働きアリ

勉強をしている子どもたちが、悩み、知りたい、理解したいと思いながら、今までは調べる方法がなかった事柄を、必要かつ十分な説明でわかりやすく記述したサイトです

進路指導

homeroom 大阪府高校入試の定員

平成24年度高校入試に関して、大阪府では公立高校、私立高校の定員問題がわけのわからないことになっています(2011.11.15記)。


定員問題の推移

1、今年おこなわれた平成23年度高校入試で、多くの公立高校定員割れを起こしました。
国の就学支援金に加えて、大阪府授業料支援補助金によって、年収610万円未満の世帯では私立高校の授業料も実質無料となり、多くの受験生が私立高校に進学したからです。

2、大阪府教育委員会は、今年8月の私立高校との協議で、私立高校が定員を超えて入学させていることが公立高校の定員割れを起こしていると指摘し、私立高校に定員を守るように要望を出しました。

3、橋下徹前府知事が率いる大阪維新の会が、維新の会が過半数を制する府議会に、「3年連続で定員割れした府立高校を廃校にする」旨の条項を含む教育基本条例案を提出しました。

4、多くの府立高校は、定員割れになると廃校のおそれがあるので、定員割れが起きないように募集定員の数を減らすことにしました。

5、府の教育委員会が10月に公立高校と私立高校が新たに決めた定員数を調べてみると、高校を受験する生徒数より定員は2000人不足しており、多くの生徒が高校に進学できないおそれのあることが判明しました。

6、大阪府教育委員会は、従来の姿勢を転換し、私立高校に定員を増やして多くの生徒を収容するように要請しました。そして、11月10日に予定していた定員数の公表を16日に延期しました。

7、大阪府教育委員会(公立)と大阪私立中学校高等学校連合会(私立)は15日に、公立高校1540人私立高校2400人、当初の予定より募集定員を増やすことで合意しました。
しかし、16日の発表には間に合わないので、私立高校は増員前の定員数を「最低限の定員」として発表するのだそうです。

まさに、「迷走」です。


中学校の進路指導を予想すると・・・

今、各中学校では中3生が受験する私立高校を決定する三者懇談会が始まっています。

ところが、肝心の公立高校、私立高校の募集定員数が、まだ確定もしていないし、公表もされていないことは上記の通りです。

するとどうなるか。

私が中学校の進路指導の教師なら、できるだけ私立高校専願で受験するように誘導します。

中学校は、不合格で行き場を失う子が出ることを一番おそれます(当然のことです)。

公立高校の募集定員数は絶対です。1人でもオーバーして合格になることはありえません。
ところが、私立高校の定員数は、あってないようなものです。今年春の入試で、定員の2倍近く入学させている高校さえ何校かあります。
併願受験という制度がある限り私立高校が定員を厳守することは最初から不可能ですし、大阪府の私学への補助金が生徒数によって決定されるようですから、私学はできるだけ多くの生徒数を確保しようとします。

進路指導の担当者が、不合格者をできるだけ出さないようにしようと思えば、定員数さえ迷走している公立高校への受験生を数多く残すくらいなら、さっさと受験生を私立高校へ送り込んで片づけるしか方法がないのです。

大阪府は、ますます公立高校の受験生を減らす結果になる政策を、せっせとやってきたことになります。


公立高校の定員発表(2011.11.18追記)

大阪府教育委員会は11月17日、公立高校の2014年度入試募集定員を公表しました。
前年度より1120人の募集減となっています。

前年度より中学卒業生は2500人増えるのに、1000人以上の募集減をしたことに対し、中西教育長は『苦渋の決断』であったと述べました(苦渋するのは受験生とその保護者や!と、つっこみを入れたいところです)。


***** 5教科以外の全目次はこちら、ワンクリックで探している記事を開くことができます *****

homeroom 大阪府の進学指導特色校・文理学科

来春、平成23年度入試から、大阪府公立高校入試で注目すべき改変がおこなわれます。
要点は3つ、進学指導特色校文理学科)の設置、普通科総合選択制高校の後期試験への移動、大阪府教育センター附属研究学校(仮称:現大和川高校)の設置です。

