94d6a01c.jpg

こんばんは!
 
ひさしぶりに有川浩さんの
 
「海の底」を読みました◎
 
自衛隊三部作ともよばれる
 
有川浩さんの代表作の一つです。
 
人間が塩になってしまう病が
 
蔓延する衰退した世界が
 
舞台の「塩の街」、
 
連続発生した航空機の事故で
 
空軍三佐の父を失った少年が
 
空を飛ぶ謎の知的生命体"白鯨"と
 
出会う「空の中」、
 
そしてこの「海の底」は、
 
海から現れた巨大生物に
 
襲われた子供たちと海軍三尉が
 
停泊中の潜水艦の中に
 
立てこもるという、
 
密室内での恐怖を描いた
 
パニック映画っぽさのある
 
作品です!
 
でましたパニック映画感。
 
だいすき。w
 
自衛隊三部作の中でも
 
「海の底」が一番、
 
異常事態発生
 
 
混乱に陥る人々
 
 
原因究明を試みる技術者
 
 
解決
 
の流れが色濃く描写されていて、
 
またネット掲示板のやりとりが
 
度々登場するのですが、
 
事件の解決には全く影響がなく
 
むしろ現状をより混乱させる、
 
現実のようなリアルさが
 
たまらなくどきどきさせます!
 
読んだ後は少し気分が
 
重くなるのですが、
 
それでもパニック映画を
 
観た後のような
 
スッキリ感が最高(*´-`)
 
今夜はぐっすり眠れそうです◎
 
 
 
明日の出勤は朝7時からです!
 
ご予約ご来店お待ちしてます◎
 
 
 
読んでくれてありがとうございます
*ゆずき*