lonely gong show

ただただつづる日々とゆるい物語を載せる場

主にややゆるい話を載せたり、プロレスや音楽をいいよいいよと語ったりします。

連載作品のタイトル

最新記事はこの次の記事になります。
以下三作品が現在連載中の作品です。完結したのも含めた各話へのリンクは続きから

平成ファーストインパルス インパルスの目次

まおわん まおわん もくじ

不定期連載 乙女ゲームと自分勝手な奴ら
不定期連載 乙女ゲームと自分勝手な奴ら 事が起きる前の話
続きを読む

冗談騎士 早すぎたリーダーと迷走の兎

 どうも、最近疲れがなかなか取れない人です。ようやく少し仕事のやり方が良い方向に向かいそうなのでそこに期待したい所ですが・・・。

 さて、今回は水曜日の不定期レギュラー。冗談騎士の感想を例によって前半後半の企画ごとに分けて書いていこうと思います。

事務所対抗コントバトル

 ナベブロAマッソ、グレープカンパニー東京ホテイソン、よしもとGAGをリーダーに据えてのユニットコント対決後半戦。今回のテーマは「行列」、最終結果は一位Aマッソ、二位東京ホテイソン、最下位GAGでGAGが脱落でした。

 いやー、前回のコントバトルを見てそれぞれクオリティ高いなぁと思ったけど、前回が良すぎたのかなとも。その中で安定して好き勝手やっていた一位になったマッソはお見事というかなんというか、そして組んだファイヤーサンダーも個性が出てきたのも良し。

 対してホテイソンは・・・まあ前回がカカロニ押しで目立てなかったのはわかる。とはいえたけるの目だちたい欲求が暴走したのかなと、鈴木氏が言うようにゾフィーをリーダーに据えた方が絶対安定するんだけども「リーダーは過去出演経験者」縛りがね。GAGは個人ネタの組み合わせになったのは面白かったけどユニットコントというそもそもの縛り的には弱かったのかなと。そういう意図の読み合いも出てきたので勝敗判定に面白さが出てきた感じ。

冗談手帳

 今回の芸人はさすらいラビー、お題ネタは「身長差を乗り越えてツッコミが何度もボケの頭を叩くツッコミのネタ」。ブレストでは実は大学お笑いサークルの後輩が水溜まりボンドと言う所から話が展開していく。

 ネタに関してはまあいつもの海外吹き替えキャラ漫才だけど、見た目ネタを武器にせずそれだけでガンガン行けるのはやはり強い。それを分かった上での「なら見た目ネタは行けるんかい」という問いかけのお題ネタは予想は超えなかったけど予想以下にはなってなかった感じ。いい意味でも悪い意味でも。

 ブレストはこの番組でよく名前を出すユーチューバーの流れから後輩への嫉妬という展開は上手かったなぁ。こうやってトークの武器になるだけでもありがたい気はするけどなーと素直に思ったり、その上でSNSを半端にやっても成功しないと冷静に見ているさすらいラビーもそれなら王道でと後押しする鈴木氏もいい感じに見えたかな。

 てな感じで今回は最近大きく空く事が無くなってきた冗談騎士の感想でした。こうやって続けばいいのにと思いつつ今回はココまで

ラジフェスの配信を聞こう 24時台三兄弟&不毛な議論

 どうも、武蔵野うどんの美味しいのを食べてきた人です。寒くなってくるとやはりあったかくて惜しいものが嬉しいです。

 さて、今回はラジオの配信。TBSのラジオのイベントラジフェスで行われたアルピーとうしろシティとハライチの合同イベントと山里亮太不毛な議論のイベントのラジオクラウド配信について書いていこうと思います。

24時台三兄弟

 D.C.ガレージ、星のギガボディ、ハライチのターンの同時間に放送している三組での合同イベント、毎回恒例の「ハライチを担当してない作家の書いた台本による」岩井のハイテンション挨拶に始まり、三組の自分のラジオについてのトーク、ネタ見せ、アルピー主導企画の大食いが行われた。