最もインパクトの大きい、進学指導特色校(文理学科)についてまとめてみました。

進学指導特色校(文理学科)とは

橋下大阪府知事が主導する改革の一環として、公立高校のうち上位進学校10校を進学指導特色校(文理学科)に指定し(ちまたでは公立トップ10などと略称されています)、府内全域から成績優秀者を集めて大学進学実績を競わせるものです。

大阪府教育委員会の発表内容

(1)10校間の切磋琢磨ときめ細かな進学サポートを目的とする。

(2)定員の半数を文理学科とし(半数は従前通りの普通科)、文理学科1学年4クラス160名は、前期選抜により府内全域から生徒を募集する。

(3)実施対象校は第1学区の北野・豊中・茨木、第2学区の大手前・四条畷、第3学区の高津・天王寺・生野、第4学区の三国丘・岸和田の10高校。

(4)前期入試(2月23日)で選抜し、試験問題は文理学科のみの独自問題
入試の配点は国語100点+小論文20点数学120点英語120点360点満点。
調査書の配点は3教科1.5倍、理社3倍、実技教科1.5倍で165点満点。
学力検査と調査書の比率は7:3で、普通科に比べ学力検査を重視。

見通しと問題点

(1)10校指定の意味

現在大阪府内では、理数科(定員80名)のある大手前高校、天王寺高校の2校が最難関校です。
世間の噂では、「北野高校出身の橋下知事が、北野の大手前・天王寺超えを意図して企てた」などと言われています(あくまで世間の噂です)。

私がちょっとだけ心配しているのは、10校に入らなかった2番手、3番手校の先生たちの「やる気喪失」です。
このレベルの高校に進む子たちは素直で努力家で、ほんとに『いい子』が多いのに・・・。
この子たちを伸ばしきれなかったら、あまりにも、もったいない。
10校だけでなくて、どこの高校の子もみんなが頑張れるような政策を!というのは夢物語なんでしょうかね。

(2)4クラス160人、前期試験の意味

例えば、今春の高津高校の偏差値は66でした。来春前期試験の文理学科入試における偏差値は、府内全域から「だめもと」で受験する生徒も含めて相当な高倍率になるでしょうから、2〜3ポイント上昇するのではないかと予想します。

ところが学年全体のクラス数は8クラス320人ですから、残りの160人は普通科で、後期試験での選抜になります。
こちらは「後がない入試」なので、受験生も確実に合格できる高校を受験するはずです(10校の後期入試の募集定員は160名、10校以外の募集定員は倍の320人であり、前期に文理学科を受験し不合格になった受験生のうちの相当数は、確実な合格を求めて、10校以外に流出する可能性が高い)。そうなると、前期とは比較にならないくらいに低倍率の入試となってしまいます。
後期試験の偏差値は、今春の入試と比較してよくて現状維持、下手をすると1〜2ポイント低下するのではないでしょうか。

同じ高校の中に、山の形をした正規分布ではない、ふたこぶらくだ型の成績分布の生徒が存在することになるわけです。

文理学科と普通科で先生も完全に分離されるのであれば、それはそれで普通科の子たちは差別されていると感じるでしょうし、同じ先生が教えるのであれば普通科の授業で嫌味を言ったりなんてことが予想されますし、いろいろな弊害が予想されます。

(3)入試科目と配点の意味

大阪府の入試問題の特徴として、国語はほとんど差がつきません。
そうすると、小論文の20点が大きな意味を持ってきます。

小論文ではない、いわゆる作文を書いてしまうとほとんど0点です(現在小論文を入試で課している総合学科の先生がそうおっしゃっています)。
ということは、しっかりした小論文対策が必要になってくるわけです。

英語も、前期試験を受験するようなレベルの子たちだと、ほとんど差がつきません。
その分、英語が多少でも苦手な子は、早々と合格圏外にはじき出されてしまう危険性が高くなります。

