Blade&Soul Life in KOREA

ブレイドアンドソウル韓国版をまったりな感じでやってます 適当にやってるのでPSはそれなり?韓国での最新情報や攻略を不定期で載せますのでよろしくお願いします。

    2016年06月

    6
    昨夜、ニコ生放送を視聴して頂いた方に感謝致しますm(_ _)m
    武功改変のスキルで変更の有ったスキルを言って頂いた方がもっと詳しくお見せ出来たんじゃないかと思って
    います。
    暗殺、剣術、滅砕士は12醒ぐらいまでには成っていますが普段殆ど使っていないので昨日はgdgdになって申し訳無いです。
    スキル改変後のこの3職は個人的には、以前より使い易い感じです特に剣術は昨日ステータスをお見せしまし
    があのステータスであれだけの火力が出るという状況は剣術の未来は明るいですね。
    暗殺も状態異常攻撃が豊富になりまして暗殺を使ってる方は良いんじゃないかと思います。
    滅砕士は禁制スキルの影響で掴みが3ルートになったような感じですね・・・でも滅砕士の禁制スキルは滅多に
    見ることは無いでしょうw
    禁制スキルについては使用時間が掴んでる間か吸光されてる間の極わずかな時間しか使えないスキルですの
    で強めに設定されてるようです。
    例えるなら修羅の赤鳥、青鳥前の雑魚などは掴んだら最後で一瞬で溶けるのは圧巻ですよー

    この3職以外でスキル改変が多かったのはリン剣と召喚ですが・・・・・私は持っていないんですね・・・・・・
    拳闘は点穴にルート追加とXキーにスキルが追加のみですけどかなり良い感じに仕上がってます~
    この改変が日本に来るのは中華が実装後ですので8月以降が濃厚ですので脳内でイメージして待っていて下さい。

    天上盆地も昨日簡単ですけど説明できて良かったなっと特にボーナスタイムもちょうど来てみせることが出来ま
    したしね。
    あそこは、各自のクエストで他と被らないので自分がやりたい時に消化できる仕様なので途中で止めても再開も
    途中から再開出来るのも良いかと思います。
    またクエストの被りも無いので(韓国だと人が多いので単体で被りが多いです)日本だとサクサク進めると思います。
    桃の取得も進めると多くなりますので頑張ってクリアし続ける事ですそれと雑魚が多数居るので関係ない雑魚などはスルーです。
    ボーナスタイムでは特に大黒天だけは気をつけないと範囲→吸光→ダメージ床のコンボで死ねます・・・慣れないと床ペロします。ボーナスタイムでは雑魚も増えるのでボス叩きに夢中で雑魚に気が付かないでやらっれるという事もありますのでご注意下さいね

    ボーナスタイムは9分しかないのでボーナスのクエスト全部の消化は難しいかもしれませんので自分で優先順位を決めてやった方が効率がいいですね。
    天上の雑魚の経験値も良いのでクエ消化&経験値稼ぎにも良い場所なのです多分、日本でも同じになると思いますけどね
    それと此処ではDCのクエが受けられないので此処に来る前に受けていたほうが良いでしょう
    アイテムの交換も秘孔拝以外は日本仕様のアイテムが入る感じになるかと推測されます変換率も日本仕様で
    多目に設定されるのではないでしょうか?

    漆黒の摩天楼の天毒の毒をお見せ出来たのも良かったかなと思います特にタンク専用毒とPT専用毒と位置
    が重要だったので知らないより知っておいたほうが実装された時に良いかなと思った次第です。
    PT専用は毒を受けると毒の範囲が表示されると共に頭上にカウントが出てくるのでカウント内にPTの位置まで
    行って破裂されるようにします。
    破裂するまでが5秒しかないのでデリバリー役は遠距離職が適任なわけなんです受け取る側に目印として頭上にマーク表示しておくと便利です。
    天毒の全ては白哇より痛いので油断してるとすぐに死にます弱いキャラだとジャンプ攻撃で即死しますので遠距離職は特に注意しないといけません
    デリバリー役もメイン含め何人か決めておいたほうがいいですよメインが死亡で次が居なかったらPTが全滅しますからね。
    それとクリア後の報酬は24人の競売ですので予め最低落札価格を決めておく事をオススメいたします
    職の偏りも無いようにした方がいいですね予め決めておくと良いですまた募集の際にルールを決めて募集を
    募るのを推奨いたします。
    韓国では細かくルールを設けて募集を掛けています日本では人が少ないですが最低参加レベルのルールを
    決めておいた方が後々問題が無く進めることが出来るからです。

