火縄ライフル@PSO2

≪注意≫
タイトルの通り、本日の記事は グロ注意 につき閲覧注意とさせて頂きます。
特に虫の類に耐性が無い人は回れ右。

そして今回、PSOのことは一切記事内に出てきておりませんので、
そういったものを求めている人もタブを閉じてお戻り下さい。

何故かと申し上げますとこれもタイトルに記載の通り、
『珍獣屋』というお店に行き、色々な物を食べてきたため、
それの写真を載せているからです。
研修で横浜付近に行くことになり、一緒に居た会社の後輩と行って参りました。

ぼく「桜木町に『珍獣屋』ってお店があってね?」
後輩「何ッスカそれwwwwww行きましょwwwwww」

いやはやノリとは恐ろしいものです。


さて『珍獣屋』とは何ぞやと思われる方でも、オードリーさんのブログ記事で
珍獣屋訪問記」の記事を読まれた方なら思い出して頂けるかと思います。

彼のブログ記事にも「グロいと感じる画像を含むので苦手な方は~」と
注意書きがありました。
ただいざ見てみると注意されるような程の物でもない。
それもその筈、先の彼の記事では割りとマイルドなものしか注文されていないのです。
その代わり最後の一文にこう書かれていますね、
ゴキブリのから揚げとか今回は注文できませんでした」と……。

そう、今回私が赴いて注文したのは獣肉ではないのです。
主に虫なのです……。

元々、『珍獣屋』というお店には興味がありました。
オードリーさんが行く機会を設けた切欠になったのも、
私との会話があってのものであったと記憶しています。
それで私を置いていくんですから酷い人です。

さてここから数行空白を入れます。
思い直してタブを閉じるなら今のうちです。
































さあ、戻る時間は与えました。誤って画像が目に入らないように
空白も設け、ここまでつらつらと書いてまいりました。
もういいですね、始めましょう。もう苦情は受けません。


01看板

まずはお店の前の看板。
この時点で色々と目に入るメニューの名前が何かおかしいことに
興奮を隠せないままに私と後輩は入店。


まずは1品目。
02ゲンゴロウ
ゲンゴロウの唐揚げ です。
感触としてはエビフライの尻尾でしょうか。
バリバリとした食感で食べる瞬間はそこまでエグみは感じませんでしたが、
噛み締めると普段食べることの無い虫のエグみが染み出してきます。
また食べ終えた後、口の中に残る芳香が食べ物というよりは虫のソレでした。


続いて2品目。
03グソクムシ
オオグソクムシの丸揚げ です。
これが見た目と反し、意外にとても美味しい。
食べたタイミングでの私の感想がこちらです。
外皮も見た目ほど硬くなく、中身も良い味をしています。
濃厚な川海老と言われても遜色無いどころか、
オオグソクムシの方が美味しいのでは無いでしょうか。
水族館での見る目が変わりますね。


3品目。
04豚脳
豚の脳みそのグリル です。
何かしら白子を思い浮かべて頂ければ、それに近い感覚だと思います。
ただ煮込んでいるからかは判りませんが、白子よりも柔らかく、
噛むことなく口の中で溶ける感じが味わえます。
ただずっと口の中に残すとちょっと気持ち悪くなります。
そうですね、レクター博士。


4品目。
05バッタ
殿様バッタの唐揚げ です。
これも味としては川海老ですね。
ただオオグソクムシと違うのが、脚や外皮に細かいパーツが多いこと。
そのせいで食感がオオグソクムシとはまた違った感じでした。
またその細かいパーツのせいで、奥歯と歯茎の間に挟まって
存在感を示すという見事な反撃をしてくれました。
こうやって草むらの細かな段差をしっかり掴んで跳ね回るのでしょうか。
かといって私の口をグリップするのはやめろ。


最後の〆で5品目。
06異物
異物混入プリン です。
プリンの上に小さい虫が揚げられたものが乗っています。
プリン自体も甘く美味しいのですが揚がった虫もサクサクしたアクセントとなり、
プリンパフェで、プリンとフレークを食べてる感覚。
苦味やエグみも勿論多少は有りますが、プリンの甘さが中和します。
見た目は酷いですけれど意外に美味しい。
見た目は酷いですけれど。
見た目は酷いですけれど。



