2005年07月

2005年07月24日

部隊教練(3名)

久々の「真面目な」部隊教練です
産休で休隊してるO伍長も久々に教練に参加
教練をやってないと、どうにもタルンだ感じになってしまうので
今日はしっかり訓練いたしました


2005_0724_090337AA
久々に軍衣袴姿のO伍長
ブラウスのすそをトラウザーにたくし込んで登場です
この格好は、デューティーベルトに
レッグリグやダンプポーチなど足腰周りの装備を沢山つける時に
ブラウスのすそが邪魔にならない様にする為の格好です
でも、装備がないと、なんか戦車兵みたいですね(笑)

2005_0724_090954AA
体脂肪ブラザーズもすそをたくし込んでみました
腹の出てる兵隊にはかなりシンドイスタイルです
(がんばってダイエットしよっと)

2005_0724_091402AA
野戦で初めてOTVを着用するO伍長
「ん~~、やっぱXLじゃデカすぎるなぁ」

2005_0724_091804AA
S上等兵のLサイズのOTVを着用する本官
「やっぱ、Lで充分だよ、Lで」
本官もXLのOTVを着用しているので
なんかガバガバだったんですよね

2005_0724_092504AA
むむ、S上等兵のOTVにズボラ発見!
MOLLEのマガジンポーチがズボラな付け方になってました
この付け方では走った時などに
装備がブラブラするので
しっかりウェビングに装備を編み込む事になっています

2005_0724_093249AA
「おっちゃん、おっとこ前やわぁ~~」
本官のM16A4を構えるS上等兵
やっぱり鉄砲は長い方が格好いいですね!

2005_0724_100648AA
いよいよ教練開始、完全軍装に変身です
ところで、本日から新装備「ALTAニーパッド」が投入
しかも、まだマリーンでは使用例が確認されてないコヨーテカラー
これまで使っていたBJのニーパッドよりも
取り付けが楽で膝周りが涼しくなりました

2005_0724_101621AA
まずは躍進のおさらい
「伏せ」の号令で地面に伏せて銃を構え
「進め」の号令で素早く起きあがって前進
これを繰り返します

2005_0724_101627AA
バシッと伏せ撃ちの姿勢が決まるO伍長(右)
腹がつかえて伏せ撃ちが苦手なS上等兵(左)
OTVは腹回りに弾嚢が配置されるので
どうしても伏せ撃ちはしんどくなります

2005_0724_101642AA
伏せる瞬間の図
いきなり地面にべったり寝そべるのではなく
まず両膝を地面に落とし
次に左手を地面について上半身のショックをカバーしながら
地面に伏せます
ニーパッドが必要な理由が判りますね?

2005_0724_102258AA
「整頓、正間隔っ!」の号令で両腕一杯の間隔と取ります
秘密戦隊に変身したり、必殺技を繰り出したりする訳ではありません

2005_0724_101746AA
続いて匍匐の練習
写真は第一匍匐の図
匍匐は、多少姿勢が高いものの早く移動する第一匍匐と
地面にべばりついて行う第二匍匐があります

2005_0724_102346AA
これが第二匍匐
やってみれば判りますが、かなりシンドイです
でも、こうした訓練は
意外な時に実戦で役に立ちます

2005_0724_102500AA
ちょこーっと匍匐をしただけでヘバってしまい
「金色夜叉」のお宮みたいなポーズになってしまったS上等兵
蹴られる代わりに気合いを入れられます

2005_0724_102956AA
体力的にヘバヘバになったところで
今度は据銃の練習
「一、二、一、二……」の号令で
銃を構えたり降ろしたりを繰り返します

2005_0724_103020AA
電動ガンは反動がないので片手でも撃てますが
しっかり銃を構えて狙わなければ
まずまともに当たりません

2005_0724_103331AA
今度は弾倉交換の練習
我が隊ではノーマルマガジンを使用して
戦闘間にマガジンチェンジを行うリアルな戦闘を行ってますので
この種の動作は練習する必要があるのです

2005_0724_103547AA
ここらで午前の教練が終了
お昼の大休止はしっかり1時間とって
お弁当食べたり、近所のコンビニにしろくま買いに行ったりして
充分休みます

2005_0724_111609AA
午後は礼式教練
軍隊&軍人らしい動作の練習です

2005_0724_112146AA
「吊れ銃」や「担え銃」などの動作を全員で揃って行うため
相手の動作に合わせられるよう
隊員同士が対面して執銃教練を行います
この種の動作は、繰り返し行って
体に覚え込ませる必要があります