結局、合否は数学で決まるというところに落ち着きそうです。

ところが、ちょっと問題が易しいと、このレベルの子たちのほとんどは満点120点中の110点前後に集中してしまいますし、少しでも難しすぎると今度は確実に解ける問題を解いた結果の90点くらいに収斂してしまって、いずれにしても、高校の要望に反して、比率が低かったはずの調査書、内申で決まるという可能性も残ってしまいます。

確実に合格するための対策としては、数学を早めに仕上げて超得意科目にしておくことと、ずば抜けた内申を持って入試に臨むことの2つが肝要だといえると思います。

結論

塾としては、塾内の「よくできる子」を確実に文理学科に合格させる力が塾に備わっているかどうかが問われるようになります。

そのこと自体は、塾の教育力を高める方向に働きますから、塾としては大阪府の今回の改革は歓迎すべきものです。

しかし、塾の人間ではなくて一人の大阪府民として考えたときには、本当にこれでよいのかという危惧の念をぬぐいきれません。

10校の競争をうたうのはよいのですが、最初から10校以外の高校にハンデを背負わせるような競争、10校の中でも文理学科に属さない生徒のやる気をそぐような競争は、真の競争とはいえません。

今の日本にありがちな、平等な競争であるように見えて実は最初から優劣がついている不公平な競争にならないようにと、心から願うばかりです。


(とは言うものの、どんな制度になろうと子どもたちは自分で跳ね返して伸びていく力を秘めています。頑張れ!大阪の子どもたち!)



***** 5教科以外の全目次はこちら、ワンクリックで探している記事を開くことができます *****

homeroom 22年度入試の変更点

私立高校(関西圏)   

新設校

・関西大学高等部

学校名変更

・淀之水→昇陽高等学校
・千里国際学園→関西学院千里国際高等部

共学に変更

・賢明学院
・淀之水(昇陽)
・大阪産業大学附属/普通科進学コース(男子→共学)
・樟蔭東/全学科共学
・早稲田摂陵/普通科(男子→共学)
・福知山成美/全コース共学
・滋賀短期大学附属/完全男女共学

募集停止の学科・コース

・東大阪大学柏原/情報コース停止
・堺女子/普通科スタンダードコース停止
・城星学園/国際コミュニケーションコース停止
・相愛/英語コミュニケーションコース停止
・梅花/梅花コース停止
・大阪/総合スポーツトレーナー・総合ビジュアル・マンガデザイナーコース停止
・此花学院/福祉進学コース停止
・樟蔭東/総合選択・保育選択・看護医療選択コース停止(普通科に)
・阪南大学/国際・総合コース停止(普通科総合進学コースに)
・箕面学園/綜合・幼児教育・特進コース停止(普通科総合選択制に)
・履正社/6カ年特進・普通・スポーツコース停止
・大成学院大学/総合工学科停止
・千代田/国際文化学科(国際文化コースに)
・奈良大学附属/情報科学コース停止

新設学科・コース

・堺女子/アンダンテコース
・帝塚山学院/ヴェルジェコース
・大阪学芸/特技コース
・大阪国際大和田/スーパー理数コース
・関西大倉/特進Sコース
・金光大阪/特進競魁璽
・四天王寺羽曳丘/稽爛魁璽
・箕面自由学園/スーパー特進・クラブ選抜コース
・関西大学高等部/安全科学科
・三田学園/文系コース
・滝川/スーパー理系コース
・関西中央/特別進学Sクラス・Aクラス
・京都精華女子/進学コース系列・特進コース系列
・聖母学院/砧燹Ν粁
・近江兄弟社/国際コミュニケーションクラス
・立命館守山/フロンティアサイエンスコース


私立中学(関西圏)

