その後、1フェイズの説明に先立ち、オブジェクトとバフ説明と鬼面王の基本特性を調べてみましょう。


オブジェクトトとバフ




1.赤いビーズ



1フェイズ進入時に生成される赤いビーズです。 

一定の場所に6個生成され、一定時間が経過すると爆発して全滅します。

鬼面王のポンツーンパターンを成功した時に赤いカーペットに変化します。



2.赤いカーペット



赤い玉が消え、その場所に生じる赤いカーペットです。

魂結束」バフを受けた状態で赤カーペットを踏む反対側「魂結束」バフを持っている人の下にワープ版をインストールします。


 


3.見よビーズ



1フェイズ進入時に生成される紫玉です。

一定の場所に合計4個生成され見よビーズに接触するたびに、「鬼魂」と「魂侵食」バフを受けます。 

見よビーズ1個あたり3回のバフを受けることができバフをすべて受けた後には青板に変化します。




4.鬼魂



見よビーズを踏む与えるバフです。

3秒持続時間が終わって消えグロッキーに時間がかかり、キャラクターの位置に無効鬼魂区を設置します。

元気玉パターンを迎え消えます。




5.魂蚕食



見よビーズを踏む与えるバフです。

最大10のネストまで可能で、10ネストされた時に死亡しています。

元気玉パターンを迎え消えます。




6.鬼魂区



 

鬼魂バフが消えキャラクターがいる場所に生成されたビーズです。

鬼魂区の特性は以下のとおりです。


鬼面王が気絶を受けた後、出てくる広域期合えば有効になる。

アクティブ鬼魂区ポンツーンパターンで電流移すが可能である//(無効化され鬼魂区電流が移らない。)

アクティブ鬼魂区赤面耳接触すると消えて鬼面王の「鬼魂甲」バフを1入れ子に減少させる。

アクティブ鬼魂区1フェイズ終了時鬼面王が吸収して個あたり10%の体力を回復させる(5%なのか10%なのか正しくない)

アクティブ鬼魂区を踏む鬼魂区が消え、鬼魂/魂侵食バフを受ける。 





7.青いカーペット



見よビーズが消え、その場所に生じる青版です。

踏む時に「拘束注視」バフを受けます。




8.拘束注視

「拘束注視」バフを受ける10秒間グロッキー状態になり、「拘束注視」バフが消え死亡します。

「拘束注視」バフ持続時間の間、他の人員が「拘束注視」バフを受ける「拘束注視」バフが「魂結束」バフに変化します。




9.魂結束


 「拘束注視」バフを持つ人員が2人以上の場合に生じるバフです。

魂結束バフの人員の間に青い線が生成され、この青いバーに別々にダメージを加える機能はありません。

(魂結束バフを持っている人同士が近づくと青いバーがなくなると聞いていますがわからない。)



 

10.つつく版


1フェイズ進入時に生成されるつつく版です。

一定の場所に合計2つ作成され、いずれかの「赤面耳」が生成されます。



 

11.敵鬼面


フェイズ進入後、一定時間が経過する鬼面甲バフと生成されるオブジェクトです。ターゲットがされず、攻撃が不可能です。

特殊フェイズ進行のための重要なオブジェクトのいずれかの特性は以下のとおりです。


鬼面王に向かって移動し、鬼面王と接触広幅化パターン - >全滅

ワープ版を踏む他の魂の結束バフが生成されたワープ板にワープ

キャラクターが敵鬼面と触れる時バックノックバック

的鬼面が有効になって鬼魂区接触したとき鬼面区1個あたり鬼面王の「鬼魂甲」バフ1のネストが消える



12.鬼魂甲


赤面耳出鬼面王に生成されるバフです。(一般的な-3オーバーレイ/熟練 - 5ネストさ)

鬼面王が受けるダメージを大幅に減少させます。

赤面耳有効鬼面区を食べるたびに1、入れ子になっずつ減少します。



13.鬼魂甲


-------------------------------------------------- -------------------------------------------------- ---------------------------------


 


基本的なパターン

3打- >前/後ダウンブロー(防御不可) - > 3打- >回転(防御可能) - >最も遠い人にフプゴン(ハプギョクギ) - >最も遠い人に鬼魂区投げ(2回) - >元気玉(魂侵食デバフ解除)


