A☆R KICK! のブログ

東高円寺駅徒歩5分のフィットネス&キックボクシングジムです。
かっこ良くなりたい、キレイになりたい、友達を作りたい・・・
格闘技が初めての人でも楽しく練習できる環境を大事にしています。
スポーツジム仕込みのプロキックボクサーがトレーニングをサポートします。

気分転換☆





何年ぶりだろう?


地元の友達と後輩から連絡がきた。


友「川崎に居っから来いよ?
久びに飯行こべーぜ?」

私「アバラ痛てーし、面倒くせーよ。
しかも俺今、機嫌悪りぃーよ。」

友「なら、今から高円寺行くからどーよ?」

私「なら行くよ。」

ってな感じで合流。
(^ ^)




そんなに逢いたかった?
(・・;)




男って、
休みの間、
することないし、
ちょうど良かったよね。
^ - ^



よろしくっ!(^O^☆♪





BD23204B-B32B-41EE-83DD-789D790541BB

眠れん☆




合宿組には、
1日も早く病院で検査をさせたい。


ただ、
いかんせんお盆休み中で、
病院も限られてくる。
(><)


どうか、
皆の体調が1日も早く、
良くなる日を願うばかり。




ただただ、

死者が出なくて、

本当に本当に良かった…。

。・°°・(>_<)・°°・。




精神的にも肉体的にも、
回復には多少の時間はかかるかもだけど、
頑張ろう。



私が一緒に居ながらも、
怖い思い痛い思いをさせて本当にごめんね…。
m(_ _)m




男って、
親御様方に合わせる顔がないよね…。
(><)



よろしくっ!(>_<)


311AC6B6-31AB-4580-8D6D-3426DD0BEEA7

楽しみにしていたのに☆





結局、
海には行けなかった…。
(T ^ T)


行く途中に、
トラックにカマ掘られたから。
(>_<)


豪快に突っ込まれたけど、
頑丈な車に乗っていて助かった…。


ただ、
リアガラスが割れ、
皆のカバンに割れたガラスの破片が刺さって、
荷物が雷雨とガラスまみれになった。
((((;゚Д゚)))))))



合宿だから、
オシャレして来てくれた皆の服に、
ガラスが降りかかった。
(゚o゚;;



ただ、
皆無事で本当に良かった…。
。・°°・(>_<)・°°・。


F9D1F2B4-C43A-49C9-82F5-AA94CF7FAAC8








私は、
ちょっとだけ、
ブチキレちゃったけど、
今は少し冷静になってきた。




男って、
貴重な休みに時間を作って、
合宿に参加してくれた皆の時間を返して欲しいよね。
(−_−;)




よろしくっ!(><)



878AEAC8-FC44-4F01-8352-18B2BD964D21

サバゲー☆



昼からビール。
♪( ´▽`)


4D5FB85E-5429-4F2C-81B9-783E03EF2EB9






男って、
「目立たないように衣装は黒が良いですよ。」
と言うケンケンのアドバイスを忠実に守った社長が、
皆には見え辛過ぎて敵と勘違いされて、
仲間にやたら撃たれてしまったのが、
凄いウケたよね。
(^。^)



よろしくっ!(^O^☆♪


58EF6846-ED27-41D9-B262-0509698BA328

お盆休み☆






11日(土)〜15(水)
までA☆R KICK!はお休みです。
^ - ^


ただ、
自主練する人達もいるらしいので、
詳しくはグループLINEを確認してね。
(^ ^)




男って、
ショーちゃんがリョータに、
「どこかで見たことある顔だと思った。」
と言われたのがウケたよね。
(^。^)







よろしくっ!(^O^☆♪



113071C0-A27E-490D-94CA-18120689E556

all☆round kids family





キッズ達が将来的に、
プロ格闘家になるかはわからない。


でも、
A☆Rのキッズ達には皆、
キックボクシングを通じて、
強くて優しい心身共に健康的な大人になってほしいと願っている。
^ - ^


ただそんな私や、
親御さんの願いとは裏腹に、
A☆R以外の場所で荒れている子もいる。

下手げに腕っぷしが強くなってしまった為、
かなり乱暴で学校の先生も親御さんも手を焼いているらしい。
(~_~;)



昨日は、
その子とサシで話しをした。

正直、
私のようなおっさんの脳みそでは、
小学生の気持ちはわからない。

「暴力は良くない。」
「先生の言うことはちゃんと聞け。」
「弱い者イジメはするな。」
「お友達は大事にしろ。」

散々色々言っても、
素直に返事はしてくれなかった…。


何故なんだろう…。


全然響いてないのか?


う〜ん、
本当に本当にわからない。


私はお前の味方でありたいのに…。
。・°°・(>_<)・°°・。



ただ、
それでも最後に1つだけ約束させたのは、

「絶対お母さんを悲しませるな!」

だけだった…。



それも、
わかってくれたかもさえも、
全くわからなかったが…。



そののち、

お母様から、
「家に帰ってから、私は何も言ってないのに泣きながらごめんと言ってきてくれました。ありがとうございました。少しずつでも変わってくれたら…。子育ては大変です。これからもよろしくお願いします。」
とメールを頂いた。
。・°°・(>_<)・°°・。



涙が出たなら、
響いてくれたんだよね?