新設校

・関西大学北陽中学校

学校名変更

・千里国際学園中等部→関西学院千里国際中等部
・浪速→関西大学連携浪速
・淀之水学院昇陽→昇陽

共学に変更

・賢明学院
・早稲田摂陵
・樟蔭東

試験科目の変更

・上宮/2科・3科・4科選択に
・大阪星光/3科・4科選択に
・高槻/3科・4科選択に
・明星/3科・4科選択に
・金蘭会/自己推薦入試導入
・大阪桐蔭/2科ユニーク廃止
・関西大倉/3科・4科選択に
・関西大学連携浪速/4科・2科併用に
・昇陽/2科
・清風南海/3科・4科選択に
・帝塚山学院泉ヶ丘/3科・4科選択に
・早稲田摂陵/自己推薦入試導入
・賢明女子学院/3科・4科選択に
・東山/3科・4科選択に
・洛星/3科・4科選択に
・大谷/3科・4科選択に
・同志社/3科・4科選択に
・立命館/3科・4科選択に



***** 5教科以外の全目次はこちら、ワンクリックで探している記事を開くことができます *****

Japanese 大学入試 AO入試・推薦入試(3) 志望動機

AO入試・推薦入試、特に指定校推薦入試では、志望動機を書くことが多い。以下は文章構成の1例である。


志望動機

書出し

私は読書が好きで、編集者として、あるいは創作者として、職業として文学に携わりたいという強い希望を持っている。

その専攻分野を志望する理由

現代は混迷の時代だと言われ、文学の世界も例外ではない。『***』のように、ウエブ上からベストセラーが生まれ、また、『***』など、一世を風靡した文芸誌で姿を消したものも少なくない。
しかし、私は他の文化や芸術と同様に、文学もまた不滅のものであろうと確信している。私が、面白い文学作品を通して人間というものの不思議さや崇高さに心を奪われたように、これからも人類が生き続ける限り、文学は人間を鼓舞し、勇気づけ、成長させるであろう。私はその世界で貢献したい。

なぜ、その大学、その学部でないといけないのかを、しっかりと調べて書く

**大学**学部は、まさに私の夢の実現に最適の学部であると確信している。過去、文芸や出版、メディアの世界に数多の人材を輩出してきた伝統の力に期待するところも大だが、実作から編集や各種メディアの制作にわたって幅広く学べる六つの新しい「論系」の魅力に強く心を惹かれている。中でも「文芸・ジャーナリズム論系」の文芸創作プログラムや編集・ジャーナリズムプログラムを深く学び、学友と切磋琢磨することで、私の夢を実現したい。

まとめ

私は中高の六年間、**部に籍を置いた。自分なりに頑張ったつもりだが最後までレギュラーにはなれなかった。また、生徒会の役員に当選したものの、仕事ができない挫折感も味わった。しかし、本当に充実した六年間であったと胸を張ることができる。それは、いつも良書が私の友であり、私を勇気づけてくれたからだ。今度は、私が文学の世界に献身し、良書を生み出すことで社会に貢献したいと考えている。




***** 国語の全目次はこちら、ワンクリックで探している記事を開くことができます *****

Japanese 大学入試 AO入試・推薦入試(2) 自己推薦書・自己アピール

大学入試、AO入試・推薦入試では、志願理由書とともにに自己推薦書・自己アピールを提出することが多い。以下は文章構成の1例である。


受験番号    ****

「自己アピールできるもの」について、これまでの体験をもとにあなた自身をアピールしてください。


書き出し

私の唯一のアピールポイントは「元気」である。


第1段落

まず、体力では誰にも負けない。
地元の公立小学校、中学校、高校を通じて12年間、ずっと無遅刻・無欠席を通してきた。風邪をひいたことさえない。


第2段落

次に何にでもチャレンジする積極性である。
3歳の時から水泳、5歳からピアノ、6歳から書道を習い始め、どれも最後まで頑張り通した。中学生になってからは華道、茶道も習い始めた。また中学校では3年間吹奏楽部に所属し、高校ではソフトボール部で高3の最後の試合で引退するまでレギュラーを通した。さらに高校では2年生まで運動委員として体育祭運営の重責を担い、3年生のときは学級委員としてクラスのリーダーとしての役割を全うした。


