性質』を習います。

等式の性質

(1)等式の両辺に同じ数を加えても等式は成り立つ。
A=BならばA+C=B+C

(2)等式の両辺から同じ数をひいても等式は成り立つ。
A=BならばA-C=B-C

(3)等式の両辺に同じ数をかけても等式は成り立つ。
A=BならばAC=BC

(4)等式の両辺を同じ数でわっても等式は成り立つ。
A=BならばA/C=B/C(C≠0)


≠0の意味

A=BならばA/C=B/C(C≠0)は、A=Bなら、両辺を同じ数Cでわっても等しいままである、という意味ですが、そのあとに書いてある(C≠0)にも注目してほしい。

記号≠は、『等号否定』とよばれる記号で、「等しくない」と読みます。だから、C≠0とは、「Cは0ではない」「Cは0であってはいけない」という意味です。


0の性質

0は、たすことも、ひくことも、かけることもできます。
2+0=2
2-0=2
2×0=0

ところが、数を、0わることはできません
2÷0は計算できません。

注:0でわることはできませんが、0わることはできます。
0÷2=0


なぜ、数を0でわることはできないのでしょうか?


素朴な説明

私は、授業中、中学生には次のような説明をします。

(1)逆算を使った説明

a÷b=cのとき、bc=aです。

2÷0=□だとすると、0×□=2になるはずですが、0×□=0であり、2にはなりません。
だから、数を0でわることはできません。

(2)極限を使った説明

わる数をどんどん0に近づけてみます。

2÷0.1=20
2÷0.01=200
2÷0.001=2000


2÷0.00・・(0が100個)・・001=200・・(0が100個)・・00
というふうに、わる数をどんどん0に近づけると、答えはどんどん大きな数になっていきます。
わる数を0に近づけると、答えはいくらでも大きな数になっていって、きりがありません。
だから、数を0でわることはできません。


納得できる説明

ところが、私の説明は、厳密には正しい説明ではないようです。
中学生に説明するには上のような説明しか思いつきませんが、理論的にはそう簡単ではないというのが正しい。

私が調べた中で、これはすばらしいと思ったのは、次のような論証です。

(1)わり算とは、逆数をかける計算である。
例:2÷3=2×1/3

(2)逆数とは、積が1になる2つの数をいう。
例:3の逆数は、3×1/3=1である1/3

(3)ところが、0に、積が1になる数は存在しない(0は、何をかけても0になって1になることはないから)。

(4)わり算とは逆数をかける計算であり、逆数とは積が1になる2つの数であるのに、0には逆数が存在しないから、数を0でわることはできない。


この論証については、こちらのサイトで勉強しました。
0











*****数学の全目次はこちら、ワンクリックで探している記事を開くことができます*****

math 大阪府23年後期 大問3 一次関数・方程式の利用

例年、規則性の問題が多い後期大問の3ですが、今年は、規則性ではなくて一次関数と方程式の応用の問題でした。

落ち着いて問題を読み、問題文に書いてあることを丁寧に図に記入して、その図を見ながらあせらずに考えればなんとか解けたはずの問題ですが、例年の問題とは少し傾向が違ったので、あわてた人が多かったかもしれません。


大問3:サチコさんは、長方形の紙を内側に三つに折るときのようすに興味をもち、図1のような模式図をかいて考えてみた。

紙を折る




23年大問3

図1において、線分ABの長さは300mmである。Pは、線分AB上にあってA、Bと異なる点である。線分APの長さは、100mm以下とする。Qは、線分PBの中点である。
図1に示したように、線分ABについて、まず、線分APをPを中心として時計回りに180°回転させ、このときAが移った点をA’とする。次に、線分QBをQを中心として反時計回りに180°回転させ、このときBが移った点をB'とする。B’はPと一致する。
次の問いに答えなさい。答えが根号をふくむ形になる場合は、その形のままでよい。





(1)まず、サチコさんは、図1において、線分APの長さはxmmとし、そのときの線分PQの長さをymmとして、xとyとの関係を表とグラフをかいて考えてみた。

[1]次の表は、サチコさんがかいた表の一部である。表中の(ア)、(イ)にあてはまる数をそれぞれ書きなさい。
23年大問3の2




[2]20≦x≦80のときのxとyとの関係を表わすグラフを解答欄の図中にかきなさい。

(2)次に、サチコさんは、図1において、線分A'Qの長さをxmmとし、そのときの線分PQの長さをymmとして考えてみた。このとき、0<x<150として、yをxの式で表わしなさい。