上記のような基本的なパターンを特殊フェイズを進める中計〜中繰り返します。基本的なパターンとはいえ基本的なパターンを利用して、特殊なフェイズを攻略必要があるため注意すべきパターンがいくつかあります。


1.前/後ダウンブロー(  防御不可  ) 




 


たとえ速度は遅いや範囲が非常に広いパターンです。唐の頭固定をしてくれなければ、特殊フェイズを進行しながら、ビーズの担当者に

大きな負担になることがありますので、唐をご覧の方は、できるだけ一方向にしか出てくる固定くれるのです。




2.回転(  防御可能 



 

3打以降出てくる回転パターンです。射程距離が13mに思ったより広いです。3打以降オトバクに迅速に出てくるので、あらかじめ認知していない場合は当たって倒れやすくなります。14m以上に立っていれば合わないから玉の担当者は、常に14m以上を維持することをお勧め。

このパターンに続くチェウォン距離フプゴンをハプギョクギに切断しなければになるので、回転=ハプギョクギ準備を熟知すれば良いです。




3.最も遠い人にフプゴン(ハプギョクギ= ダウン)★ ★ ★ ★ 



 


回転後の出てくるチェウォン距離フプゴンパターンです。

上の写真のような動きをとり、最も遠い人を空中に浮かせるためにこのときハプギョクギに切断与えなければフプゴン対象者は即死します。

特殊フェイズの進行中に最も遠い人は、通常、ビーズの担当者であるため、可能な限り迅速かつ正確に切断されいただきます。

もしフプゴンを壊さずに、特殊フェイズ進行中の行を接続したビーズの担当者が死亡すると、高い確率で赤面耳をふさがず、全滅します。




最も遠い人に鬼魂区投げ(2回)  ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ 

フプゴン後出てくる玉を投げるパターンです。パターン自体は大きな脅威にはならないが、本文で進行するの攻略では非常に非常に重要なパターンです。

このビーズ鋳造物をどのように対処するのかに応じて、ボスのHP差が少なくは10〜20%多くは30〜40%以上の差が出ることがあります。

ハプギョクギに切断することが可能ですが、本文では、ハングアップません。

詳細については、以下で説明いたします。 





5.元気玉(鬼魂/魂侵食デバフ解除)


 元気玉を集めて放つパターンです。

何かを持って見えるエフェクトとは異なり、大きく危険なパターンはありません。ただし注意が必要する点は、この元気玉が破裂しながら

キャラクターが持っている鬼魂/魂侵食デバフを解除する。このアプリケーションにおいて、ビーズ担当者は元気玉を迎え鬼魂バフがなくなり、

その場にビーズが敷かれる場合がありますので、その部分だけ気をつけていただければされます。 




6.番外パターン(語の文字が離れた場合)

語の文字が鬼面王と離れた場合フプゴンパターンと類似したモーションを取りながら語の文字を即死させます。

-------------------------------------------------- -------------------------------------------------- ---------------------------------



ハプギョクギ後のパターン

鬼面王はハプギョクギにあったらハプギョクギ種類(ダウンor気絶)に応じて、他のパターンが出てきます((グロッキーは確認ができなくてみました))

ダウン後のパターンは、単にダメージを与えるパターンであるが気絶した後のパターンは、鬼魂区を活性化させる追加効果を持っています。




ダウン後:起床後回転し、広域2回ダメージ

ダウンハプギョクギを入れる時起き回転し、広域2回ダメージを与えます。抵抗できない場合のダメージがかなり痛く入ってくるパーティーセーバーがある場合

使用して抵抗してくれ促すお勧めします。(主に剣膜を使用して抵抗) 



気絶した後:気象し広域1回ダメージ(気絶)+ マップに敷かれている鬼魂区状態変化★★★ ★★

1フェイズを進行しながら、必ず注目すべきパターンです。気絶が終わったら、青色衝撃波と若干のダメージを与え

鬼魂区の状態を反転させます。(無効ビーズは有効//有効玉は無効) 

無効ビーズは気絶した後、広域基以外のボスのパターンに一切反応しないので、これをうまく利用する必要があります

(無効ビーズはポンツーンパターン、フェイズ種類時の吸収、赤面耳玉吸収など、すべてのパターンに反応しません) 



          

 