第3段落

しかし一番誇れるのは、チャレンジした全てのことを最後までやり通す持続力である。例えば水泳は9年間、ピアノは7年間、引退するまで一度も休まなかった。クラブ活動も最後の大会、試合まで全力を尽くした。書道は現在も続けており、今年6月には****一般の部で十段に合格することができた。師範まであと一歩、必ず最高位まで到達したいと思っているしその自信もある。


まとめ

私には、興味を持ったことに積極的に挑戦し、始めたことは最後までやり通す、誰にも負けない元気がある。大学生になっても、あらゆることに挑戦し、達成できるまで頑張り抜きたい。




***** 国語の全目次はこちら、ワンクリックで探している記事を開くことができます *****

Japanese 大学入試 AO入試・推薦入試(1) 志願理由書

大学入試の中でも、AO入試・推薦入試では、志願理由書を提出することが多い。文章構成の1例を示したい。


志願理由書
 
志望課程(系)・募集区分
****課程
一般・帰国生徒

氏名 ****
 
志願理由、入学後の目標などを書いてください。
(注)インク又はボールペンを使用し、横書きで記入してください。欄外には記入しないでください。

 

構成例

書き出し

私は一生の職業として、インテリア・コーディネーターを希望している。それは、自分の最も得意で好きな分野を一番生かせる職業であるからだ。
 
自分の体験

両親の話によると、幼い頃の私は、誕生日にもらった色鉛筆で1日中絵や模様を描いてさえいれば機嫌のよい少女であったそうだ。小・中学校で最も好きな科目も美術だった。今でもはっきりと覚えているのは中学校3年の美術の授業で「理想の部屋」という課題で一点透視図法を学んだ時のことだ。自分の理想の部屋を自由に描く、部屋の中を好みの色、家具、生活用品で満たせる楽しさに、わくわくしながら深夜まで課題に没頭した。高校生になってインテリア・コーディネーターという職業があることを知り、まさに私に適した仕事であると確信した。夢を実現するために、美術科の先生のアドバイスでデッサンも学び始め、毎週課題に取組んでいる。
 
将来の希望

しかし、大学入試を前にして、私の夢はさらに膨らんでいる。一生を捧げる職業として考えたとき、他の人にはできない仕事をしたいのだ。まず、日本の伝統とインテリア・コーディネートとの融合を追求したい。私は6歳から書道を始め、今、段位は10段をいただいている。また中学校の選択授業で華道、茶道を学び、大きな感銘を受けた。わが国の伝統文化に魅力を感じる私の目から見ると、この職業に携わる人があまりにも目を西欧に向けすぎているように思う。西欧の進んだ点には充分目配りした上で、日本人でなければできないデザインを私は追求したい。例えば木材の木目の素晴らしさをいかに室内に生かすかといった視点にも大いに興味がある。
 
入学後の目標

しかし、現実の私はあまりにも無知で無力だと痛感する。木材を生かすと言うのは簡単であるが、わが国の林業の現状、地球の環境破壊さえもたらしていると非難される熱帯林での建築資材の乱伐採には何らの解決策も提示できない。また、室内装飾は建物全体の一部であるのに、建物の設計や建築学に関しては何の知識も持っていない。さらに都市の一部としての建築という視野、伝統建築物の工学的価値、室内意匠と他分野のデザインとの相関性や相違についても、語るべき理論は何もない。
造形に関する基礎的なスキルを広く身につけ、さらに幅広い視野を習得する中で、自分の資質を伸ばせる分野を深く専門的に学びたい。積極的に課題制作に取組み、自分の専門的能力を限界まで伸ばしたい。
だからこそ、私は****大学の****課程で学びたいのだ。私が学びたいもの、学ばなければならないものの全てがそこにあるからである。




***** 国語の全目次はこちら、ワンクリックで探している記事を開くことができます *****

homeroom 高校入試 自己推薦書・志願理由書・自己申告書

(注意:この稿は、高校入試用の志願理由書について書いたものです。大学入試用の志願理由書は、大学入試志願理由書大学入試自己推薦書をご覧ください。)

