lonely gong show

ただただつづる日々とゆるい物語を載せる場

主にややゆるい話を載せたり、プロレスや音楽をいいよいいよと語ったりします。

連載作品のタイトル

最新記事はこの次の記事になります。
以下三作品が現在連載中の作品です。完結したのも含めた各話へのリンクは続きから

平成ファーストインパルス インパルスの目次

まおわん まおわん もくじ

不定期連載 乙女ゲームと自分勝手な奴ら
不定期連載 乙女ゲームと自分勝手な奴ら 事が起きる前の話
続きを読む

nobrockTV&はなつまみ 操りハイと最後もらしく

 どうも、死ぬほど忙しい一週間からかなり忙しい二週間になった人です。どっちがマシなのか分かりませんが・・・。

 さて、今回は水曜日のバラエティー二本。nobrockTVとはなつまみの感想を書いていこうと思います。

nobrockTV

 今回は某テレ東トーク番組のクズ芸人大会予選というスピンオフ企画で呼び寄せたクズ芸人に対して、佐久間さんが司会役をインパルス板倉さんが永島聖羅さんを操り、先に芸人のアンケートを超えるクズさを発揮したら芸人は盛るのかを検証する「最初にトークする女性アイドルがいきなりエグいエピソードをぶっこんできたら、その後の芸人はアンケートより盛るのか?選手権」の二回目。今回はラランドニシダが参戦する。

 前回の岡野は動揺しまくる展開でしたが永島聖羅さんのがニシダより格上って感じなので、ニシダとしては動揺よりも怯えていくという。でもアンケートの中身を盛るよりも深掘りしていく事でクズさを対抗していくのは流石若手クズの代表格だなと。

 しかしその怯えと永島聖羅さんの演技に面白くなっていった佐久間さんと板倉さんがノッていき、進行役の人も使って永島さんをどんどんヤバイ奴に仕立て上げていく展開はもう企画は別方向に突っ走っていくのは良い時のゴッドタンのようで最高でした。本人もノリノリでヤバイ奴演技をしていくので尚更にね。

はなつまみ

 本当に最終回という事で今までのゲストMCと三人のネットをざわつかせた言動を映像と共に振り返っていく。そして最後はそれぞれの最終回らしいコメントを一人ずつしていくが・・・。

 加熱したファンの怖さを知った鬼滅の件と何故か伯山カワイイとなった縄跳びダンス、ヒコロヒー対ウイカから憧れを語るウイカとずっとナイツ土屋をバカにしたい伯山と番組として見せたいシーンを見ていった結果この番組の終わる理由を何となく察した伯山。あながち間違って無い気もしなくもない。

 最後の言葉は次の番組に呼ばれなかったけどはなつまみに感謝をして次に繋げたいウイカ、最後まで皮肉も込めて好き勝手言っていく伯山、何度も同じことをやっぱり話す太田さんとある種らしく終わっていったかなと思います。

 てな感じで今回は水曜日の配信とテレビの感想でした。しかし爆笑問題と伯山の新番組・・・同時期に終わるシンパイ賞とのキメラなんじゃないかと漫然と思いつつ今回はココまで

水曜日のダウンタウン マツケンサンバと二度見

 どうも、

 さて、今回は水曜日のバラエティー。水曜日のダウンタウンの感想のみで一本書いていこうと思います。

「マツケンサンバを踊りながら泣く事が出来ない説」
プレゼンター おいでやすこが

 キラキラ着物風衣装、ダンサー、ライティングしたセットも用意してマツケンサンバの一番Bメロからサビの約一分で泣けるかにチャレンジする説。パンサー尾形、空気階段もぐら、プラスマイナス岩橋、松本明子、原田龍二、TKO木下が挑戦するが全員失敗でした。

 ご陽気なサンバ風音楽の中で歌と踊りをちゃんとしながら泣こうというのは普通にムリだし、そのアンバランスさを楽しむという説。しかもその泣くための前振りインタビューからの一転してのキラキラ衣装でマツケンサンバは笑うしかないという。

