lonely gong show

ただただつづる日々とゆるい物語を載せる場

主にややゆるい話を載せたり、プロレスや音楽をいいよいいよと語ったりします。

連載作品のタイトル

最新記事はこの次の記事になります。
以下三作品が現在連載中の作品です。完結したのも含めた各話へのリンクは続きから

平成ファーストインパルス インパルスの目次

まおわん まおわん もくじ

不定期連載 乙女ゲームと自分勝手な奴ら
不定期連載 乙女ゲームと自分勝手な奴ら 事が起きる前の話
続きを読む

有田ジェネレーション&いただきハイジャンプ かつての戦友とすべり台は怖い 

てどうも、昔テレビで見たカルボナーラ風唐辛子とニンニクのパスタをほぼ理想的な味で作れた人です。ただ朝ごはんに食べる物では無いです。

 さて、今回は水曜日深夜のバラエティー二本。有田ジェネレーションといただきハイジャンプの感想を書いて見ようと思います。

有田ジェネレーション

 今回の下剋上バトルはBOOMERとX-GUNというボギャブラ芸人が癒着で参戦。X-GUNはさがねさんがリサーチして勝てると踏んだ脳みそ夫、BOOMERはナベプロの養成所の講師をしていたという事でかつて二人が教えたというまんぷくフーフーと戦うも見事に玉砕しておりましたとさ。

 X-GUN対脳みそ夫はさがねさんのスベリという流れがメインでしたが、そこに脳みそ夫のルーティンボケが合わさるとちょっと時空が歪みますね。ただ熱さの小峠劇場と冷静に淡々と追い詰めていく西尾さんの説教の温度差のあるツッコミは良かったです。

 BOOMER対まんぷくフーフーはBOOMERが何千回もやってるネタを平気で掛ければまんぷくフーフーはマービンのキス当てと言って松丸が全部当てるPPRが伊勢さんが「臭い」と言われる所からの完璧に当てて伊勢「正解」と普通の顔に言ってしまえる感じの訳わからなさも含めて笑いました。そして名倉さんの最後の登場は絆を感じたかな。

いただきハイジャンプ

 Hey!Say!JUNPのメインバラエティー番組。初のメンバー一人だけのロケ企画、内容は岡本圭人一人だけで全国から寄せられた凄い速いと呼ばれる滑り台から日本最速を探し出そうという物。更に一日で巡るという事で東京、神戸、徳島と弾丸ツアーで日本を駆け抜けていくが・・・の前編。

 いやー、あんまり見てない番組でしたが少なくとも今日見たのはかなり面白かったですね。一応アイドルがですよ、ジャージっぽくした全身タイツ履いて、やたら高かったり長かったりするすべり台に上って滑って、最終的に吹っ飛ぶように転がっていく・・・こんなリアクション芸人がやるような事をやって心が折れては奮い立てていく青年の様ってのは面白いです。

 そこだけではなく、岡本さんのキャラの不思議さというかめげない感じや謎の唄シーンに言動がリアクション芸人の御大のようにも見えて、ただ一人の青年が振り回されつつを見つつもおかしい所は容赦なく放置したり突っ込むスタッフも含めて次回の完結編が楽しみな放送でした。

 てな感じで今回は見続けている番組と初めてちゃんと見た番組の感想でした。どんな番組も誰かに面白いと言われる最高の回というのはあるもので、そこにたまたま出会えるというのは嬉しいですねと言って今回はココまで

いろはに千鳥&絶対!カズレーザー 沖縄芸人地獄と友人すら切り倒す書評

 どうも、久々にカッチリ前文を書き忘れた人です。まあ深夜に書いているのでその辺は許していただけると幸いです。

 さて、今回は火曜日深夜のバラエティー二本。という訳でいろはに千鳥と絶対!カズレーザーの感想でございます。

いろはに千鳥

 いろはに千鳥&絶対!カズレーザー 沖縄のおたけと帰ってきた書評から続く沖縄映画祭ロケ、今回は沖縄芸人達が前回の引きからガッツリ登場。やったのは前回同様の沖縄の若手に千鳥がそこに行ったら言いそうなセリフを予告して貰う。

 まあ前回の「虫はエビの味がする話のトラウマ」とか「引きとして登場予告した沖縄芸人へのツッコミ」といった前回自体ではそこまで笑いにならなくても後でネタにして取り返すって千鳥の姿勢はやっぱり凄いし、やりきってしまうのも凄いですよね。