(3)AB:PB=√2:1となるときの線分A'Qの長さを求めなさい。



(解くときのコツ)
・落ち着いて問題を読み、問題文に書いてあることを丁寧に図に記入する

大阪府公立高校の入試問題を解くときに最も大切なことは、問題文に出てきた数値をしっかりと図に記入して、そのかき込みを見ながら考えていくことです。


(1)の解き方

(1)まず、サチコさんは、図1において、線分APの長さはxmmとし、そのときの線分PQの長さをymmとして、xとyとの関係を表とグラフをかいて考えてみた。

[1]次の表は、サチコさんがかいた表の一部である。表中の(ア)、(イ)にあてはまる数をそれぞれ書きなさい。
23年大問3の2




[2]20≦x≦80のときのxとyとの関係を表わすグラフを解答欄の図中にかきなさい。



最初に問題に書いてあったことと、「(1)まず、サチコさんは、図1において、線分APの長さはxmmとし、そのときの線分PQの長さをymmとして、xとyとの関係を表とグラフをかいて考えてみた。」の部分を図に記入すると次のようになります。

図1
この図を見て、あせらないで考えることです。
PB=300-xであり、PQ=QBなのでy=(300-x)÷2であることがわかれば、問題を楽に解くことができます。




(解答)

[1]次の表は、サチコさんがかいた表の一部である。表中の(ア)、(イ)にあてはまる数をそれぞれ書きなさい。

23年大問3の2




図1
解法1:
(300-30)÷2=130…(ア)

300-122×2=56…(イ)



解法2:
y=(300-x)×1/2
=150-1/2x
と、先に式を見つけておきます。

x=40をこの式に代入して、y=150-40×1/2=150-20=130…(ア)

y=122を代入して、122=150-1/2x
1/2x=150-122
1/2x=28
x=56…(イ)


[2]20≦x≦80のときのxとyとの関係を表わすグラフを解答欄の図中にかきなさい。

解法1:
x=20のとき、(300-20)÷2=140
x=80のとき、(300-80)÷2=110

以上より、点(20,140)、点(80,110)を見つけて、グラフに記入し、2点を結びます。
グラフ1
















解法2:
x=20のときy=140、x=80のときy=110を求めないといけないので解法1とほぼ同じことになりますが、式y=-1/2x+150のグラフを、20≦x≦80の範囲にかきます。


(2)の解き方

(2)次に、サチコさんは、図1において、線分A'Qの長さをxmmとし、そのときの線分PQの長さをymmとして考えてみた。このとき、0<x<150として、yをxの式で表わしなさい。


問題に合わせて図1の2番目の図に数値を記入しておきます。
図2







この図を見て、xとyの間に成り立つ関係を式にしていきます。


(解答)

PQ=QBより、AP=300-2y

そして、PQ=PA'+A'Qが成り立ち、PQ=y、A'P=AP=300-2yだから、
y=300-2y+x
3y=x+300
y=1/3x+100



(3)の解き方

(3)AB:PB=√2:1となるときの線分A'Qの長さを求めなさい。

また、問いに合わせて、図1の一番下の図に数値を記入してから考えます。
図3








(解答)

AB:PB=√2:1より、300:PB=√2:1
√2×PB=300
PB=300/√2
PB=150√2

よって、AP=300-150√2
だから、PA'=AP=300-150√2

また、PQ=PB×1/2=150√2×1/2=75√2

以上より、A'Q=PQ-PA'だから、
A'Q=75√2-(300-150√2)
A'Q=75√2-300+150√2)
A'Q=225√2-300




*****数学の全目次はこちら、ワンクリックで探している記事を開くことができます*****


訪問者数

    《働きアリ全目次》
    全記事を、科目別・学年別に探したいときは⇒働きアリ全目次
    記事検索
    最新コメント
    ご指導いただいた方々に感謝!
    ・2013.8.8.ぽんたさんにご指摘いただき、「社会科頻出事項(1)【地理編】」の間違いを修正することができました。
    ・2013.10.29.ヤマトさんのご指摘で、「超速まとめ 一次関数」の誤記2つを訂正することができました。
    ・2013.11.08.chappyさんにご教示いただき、「地球と宇宙(3)(太陽系・銀河系)」の光年の誤りを訂正しました。
    ・2013.12.08.中3さんのご指摘で、「相似(3)平行線と比」の記述間違いを訂正できました。ありがとうございます。
    ・2013.12.23.龍空さん、Mさん、名無しさんに教えていただき、「数量を文字式で表す」、「方程式の解き方」、「文学史」の間違いを訂正しました。
    ・2014.1.23.龍空さんに見つけていただき、「中学英語のまとめ(14) 疑問詞」の間違いを訂正しました。
    ・2014.1.28.龍空さんに教えていただき、「中学英語のまとめ(18) 現在完了」の記述ミスを修正しました。
    ・2014.2.22.いのりーさんのご指摘で、「【超速まとめ】 方程式の解き方」の記述間違いを訂正できました。感謝します。
    ・2014.2.25.名無し@受験生さんにご教示いただき、「高校入試 英語(4) 【英文法−その2−】」の記述ミスを修正しました。
    ・2016.10.28塾講師さんに記述の誤りを教えていただき、「English 中学英語のまとめ(20) 接続詞」の間違いを修正することができました。ありがとうございます。
    月別アーカイブ
    後援
    NPO法人
    全国放課後週末支援協会


    ・リンクフリーです。
    ・学習塾や家庭で自由にご活用ください。
    livedoor プロフィール

    アリ

    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