 まず恒例のハイテンション挨拶は当人が今更グレイテストショーマンにハマったおかげで割とノリノリで終盤まで引っ張る事になるのがまたいい。ネタはアルピーが例M-1の件の流れに沿ったぶっ壊しを仕掛けたのが印象的だったかな。

 大食い対決は酒井の去年よりも劣化したリプレイ感と件のソースの扱いがヒドかったなぁ、そしてそこにオープニングのノリも踏襲して一蹴する岩井の本物感の対比が面白かったかな。金子・・・カネコ?

不毛な議論

 不毛な議論は不毛な議論ネタフェスとしてこの番組やTBSラジオに関連がある芸人である南海キャンディーズ、GAG、R藤本、ネゴシックス、空気階段がネタとトークを披露。ただしR藤本は版権ネタなためネタはオールカット。

 まあネタはそれぞれ面白いし、リスナーの考えたキャッチフレーズも本当に空気階段の愛されとネゴの適当っぷりが面白い。その上でリスナーがお客さんの分ネタの理解が早いのでガンガンに受けてましたね・・・まあこの辺は放送からの受け売りなのですが。その上でトークもそれぞれちゃんとエピソードを出せて爪痕は残してたかなと。

 そして例の南海キャンディーズの大伸ばしになった漫才は確か過去に見てたネタなので大枠は知ってましたが、本当に場が良くて楽しくなってやりまくった結果、アホほど時間が伸びたのがよく分かるテンションでしたね。だからこそレアな物を見させて・・・聞かせてもらいました。

 てな感じで今回はTBSラジフェスの模様を配信しているラジオクラウドの感想でした。当然ながらまだしばらくは聞けると思うので内容薄目で紹介しました、なのでぜひ聞いてみたらいいよと言いつつ今回はココまで

宇崎ちゃんは遊びたい!一巻&THE W決勝進出者決まる ウザカワと想定外のメンツ

 どうも、仕事がハプニングバー並みにハプニング満載で結果昼を食い逃した人です。結論としていつもの人がどんだけ心強いかという再確認でした。

 さて、今回はマンガとバラエティー。宇崎ちゃんは遊びたい!一巻とTHE W決勝進出者決まるの感想を書いていこうと思います。

宇崎ちゃんは遊びたい!一巻

 ニコニコ静画で連載している漫画、静かなのを好む大学生の主人公は後輩の宇崎にぼっちだから遊んであげるとうざい位に絡まれまくる。嫌がりつつも押されまくってついつい一緒に何かをしてたりしてしまう日常を描く。

 いやー、一話とツイッターの新しい話の宣伝で何か気になったので敢えて過去に特に読み込みもせずに表紙買い。まあ宇崎ちゃんはウザいっすねー、その日のメンタル次第では読んでてイラってくるらしいのウザさ。それを見た目の可愛さと何となく透けていく主人公への感情でバランスを取っている感じ。

 そしてこう楽しむんだよという感じで現れたバイト先の親子のおかげで割と見やすくなっているのでそこまで読んで判断してもいいかもなぁ。まあそこはそこでキャラの濃さはあるんだけど・・・。やがて主人公のこじらせた後ろ向きさもギャグになってくるので結果皆おもろかしい変な奴というマンガです。

THE W決勝進出者決まる

 今年の決勝進出者は前回優勝のゆりあんレトリィバァ、あぁ~しらき、阿佐ヶ谷姉妹、合わせみそ、ガンバレルーヤ、根菜キャバレー、紺野ぶるま、紅しょうが、吉住、横澤夏子。
ちなみに合わせみそと根菜キャバレーは混成ユニット。

 配分としてはピン芸五人、コンビ五人。良く知らない合わせみそと根菜と紅しょうがは分からないがコント系のが多いか・・・しかし味噌と根菜と紅しょうがって食い物揃いだなぁ。素直な感想として正統派は去年よりも減った気がする。そもそもあぁ~しらきって記憶を掘り返してもゴールデン向けではない芸風なはずなんだけどなぁ。ガンバレルーヤもロケでのキャラと違ってコントは相当イカれたコントやってた記憶が。今年は深夜開催なのか?

