lonely gong show

ただただつづる日々とゆるい物語を載せる場

主にややゆるい話を載せたり、プロレスや音楽をいいよいいよと語ったりします。

連載作品のタイトル

最新記事はこの次の記事になります。
以下三作品が現在連載中の作品です。完結したのも含めた各話へのリンクは続きから

平成ファーストインパルス インパルスの目次

まおわん まおわん もくじ

不定期連載 乙女ゲームと自分勝手な奴ら
不定期連載 乙女ゲームと自分勝手な奴ら 事が起きる前の話
続きを読む

冗談手帳&勇者ああああ 自分を見逃しがちと板ザンさんあらわる

 どうも、ここ最近の変な暑さに体がやられまくっている人です。おかげで意思とかがよく飛び気味になっております。

 さて、今回は水曜日と木曜日深夜のバラエティー。という訳で冗談手帳と勇者ああああの感想を書いていこうと思います。

冗談手帳

 ゲスト芸人は色んなタイプのネタをこなす湘南デストラーゼ、鉄板ネタは「漫才オリンピッククイズ」を披露。そしてお題ネタは「漫才美人芸能人ランキング」、そこから二人の話を聞いてコンビの悩みである「コントがやりたい」という件についてはバッサリと切り捨てる鈴木おさむ氏。しまいには「コント一年間禁止令」を宣告するのでした。

 まず今回「この番組はちゃんとしているな」と感じたかな。普通に「漫才だけじゃなくモノマネやコントもやるよ」と事前に説明する事で鉄板もお題ネタも漫才なので、急に後半の「コントがやりたい」っていう発言が「えっ?」とならないように割と細かい配慮がしてあるので見やすかったです。

 そして肝心の湘南デストラーゼ、やっぱりちゃんと面白い漫才二本見てトークすると見た目も含めて完全に漫才師なんだよなぁ。でもコントやりたいってのは止められなかったからの相談だったんだなと。だからこそわざわざいう必要ない禁止令が必要だったのかもしれないと思ったり。まあ漫才面白いから仕方ないのかな。

勇者ああああ

 今回はアルピーがゲーム大会のエキシビジョンマッチに登場、にわかゲーマー酒井がプロゲーマー板橋ザンギエフさんとスーパーハンデマッチでストⅤマッチ。アルピーは板ザンに「北関東のヤンキーに睨ませる」「セクシー女優の誘惑」「時間よ止まれ(五秒強制停止)ちょっとタンママッチ」と妨害をしかけ、一方のアルピーは負けたら電流を食らわせる。ただ結果としてアルピー全敗でしたとさ。新ゲーム芸人公開オーディションは動きネタのビックスモールン、フリップネタの浜村凡平、形態模写あしとみしんごが登場。太田プロ多めなのは売り込みが凄いかららしい。

 スーパーハンデマッチは思いの外ホームだったのでノリノリのアルピー、平子がエロに走り、坂井がただただ調子に乗ってイキるというらしい構図からヤンキーがキレてヘーコラっていう流れが基本になって変化していく流れは面白かったですね。というか口が悪いからヤンキーに絡まれ、セクシー女優にリアルに嫌われるという酒井ってのは最高でした。

 そして板ザンはセクシー女優の人と話しながらやってた方が強かったなー、もしかしたら初戦で酒井のパターンを完全に掴んでたから見なくても対応できたのかもしれない。そう考えるとプロゲーマーって肩書を持つ人ってのは凄いな。

 本来やる予定のワンコンタッグマッチがスーパーハンデマッチの盛り上がりで中止になったので尺稼ぎの新ゲーム芸人公開オーディションは三組。いつもはネタよりアルピーの芸人への感想がネタより毒があって面白いんだけどじわーっと浜村凡平が良かったかな。

 てな感じで今回は自分が見えてない芸人と自分の力以上に調子に乗った芸人の番組の感想でした。まあ自分で自分を理解できる人が一番凄いんだけどそうでない人間のが人間臭くて面白いんですよねと言いつつ今回はココまで