2005_0724_131937AA
「よし、本日の教練、終了。諸君、ご苦労!」
「隊長殿に、敬礼っ!」
ゲームと違って、教練は地道でしんどいものですが
やったらやっただけあって
上達した気にもなれば、自信もつきます
教練は大事なものなんです


なにはともあれ、楽しい一日でした


(報告:隊長タニー)


armee_kf at 00:00|Permalinkこのエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote 部隊教練 

2005年07月17日

浅草激震祭(2名)

いや~暑い!毎年同じこと言ってますが
やっぱり言っちゃいます(汗)
どうりで暑いわけですよ
18日に関東も梅雨明けして本格的な夏に突入です
そんな熱気ムンムンななか浅草激震祭に行って参りました!




2005_0717_085338AA
0900時、浅草雷門前
早い時間にも関わらず、やっぱり観光地なんですね~
国内外の様々な人が観光を楽しんでいました
自分の到着を待つタニー隊長殿

2005_0717_085939AA
O伍長「うぉー!提灯がーーー」
とアホな参上のしかたをしてみる
注意:提灯にぶら下がったりしてはいけません!

2005_0717_090641AA
雷門から歩いて10分弱
東京都立産業貿易センター台東館に到着
でかくて目立つ看板があったのですぐに分かりますね

2005_0717_090711AA
一階ロビーで偶然知り合いに会いました

2005_0717_091202AA
階段で10時の会場待ちをしていると間もなく
わがまま突撃隊のサカモト隊長殿が息子さんと遊びにきました
その後、uMACさんとも合流して
気分が盛り上がってきたところで開場です

2005_0717_095753AA
入り口手前で
ライラックスがレールカバーを無料で配っていたのですが
そのライラギャルがとても素敵で
さらにヒートアップしちゃいました
「あとで写真撮らせてもらおう」と密かに決意しました(笑)

2005_0717_095840AA
入ってすぐに「すてんがん工房」で
アレコレお話を聞くタニー隊長殿
色々面白いアイテムを考え出すところはホント関心します

2005_0717_100724AA
おおーっと!いきなり発見!
ミニミの200連ボックスマガジンです
通常価格1680円が特価で500円
しかももの凄く綺麗で全く損傷の無い物が3個ほどあり
一番綺麗な物を2個ゲットしました
ついでにロック付きのカラビナも購入

2005_0717_101752AA
CAWのA2用レールシステム
ビックリ価格の約50%オフで7800円メッチャ安い
しかもレールカバーも表示価格から更に値引きしてくれました
大感謝です!
おっといけない、発売間近のM203もお触りしてきました

2005_0717_101805AA
まず持ってみた感じですが
重さ的にはサンプロよりは軽いみたいです
固定はしっかりしていてサンプロのように
後ろのバレルに固定する部分の強度不足は無いです
動きは滑らかで金属削り出しのバレルにはライフリングも再現
安全対策でチャンバー部はプラ製になっているそうです
ハンドガードのリブもリアルサイズで全体にマット仕上げで格好良いです
惚れました!

2005_0717_102253AA
残念ながらデルタフォースにはなれそうもありません(笑)

2005_0717_102518AA
階を移動しようと外に出ると先ほどのライラギャルがスタッフとお話中
ご遠慮しようかと思ったのですが
声をかけたら気持ちよく受けてくれたので
カメラをお願いしてパチリ
「あれ!頭切れてる」

2005_0717_102502AA
もう一枚のツーショットはうまく取れてました
はい!うれしいですよ

2005_0717_102719AA
これはマタマタ面白い物を発見です!
海外メーカーのM5RASキットです
6500円という超低価格で
リブパネルとフォワードピストルグリップも付属でマズマズのできですが
本体が残念なことに樹脂製(強度はありそう)です
とはいっても数少ないM5RASキットなのでオススメです
どこで売っているかな?