 目的地の見えない踊りから始まっての一組ずつのアピールなのですが、ありんくりんの「沖縄版大悟の肩もみ(通称のぶちゃん大ちゃん)」で良い流れだなーと思ったんですがねー・・・まあ千鳥がツッコミながら引っ張る展開に、しかし何故ぼんじょるのが似てたけど「もりやすバンバンビガロ」のモノマネをやろうと思ったのかは謎です。

絶対!カズレーザー

 いろはに千鳥&絶対!カズレーザー 沖縄のおたけと帰ってきた書評の続きのレーザー読書の恋愛・青春小説編。講談社有川浩「旅猫リポート」文藝春秋宮下奈都「静かな雨」新潮社「か「」く「」し「」ご「」と「」の三冊からカズレーザーが一冊を選ぶ。そして選ばれたのは「静かな雨」でした。

 いやはや、「全体的にレベルが高くて商業的には成功するだろうけど一番の本とかにはならない」とか「何だか分からないけど思い返せる」とかそういう意味合いの読んでると思う事とかをちゃんと使って説明するので、本読む人にはやはり分かりやすく、そして最終的には「総合力より自分が今回一番と感じた物を選ぶ」書評なのも逆に信用できますからね。

 そして今回は講談社の編集者さんがカズレーザーの大学の同級生という事で昔話をしたり、それでも書評はやらかくする様子も無かったり、安藤なつもネタバレのギリギリをバカのフリして良さを聞いて見たりとこの企画はちゃんと面白いですね。やっぱり。

 てな感じで今回はいろはに千鳥&絶対!カズレーザー 沖縄のおたけと帰ってきた書評の続き的な二つの番組の感想でした。続き物ですけどまあどっちも単品で見ても面白かったと思いますよと言って今回はココまで

NEO決戦バラエティーキングちゃん 冷やして温めろ

 どうも、暑さに完全にやられた人です。おかげさんで一日の大半の記憶がありませんが何とか生きてはいますよ。

 さて、今回は月曜日深夜のバラエティー、NEO決戦バラエティーキングちゃんの感想を書いていこうと思いますね。今回の企画は偽打ち合わせでアイドルを呼び寄せその前で事前の大喜利お題で喧嘩を展開、そこからバレずに漫才に入っていって最終的にどこまで寒暖差を高められるかを競い合う「冷やし漫才王」。挑戦者は麒麟、銀シャリ、三四郎にMC千鳥。

銀シャリ お題「メガネを付けたい(鰻)」「ウナレーザーになりたい」「本名が「うぉなぎ」」
得点 三四郎9 麒麟8 千鳥8 計25
 最初にやるハメになった銀シャリ、とりあえずお題でのケンカを仕掛けていく鰻だが「なら最初から教えろ」と正論で返し続ける橋本という構図でアイドルの笑顔を消していく。そこから料理の漫才に行って所々にケンカのお題も混ぜ込んでケンカ継続させつつもやり切って終了。

三四郎 お題「口を取ろうとする」「元ヘビ(相田)」「相田がガチ盗撮」「相田のネクタイをフレンドパーク風に突っ込む(小宮)」
得点 銀シャリ9 麒麟7 千鳥8 計24
 小宮が一人で先に入ってケンカの理由を「相田の遅刻」にしてスタート。そこから口を取ろうとする元蛇の相田というやたらリアルなサイコ演技からの盗撮でガンガン冷やしていく。リアルヤバイ奴全開からの二人の思い出から祭のネタに入っていって抑えたトーンの漫才は意外に芸人達には好評も点は一歩及ばず。

麒麟 お題「麒麟の名乗りをやりたい(田村)」「五里羅に変えたい(田村)」「むしろ声が高い(川島)」「ガチ段ボール食い(田村)」「グッディ!(川島)」
得点 三四郎9 銀シャリ10 千鳥10 計29
 一番ベテランなのでお題は一番多い。だが流石にベテランでムチャな内容も田村のバスケばかり問題とかの現実の問題もつついてガチトーンを使って川島が凍り付かせて田村もナチュラル段ボール食いで加速させていく。最終的に「グッディ!」と「ナイトスクープ」の言い合いからケンカを最高潮に持って行って野球選手になりたいという漫才へ。やる気のない感じから熱を上げて行ってしっかり笑わせて完璧な仕上がりを見せる。

千鳥 お題「撮られて遅刻(二回目大悟)」「床ヤクザ(ノブ)」
得点 三四郎4 銀シャリ2 麒麟1 計7
 そもそもシリアス演技を二人揃うと向かなくなる千鳥。最初は大悟の撮られた件で一気に下がるが「銀髪の短髪のスイマー」という相手の話で千鳥・アイドル・ニセスタッフ全員笑ってしまう。そこから謎のワード「床ヤクザ」で持って行こうとするが「亀のイレズミ」でまた笑われて寿司のネタに行ったらもう普通の漫才になってしまってダントツの最下位に。これで優勝は麒麟となるが田村はケンカの話題のようにバスケの仕事でもう出て行ってしまってましたとさ。