もろもろのハナシ&有田ジェネレーションズ オナラとかわいさ

 どうも、色々と疲れてぐったりとしている人です。まあ色々あったんです・・・おかげで精神的にかなり披露しております。

 さて、今回は水曜日深夜のバラエティー二本。もろもろのハナシと有田ジェネレーションズの感想書きをしたいと思います。

もろもろのハナシ

 今回は収録中の行動を深層心理分析した所、春日「かかとを上げる=逃げ出したい」日村「自分の足を自分の足で踏む=もっと自分を出したい」という事が発覚。そこから日村さんが春日をライバルと見ているという事でイジられ同士の日村対春日の押し相撲対決に発展。トークテーマは「女性の裏の顔発覚?全力オナラ」という事でオナラトークにオナラ対策グッツとオナラ芸人を紹介する。

 何と言いますか・・・くっだらねえ会話オンリーでしたね。前半の深層心理分析もそこからの押し相撲って展開もバカバカしいし、それで完敗した春日をおぎやはぎと設楽さんが総ツッコミして結果春日が逃げたくなるというオチもまたね。

 そしてオナラの話は終始男子校みたいなノリの下品さがある内容でしかないけどそれを平均四十のオッサンがするんだから凄いわな。ただ珍しくオナラ対策グッツを試そうとオナラ芸人のオナラの匂いを嗅ぐって半ば罰ゲームな奴を矢作さんがやって悶えるっていう光景を見れた事は悪くなかったです。

有田ジェネレーションズ

 ゲスト審査員にウーマンラッシュアワー村本と女子枠は柴田あやなさんを呼んでの「かわいい系ギャラ芸人」と下剋上バトル。一回戦目は態度が悪いと以前負けたもりせいじゅ対脳みそ夫、ようやく態度を改めたもりせいじゅとトチっても可愛いと言われる脳みそ夫の対決は両方合格。二回戦目はどんぐりたけし対インディアンズ、この番組には珍しいテンション高めのギャガータイプのピン芸人でウケも良いどんぐりとテンションでも一歩も引かないインディアンズの結果は二組合格になりましたとさ。

 一回戦目は「脳みそ夫を負けても奪還したい」「上に媚びすぎ」「小学校担任から犯罪者の目をしていると言われた」というもりせいじゅのヤバさがインパクト満載で脳みそ夫のネタミスも消し飛んでしまったのでは無いでしょうか。まあもりせいじゅの合格に脳みそ夫が嫌がるのも何か分かる気がします。

 二回戦目はちょっと前にザ☆忍者が居なくなって空き家になっていたギャガー枠をどんぐりたけしがしっかり埋めた感じ、対してインディアンズは面白かったけど鉄板ネタ過ぎて有田「インディアンズの評価が下がっただけ」と言ってしまったのかなー・・・それでも両方合格と言わざるおえないクオリティなんですけどね。

 てな感じで今回は周りに対して我関せずの男子トークを繰り広げたのと女子を意識した番組の感想でした。だけどどっちもゴリゴリの男子向けなんですけどねと言って今回はココまで

いろはに千鳥&フリースタイルダンジョン しまらない沖縄と因縁の漢(おとこ)

 どうも、親に「二時間程度しか歩けねえ奴がロクな仕事出来ねえぞ」と言われた人です。「なら八時間外を動き回っていればいいのかよ、ならアンタ出来るのかよ?」という言葉は飲み込みました。

 さて、今回は火曜日深夜のバラエティー二本。いろはに千鳥とフリースタイルダンジョンの感想を書いていこうと思います。

いろはに千鳥

 チェンジ3&いろはに千鳥 あの日の決着と闇多きスタッフから続く沖縄芸人による感想予告ロケの完結編。前回行った沖縄粥のお店での「スマホで?」は「店主がスマホの写真で霊視できる」というまさかの展開、ただここに反オカルトのノブが心霊探偵として反論する。そして最後はミートパイテイクアウトからの「俺たち一生千鳥でやっていこうな」、こちらは前回出トチリのサプライズ演奏だったが今回はサプライズエイサーで仕方なく言うハメになった千鳥はそのままの足で空港へ向かうのでした。