2005_0717_104142AA
いよいよ出ました
マルイ製の純国産M14の登場です!ヤッホー!!
早速手にしてみる
さすが一本物のストックですね
ガッチリしていてたわたわ感一切無し
重さも全長があるせいかさほど重くは感じず
構えた時にもシックリきます
183センチの自分にはちょうど良い長さみたいです
マルイのM4RISに慣れていると
かなり長くハンドガード部は細く感じるでしょうね
持ちやすさはグリップ部にチェカッリングのある
ODバージョンのほうが良さそうです

2005_0717_104236AA
チャージングハンドルを引くとちゃんとボルトが回転して
しかも奥にはガスロッドまで見えます
マルイのスタッフの方が
チャージングハンドルを思いっ切り放してみてと言うので
やってみると
「シャッキーン!」
と心地よい金属音と共に勢いよくボルトが閉鎖しました
かっちょええ~~
間違いなく買いますよマルイさん

2005_0717_104823AA
タニオ・コバさんの特設ブースです
初代ベレッタはもちろんベレッタプロトタイプなど
珍しいものが沢山展示してありました

2005_0717_104937AA
ベレッタプロトタイプです
といっても発射機構のみの物で原型はリボルバーです
初代ベレッタは自分も買って感動しましたよ
空気入れでチャージしたりしましたね

2005_0717_114507AA
ミリターリートイズのスタッフの方々
一生懸命説明してくれたので店頭でみかけたら
買ってみようかと思います

2005_0717_115512AA
一通り見終わり休憩中です
今回の激震祭はカレーが無いのですね
残念です

2005_0717_114551AA
買った物をアレコレ出して見てみるコレが
結構イベントの時楽しいのですよね


2005_0717_120119AA
我が突のオータ参謀殿、シュヴァルツのキース殿とも合流
二人ともM14は気になっているようです
こうなるとみんな好き者揃いですから話が尽きませんね

2005_0717_120909AA
ふらふらっと場内を歩いていると
アメリカンガンキッズでPEQ2型バッテリーケースが
3000円で売っていたので迷わずゲット
A4には100%飾りですが格好良いので……

2005_0717_122941AA
ファーストブースでは1円スタートオークションが始まり
人が集まっていました
VSR10とターミネーター2ショットガン、G36Cが格安で落札されていました
自分も欲しい物が出たら参加したかったですね
次回に期待!

PICT2480
今回のクラフトフェルトの収穫品です
殆どの物を半額以下で買えたので今回のマーケットも充実です
次回は11月5~6日だそうです
あっ!その前にブラックホールか


なにはともあれ、楽しい一日でした


(報告:O伍長)


armee_kf at 00:00|Permalinkこのエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote 遠征 

2005年07月13日

M16A4

050321-M-0502E-004



*M16A2が隊制式になるまで
   クラフトフェルトでメインアームを統一しようという話しが出たのは、1996年頃の事。軍装統一が行われた翌年の事です。その時出た制式小銃の案は、M4A1でした。もっとも、これはアームズマガジンに特集が載っており、その格好良さに惚れ込んでの事でしたが、肝心要のM4A1はまだ発売の噂もなく、仕方なしに自作できる隊員は自分でXM177E2を改造してM4にしていました。
   1998年にクラフトフェルトが仮想軍隊になり、制式小銃がXM177E2と決まった半年後に、M4A1が東京マルイから発売されます。1999年からクラフトフェルトでも制式小銃となり、以来6年間にわたってM4A1がその座を占める事になりました。
   ところが、M4A1が制式小銃となった翌年には、「やっぱM16A2の方が良かったんちゃうん?」という声が聞かれる様になりました。その理由は、捧げ銃などの礼式に使う時、やはり短い鉄砲より長い鉄砲の方が格好いい事。そして、マリーンがM4A1でなくM16A2を主戦兵器に据え続けている事でした。
   何度となく議論が繰り返されましたが、一旦制式に決めた銃をそうそう簡単に降ろす訳にもいかず、2004年末まで結論が出ませんでしたが、2005年に隊制式の軍装がマリーン化する事に決定し、ついにM16A2がクラフトフェルトの主戦兵器になったのでした。

mihon01
M16A1を改造したM16A2(1995)

mihon02
XM177E2を改造したアブダビカービン(1997)

 