大阪府公立高校入試では、前期選抜の総合学科・普通科総合選択制と、後期選抜の多部制単位制で『自己申告書』を提出します。
他府県のことはよくわかりませんが、いわゆる推薦入試で受験する場合は同じように自己推薦書・志願理由書が必要になるはずです。

必要な方の参考にしていただけるように、実際に生徒の提出した自己申告書を掲載しておきます(プライバシー保護のため一部内容を修正しています)。

(様式6−1)A4判

受検番号 ****

自 己 申 告 書

平成**年**月**日

大阪*立***高等学校長  様

下記のとおり、申告します。

氏名 ****


注意:(1)1つの文があまり長くならないようにしたほうがよい。
(2)「志願の理由」は***高校を志願した理由にしぼり、「自己アピール」は自分の誇れることにしぼって、余分なことを書かないようにしたい。



志願の理由
当該高等学校、普通科総合選択制、総合学科、多部制単位制(クリエイティブスクール)など、志願する動機や目的

私が中学3年間所属していた***リーグの先輩が***高校に通っておられて、***高校の特長を教えてくださいました。私は高校へ入学した後も野球を続けたいと思っているので、部活動の盛んな***高校を受験することを決意しました。チームの監督と練習を見学に行った時、***高校の監督にアドバイスをいただき、ますます入学したいと強く思うようになりました。在校生が礼儀正しく、勉強にもスポーツにも力を入れているすばらしい学校だとよく聞くことも、本校を志願した理由です。進学後は、***制の長所を活用し、大学進学をめざして勉強に励むとともに、クラブ活動によって心身をきたえたいと考えています。

自分をアピールできる事柄
校内における活動(部活動・生徒会活動等)、校外における活動、その他

私は中学3年間、***リーグの大阪**というチームに所属していました。このチームではセカンドを守り、中学3年生の夏にはイタリアに遠征しました。このときの大会では優勝することができました。***リーグでの厳しい練習を通じて、野球の技術以外にも、あいさつの大切さ、礼儀、友人の大切さなど、いろいろなことを学ぶことができました。また毎試合応援に来てくれる両親に感謝する気持ちもめばえました。また、中学時代は野球だけではなく、勉強も自分なりにがんばりました。野球の練習の後、机に向かうのは苦しいときもありましたが、最後までがんばりぬく根気を身につけることができたと思います。




***** 5教科以外の全目次はこちら、ワンクリックで探している記事を開くことができます *****

homeroom 良い学校、悪い学校

学校そろそろ受験生は学校に『進路希望調査』を提出する時期です。
またこの時期は、公立、私立を問わず、オープンキャンパスや公開授業などが目白押しです。
最近の子はこの面では単純で、1・2校の見学に出かけ、たった半日の見学に幻惑されて、しかとした根拠もなく志望校を決める子も珍しくありません。自分の未来を預けるのにそれでいいの?と、はたから見てひやひやしてしまいます。

そこで今日は、後悔しない学校選びのために、自分の未来を預けるに値する学校かどうか、その判断規準を考察してみたいと思います。


卒業生の生の声

・学習指導、生活指導、進路指導の内容は期待通りのものだったか
・同じ学校に通った友人達は楽しそうだったか
・学校・教師の熱意はどうか


卒業生の声に、まず嘘や外れはありません。「行ってよかった」という声と、「先生、こんな学校、薦めたらあかんで」という声の、2つにきれいに分かれます。近所の卒業したお兄さん、お姉さんの評価が一番確かです。


親の感想

・学校は入学前の約束を果たしているか
・授業料、諸経費、奨学金制度に不満はないか
・情報の開示が適切になされているか


生徒として通っている子どもから「厳しすぎる」というぼやきをたまに聞くことはあっても、親御さんから「親としては安心ですわ(関西弁ですから、「で」を低く、「す」を高く、「わ」を低く読んでください)という声の聞こえてくる学校は、良い学校です。