 てな感じで感想、いやー・・・相変わらず謎ワードから始まる番組ですね。とはいえちゃんと一発目を務めた銀シャリ、相田のヤバさが爆発しまくった三四郎、何やかんや言っても両方ともベテランの本気をしっかりと見せつけた麒麟、そしてやっぱりポンコツ演技だった千鳥と見どころは沢山あって良かったです。

 そしてケンカの流れでやるネタは「やめて●●になる」ってのに皆なって行くんだなというのとチョイスの妙に驚いたり、個人的にはやっぱり相田のヘビ化からの盗撮の流れは三四郎らしくて結構好きでしたと言って今回はココまで

関ジャム完全燃SHOW&浅草ベビ9 音への熱意とSNSに良い顔を

 どうも、久々に妹の娘の世話を一時間半くらいしたのですが終わるとどっと疲れた人です。やはり子育ては大変なのですね。

 さて、今回は日曜日深夜のバラエティー二本。関ジャム完全燃SHOWと浅草ベビ9の感想を書いていこうと思います。

関ジャム完全燃SHOW

 メインゲストに音マニアのコブクロを向かえ、「音のプロフェッショナル職業図鑑」と銘打ってレコーディングに関わる裏方的職業についてお勉強。そこからコブクロ付きのエンジニアさんを呼んで話をしたり、コブクロのこだわりの詰まったスタジオなどを見ていく。ライブセッションも当然コブクロの「風」をセッション。

 まあコブクロの・・・というか黒田さんの熱のこもった語りっぷりが今回のメインでしたね。古田さん曰く「ずっとコブクロは変態だと思ってたけど、変態やね」と感心する位に音へのこだわりと聞く側の「スピーカーのチャチさへの憤り」へのヒートアップっぷりは笑い的にも音楽的にも面白かったです。

 そしてサブゲストのゴールデンボンバー鬼龍院翔が一般ミュージシャンとして解説していく中で、比較対象にガンガンされて行って「こんなにこだわってないよぅ・・・」とどんどん卑屈になっていく流れは笑うしかなかったです。

浅草ベビ9

 ゲストに菊地亜美を呼び、ベビレと9nineがSNSに載せるならと用意した一人二枚写真を見せ合い菊池がアイドルのSNSとしてアリかを判定していく「SNSクイーングランプリ」。個人戦で最下位にはスタッフが用意した最下位の恥ずかしい写真を本人が何が出るか分からないままSNSにて公開される。

 まー、菊地亜美がアイドルをジャッジするという不思議な世の中になった物です。それはそれとして言ってる事は割と正しいと思える事だったのでローファーズハイの若さ故の真芯を撃ち抜く一言や小峠さんの暴論が生きたと思います。

 しかしラーメンをデコる、靴下満載のベッド、著作権の関係で放送できないアイテムを持つとか二枚撮ると大体一枚は手を抜くか思考が変になるっていうのはちょっと面白かったですけどね。そして犬とかの誰しも考えそうな人気を取りに行くあざとい方法もやる人もちゃんと居て何か安心しました。

 てな感じで今回は一切感想に書いてないけど歌うとちゃんとしていた人達の番組の感想でした。まあ歌が本職なので当然ですよねと言いつつ今回はココまで

ゴッドタン&久保みねヒャダこじらせナイト 武道館の清算と芸能ニュースの大掃除

どうも、最近前文が食べた物報告になっている気がする人です。まあ後は心の闇を吐露しているだけなのでどっちがマシかって話ですが。

 さて、今回はたまたま番組延長とかでストレートに見れた土曜日深夜のバラエティー二本。ゴッドタンと久保みねヒャダこじらせナイトの感想書きです。

ゴッドタン

 澤部がマジ歌武道館をインフルでドタキャンした事で出来た溝をラブレターズ塚本が埋めた為、澤部と岩井に出来た行われたのは「仲直りフレンドパーク」。色んな対決で塚本と澤部が争うが優遇される塚本にキレた澤部が帰る。だがマジ歌で岩井が歌うとその心に空いた穴を吐露、すると澤部が戻って来てて無事仲直りというオチに。

 基本脱線まみれの番組なのに珍しくガチガチに作って、澤部もそれを理解してお笑い的にキレイに逆を打つ感じにし、それをイジる展開はあったけどそれを最後までやり切った感のある回でしたね。まあオチがオチですしね、仕方ないか。