           アクティブビーズアクティブビーズ


-------------------------------------------------- -------------------------------------------------- ---------------------------------


攻略進行(特殊1フェイズ)






0.役割分配


攻略進行に先立って、事前に役割を決めて進めてください。する必要がありなる役割は次のとおりです。


1.タンカー

2.ビーズ/ワープ担当者2人

3.ビーズ補助(なくても可)


合計4つの役割があるが、通常2番と3番を同じ人数が実行されます。

記事に書いておいたお勧めの職業はあくまでも実行するには良い仕事であるだけ、他の職業でも十分に可能です。

(ビーズ担当とワープ担当を分け進めることが可能そういえば一つの非効率である)


1.タンカー(  推奨職業-検査/拳士

どのダンジョンを行った欠かせないポジションです。 

鬼面極端ではタンカーが果たす役割は別にないが、ボスの頭を固定して、一般のパターンがとんでもない方向に飛ばないようにしてくれるとします。

特に前/後ダウンブローパターンの場合の範囲がかなり長いため、髪留めができない場合、ビーズ/ワープ担当者が進行中攻撃を受けたことがあります。



2.ビーズ/ワープ担当者2人(推薦職業 - ギョクサ/技工士)

ビーズ/ワープに関連するすべての仕事を担当する役割です。

1フェイズ進行の中で最も高い熟練度を必要とする役割であり、その分、やるべきことがたくさんあります。

移動機が良い遠距離仕事が担当するお勧めします。



実行する役割は次のとおりです。(以下は細分化した場合であって、実際にプレイするときは、それほど多くないように感じられることがあります)



2-1。鬼魂区投げパターン誘導(ビーズ担当)

鬼魂区投げパターンを適切な位置に誘導して鬼魂区をインストールする必要が役割です。 

通常のビーズ/ワープ担当者が最も遠い距離から動くので、その役割を果たします。もし適切な位置に誘導していない場合

成功した場合と比較してボスHPが30%以上の差が出ることがあります。



2-2。ポンツーンビーズインストール(ビーズ担当)

ポンツーンビーズの間に鬼魂区を適切にインストールする役割です。

失敗時ポンツーンビーズが爆発して全滅するため、必ず成功します。

移動機が良い仕事であるほど楽な役割です。



2-3。赤面耳に与えるビーズ敷いドロップ(ビーズ担当) 

赤面耳に与えるビーズを赤面耳出る前にビーズを敷いて置く役割です。

ビーズ担当の役割の中で最も高い難易度を持っており、実行中に死ぬ確率も高くなります。 

最大限動かず玉3個設置+鬼魂区投げを2回誘導して、合計5つの玉を一堂にインストールする必要があります。

実行できなくても、1フェイズを渡すことができますが、「鬼魂甲」バフを絶やさず、パターン進行中ボスのHPをほぼ減少させません。



2-4。魂結束生成(ワープ担当)。 
青版を踏ん魂結束バフを生成する役割です。

2人が同時に実行する必要があり人が遅すぎたり、早ければ、他の魂の結束アテンダントが死亡することがありますので、マイク/チャットなどでタイミングを合わせるほうが簡単です。

その後も魂結束者2人の合計を合わせなければならすることがありますので、マイク/チャットでタイミングを合わせて進行することをお勧めします。



2-5。ビーズの方ワープインストール(ワープ担当)

赤面耳に与えるビーズが集まっているところの後ろにワープ版をインストールする役割です。

他の魂の結束が赤いカーペットを踏むまでのビーズの後ろに待機してワープ版がソルチェされるまで待ちます。

ワープ版をインストールすると、赤面グィチョクワープインストールのために赤いカーペットを踏んドル移動する必要があります。

通常イチェほど広域基出るのでスタンディング抵抗器で抵抗することができる職業が実行するお勧めします。




2-6。赤面グィチョクワープインストール(ワープ担当)

赤面耳前方にワープをインストールする役割です。

ビーズ側ワープインストールのために赤いカーペットを踏んでワープインストールになることを確認した後赤面耳の後ろに移動してワープがインストールされるまで待ちます。

赤面耳も近くあれば後ろに押され、難波注意する必要があります。




3.ビーズ補助1人(推薦職業 - 歴史/リン検査)