*M16A2→M16A4
   A2とA4の違いは簡単に言えばA2のキャリングハンドルに対してA4はM4などと同じフラットトップレシーバー(レール付き)になっていることです。A2を使う場合はマルイの電動ガンを買ってきてそのまま使うことができますが、「どうせ使うなら新しいA4が良いな~」という物欲さんの場合は少々違ってきます。
   というのも非常に残念ながら今現在製品としてM16A4はマルイからは発売されていないので、A2をベースに作るといった事が必要になります。作るといっても正確にはM4A1のアッパーレシーバーに組み替えをするだけなので、通常の分解知識があれば誰でも出来るでしょう。
   この時に純正のプラレシーバーでなくメタルフレームの選択も長い目で考えると丈夫なのでオススメです。もし「工具が無い」「分解するのは不安だ」など自分でやるのは自信が無かったりする隊員の場合は「クラフト技研」が作業をお手伝いしています。
(注意:別途M4キャリングハンドル又はトリジコンタイプのサイトなどが必要になります)

a4_n01
写真のM16A4は
アッパーレシーバーのみM4A1の物に換装して
M4A1のキャリングハンドルを付けています

 

*フルスクラッチM16A4(大人バージョン)

m16a4
M16A4(大人バージョン)

   M16シリーズには他の小銃に無い魅力があります。それは豊富なカスタムパーツ類です。どうしてもノーマルでは満足できない!とにかくカスタムパーツを組み込みたい!リアルパーツでヘビィーにキメたい! という大人の欲求に充分答えてくれるのがこのM16なのです。その欲求の果てに完成したM16A4をご紹介します。
   実は初めA2を買ってきて、そこからメタルフレーム、アルミアウターなどをチマチマ組んでいこうと思っていたんですが、初めからカスタムする気なのならカスタムパーツだけで組んで作った方が最終的には経済的なのではないかと思ったのであります。
   今回チョイスしたパーツは以下の通りです。見て分かると思いますが見た目重視の中身は「どノーマル」となっております。

G&P:M16A2フロントセット(17,800円)
G&P:M16A2バットストック(6,800円)
G&P:M16A2グリップ(3,600円)
G&P:メタルキャリングハンドル(5,000円)
HurricaneE:M4アルミフレーム(21,000円)
HurricaneE:M16スチールアクセサリーキット(6,200円)
マルイ純正:EG1000モーター(1,500円)
マルイ純正:バージョン2メカボックスアッセンブリー(7,000円)
マルイ純正:インナーバレル(100円)
EAGLE:TAS-1BK(5,400円)

 

〈G&P製M16A2フロントセット〉

PICT1545

   このセットはとてもお買い得感の強い商品だと思います。アルミアウターだけでも1万円近くする場合がありますから。そこにフラッシュハイダー、デルタリングセット、ハンドガード、フロントサイト、ガスチューブまでセットになって17,800円さらにリアルサイズときたら買わずにはいられません!
キット自体はバラバラになっているのに説明書もありません、間違える事は無いと思いますがやっぱり組み立て図くらいはあっても良いのでないかと思いました。
   自分の場合はフロントサイトを固定するスウェベル部のイモネジが微妙に締まっていて、袋から出したときにフロントサイトが抜け落ちアウターバレルに傷を付けてしまいました。組み立は慎重に行わないと擦り傷などを付けてしまうことが多いので注意しましよう。フロントセット自体は各パーツの相性が良く簡単に組み立て出来ました。

PICT2292
フラッシュハイダー
スチール削り出しなのでエッジがビンビンで
仕上げも良く文句の付けようのない部品です
取り付け角度を調整するワッシャーが沢山ついていて親切です

PICT2289
フロントサイト
スチール製だが塗装仕上げなので金属感はイマイチ感じない
といっても仕上げは綺麗でスウェベルには
実物同様ラバー加工がしてある

PICT2290
アルミアウター
アルミ削り出しの一本物フロントは14ミリの正ネジ
バレル上部には刻印もモールドではなく打ち込んであり
マットブラック仕上げ
何よりも嬉しいのがその軽さではないだろうか
マルイA2ではハンドガード内が頼りない太さのスチールパイプで
外に出ている部分が亜鉛合金なのでフロントだけが重く
違和感を感じたのは自分だけだろうか

PICT2286
ハンドガード、ガスチューブ
全体がグレー調の強いマットブラック、ザラザラ仕上げになってます
中にはちゃんとアルミの放熱版も再現してあり
放熱口からチラリと見える銀色がたまらない!
ガスチューブはパイプではなくただの棒です(笑)
でもこれがあるのと無いのでは満足度が格段に違います!