 しかし沖縄粥の「スマホで?」はこっちも完全に虚を突かれたなぁ、まさかのオカルトだもん。そして怪しさは確かにあったけどノブさんがあそこまでガンガン突っ込み続けるのもまた予想外だったなぁ。別に大悟さんの霊視の時はノッてイジれば良いのにと思う位視られた大悟さん置いて行って仕掛けていたのは正直なんでだろうと思うレベルだったし。

 そして最後のアレはかなり久々の「ええんですか?」発動からのサプライズエイサーで去年みたいに締まらないなぁで終わるかと思ったらまさかのスタッフからの変な間での感想要求。これには見てる私まで「もう帰る直前なのに?」と思ってしまいました。やっぱりおかしいな、テレ玉のスタッフ。

フリースタイルダンジョン

 今回の挑戦者はかつてこの番組の審査員を務めていたが辞めてチャレンジャーとして参加すると予告して一年経っていた晋平太。これにいつものふざけ無しの般若が自分を含めたオリジナルメンバーの五人(般若、R-指定、T-PABLOW、漢a.k.aGAMI、サイプレス上野)で迎え撃つと予告、そして初戦のサイプレス上野を下したのが前回。

 二回戦の相手は辞める一因にもなったのではないかと言われた因縁の漢a.k.aGAMI、一応別場所でも争ったが何となく平行線のまま終わっていた消化不良感のある様子の漢インタビュー。そこから試合は三本目までもつれるが最後はトラック終わっても言い合っての握手から晋平太の勝利、三回戦目へと進む。

 まあなんつーか、長い付き合いから来る表に出す事のない舞台裏の「何か」についてがドロッドロに渦巻きつつもお互いに超えちゃいけない一線をギリコンプラ入るのも考えてノーガードでひたすら言葉で殴り合いぶつけ合い続けた一戦。その結末が握手で終わるって美しさと凄さがありましたね。勝敗は付いたけど漢さんが食ってた試合ではあったと思います。

 正直、裏の事なんか本当にどっぷりの人とかじゃないと知らねーよって感じだったけど個人的には凄みが一番の武器の人なのかなーと思っていたら完全にギアの入った漢さんは色んな意味で普段よりも言葉の熱とか厚みもマシマシだったし、凄み以外もスゴい人なんだと素直に思えましたね。そして他だとDOTAMAがモンスタールームで超楽しんでたのが印象的でした。

 てな感じで今回は長い沖縄ロケと長い因縁の終結の感想でした。長いのは良くも悪くもがありますがその上でちゃんとオチが付いたのならその長さがタメになって結果良い思い出に変わっていくからいいですよねと言って今回はココまで

キングちゃん&オー!!マイ神様!! セカンドシーズン最後の王とヤホーのライディーン

 どうも、まさかの梅雨が始まったと思ったらまさかの夏になっている気がする人です。まあそんだけ気象がおかしくなってるのかもですが。

 さて、今回は月曜日深夜のバラエティー二本。NEO決戦バラエティーキングちゃんとオー!!マイ神様!!の感想を書いていこうと思います。

NEO決戦バラエティーキングちゃん

 今回で最終回のキングちゃん、最後のマッチメイクは千鳥大悟、野性爆弾くっきー、ドランクドラゴン塚地、ずん飯尾、途中離脱の森三中黒沢、途中参加バイきんぐ西村瑞樹がノブの嘆きツッコミを引き出す「ノブ嘆かせ王」の三番勝負としてバイきんぐ小峠、銀シャリ橋本、千鳥ノブの三人から嘆きツッコミを引き出す対決を行う。

 ちなみに各々の対戦での勝者は小峠はエキストラにイチャモン付けて絡んだくっきー、何故かオフ嘆かせ王に一人なった橋本はここでも卵殻ごと食ったくっきー、最後のノブはマイペースな西村瑞樹の金触りのチンでした。

 まあ何と言いますか今シーズン最終回という事でリアル狂気よりの飯尾さんや黒沢さんにクレイジーくっきーに演技力の塚地にナチュラルサイコの西村瑞樹という豪華メンバーに番組関係の死神や岩田さんにヤれるアイドルから爆進ボーイまでと正に最終回にふさわしい総決算な回でした。

 くっきーさんのインパクトに隠れがちですがクレイジーな事をやってた飯尾さんや泣き芸と殴りのコンビネーションを見せた塚地さんと大悟さんや岩田と同ベクトルの何かを持った西村瑞樹とかありましたが。結局一番頭おかしいのはオフでの嘆きを見たいと言う意味不明な事やMCの片割れを終盤にだけ出すという暴挙に出た番組スタッフだと理解した最後でした。ま、多分年末辺りには帰って来るでしょうからのんびり待ってます。

オー!!マイ神様!!