 水曜日のトラウマ、泣き上手、ロジカルに泣こうとする説に沿った流れから松本明子さんの次は原田龍二で「義妹から見たあの件の裏側」と本人による釈明になってない釈明、そこからの木下という完全に方向性がスライドしていくのは上手いしズルいなーと。

「相方"二度見させ"選手権」
プレゼンター 笑い飯

 ダイアンユースケ(弁当が白米のみ、両国ロケで細力士を見る)、ニューヨーク屋敷(アッコさんの楽屋紙にラクガキ、鏡が見るびんぼっちゃまスタイル)、笑い飯西田(巨大数珠、奈良にリニアが通るポスター)、野性爆弾くっきー(後輩しずる池田がずっと睨みつける、パックンマックンのマックンが女子高生に土下座)、ラランドサーヤ(山里亮太の番組のアシスタントに内定?、壁穴にお札と石像)というメンバーが相方が二度見しそうなシチュエーションを二個作って二度見させ成功するかを試す。

 ガッツリやり過ぎると一度目に凝視してしまうし、薄いとスルーされるというその塩梅が難しいという割と戦略性がある物。まあ相方の人間性とかも考慮に入れると一見すると難易度は下がると見せかけてやられた側の話を聞くとそうでもないというオチはあるあるだけど面白い。

 津田のベタな人間性もあって優勝したダイアン、嶋佐にアッコさんの見てはいけない物は重すぎたニューヨーク、巨大数珠に怯え続ける哲夫の笑い飯、ただ池田とパックンでふざけたかった独自路線のくっきーの野性爆弾、最後に派手にやれるとベタに走ったのが失敗だったラランドと見所はコンビでしっかりと。

 てな感じで今回は水曜日のダウンタウンの感想でした。しかしマツケンサンバってまた来てるんだなぁとここ何日かで何度が聞くタイミングがあってそんな事を思いつつ今回はココまで

霜降りバラエティ&にゅーくりぃむ トガリと顔

 どうも、来週の事を考えると辛くて仕方ない人です。まあやる気の無いのは良いけど仕事を徹底して押し付けようとする奴と新しい仕事の組み合わせはキツいのです。

 さて、今回は火曜日深夜のバラエティー二本。霜降りバラエティとにゅーくりぃむの感想を書いていこうと思います。

霜降りバラエティ

 関係性の近い優勝したゆりやんレトリィバァとR-1チャンピオン対談後編。せいやとの恋愛、立ち合いのおいでやす小田も含めてのR-1との関係性と粗品のトガリ話、おいでやすレトリィバァと霜降りの好きなネタ見せあいを話していく。

 せいやとの恋愛はなんやかんやあって怖がりつつも一回は向き合おうとするせいやとガンガン行き続けてヤバイゆりやんの対比が面白い。そしてR-1の件から小田さんの歴史の一端が知れたり皆納得の粗品のヤバさがその時期の大阪吉本の共通認識だったんだなぁと興味深い。

 そしておいでやすレトリィバァは完全再現にしたおかげで普通に面白かったし、霜降り明星へのネタチョイスはちゃんと賞レースとかに出しそうなネタを選択する辺りに本当によく見ていた人ならではでしたね。

にゅーくりぃむ

 アインシュタイン稲田司会でこの枠最後にやるのは芸人が過去に言われた事のある「あなたのそっくりフェイスだ~れ?」前編。前半はおいでやす小田と錦鯉長谷川まさのりのそっくりフェイスをくりぃむと乃木坂弓木さんが当てていく。

 最後まで企画で突っ走るのがくりぃむシリーズ、そう言わんばかりのリニューアル前のにゅーくりぃむで新企画。しかもほぼこの番組に関わりの無い稲田司会という脈絡の無さ、本人もくりぃむも分かりつつもイジりイジられしていくのも珍しい。