地域の声

・学校の近隣住民の評判はどうか

これも案外確かな声です。もちろん、子どもの集団は大人にとっては迷惑この上ない存在ですから、学校の近所の評判は多少辛めになってしまいます。それでも、学校の内容がよくなる途上にあるときは、まず近所の人が真っ先に気づいてくれています。逆に、近所の人がぼろくそに言い始めると、間違いなくその学校は凋落していきます。


学校が目指しているもの

・経営者、学校長の理念
・校訓や入学パンフレットのスローガンと実際の整合性

学校は大きな組織ですが、校長1人代わっただけでまったく別物に変わります。
やる気のあるリーダーと、そのリーダーを尊敬し、指揮に忠実に従う教師集団が強く結束している学校は、まちがいなく子どもにとって幸せな学校です。


実際の指導体制

・学習指導の効果が目に見えて実感できているか
・学校が一丸となって動いているか
・教員の構成とやる気
・施設と備品にお金をケチっていないか


ベテラン教師から若い教師まで、バランスよく構成されている学校がいい学校です。若い教師が多い学校がそれに続きます(ただし、不況下の昨今、費用削減で若い臨時講師ばかり採用している学校はダメです)。お年寄りしか見当たらない学校がワーストです。


生徒ヘの配慮

・生徒への思いやりのある学校か
・生徒第一の姿勢を貫いているか


実は一番大切な要素であったりします。生徒のことを考えているようなふりをしながら、学校の名声のために(つまり学校の宣伝に)生徒を道具扱いする体質の学校も、残念ながらまだ存在します。そんな学校に通うと、生徒は実に不幸です。
子どもは実によく見ています。在校時の教師の顔なんか二度と見たくないといわれる学校が、この種の学校です。その一つの目安が、「卒業生の同窓会を誰も企画しない学校は悪い学校」であったりします。


その他

・経営の安定性

この不況下、来年生徒募集を果たしてできるのかと危惧される学校もちらほら噂にのぼるようになってきました。入学はしたものの、「自分たちでその学校が終わり」では、寂しい思いをしなければなりません。

2009.7.10




***** 5教科以外の記事は『学習法とエッセイの目次』を開くと、ワンクリックで読むことができます *****

記事検索
訪問者数

    全記事を、科目別・学年別に探したいときは⇒働きアリ全目次
    記事検索
    最新コメント
    ご指導いただいた方々に感謝!
    ・2013.8.8.ぽんたさんにご指摘いただき、「社会科頻出事項(1)【地理編】」の間違いを修正することができました。
    ・2013.10.29.ヤマトさんのご指摘で、「超速まとめ 一次関数」の誤記2つを訂正することができました。
    ・2013.11.08.chappyさんにご教示いただき、「地球と宇宙(3)(太陽系・銀河系)」の光年の誤りを訂正しました。
    ・2013.12.08.中3さんのご指摘で、「相似(3)平行線と比」の記述間違いを訂正できました。ありがとうございます。
    ・2013.12.23.龍空さん、Mさん、名無しさんに教えていただき、「数量を文字式で表す」、「方程式の解き方」、「文学史」の間違いを訂正しました。
    ・2014.1.23.龍空さんに見つけていただき、「中学英語のまとめ(14) 疑問詞」の間違いを訂正しました。
    ・2014.1.28.龍空さんに教えていただき、「中学英語のまとめ(18) 現在完了」の記述ミスを修正しました。
    ・2014.2.22.いのりーさんのご指摘で、「【超速まとめ】 方程式の解き方」の記述間違いを訂正できました。感謝します。
    ・2014.2.25.名無し@受験生さんにご教示いただき、「高校入試 英語(4) 【英文法−その2−】」の記述ミスを修正しました。
    ・2016.10.28塾講師さんに記述の誤りを教えていただき、「English 中学英語のまとめ(20) 接続詞」の間違いを修正することができました。ありがとうございます。
    月別アーカイブ
    後援
    NPO法人
    全国放課後週末支援協会


    ・リンクフリーです。
    ・学習塾や家庭で自由にご活用ください。
    livedoor プロフィール

    アリ

    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