2007年12月20日

試供品について5

仕事柄マーケティングの勉強などもたまにしてます。
このあいだ試供品についてのアンケート結果を見たんですが、それによるとなんと99.4%の女性がもらった経験があるそうです。
もらった場所については「店頭やレジ」、「街頭での配布」、「通販カタログに同封」の順だそうです。アンケートによるともらいやすい場所は「街頭配布」と答えた女性が7割でした。
やはり、街頭だと気軽にもらえるからと言う理由が圧倒的でした。
もらってうれしい試供品の1位は化粧品、シャンプーなどの日用品で続いて食料品となっています。
もらった試供品は約9割が使用するそうです。そしてそのうちの77%が使用後、商品を購入したことがあるという結果でした。インターネットからの試供品請求使用後の購入が多いようですね。インターネットは自分の意志で試供品を取り寄せるので、その分購買意欲が高いのかもしれませんね。
商品の種類別にみると、購入率のトップは化粧品、続いてシャンプーなどの日用品となっています。
やっぱり自分にあった色や香り、使用感などを試した上で購入したいと思う人が多いようですね。
お店に出向かなくても気軽に試せるというのは忙しい人にとって便利なシステムですもんね。

arjj at 21:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年12月10日

きれいのミスト5

ある雑誌に試供品についてのマーケティング戦略の特集が掲載されていました。
今までは試供品といえば店頭などで配る大量サンプリングが主だったマーケティングでしたが、売り手と心の通う双方向型のマーケティングに変更し、成功を収めている事例が紹介されていました。

その商品はライオンの住宅用スプレー剤の「きれいのミスト」です。
昨年からじわじわとヒットしているこの商品のコンセプトは従来の「汚れを落とす」ではなく、「清潔を保つ」んだそうです。
価格も通常の類似商品の2倍弱です。だけどなぜこの商品が売れているのでしょうか。
一般消費者に商品を体験してもらう場所としてライオンが選んだのは「アーキテクトカフェ汐留」でした。
アーキテクトカフェ汐留は、トイレ・キッチン・バスルームなどの高級商品を集めて展示販売しているショールーム型のカフェです。
住宅機器メーカーが23社も名をそろえる中にライオンは唯一の日用品メーカーとして参加しています。
試供品はショールームのいたる所にさりげなく配置されていて、実際に展示品に吹き付けて効果を確かめてもらう、という手法をとっています。
そこでインテリアに関心が高い層に商品を体験してもらい、彼らによる口コミ効果を狙い、見事に成功した例といえるでしょう。

arjj at 20:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年11月16日

野菜ケーキ

昨日は中目黒で野菜ケーキを彼女と食べました。ここのケーキは材料が野菜なんです。しかも有機野菜だからヘルシー。ダイエットしてる甘いもの好きの僕にはなくてはならないケーキ屋さんです。ココがメディアに出てきてから他の店でも野菜ケーキが増えましたね。

ダイエットしているといいながら最近、電動自転車の購入を考えています。(爆)いろんなサイト見て電動自転車の比較をしていますが、ホント国産から外国製までいろいろあり、性能も様々。まだしばらく悩みそうです。

もうすぐ今年も終わりですね。年末年始の予定は決まりましたか?
僕は大体のんびり過ごすことが多いんですけど、お正月の新春バーゲン
結構好きで出かけます。福袋も楽しみ♪
今度はどんなものがゲットできるか今から楽しみです。