 まあこんな我楽多市的なネタから良い芸人が見つかればいいなという謎枠と安定枠もちゃんと入れているので終始お通夜みたいな流れになるとは思えないし、今回も最低に関わらないことで自由に語れる松本さんとかが副音声になってくれたらあらびき団的な楽しみが出来るのでそっちを期待しますかね。

 てな感じで今回は特殊な漫画と大会について思ったことでした。まあそんなこんなでも特殊なのが上手く行くことで世界が面白おかしくなればいいなと願いつつ今回はココまで

水道橋博士の休養&わらたまドッカーン 色んな心配と流行語後の不安

 どうも、仕事がめちゃめちゃ長引いていい加減寝たくて仕方ない人です。ただ書き終わらないと寝れないというプチ地獄は続くという。

 さて、今回は芸能ニュースと月曜日のバラエティー。水道橋博士の休養についてとわらたまドッカーンについて思ったことを。

水道橋博士の休養

 過労による体調不良による静養を発表。その前後に相方に玉さんからのエール(現在削除されたらしい)や東国原英夫氏の不安のツイートが流れたりしているが、病気なのかとか現在の状態についての現状詳細は語られてない。

 ツイートとかを見るとかなり突然だったらしく、その辺のパニックの一端が東国原さんの奴で分かるという。メルマガも完全に人に任せる状態になるというのもただの過労で倒れたとかは考えにくいよなぁ。ならいつまで休みますとか情報が流れますしね。

 更にこうなっての玉さんのオフィス北野を辞めるという話や最近ちょっと出た解散の噂とか変に「心労とか精神的な物なのか?」っていう方向につながってしまうという。まあ似た世代の岡村さんもぼかしつつも精神的な奴の静養を過去に取ってたりするからなぁ。とりあえずまた戻ってくれればいいんだが・・・。

わらたまドッカーン

 今回の対決はひょっこりはん対トータルテンボス。ひょっこりはんは色んな形のひょっこりを見せるネタ、トータルテンボスは浦島太郎の漫才で勝負。結果はギリギリでひょっこりはんの勝利でした。

 ひょっこりはんは割といつものひょっこりなんだけど、まあ人気は衰えずって感じ。ただアキラ100%みたいにチャレンジ的になってミスするかそこからどうリカバーするかとかも含めて楽しむ段階になってきたのかなと。そうなったら強いよなぁ。

 トータルテンボスは浦島太郎という昔ばなしという子供向けという入りから「カメをいじめる少年B」をやたら押すという流れ。それで終わらずABCというアルファベットボケで畳みかけるというただの子供向けじゃない良い漫才、だからこそ理由は一つ、相手が悪かったなぁ。

 てな感じで今回は芸人関連の話題と感想でした。博士は早く元気になって欲しいなと思いつつ今回はココまで

SONGS&ゴッドタン 歴史のレキシとジジイ芸人

 どうも、グルメイベントに行ってきた人です。千円でまぜそばとコロッケとすいとんと中々に満喫しました。

 さて、今回は土曜日深夜のバラエティーと音楽番組。SONGSとゴッドタンの感想を書いていこうと思います。

SONGS

 ゲストはレキシ、レキシの歴史という事で歴史巡りやインタビューにコラボ相手として松たか子さんのコメント、最後に尊敬しているというさだましさんからのコメントなどが紹介されていく。そしてライブでは三浦大知とのコラボも見せる。

 まずレシキがNHKでメインに語られる番組をやる時代が来るとは・・・と驚き、そして大真面目にレキシの曲についてのナレーションが入る事にもう面白い。直後に女装して「シキシキブンブン、シキブンブン」な訳ですから。