最初鬼魂区投げパターンが終わることを確認し、すぐに見ビーズに移動して、ビーズの担当者を支援する青いカーペットを作る役割です。

ポンツーンビーズのインストールに使用した紫玉に移動して、ビーズを青いカーペットにする必要があります。

この時、生じる鬼魂区最初気絶した後、広域基出る前にポンツーンビーズに適用されていないもう一方の赤玉にインストールする必要があります。

必要な役割はありませんがあれば、ビーズの担当者が楽になります。



1.基本的な1フェーズ(100%〜90%)

 

特殊1フェイズ進入までの区間です。

HPが90%になるまで、通常のパターンを繰り返します

1. 3打 

2.前/後ダウンブロー(  防御不可  ) 

3. 3打

4.回転(  防御可能 

5.最も遠い人にフプゴン(ハプギョクギ) 

6.最も遠い人に鬼魂区投げ(2回)

7.元気玉(魂侵食デバフ解除) 


HPが90%以下になると、特殊フェイズ進入モーション(かなり長い時間踊ります)の後マップにオブジェクトが生成され、特殊1フェイズが行われます。


※ご注意※

この攻略では  最も遠い人にフプゴン(ハプギョクギ)パターン  が出てくる前に、特殊な1フェイズに入り必要があります。 

これらの理由は、鬼面王の特性のためだ鬼面王の基本的なパターンは、特殊なフェイズに進入しても初期化されず、次の順序のパターンが出てきます。  

では、なぜフプゴンパターン以前に特殊1フェイズに進入する必要がありますか? 

その理由は、まさに  鬼魂区投げを受けてくれる人たちが席を取る時間を稼ぐためである。

もし特殊フェイズ進入した後すぐに鬼魂区投げパターンが出てきたら、目的の場所に鬼魂区を設置することが非常に困難になるため、

これを防止するために、可能な限り迅速に特殊1フェイズに進入してビーズの担当者が席をキャッチ時間を稼ぐ必要です。




2.特殊1フェイズ(90%〜赤面耳消滅時まで) 




2 - 1オブジェクト生成


特殊1フェイズ進入時進入モーションが終わると次のように、あるいは対称的に球体が生成されます 

(本族3ネームド1フェイズで生成された花の場合を考えてください。11時-5時あるいは1時 - 午前7時に生成される場合と同じ)

オブジェクトが生成されると、事前に合意したとおり、1玉担当と2玉担当がそれぞれ12シチョク(11時/ 1時)と6シチョク(7時/ 4時)

に位置します。 

このアプリケーションにおいて、ビーズ担当章は14〜15m、その他の人員は、13m以下とついている必要があります。

(優先円滑な説明のために上記のようにオブジェクトが生成されたとします。)




2 - 2ポンツーンパターン




特殊1フェイズに進入すると、最初に鉄玉を完了する必要があります。

ポンツーンビーズを完成するための方法は次のとおりです。



オブジェクトが生成されると、ビーズの担当者2人の最初のボスと近い側の赤いビーズと直線の赤いビーズを 

確認し  確認した後、図のような位置で1玉が鬼魂区投げパターンを一度受けています 

(14mの受けるのをお勧めし)







鬼魂区を受けた1玉担当者は第2鬼魂区投げが2玉の担当者に行くように、今後ついています

2玉担当者は、第二の鬼魂区投げを受け、図のような位置に設置されるようにします。 
(同様に14mで受けるのをお勧めし)




 


鬼魂区投げが終わったら、ビーズ担当者は、赤いビーズの間にある紫のビーズ鬼魂区一つを取り出してポンツーンビーズセッティングを完了します。
(この頃元気玉パターンが出てくるので、ビーズをインストールする人々は、中間にビーズ流さないように注意!)
(9m程度にインストールするのが最もお勧めします)

同時に玉補助は2玉担当者が使用していた紫板に移動して鬼魂区の2つの ポンツーンではなく、もう一方の赤いビーズに設置して

青いカーペットを一つ作ってくれます。




すべての鬼魂区が設置されたことを確認すると、前/後ダウンブローパターンに気絶を入れて鬼魂区を有効にします。
(気絶した後、広域機自生あるいはミンに抵抗)(この時、気絶に失敗した場合リツイート)

このとき、1玉担当者は一度も使用していなかった見ビーズの前待機します。

これにより、次のような状況になります。

 

 