PICT2287
デルタリング、バレルナット
リアルパーツが不要な人には全く無駄なパーツです(笑)
なぜって?だって組み立てたらバレルナットは
隠れて見えなくなっちゃうんですもん
でもこれがあるのと無いのでは満足度が格段に違います!!
組んでみると、さすが実物と同じ構造、ハンドガードのブレは皆無です

 

〈G&P製M16A2バットストック〉

PICT2279

   明るめのグレーでハンドガード同様に超ザラザラ仕上げになっています。バットプレートがマルイの金属に対してプラスチックなのには驚きました。っていうかガックシ! でもよく見てみるとエッジがビンッと立っていて多少粗々しい仕上げが良い風味を出している。コレに見慣れてしまうとマルイ純正パーツはやはり見劣りしてしまう。バッテリースペースがかなり広く出来ているので大抵の大容量バッテリーは内蔵できるでしょう。取り付けはボルト1本ですが強く締めたらネジを受ける部分が弱く割れそうだったのでABS版で補強しらガッチリ締めても心配なくなりました。あと色なんですがやはり明るすぎる気がしたのでインディのブラックパーカーを薄く塗り落ち着かせました。

 

〈G&P製M16A2グリップ〉

PICT2283

   これまたエッジがビンビンに効いたチェッカリングが最高に良い品物だ。質感がとても良くてネジの受け部分も金属インサート入りで強度もありそう。といってもマルイのが壊れたこともないが…
   グリップエンドはヒートシンクになっていてモーターが見えている、放熱には良さそうだがゴミや雨などの進入が少々心配。あんまり撃たないし個人的には密閉式の方が好きである。

 

〈G&P製メタルキャリングハンドル〉

PICT2300

   特にココが良いというポイントは無いですが、アルミとスチールパーツ使用という点がプラハンドルとは違い気持ち的に持っていたいパーツの一つですね。

 

〈HurricaneE:M4 アルミフレーム/M16スチールアクセサリーキット〉

PICT1550
PICT1553

   メタルフレームは組みやすさと強度に定評のあるハリケーンをチョイス、何と言ってもポートカバーがチャージングハンドルに連動して開くところが決め手になりました。細かなパーツも相性優先でハリケーン製(良くも悪くもない)を選びました。ピポッドピンとテイクダウンピンが左側からマイナスネジで固定する方式なのでピンの脱落は無くて良いのですが、コマーシャルモデルっぽくて微妙です。
   いまいちフレームの色が気に入らない、明るめのグレーでマルイのM4よりは少し濃いくらいなので、インディのパーカースプレーで塗り直しました。

   最終的なパーツの組み上げは殆ど問題なく出来ました。一カ所だけアッパーフレームへのガスパイプ取り付けの際にフレーム側の穴が浅くて小さいためパイプが入らなかったのでドリルで穴を貫通させました。

PICT2297

   あとはマルイのM16A1(テイクダウン機能無し)を組み立てるのとほぼ同じ手順で問題なくポン付けできました。アルミフレームへのメカボックス組み込みなども驚くくらいスムーズインでした。さすがに外観のパーツを全てリアルカスタムパーツを使っているためマルイのA2とは外観では比較になりません。ですがいくらカスタムでも中身は「どノーマル」ですんで撃ったら性能全く変わりません(笑)。いったいノーマルが何丁買えるくらい掛かったのやら……お気に入りの一丁です。

 

M16A4+M5RAS(CAW改造品)

m16a4ras

   またまた来ました大人の欲望は尽きない物で「M16A4(大人バージョン)」を作り上げたら再びどうにかしたくなってきました! M16A4までいったら次は何かと言いますと、やっぱりRASですよM5RASこれしかないですよね。
   というわけで、M5RASはお幾らでしょうと調べたら。レプリカではG&GやCAから出ている物が5万位はする!う~ん高い高すぎる! 「じゃ~実物は」としらべたら軽く8万円オーバー(米国内約$340)はする代物、お世辞にも高所得者とは言えない自分には無理な話。でも「欲しい物は欲しい!」それじゃ~ それっぽいので良いから何か無いかと探してみるとCAWのレールシステムというのでA2用なんて気の利いた物があるじゃないですか。しかも13,272円、これは大分安いです。ちょっとM5RASとは違うみたいだけど早速買ってみました。

caw

 

〈CAW:レールシステムM16A2〉
   買ってみて驚いた、というか微妙な気分になったのは何と言ってもRASが前後2分割でネジ止めして合体するということ。どうやらM4用の物を連結できるように加工してA2用としているようです。あと気になるのはG&PのリアルサイズパーツにCAWのマルイ規格サイズが付けられるかです。