絶対響いたよね?

だったら良いな…。
(>_<)



まぁ、
とにかく、
私は頑張るしかないね。

マシなことは、
してやれないのかもしれないけど、

これからも、

辛抱強く、
信じて愛し続けたい。
^ - ^





それと…、

道場で話しをしていたら、
お友達に内容を聞かれてしまうと思った為、
下のマスターにお願いして場所を借りた。

マスターは私とその子に、
コーヒーとオレンジジュースを出してくれた。

話しが終わり、

私「マスター悪りぃ。今、金とってくるわ。」

マスター「会長何言ってんだよ。金なんかいらねーよ。頼ってくれて嬉しかったよ。また何かあったら協力させてくれよ。」

私「本当すみません…。ありがとうございます。では遠慮なくご馳走になります。」

マスター「それよりよ、会長アンタ偉いよ。アンタの話しには愛情が凄いあったよ。俺まで泣いちゃうところだったぜ。アンタの生徒は幸せだよ。」

私「んだよマスター。ちゃっかり聞いてたのかよ。盗み聞きしてんじゃねーぞコラァ。」

マスター「また何かあったら協力するからよ。」

私「あ、ありがとう…。」

マスター「今度は俺の相談にも乗ってくれよ。何人かブッ飛ばして欲しい奴がいるんだよ。」

私「知らねーよ。自分で解決しろや。」
ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3





男って、
とは言え、
下のマスターには本当感謝なんだよね。
(T ^ T)


マスター、
いつもありがとうございます。
m(_ _)m



よろしくっ!(^O^☆♪



527D849D-7EAD-4C6C-B881-F8D92EA4DD8C

ゲッチュ☆




ビッグ「木曜日、雨降ったらどうします?」

私「大丈夫だよ。俺遊びに行く時、基本晴れるから。」


遊びじゃないけど…。
^ - ^



そして、
今日は見事に晴れた。
♪( ´▽`)



男って、
ビッグが横にいると三輪車に見えるよね。
(^。^)



よろしくっ!(^O^☆♪



259BA4A0-4570-4757-995B-A15D16D106C7

良かった☆



台風の影響で、
会社が早く終わった人達が、
練習に来てくれたから、
開けた甲斐があったね。
♪( ´▽`)



上半期まであと2日。
今日も沢山の人が練習来るのを待ってるよ。
^ - ^





男って、
なんかナカジとガクちゃん似てると思うよね。
(´・_・`)



よろしくっ!(^O^☆♪



5EBF90EB-4530-4E35-B0F0-6016E38F7D75

台風☆





近づいているけど、
今日も通常通りやってるよ。
^ - ^


きっと、
涼しくて動きやすいよ。
♪( ´▽`)



明日の昼間は、
ビッグと自転車取りに行く予定だけど、
大丈夫かなぁ?
(´・_・`)





男って、
自転車取りに行く頃には止むと予想するよね。
^ - ^



よろしくっ!(^O^☆♪



F3BAFA8B-CAD4-446C-9028-8D241962FD65

all☆round kids family




昨日は、
リョータが、
キッズクラスの終わりの時間に合わせて、
お土産を持って顔を出してくれた。
♪( ´▽`)



お土産と言えば、
ハルトとソースケが、
地方限定のプッチョをキッズクラスの皆に、
買って来てくれた。
^ - ^

無事に1束づつ皆に配り終わって、
少し余っていたのだが、
ソースケが、
「余ったら木曜日の子達に配ってだって。」
と言っていたので、
木曜日の子の分としてとっといたつもりが…、


ハルト「会長、ハルト何か食べたいんだけどさ。プッチョか何か余ってないかなぁ?」

私「ミルフィーユ(アラタがくれた)が余ってるからミルフィーユ食べな。」

ハルト「ありがとう。」


そして、
ミルフィーユを食べ終わって…、



ハルト「まだ何か食べたいなぁ。会長プッチョか何か余ってないかなぁ?」

私「ミルフィーユ食べたし、もう我慢したら?」

ハルト「いや、ちょっとで良いんだよなぁ。プッチョか何かくらいで。」

私「ちょっとか〜。ちょっとの物は今ないかな
〜。」

ハルト「ちょっとって言うか、プッチョくらいがちょうどいいと思うんだよなぁ。」

私「プッチョなら余ってるけど、プッチョじゃ少な過ぎるんじゃないかな?」

ハルト「いや、プッチョくらいで大丈夫だと思うよ。」

私「そう?じゃあ、しょうがないからプッチョで我慢する?」

ハルト「うん。そーだね。プッチョで我慢しようかな。」

私「ハルト偉いなぁ。
じゃさっきのプッチョ食べな。
ハルトは我慢ができて本当に偉いなぁ。」
((o(^∇^)o))



そして、
ハルトは無事に余ったプッチョを平らげた。
(//∇//)



男って、
ハルトで遊ぶのが楽しくて楽しくて、
カッパえびせん以上にやめられないよね。
(^。^)



よろしくっ!(^O^☆♪



65929CB1-AEE1-43F7-AFFE-19C7D90836D8
プロフィール

arkick

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