みなさま こんにちは

残暑お見舞い申し上げます
みなさま、お元気でいらっしゃいますか
ご無沙汰しています石原です

今日はお客様に向き合う時、
最後に「また、会いたい」と
思っていただける方法について
書いてみたいと思います

方法はもちろんたくさんありますが
お客様に心を開いていただけるような
自然に魅力ある方と思っていただける
方法のいくつかをご紹介したいと思います

みなさまがお客様に与える影響について
代表的な法則がありますが
話す言葉の意味内容以上に
話し相手の服装や態度などの
見た目という視覚的要素や話し方
声の調子などの聴覚的要素の方が
影響が高いそうです

視覚的要素:55%(約5割以上ですね)
聴覚的要素:38%(約4割ですね)
言語的要素:7%


なのでお客様と接する時は、
こころを平穏に保ち、失敗しても、
「ドンマイ!!」と気持ちを切り替えて
できるだけ口角を上げて
素敵な笑顔でいていただければと思います

smileimages

また、ページング(同調行動)を使用しれば
お客様は心を開いてくださる確率が高くなります

ページングとは、相手のペースに
合わせることを現します

kaeruimages
もう少し具体的に書きますと
主に下の3つを行うと良いと思います

ミラーリング

鏡に映るようにお客様の動作をさり気なく
間にしておくと共感心理が働くことをいいます
お客様が髪の毛に手を触れれば
みなさまもさりげなく髪の毛に手を触れることです

kamiimages

チューニング

お客様が嬉しそうな雰囲気を醸していたら
みなさまも嬉しそうにすることです
少し落ち込んだ雰囲気でおられましたら
同じ様に少し悲しそうな表情や態度を現します
uresii images


マッチング

お客様の話し方、スピード、声の大小、
口調や強弱に、なるべく合わせることです
ゆっくりとお話される方には、
ゆっくりペースでお話をされることを現します

komyuダウンロード
これらを行うと、ページング(同調行動)を
自然に行っていることになると思います

この様なポイントを抑えますと、お客様は
皆さんのことを「波長が合う方」と認識されます
これは、「また、会いたい」と思っていただける
要素に欠かせないかと思います

機会が有りましたら一度、お試しいただければ嬉しいです

石原

banner