 そんな中である程度そういうのも理解してか、終始変なノリでイジる感じだった大泉さんはある意味正しかったし。NHKのノリとして最後のさだまさしのコメントはいい意味でずるいよなぁ。ライブは当然面白いし、三浦大知とのコラボはPVには三浦大知が一切出てなかったので逆に新鮮という。

ゴッドタン

 ついに松丸を含めたレギュラー平均が四十を超えたので、カミナリと朝日仕切りでレギュラー全員挑戦のジジイ芸人キレ悪検証テスト。今回はEXITとソノヘンノ女のネタの動きとTiKToKチャレンジに挑戦する事に。

 まあチャラとほぼキレとか関係なさそうな緩いノリという芸人の若い奴でもやらない独特なタイプのネタなので出来なくてもしょうがないっちゃしょうがないんですけどね。ただそこからジジイっぷりババアっぷりがにじみ出るのが面白いんですけどね。特に阿佐ヶ谷姉妹と化したおぎやはぎとか。

 TiKToKは青春高校での日村さんを見て比べていると確かにキレねえわなぁと。まあその上で極端に振っていくというノリのおかしさを狙っていって逆切れしていく展開は悪くはなかったかな。指導に来た女の子も楽しそうにツッコんでとし。

 てな感じで今回はらしくない音楽番組といつものバラエティーの感想でした。このバランスが心地よいなと思いつつ今回はココまで

一週間メディアプルサーマル11/11

 どうも、出かける前なので若干慌て気味の人です。まあ大した用事でもイベントでもないのですけどねー・・・。

 さて、今回は一週間の見た聞いた物をうだうだ書いていく一週間メディアプルサーマルをしていこうと思います。

バナナマンの爆笑ドラゴン

 色々あって延期になっていた物が深夜に放送。とはいえメンツを見るだけでも超豪華、その中でひたすら喋るし、軍団として勝ってもコンビとして負けた時の負けっぷりも含めて漫才軍リーダーとろサーモン久保田の動きが良かったかな。個人的にはかが屋の別のネタも見てみたくなる時期。

アルコ&ピースD.Cガレージ

 ラジフェス感想戦からうしろシティ阿諏訪が同日収録だからと見に来てて乱入。そして何故かラジフェスよりも平子り全否定の阿諏訪の料理話からキャンプサバイバルトークに。阿諏訪りとはこんな感じなのかと、これが意外に面白いという。

うしろシティ星のギガボディ

 そのカウンターなのか、今度は酒井がラジオに乱入。こちらも三人揃うとラジフェスよりもその後の構成作家福田の文化祭イベント出演を酒井・金子・三四郎相田(個人的にぐりんぴーす落合)で見た話がメイン。弱みを握ろうと芸人が集まったといいつつラジオクラウドまで終始イジられている辺りに愛されているなぁと。そしてここで際立つ相田のヤバさと酒井の立ち回りのエグさ。

アメトーーク!

 元々ボケやってたツッコミ芸人、何というか相方にやたら厳しいメンバーだなぁと思ったらその辺を本人達から語られるというのも中々面白い。ただ最後の最後にのびのびボケた蛍原さんが全部持って行ったかな。

三四郎のANN0

 そんなTBSラジオからニッポン放送での相田による福田の講演の話・・・のはずが、本人も認めるほどのイジりもレポートにも振り切れないトークで心が折れて最終的には星のギガボディを聞いてくれと言ってしまう展開に。そのせいでコーナーも飛ぶわ何だと凄い事になってしまったので気になる人は是非。

 てな感じで今回はラジフェスがあったのでそこからの共通のリレートーク的なのがあった結果ラジオ多めの一週間メディアプルサーマルでした。やはりこういうのがあるからラジオは良いですねーと思いつつ今回はココまで

記事検索
ドラマCD「ボクたちオトコの娘」 あとみっく文庫 ツイてる勇者さま! 2012年2月21日発売!
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール

あろ

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