 爆笑問題田中さんとメイプル超合金カズレーザーがプレゼンターの心に今も居座る尊敬してやまないマイ神様の事を週替わりの見届け人と共に聞くという番組。今回のプレゼンターはナイツ塙が細野晴臣についてを二人と見届け人のちゃんみなに語る。

 こちらは芸人プレゼンターなのですが笑いというよりは興味深い系の内容でしたね。塙も適度にボケ入れつつなので細野晴臣音楽の解説も分かりやすく、何より古めかしくないという事を今の若者ラッパーであるちゃんみなが素直に理解出来るというリアクションをするから「間違ってないんだ」と証明されていく感じも良かったですね。

 そこからのヤホー漫才に繋がっていく所では前段階で細野晴臣音楽の中毒性を産む理由とかの解説があってからのそこに通じる話である意味ナイツの漫才の種明かし的な内容を普通に見せてしまう凄さと、そこから全てが開けて広がっていく話の展開は凄かったなぁ。後はヤホー漫才でイケるとM-1に行ったらテクノカットの春日に負けたというオチは個人的に好きでした。

 てな感じで今回は終わって欲しくない番組の総決算的な最終回とまた続くだろう番組の当たり回の感想でした。凄いの一つ終わっても続くのは平然の良い物を見せる、こうだから幾らテレビが衰退したとか戯言言われようとも「あー、ハイハイ」と聞き流せるんですよねと笑って今回はココまで

大富豪有吉&真夜中 有吉の弱点と指原がJ太郎が交差する時

 どうも、生まれて初めて沖縄そばを食べた人です。まあインスタントなんですが・・・。しかし今は色んな物がインスタントで食える世の中になった物ですね。

 さて、今回は土曜日のド深夜と日曜真夜中のバラエティー。大富豪有吉と真夜中の感想を書いていこうと思います。

大富豪有吉

 有吉さんが番組ホストとなり、トランプの芸能人大富豪大会を行うバトルバラエティー。ルールとしては予選AB全てに有吉さんが参戦し、他のプレイヤー(ノブコブ吉村、アンジャッシュ児嶋、ふかわりょう、オードリー春日、川田裕美、久松郁実)は各予選で戦う。その得点上位三人が決勝で有吉さんも含めてバトル、四回戦やって最後に大富豪になった者が優勝という有吉圧倒的有利ルール。ちなみに優勝は児島さんでした。

 いやー、シンプルに面白かったですね。出来るだけ多いローカルルールを詰め込みつつ統制の取れたルールでやると戦略性がハンパなくなるので見ていて楽しめますし、ルール上展開で圧倒的になりがちな大富豪なのでそういう時はダイジェストにしてくれましたしね。深夜にまったり見ている分には充分楽しめました。

 そしてルールを忘れたミス時のチョンボに緩い罰が有ったり、比較的イジリ易いメンツなので有吉さんがトークはガンガンに回してキャッキャするという楽しみもあるのですが。その割には運も戦略も弱いので普通にザコ扱いされてふかわさんや児島さんがちゃんとしたツッコミに回るというのは中々珍しい物見させて頂きました。個人的に良かったのは有吉さんの8流れを忘れて出してガッツポーズというチョンボの罰である「うっかり有吉ガッツポーズ5連発」は流石に笑いましたよ。

真夜中

 真夜中に生きる男リリー・フランキーがナビゲーターとなり、指原に深夜の世界にいざないその世界でのルールなどを教えていくドキュメンタリー・バラエティー。今回は吉田豪と杉作J太郎とアイドルオタク達とのアイドル語りの三週目、アイドルオタク達がそれぞれ持ち寄った映像をアイドルを知らないリリーに指原が逆に教えていく。