 そんな地味に今の世にスレスレな顔メイン企画の中で「本人が言われた」っていうのがキモで、そこから予想外のパンチのある出題役の小田がその後にヒントマンとして適格とされて重宝されたり、まさのりが正解で無い言われた人が多すぎて場が混乱したりという展開の幅が合って悪くなかったです。

 てな感じで今回は火曜日のバラエティーの感想でした。しかしにゅーくりぃむ前は最後にやった企画は新シリーズでよくやる企画になったというのがあったのでその辺を少し不安になりつつ今回はココまで

しくじり学園お笑い研究部&ソウドリ 正論とシーズン4決着

 どうも、休みの日なのに秋らしくない熱さがやって来てやられ気味の人です。おかげで水が手放せません。

 さて、今回は月曜日の配信とテレビ。しくじり学園お笑い研究部とソウドリの感想を書いていこうと思います。

しくじり学園お笑い研究部

 「TAIGAさんが売れそうで売れないを考える」最終章。イジられ芸人への適正を見る為の奥さんからのドッキリ問題を仕掛ける&本人に任せる罰ゲームのTAIGAスピンというムチャブリへの対応を見ていく事に。

 クイズTAIGAショックという謎クイズが若林のイジりと本人のポンコツっぷりに中々始まらない。始まったら始まったでドッキリに驚かず、回答も分からないと黙り、普通に間違えるの中々見ない展開をスピンの空転っぷりに若林とぺこぱが叫ぶというカオス。

 そこからの非TAIGAファミリー勢からの猛烈なダメ出し、それにほぼ動じないというのも何か怖い。最終的には正論を言いたいと訴える所とかを見ちゃうとまだやりようはあるのかなーと思えてしまうのが一番の魅力なのかもしれない。

ソウドリ

 シーズン4決勝戦、ブロック勝者の即完コント師男性ブランコ・キングオブベタなすなかにし・無冠の帝王学天即・学生お笑いサークル芸人まんぷくユナイテッドが対決。結果は学天即の優勝でした。

 男性ブランコは恋に暴走する女学生コント、なすなかにしは親族らしく声を揃える漫才、学天即はサプライズパーティーを本人に報告漫才、まんぷくユナイテッドは前回からのファイヤーコントを披露。割とストレートな漫才と恋愛ネタと二組ずつネタ傾向が分かれた感じ。

 そこで不運なのか恋愛ネタの二組の勢いのある展開が被ってしまった事で判定がややこしくなり、学天即が差し切ったのかなという。後は「ベタは決勝に弱い」と危惧してしっかり四位になってベタに落とすなすなかにしは仕事人でした。

 てな感じで今回は月曜日の配信とテレビの感想でした。そして新日本G-1クライマックスに合わせたバカ-1をやるソウドリの有田イズムは流石だなぁと思いつつ今回はココまで

今年は笑ってはいけないは休止&空気階段の踊り場 笑ってもいい年末と東大王からのクイズ

 どうも、西武園のCMを見るとメチャクチャオトナ帝国を思い出してしまう人です。そういう意味では記憶に残りやすいと考えるのか弊害なのか。

 さて、今回は月曜日のお笑いニュースとラジオ。笑ってはいけない今年は中止と空気階段の踊り場について感想を書いていこうと思います。

笑ってはいけない今年は中止

 日テレの大晦日恒例となった「笑ってはいけない」シリーズも昨年十五周年を機に今年は休止。今年は「絶対笑って年越したい!笑う大晦日(仮)」を放送する事を今週月曜日に日テレよりリリースされました。

 まあ昨年の放送前インタビューで辞めるのも視野に入れているような発言はあったはありましたけど、ある種ケツを叩かれ過ぎてイヤになってる上での言葉なのでそこまで真に受けてませんでしたがついに来たかと。何よりコロナの中でアトラクション的なバラエティーはやり辛いとのかなと松本さんのツイッターを読んで思ってみたり。

