アラ40微魔女・海外婚活やってみました。

オーストラリアの婚活ってどんな感じ? 独身アラフォー女性の星になるべく、海外婚活に挑戦中!

カテゴリ: 占い


→こちらの続きでございます←
レイキ第1弾
レイキ第2弾
 

いよいよ、ご対面の日。



どんな方かな〜と、ルンルンで待っていると、現れたのは、なんとも普通の女の子。



そしてとても丁寧な方でね、少し緊張もされているような。



なんでも、このセッションを初めてまだ日が浅いのだそう。


早速、セッションスタート!


彼女は何も聞かずに、


ただ、仰向けで寝て、目をつぶって、深く呼吸をしてください。と。



そして、


ヒーリングミュージックが流れ始めて、お腹の辺りに手をかざしているような感覚。


本当なら、リラックスして瞑想状態に入った方がいいんだけど、あたしゃ、瞑想が大の苦手


いや、好きなんですよ、


できる事なら、みなさんが言う、


ボヨ〜ンと、気持ちの良い世界に行きたい


しかし、あたしのオツムの中は交感神経がキレッキレに動いているもんでね、無理なんす。



一生懸命、考えないようにしてるのに、気づくと、


「あれ?今はどこ?胸あたりがあったかい??」


「夜、何食べようかな?」


とか考えてる〜〜


そんなこんなしてるうちに、


チーン


チーン


チーン


「はい、終了です。」


なんと1時間経ってました。



スポンサーリンク




気になる結果は


前世:白衣を着たインドあたりの女性、何かの研究をしていた。


チャクラ:
第5チャクラ(喉)が弱ってる。原因は、相当言いたい事を我慢してる。


第4チャクラ(ハート)ここはとってもキレイらしい。


第1チャクラが伝えたい事、始めるにはまだ早い。


オーラ:青
参考:オーラ・チャクラ辞典


体調不良の原因:先を考えすぎている為。
肝機能が弱っている。これ以上悪くならないように、ストレスの原因を解消する事が大事。


子宮:悪いとでているが、今だけ、心配しない事。


運命の人:少し年下の外国人、3−4年後に結婚するのではないか。


お告げ:父方の祖父が寂しがっている。お墓参りにいってないのでは?


以上、こんなんでましたけど〜
スクリーンショット 2019-02-15 17.20.57

って、40代以上なら、知ってるはずwww



違う違う!


彼女のは占いじゃないんですわ



あたしの体から発しているものをキャッチして、伝えてくれるんですわよ。



だから、今あたしの体が欲してるものなんかも教えてくれるわけ。



この時は、


きゅうり、ブロッコリーが浮かんできたって。



それ聞いてびっくり


何日か前から、きゅうりが食べたくて、買おう買おうと思ってたんだけど、なぜかスーパーに行くと買いそびれてたの。


あと、ブロッコリーは、いつも食べないとなって思ってる野菜。


それと、前世の話、


白衣の研究者。。。


なんと、あたしは昔から健康に人一倍興味があってね、日本でも、海外でも、何かもの珍しいサプリや薬があると試してみたい欲求が湧き上がるわけ。


例えば、韓国で朝鮮人参、ハワイでどデカイ粒のサプリ、日本の養命酒的なものとか、テンションあがっちゃう!


それって、前世からの名残だったのか??と。


あっでも数学・理科は、大の苦手



とにかく、彼女が一番感じたのは、


本来、ポジティブであまり悩まないタイプなはずなのに、


今、先の事を考えすぎて、


それが止まっている状態。


頭で考えないで、心のままに動く


数年後のパートナーと幸せそうでしたよ〜


との事でした。



おっしゃる通りです


スポンサーリンク



→こちらの続きでございます←
レイキ第1弾

 

こちらオーストラリアでは、


日本人の方も、


かなりレイキをやられてる方は多いんですよ


日本じゃ、


「怪しい〜


って敬遠されるものも、


割と海外の方にはすんなり受け入れられるからかな。



スポンサーリンク




そろそろ本題に


ある時、友達から、


その子の友達が、


「すごいレイキの人に会った


とタレコミがあったの。


なんでもその方は、


元々、スピリチュアルな能力があって、その力をレイキを使って、人助けをしたいという思いから、今修行されてるという事。



基本的にレイキは、気の流れが滞っている所を感じて、その滞りを流すというものなんだけど、その方は、体が発するメッセージや、前世、守護霊からのメッセージなども読み取れるらしいの



あたくしのブログの読者様はご存知だと思いますが、あたくしは若いころから無類の占い好きおばさん


しかし、この数年占いを封印しておりましたが


占いに興味ある方は
→コチラもどうぞ←


封印した理由は、


今度書きます


話を戻して


んで、その話を聞いた途端、


かたく封印された占いのパンドラが、と開いてしもうたわけ。



すぐに、コンタクトを取って、予約をしましたわ。


なんでかっていうと、


昨年後半は、
なんだか心が落ち着いて(それと共に婚活の意欲も落ち着いてしまっったわけだけど)特に、不安な事もなかったんだけど、


ちょっと体調に不安があって、この原因は何だろうか?ってトコが知りたかったのよね


さてさて


施術結果はいかに



※くれぐれも、占いに安易に高額な料金を払わないように


スポンサーリンク


2019年

大変大変遅れまして申し訳ございません


今更ですが、
明けましておめでとうございます


IMG_0263


早いですね〜


ボーッとしてたら、年が明けてました



今年は、


色々と動く年になりそうな予感がしますわよ

 

さてさて


みなさま


レイキというのをご存知かしら??