 まあイカれてるけど人間味満載過ぎるJさんとその仲間達を通訳をする豪さんといういつもの構図なんだけど。そこに本来交わる事の無いはずの指原が居て、濃い目のハロオタ相手にハロオタ具合で真っ向から受け止めているというのは新しい。

 三週目にもなると指原もすっかり無遠慮になって、ガンガンアイドルトークを引っ張っていってしまいにはアイドルトークをハロオタからぶんどる所まで行ったり、未放送部分での鼻歌を伏線のようにはしゃいでいたりする所は「アイドルオタクなんだなぁ今も」と思ったり。

 てな感じで今回は緩いトークと遊びを見せる番組と濃すぎるトークにアイドルが渡り合う番組の感想でした。濃すぎる物も緩くて薄い物も深夜に合うし、混在しているんだなぁと思いつつ今回はココまで

ゴッドタン&久保みねヒャダこじらせナイト 怒って踊れとこじらせ三人旅

 どうも、自分が頑張ってもなかなか成果が出ないなぁとしょんぼり気味の人です。まあ失敗確定ではないんですけどね。

 さて、今回は土曜日深夜のバラエティー二本。ゴッドタンと久保みねヒャダこじらせナイトの感想を書いていこうと思います。

ゴッドタン

 企画は「ケンカ&ダンスGP」、芸人とアイドルが壮絶な口喧嘩をして、そのピークから社交ダンスを踊るという世界初の謎競技。今回は審査員にひとりさんと矢作さんにリポーター野呂佳代、暫定王者小木さん対挑戦者アンガ田中が挑む一戦。ちなみに優勝は小木&エヴァンスペアでした。

 競技というよりも口ゲンカとそれなりにちゃんとしたダンスと顔芸の二部構成を連続で見せられる物としてギャップも含めて色々と幕の内弁当みたいな回でした。感じとしては攻めまくる悪口とキメ顔の小木さんに対してキモいリアクションと普通に上手いダンスのアンガ田中という構図。

 ただ小木さんもやってて言ってたけど「練習やった上で本番悪口言うのは・・・」のは途中でそれに気づいて若干気になって見方は難しかったかな。それと優勝したのはキャラが良かったエヴァンスだった辺り、競技は基本関係ないなーと言うので野呂佳代居るって感じに。

 個人的にはエヴァンスを名乗る日本人のオーストラリア一年在住程度ではありえない位のかぶれっぷりは面白かったですね。英語はイラつく言い方で日本語はカタコトっていうレアな日本人にたった一年でなるというのは中々の逸材でした。

久保みねヒャダこじらせナイト

 今回は初の三人でのこじらせ旅、場所は久保ミツロウの故郷である長崎佐世保。しかし郷土愛が微妙と言い切る久保さんは「ちゃんぽん欲は空港で捨てろ」とのたまって再び空港に戻るまさかの展開からスタート。てな訳で空港からのニュース・ツイートまとめトークを行う三人なのでした。

 そんなこんなで到着二時間後に空港脱出し、久保さんおススメの動物園長崎バイオパークの「カピバラキャバクラ」に向かうとここでヒャダインの何かが覚醒する。そしてバイオパークで働く同級生の神近さんが卒業アルバムを持ってきて更なる波乱が。

 前半は至っていつものノリの久保みねヒャダでしたね。こじらせ旅と言いつつ期待されている物をひっくり返す発言からのすぐ空港に戻って料理屋の別室で食べながらニュース語りをやるという良くも悪くも変わらない三人を見せておりましたね。

 ただ空港を出ると三人での大都会熱唱からのバイオパークでの上手く行かない久保さんのカピバラキャバクラ、そして飼育員さんのエロス匂わす本物のカピバラキャラクラからのヒャダン覚醒、これで終わるかなーと思いきや車内トークを伏線にした神近さん登場の卒アルトーク。こう一気に三人の温度が上がっていく展開は前半がフリになっている分見ていて面白かったですね。

 てな感じで今回は番組の都合で連続で見れた番組の感想でした。そう考えると最近は変なズレ方する時期が延びてる気がするなぁと思いつつ今回はココまで
記事検索
ドラマCD「ボクたちオトコの娘」 あとみっく文庫 ツイてる勇者さま! 2012年2月21日発売!
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