 まあガキ使メンバーもいい加減高齢になったので可哀そうに見られきる前に一旦でも止めたのは悪い事じゃないかなと思います。でも視聴率が悪かったらすぐにまた来年復活しそうなのも視聴率の為なら何でもやる日テレの良くも悪くもイメージなのですがね・・・。

空気階段の踊り場

 初手最近のシーパップ通院の件の謝罪とかたまりの女性誌での暖簾に腕押しインタビューの反省、トークはもぐらのとんかつ屋での孤独のグルメ風しくじり体験記、東大王で悔しい思いをしたのでリスナーに問題とリスナーの思う東大王のタイミングでセルフ解答するボイスを送って貰ってのクイズ対決企画、いつものコーナーを放送する。

 もぐら自身のやらかしなのに自分は悪くないノリを出すからどんどんマズくなってるなぁと思ったらの謝罪はまあギリギリのタイミングだったし、その流れでかたまりのもぐらにだけワーッと言うだけの事も仕事という現実で逃げられなくなるのも面白い。そして謝った後でもエピソード語りは上手いもぐらよ。

 そして東大王企画は割とガチモードながら作った側圧倒的有利なのでほぼほぼ勝てない空気階段、そこにまさかの東大王の関係者からのクイズという展開も良かったから続くのは納得。そしてキモい奴のコーナーはキモ面白い連中が増えて来たなぁというのとサイコゥサイコゥはタイアップなのを利用して味変に成功したなと。

 てな感じで今回は月曜日のお笑いニュースとラジオの感想でした。来週以降色々編成が変わりそうだけどどうなるのか不安と期待しつつ今回はココまで

nobrockTV&ゴッドタン AKBとチン狼

 どうも、シンパイ賞最終回を見た人です。やっぱり芸人サイドもあの企画が終了の始まりと認識してたのかと。

 さて、今回は土曜日の佐久間さん関連の配信とテレビ。nobrockTVとゴッドタンの感想を書いていこうと思います。

nobrockTV

 「お笑い知識ゼロ人間に笑いを説明出来るか選手権」ピン芸人編。ですよ。とバイク川崎バイクの二組に佐久間さんとさらば森田が仕掛け人となって自身の笑いを説明させる。

 ですよ。さんに関しては仕掛け人側が彼の予想外の方向の返しに少し振り回される感じに。そこからまさかのサイレントあぃとぅいませーんを最終的に押し出し、それを臆する気配も無くやり切るメンタルで笑いをもぎ取ったのは凄すぎました。

 そしてバイクさんは森田が友人なだけあっていかに相手に嫌な方に持っていけるかを理解しているようで徐々にしっかりとイラついていく。その上で他の三文字でも出来るのかを聞いてやらせてダメだしするという理不尽ムーヴで追い詰めていくのは最高でした。

ゴッドタン

 マヂカルラブリー&見取り図&かが屋のコンビ愛確かめ選手権前半。最初のアンケートクイズは「コンビで一番アツくなった瞬間」と「相方(村上、盛山、賀屋)の許せない所」を答えていく。

 回答的に割と真面目半分ボケ半分で答える野田とリリー、かなり本気で答えていく加賀という構成。その中で盛山がイジられ倒していくのの対比でかが屋のエモさを補完しまくっていくバランスも悪くはない感じ。

 そして許せない所の話になるとそれぞれ予想側が本当に言われたくない所を刺していく三人によって苦しめられる村上、盛山、賀屋。その中で盛山がロンハーのザキヤマ式に視聴者に見えない事を良い事に周りを巻き込んで「自分はムケてる、他はムケてない」と包茎人狼を仕掛けていく流れはクソ野郎過ぎて笑いました。

 てな感じで今回は佐久間さん関連の感想でした。ここに十月から日曜日も佐久間さんがやって来るというのも楽しみにしつつ今回はココまで
記事検索
月別アーカイブ
ドラマCD「ボクたちオトコの娘」 あとみっく文庫 ツイてる勇者さま! 2012年2月21日発売!
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

あろ

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