 個人的に好きなのはムチャブリではどちらにも容赦なかった岩井のどSっぷりと塚本を帰らせる為にだけやって来ていたラブレターズ溜口ですかね。溜口の出番はおまけ尺で一分足らずでしたが「溜口の気持ちと出番は?」という疑問を最後の最後で晴らしてくれたので良しとしましょう。

久保みねヒャダこじらせナイト

 「ワイドナショーにゲスの極み乙女。川谷出演」「神田沙也加結婚」「ココリコ田中離婚」と芸能ニュースを一気に語っていく中で「稀勢の里のラオウまわしで本場所デビュー」で相撲は分かるが北斗の拳を知らない能町さんに二人がラオウを教えてあげる事に。

 何と言いますか芸能ニュース回かと思いきや今回は能町さん主役回でしたかね。ココリコ田中イケメンを立ち上げると最終的に我が家谷田部をイケメンという展開から「谷田部の奥さんは美人なはず」という説に妙に説得力を出して結果女性スタッフに鼻で笑われるというのはオチとして完結してましたしね。

 そこからラオウについて本当に何も知らないようで、「皆「ひでぶ」でやられる」と真っすぐ言ってみたり「羅王も覇王も力士に居る」と分かる相撲にすぐ紐づけしようとしていて可愛らしかったです。そしてそんな能町さんにたまに失礼をぶち込みながら説明する二人も何か良かったです。

 てな感じで今回は本来ならテレビを生で見ていたら連続で見れない物を時間延長とかで見れるようになった奇跡の回の感想でした。まあどっちもオンデマンドで見れるんですけどもねと言って今回はココまで

金曜ロンドンハーツ&A-Studio より緩くした戦いと休載を巡るやり取り

 どうも、最近水ばかり飲んでいる人です。これで多少マシになればいいなと思いつつも体重とかは一切変わりません。

 さて、今回は金曜日夜のバラエティー二本。という訳で金曜ロンドンハーツとA-Studioの感想を書いていこうと思います。

金曜ロンドンハーツ

 企画は深夜でロンドンハーツ&内村てらす ゲスさとキツさの塩梅での企画をゴールデン向きにした「芸能人と付き合えるなら-1GP団体戦」。そしてドッキリに参加していた中尾彬さんに陰口を叩きまくっていた三四郎小宮、本人は怒ってないが反省させる為にニセ中尾さん(ホリ)に謝罪に行かせるドッキリの二本立て。

 「芸能人と付き合えるなら-1GP団体戦」はまあ企画としてはライトになって面白さは目減りするかなと思ってましたが、基本的に有吉さんとおぎやはぎの好き勝手な物言いとアンガ田中の的確な分析、何より戦略性という面白さの根幹は残っているので普通に楽しめました。

 小宮ドッキリは小宮の「怖いから逃げる」や「ややこしくなると一回他人事にする」とか人間としてのダメさっぷりが満載で良かったですよ。オチも「わざと番組が遅らせた時にタクシー運転手に貰った飴食いながら謝罪してた」っていう普通やらないだろって事を普通にやってたのが面白かったのでヨシとしましょう。打率は減ったけど今回は悪くない回でしたよ。

A-Studio

 鶴瓶さんがゲストの周りの人にゲストについて取材してからトークする番組。今回のゲストはリリー・フランキー、文筆業に役者にイラストレーターと色々やってる人なので、締め切りからひたすら逃げるので追う編集者の皆さんや大根仁監督と取材した人も広い。地元の先輩井上陽水に始まってラブドールの彼女等のかなりぶっ飛んだ話が引き出されていく。最後は取材した編集者がやって来るという展開になるがやっぱり休載になりましたとさ。

 なんというかやっぱり変な人なんですよね、リリーフランキーという人は。そんなだからこそ面白い人との縁が絡まっていくんですよね。個人的には「美しい星」の「火星を思って泣いてください」って話や優香の結婚を信じたくないという話は好きだったなぁ。

 そして今回の縦軸になった編集者さんとの話、前に伊集院さんの話に聞いた「締め切りが近づく度に催促の言葉に喜怒哀楽全て出てくる」という話はホントだったんだなぁと思っていたらまさかの対面はこちらも驚きました。しかもキッチリ落として休載するってオチはらしいなぁと。

 てな感じで今回は各々我を出しまくった人の番組の感想でした。まあ自分のない人見てても薄く感じられますよね、ただ元の我の強い人が求められてより我を濃く出すように演じている人はそれもそれで薄っぺらいのか何なのかまた悩むなぁと思いつつ今回はココまで
記事検索
ドラマCD「ボクたちオトコの娘」 あとみっく文庫 ツイてる勇者さま! 2012年2月21日発売!
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