PICT1548

   組み立ててみるとやっぱり繋ぎ目が気になる。しかも中途半端に残った放熱口が見事に目立つ。ある程度はリブパネルをハメることで隠せるがこの半月は隙間から見えてしまう。

PICT2331

   とにかく銃本体に付けてみようとフロントのおにぎり型ハンドガードキャップに差し込む。これは驚きリアルサイズのキャップにピッタシかんでいます。そして「デルタリングはどうか」う~んさすがにコッチは固定のしかたからして全く違うのではまる気配なし、よーく見てみるとデルタリングとRAS自体の経は少し太いだけでRASをちょこっと削れば簡単に入りました。

PICT2335

   問題は内側のバレルナットと噛み合う部分です。この部分がマルイとは決定的に構造が違うので合うようにするにはかなりの手間が掛かりそう。(写真は加工後の物なのできちんとはまってます)
   加工はA2のハンドガード形状を参考にして、ひたすらリューターでバリバリ削りまくり現物合わせしていくほかありませんでした、一番苦労したのはハンドガードが回転しないようにバレルナットのギザギザに噛み合う部分をリューターで残しながらというところですかね。そしてやっとハマるようになり装着してみると、前後のブレは無いがRASをねじると少しだけ回転している。どうやらバレルナットとRASの噛み合う部分を削りすぎてしまったようだ。

PICT2305
PICT2306

   削りすぎてしまった物はどうにもならないので、諦めてガスパイプを利用した固定具を作った。
   アルミのブロックから写真のようなガスパイプに噛み合うパーツを削り出して前後に装着すると嘘のようにガッチリRASが固定された。

PICT1568

   ココまでの作業でやっとG&PのフロントセットにCAWのRASが付くようになったわけですが、次にM5RASの特徴ともいえるフロント部分の切りかきと穴埋めをします。写真のようにリブを5個分切り落とします。アルミキャストなので手ノコでも意外と簡単に切れると思います。

PICT1569
PICT1570

   今度は切りかき部分と放熱口を3個金属用エポキシパテで塞ぎ仕上げたら上部の加工はこれで終わりです。穴の跡がうっすら出てきちゃいました(汗)

PICT1573
PICT1574

   フロント下部には上部の切りかきと噛み合うような形の部品が付けてあります。今回はABS板で作ってみました、苦労したのはRASに付けるアールの成型がなかなか良い感じに出来ず何回か火であぶり作り直しました。先に台座のアール部分パーツを作りそれを元に見えている部分を成型しました。塗装後ドライブラシで仕上げたので金属っぽい良い感じが出たと思います。

PICT2307

   M5RASには下部の後ろ半分だけヒートシールドが設けてありますのでこれも再現します。
   今回使ったのはマルイM4RISのヒートシールド風パーツを内側だけ銀色に塗って入れてみました。なかなか良い感じ!

PICT2308

   あとは塗装のみです!インディーのブラックパーカーで塗って「なんちゃってM5RAS」の完成です。因みにマルイのノーマルA2にCAWのRASを取り付ける場合は、このような作業は一切必要ありませんので誤解しないでください。

PICT2298

   あとはリブパネルを大量に用意して大事なレールを保護しましょう! 写真のようにぶった切ります。フルカバーするのには10枚必要です(汗)

 

〈その他、付けると雰囲気抜群オプション〉

option

 

option_PICT2280
G&G:バーチカルグリップ  2,500円
RAS仕様でバーチカルグリップを付けていない人は
あまり見たこと無いですよね。格段に左手の負担が減ります

option_PICT2278
サンケン:GRドットサイト  8,600円
GRドットサイトはトリジコンサイトのレプリカで
値段の割りに性能が良く十字のレティクルが最高、オススメです

option_PICT2336
マルゼン:フラッシュライトMF2 4500円
マルゼンライトはSFライトにはとても勝てませんが
十分な性能ではないでしょうか

option_DSCF3940
LACKHAWK:バットストックマガジンポーチ  3,500円
最後にバットストックマガジンポーチは軽量装備?の時に役立ちそう
小柄(腕の短い)な人には邪魔かも

 

   これでやっと完成!手間と資金を沢山かけた甲斐あり非常に満足の出来るものが仕上がりました。さすがフルメタル、剛性が抜群できっとグルーピングも上がっているのでないでしょうか、と願います。

103320AA
やはり現用マリンコ装備にはフルサイズのM16が一番似合いますね



armee_kf at 00:00|Permalinkこのエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote クラフト技研