2002年07月

2002年07月28日

部隊教練(3名)

二四時間戦を2ヵ月後に控え
今回は宿営遠征に不可欠な
幕舎設営&撤収の訓練が行われました


DSCF0004
まず、部隊幕舎の骨組みの組み立て
本来は一個班(4名)で作業するのですが
今回の大戦では、隊長は司令官をやって不在ですので
O伍長とS一等兵の二人しかおりません

DSCF0010
我が隊が採用してる幕舎は
ロゴス製の4人用ロッジ型テントです
組み立てが簡単で、かつ風雨に対して堅牢
底抜け式なので、土足で入れるのが利点です

DSCF0015
あっという間に骨組みは完成
幕は気合い一発で被せてしまいます
作業兵の背丈に差がある場合は
背丈の高い方がリードして設営を行います

DSCF0017
最後は幕舎の中にはいって
縛帯を支柱に結びつけておしまい
風が強い時などは、固定具(ペグ)を打ちます

DSCF0055
設営がおわって申告するO伍長
開始から完了まで、約10分
この設営時間はTPO随一なんですよ

DSCF0027
今度は撤収
作業手順は設営の時の逆順です

DSCF0030
幕の収納
幕の形は立体裁断になっているので
小ギレイに畳んで嚢に収納します

DSCF0045
支柱は全部で3種類(天幕用を合わせると4種類)です
キレイに収納するため、種類ごとに集め
最後にくくって形を整え、嚢にしまいます

DSCF0048
申告します。O伍長以下一名は
幕舎設営ならびに撤収訓練
異常なく完了いたしました


=噴進砲訓練=

DSCF0062
幕舎のあとは、噴進砲です
今日は照準器の開発のための試射が行われました
「しかし、この水の入れ方、何とかならなかぁ」
なんとかしましょう、次回までに

rocket01
弾道を見るのと、命中した時のダメージを確かめるため
仮標には本官が立ちました
いやはや噴進弾、この距離だと当たっても痛くなさそうですが
飛んでくると、メチャメチャ怖いんですよ!

DSCF0078
砲手の軍装が決まりました
砲手は歩兵と違って、必要な装備しか持たず
かなり軽装です


=新型軽機弾嚢=

DSCF0082
これまでの肩掛けの弾嚢が廃しされ
新しくイーグル社の弾嚢が採用されました

DSCF0084
いやぁ、あつらえたみたいにピッタリです
何と言っても、装具に付けられて
片手で弾嚢が出せるのが魅力です

DSCF0086
立ってる写真だと
伏せた時に邪魔になりそうな位置に取り付けますが
実際には伏せても余り邪魔になりません


=おまけ=

DSCF0089
教練は昼で終了
S一等兵のお供でビッグサイトで開催されていた
ホビーエキスポに行ってみると
アームズマガジンの小川編集長殿から
コスプレコンテストに出てくれと頼まれました

DSCF0093
コスプレというより、汗くさい格好だったにも関わらず
「特殊部隊賞」なる賞を頂戴いたしました
まぁ、ある意味、特殊ですわな(^_^;;
商品を貰ってお喜びのO伍長


なにはともあれ楽しい一日でした。


(報告:隊長タニー)


armee_kf at 00:00|Permalinkこのエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote 部隊教練 

2002年07月14日

定例会定例会(3名)

今日は古兵だけの参加です
台風一過の強烈な夏空で最高気温34度
「シマ汁」の季節到来であります


te01
いつもアットホームな雰囲気ただよう
わがまま突撃隊屯営地です
早くも帰途ファミレス中ジョッキが恋しいO参謀殿

te02
6-Oさんのミニミ、いいっすねえ
と欲しそうな軽機手のO伍長殿、買っちゃいます?


=噴進砲試射=

te03
準備時間を使って
試製二式噴進砲の試射が実施されました
前回の欠陥を克服した改良型は薬莢が脱落しません
照準器には透明防水板が取り付けられて
顔がずぶ濡れしなくて快適です

te04
試射の結果はまずまずでしたが
噴進弾の品質のバラツキ、時間経過による空気もれ
砲弾数が多い時の空気入れ準備の作業軽減など
また新発見や課題が出てきました
クラフト技研は日々前進中であります


=会戦=

te05
全滅戦やフラッグ戦の後
ASCS派遣軍本日参加者vsその他の人々
による演習が行われました
ASCS派遣軍はこの緊迫感

te06
突撃! 「ビバ・もっちー!」がこだまする!

te07
横隊陣形で進行するASCS派遣軍
自分でっか?めちゃ男前でっしゃろ?

te08
ASCS派遣軍総司令官、わがまま突撃隊サカモト隊長殿も
眼光鋭く前方警戒

te09
同じく6-Oチャッキー隊長殿も前方警戒中

te10
迎撃側は戦死者続出です
本日お初の紅一点も模範的ヒットコール
(わがまま突撃隊のご婦人でした)

te11
迎え撃つO伍長殿ともっちー閣下
狙撃手はDHCのY本君
この後、O伍長殿を小官が撃つことになる

te12
圧倒的な快進撃を繰り返したASCS派遣軍
期待できます、今年のASCS

te13
最後は恒例の拳銃戦でーす
もう結構みんなバテバテでんなあ
最近、我が九六式拳銃改はガス漏れ不調ですが
そこは軍人精神でおぎないます


=ASCS派遣軍軍旗親授式=

te14
今年のASCS派遣軍サカモト司令官閣下に
もっちー大将からTPO軍旗が親授され
派遣軍一同決意新たです
今年もやるぞー「TPO、最っ高ぉ!」

te15
TPO軍旗を手に士気盛んな2002年度ASCS派遣軍
(の本日参加者)


帰途は事故渋滞でしたが
帰ってからの生麦酒が実に旨かったあー
何はともあれ楽しい一日でした。


=おまけ=

te16
本日は面被だけの参加となったS二等兵
次回はちゃんと中身の来る様に!


(報告:S一等兵)


armee_kf at 00:00|Permalinkこのエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote 手賀沼定例会