    放送の方は休日の前日か休日ぐらいしか出来無いと思いますので今後とも宜しくお願い致しますm(_ _)m

    bandicam 2016-06-28 15-38-33-369
    韓国のソウルの強化に使用するアイテムのホン門のお水ですけど↑の図の上段が普通の奴で下が100%成功
    するお水なのですがそれを作る際に必要なのが一番下の図になります。
    ソウル強化に失敗すると黒天になり当然お水を使うのですが下げるにも失敗するという謎システムwそして
    100%成功するお水も・・・・作る時に当然失敗が付きまとういう仕様wなのでどの道失敗が付いて来るので
    どっちもどっちという・・・・韓国運営はナニがしたいか分からんよ

    それはペットの極限にも言えるが日本は極限にするには3匹使って失敗なしだが韓国は二匹で失敗があって
    極限にするには相当なお金がかかる模様です。
    一説にはリアルマネー日本円で・・・・50000円とかww

    昨日フレに聞いた話でアフリカTVでポーのペット狙いで開封放送やって・・・・・・・・30万円使ってその最後に
    ポーが出たという話ww
    日本版で嘆く前に韓国でもそれなりにあるという話です・・・・ポーは出てラッキーというレベルです日本に来るか
    どうか分かりませんが是非韓国と同じ確率で実装してもらいたいです。
    そうでなければ・・・・30万爆死し引退した人が浮かばれません。

    스크린샷_160624_019
    스크린샷_160624_020
    この衣装が追加されました目下素材集め中です。道程はかなり遠いですが・・・・
    스크린샷_160628_000
    白いクジラをやってみた1戦目は相手チームが強すぎて試合に成らないほどの差が・・・・・2戦目は
    かなり余裕で勝った!画像は角笛を持って自チームのクジラにセットしに行く途中です。
    스크린샷_160628_002
    스크린샷_160628_003
    4周年イベントで無料配布された簪と交換で手に入れました 台座は4周年のケーキです誰も居なくてよかった
    스크린샷_160627_001
    これバグなのか?今朝比武やったら相手が現れずに前にも後ろにも下がれなく成って少ししたら勝ってたw
    これで3回めぐらいだけど何でだろ?

    스크린샷_160626_001
    武神のドングリドンのこの子の声は日本版より可愛らしいのです・・・・・
    韓国版の声優?結構良いですハヅキ以外はマッチしてますハヅキの声はかなり大人っぽい感じなのです

    스크린샷_160625_002
    最近は暑くて・・・外での仕事には厳しいものが有りますね湿気も体を疲れさせるに十分な勢いでちょい疲れ気味です。
    皆さんも体調には十分気をつけましょう

    昨夜は毎週土曜の摩天楼の日でした野良の初見も3分の1居たにも関わらず5,6回目で天毒撃破ができました。
    競売も伝説アクセが2万金で落札されたので1000金をちょ切るお金が分配されました箱からも確定で50金が
    出るので美味しかったです。
    次のサアン将軍では予想外のアクシデンとで諦める運びとなりました・・・・結構良い感じだったので勿体なかった。
    ↑の画像は天毒龍でのタンク位置とその他大勢の開始位置です。タンク以外は赤丸の天毒の足目掛けて突進
    しますのでマップの赤丸印の位置で待機します。
    タンク、デリバリー役、デリバリーの毒を受ける際の目印役にはそれぞれ頭の上に印を付けておくと便利です
    画像のようにキャラ消しでやる時は戦闘になるとマークが見えにくくなるのでお気をつけて下さい

    白哇に似てるようで全然似てなく且つ攻撃も痛いのでジャンプ攻撃はガード若しくは抵抗で避ける癖をつけるとよいですよ。

    スキル改変の方は仕事の疲れが出ていましてDCクリアで一杯一杯で有りますので休日にでも色々と試すつもりです。
    禁制スキルも使ったっ感じは強いかな?掴み、吸光時限定ですからねPVの場合は吸われたりしたら終わり
    って感じですね。



    스크린샷_160624_010
    스크린샷_160624_009
    스크린샷_160624_011
    스크린샷_160624_012
    스크린샷_160624_013
    스크린샷_160624_014
    스크린샷_160624_006
    스크린샷_160624_007
    上の衣装は宝物庫を1000回開けたら貰える衣装です前回に引き続き貰えました。
    毎日7キャラで開封と鍵を買って毎日せっせっと開けたのです・・・・・他に経験値札を260万ぐらい貰いました

    このページのトップヘ