レイキヒーリングは民間療法であり、手当療法・エネルギー療法の一種である。明治から昭和初期にかけて海外から導入された思想・技術と日本の文化が融合して多種多様な民間療法が生まれたが、霊気はこの民間療法における霊術・民間精神療法の潮流のひとつである。霊術の世界で「霊気」は、手のひらから発する癒しのエネルギーを指す言葉として一般的に使われていた。レイキは、臼井甕男が始めた臼井霊気療法(臼井靈氣療法、霊気)に始まり、これが海外で独自に発展・簡略化したもの。霊気は臼井の弟子の林忠次郎から日系アメリカ人ハワヨ・タカタに伝えられ、レイキとしてアメリカで行われ、タカタとその弟子によって世界中に普及した。
引用:wikipedia


要は、体に流れている気の流れを整えるっていう、日本のエネルギー療法が、世界で大活躍してるんですよ



スポンサーリンク




あたしが最初にレイキを知ったのは、


身内が病に倒れた時に、


西洋医学では限界があり、


ただただ痛みを取り除く治療だけになった時に、他に何か、何でもいいから方法はないのかと調べた時に、レイキの存在を知ったわけ。


一瞬、怪しい宗教団体が頭をかすめたけど、その時に読んだ内容が、理にかなってるなあと妙に納得したんだよねーー


でも結局、本人自体は、


そんな怪しいもんは信じられないって言って、トライできなかったんだけどね


だから日本じゃイマイチ浸透しないのかもね


詐欺まがいのも多いしね



それが海外に来てみて、


そこら中で、


「REIKI」って見るから、


正直驚いたわ

 
でも、まだどこかに


「そんなもん信じられん!」


っていう疑いの念があったんだけど、


シェアメートのブラジル人の子が、


趣味でレイキをやっていて


その子から受けたのが初レイキ体験だったんですわ


その子は、完全なるボランティアで、


少しでも人を癒せるならっていう思いから、


一切お金をとってないのよ、エライでしょ


 実際に受けてみた感想は、


彼女はまだまだ経験が浅いからか、


なんとなーーーーーく


体の中に温かいものを感じて、心が落ち着いたような気がしたって感じ。



長々前振りが長いけど、


次回、レイキ第2弾に


続きますわよーーー



スポンサーリンク


久々に思い出した事があったので、


今日は、占い話



あれは、30代になったばかりの頃。



頑張って試験を受けて入社した会社だったけど、人間関係の問題で辞める事に



1年くらいだったかな。



かなり傷心だったあたしを見かねて、母がお参りに行こうと誘ってくれて、厄除けで有名な成田山に行ったの。




そしたら、その帰り道、


今あるかはわからないけど、十数年前は、成田山を少し下ったところに、占い処みたいなものがあったのね。



そこは、10個くらい小屋が並んでいて、其々占い師さんがいる感じ。



予約とかはなくて、ただただ順番が来るのを待つ。って感じ。


手相

四柱推命

風水

易(棒をガラガラするやつ)



伝統的なのが多かったような。




その時に母が、お友達から、すごい当たる人がいるという話を思い出して、行ってみようという事に。




元気付けようとしてくれたんでしょうね〜




その方のお名前などは忘れてしまったけど、


占い師というよりは、


いわゆる、


イタコ


に近いと思われます。



またね、待ち時間がえらく長かったのも覚えてる。。。真冬で激サムだったから




で、その軽い修行くらいの寒さを経て、あたしの番。



中には、


小さいおばあちゃんが、ちょこんと座ってた。



こっちを見てるのか、見てないのかもわからない位の小ささなのに、そこから出ている、何とも言えないオーラにちょっと恐怖さえ感じたよ〜。



そしたら、


おばあちゃんが、


「紙に、生まれた月日と、下の名前だけ書きなさい」と。



実際、すご〜く訛っていて、ちょっと聞き取りづらい感じ。



その紙に書いて渡すと、



おばあちゃんが


「いくよ」



と一言言った後、



お経を唱えるように



「アンタが20代の頃〜〜があったね、アンタは〜〜があったねetc」



と、ひとしきり、あたしの過去について話し始めたの




しかも当たってる。。。



コワッ!




そして、おばあちゃんが話し終えたあと、



「何か聞きたい事は?」と。



ひぇ〜こんな状況であたし結婚は



なんて言えへんやん



と思いつつ



「じゃあ結婚はできますか?」



って、あたしバカね




そしたら、


その小さいおばあちゃんが言ったわ。


「アンタ、面食いだから、結婚できねえかも知れんぞ」


語気、若干強めでね



あの時のショックは、今でも鮮明に覚えております



その後、小屋を出たあたしの顔があまりにも蒼白で、母が心配して、



「もう1軒行ってみよ



って、言ってくれて救われた



占いじゃなくて、ホンマモノに行く時は、火傷するから注意してね! 

以前ちょこっと書いた
オーストラリアの占い話。
健康になったら次は


でも、占いではないんだな〜
どうもサイキックというらしい。
英語:psychic

 
いわゆる超能力者。
 

その中でも、
「Readings」
spiritual guidance in the areas of life 


上から降りてくるメッセージを
あたし達に教えてくれる感じ。



スポンサーリンク




そんなわけで、
占いと違うので、行くときは心していかねばなりません!



続きを読む

このページのトップヘ