鬼魂区が活性化されることを確認した1玉担当者は後ろの見ビーズで鬼魂区の3つを取り出し前にインストールして青いカーペットを作成します。

この作業をする時に「 "鬼面の闇と一緒に~~消滅せよ〜」というセリフとともにポンツーンパターンが開始され、

外側の赤いビーズの電流を撮影この時の電流を受けた赤いビーズは赤いカーペットに変化し、アクティブな鬼魂区消えます

今ポンツーンパターンが終わりました!この後、状況は次の図のようになります。

 




2 - 3敵鬼面パターン




ポンツーンパターンが終わった直後、「敵鬼面が気づいた」というメッセージと一緒につつく板の一箇所で敵鬼面が表示されます。

この敵鬼面はボスに向かってゆっくりと近づいていく的鬼面とボスが届きましたら全滅基出てきます。

これを防ぐためワープ担当者がワープ版をインストールして敵鬼面をボスと遠くに移動させることが的鬼面パターン攻略の鍵です。

状況は次の図のようになります


 


的鬼面が出てきた後、ボスの一般的なパターンの回転が出てくることを確認すると、2玉担当者は、青い板の後ろ27m(壁の端)に立ってチェウォン距離フプゴンを当該ます。ダウン後出てくる2打広域期ゴムマクに抵抗あるいは自生)

その次の2ビーズの担当者はすぐに鬼面王について与え鬼魂区投げ(2回)の両方を1玉担当者が受けるように誘導してくれます。

ここまでは正常に進行した場合、次のような状況になります。

 


無効ビーズ5個団結敷かれていて敵鬼面が少し移動している状態です。 

元気玉パターンに気絶を入れて鬼魂区の両方を有効になります。 (気絶した後、広域機自生あるいはミンに抵抗)

このとき、1 玉(1ワープ)の担当者と2玉(2ワープ)の担当者は、青いカーペットを  踏んで魂の結束状態を作って必要です。

その後、次の状況と同じになります。







魂の結束に青色の行が続いています。(行に届くとダメージを受けはないから気にしなくなります。)

今まで鬼面がボスに半分到着しました。2玉(2ワープ)の担当者は、いち早く動い近くにある赤いカーペットを踏んでいます

この時、1玉(1ワープ)の担当者は、自分の下にワープカーペットが生じるまで待機します。 

その後、次の状況と同じになります。



 


1玉(1ワープ)担当者の下にワープカーペットが敷かれたことを確認し、2玉(2ワープ)の担当者は、これまで鬼面前方に移動します。

同時に1玉(1ワープ)の担当者は、2玉(2ワープ)の担当者が少ない鬼面の前に到着したことを確認した場合、赤いカーペットを踏んで2玉(2ワープ)担当者の下に
ワープ版を作ってくれます。

その後、状況は次のとおりです。 

 






今ではほとんどすべてきました。

的鬼面が前のワープ版を踏んで、他の側に設置されたワープ板に移動して、前のアクティブ鬼魂区を食べ

鬼魂甲バフを削除します。今ディルが正しく入ります。

ここまでが玉(ワープ)の担当者の役割です。この後、一般的なパターンに対応しながら、ディルを入れてくれればされます。

 




※ご注意※ 

特殊1フェイズが終了する前に鬼魂区投げパターンが一バンダバーグ出る無効鬼魂口が2つ設置されると、後に絶対気絶を入れては

なりません。気絶を入れると鬼魂区2つ有効なってフェイズ終了時に吸収されてボスHPが20%近く回復します。



今は時間が経過すると、敵鬼面が消えて鬼面王がマップにあるすべてのオブジェクトを吸収します

(このとき、残りの有効鬼魂区がないボス血が回復されません。もし苗の誤っアクティブ鬼魂区が残っている場合につき10%程度の血が回復されます)

 吸収した後、5打広域基ヒナギクこれオルコトや自生的に抵抗していただければされます。


5打を抵抗する1フェイズが終了します。


-------------------------------------------------- -------------------------------------------------- -


2フェイズは、その後テクチクがすべて把握されると、作成します。


攻略して文を作成しながら感じたことなのに、今回の鬼面ダンジョンはほとんど準レイド級なんだと思う。


テクチク原理だけ理解している場合、必ずその攻略通りである必要はありませんが、最小限の動きで最大限の効率を抜くテクチクだと思います