といったところでお会計。
貴重な体験でした。この記事の筆も進むというものです。
次の機会では獣肉の類も食べてみたいですね。
「クジラの金玉の刺身」というメニューもありましたので、
そういった生肉系も頂いてみたいものです。


では、当記事を読んで下さった貴方に感謝を。
今後とも気が向いたときに流し読みでもして頂ければ幸いです。   

一年ぶりでございます皆々様、如何お過ごしでしょうか。
前回『また一周して暑くなっているでしょうかね』と言いましたがその通りでした。 
また前回書いた通り、ヘッダーの変更を行いました。
変えたときに本文更新しましたね。昨年の私は分かってらっしゃる。


一応また個人的なポータルとして利用するため、
ゲスrrpことタイシさんのリリハグのリンク追加を行いました。
あちらがココを追加したときには紹介文も書いて頂いたようでありがたい話です。
( リリハグ_リア/ウェラボード )
彼との繋がりはアチラを見て頂ければ分かるのですが、
『以前に徒歩で会える距離に住んでいた』というのが一番大きいのではないでしょうか。
オフで会った事は無いのですが、御当地あるあるで盛り上がったり、
写真で写った場所を簡単に特定できる程度の距離感でした。

ちなみに年刊更新なのは仕事が忙しいからではなく単にサボっているだけです。
我ながら性質が悪い、そう思います。



オフで会う、といったところで先日2017/8/12に有明で行われた、
『ファンタシースター感謝祭2017』の東京決勝会場に参加してきました。
なぜコミケと日程を重ねるのでしょう。近くの宿もとりにくい。

私は住んでいる場所の距離の問題もあったので、前日から東京に乗り込んでいました。
同じく前日入りしている方々と食事会も楽しくさせて頂きましたがここでは割愛。
なぜかスーファミゲー談義に華が咲く。

割りと近くに宿を取ったので、折角だし物販目当てへとほぼ始発で会場へ。
流石にコミケへ向かう人の数が尋常ではなかったのですが、
その中で私と同様にPS感謝祭に向かう人もチラホラ。
尋常でなかったとはいえコミケ二日目なので三日目より幾分マシなのは経験談。

物販列に並んでいると大塚製薬様がポカリを提供してくれていました。
屋外で長時間並ぶ人への熱中症対策にはありがたいです。
それによる悲劇も発生しましたが、それはオードリーさんのブログの漫画にて。

流石に早目から並んでいたこともあり一通り目当てのものは購入できたのですが、
物が大きい&重いことで手提げ袋の持ち手部分が千切れかける。
安全な持ち歩きのために後々トートバックも購入したのですが、
これが購入したものを全て入れるのにピッタリなサイズ。
こうなるよう謀りましたねSEGA。

その後、チームメンバーやフレンドの方々と合流する前に
コミュニケーションエリアにて書き残しを行いました。

KIMG0239

後々そこを見てみると、置いてあったサインペンが黄色一色になったようで、
周りの殆どが黄色で書かれていました。
黄色の文字の中に青色の『#アシヤさんかわいい』が混ざるのは
中々に目立って布教には宜しかったのではないかと。
「オドさんはホモ」も書き連ねておきましたが、顛末はツイッター等で流れていますね。

同じく物販列に並んで私より早く居たルカさんともここで合流し、
ミュージアム・クラフトコンテスト展示場へ。
クラフトコンテスト展示場では庄松屋さんが丁度その場にいたことから、
ルカさんはレイライフル、私はニクスベルを実際に触らせて撃たせて頂きました。
流石に尻に挟む勇気はありませんでした。
この庄松屋さんの作品はコンテストで最優秀賞を受賞されました。
おめでとうございます。

コミュニケーションエリアに戻り、チームメンバーやフレンドと合流したり挨拶したり
時にはテイスティした後に、会場内の座席を確保しに動きました。
集まる人数が総勢15名程という大所帯になる予定だったのと、
昨年の幸子フィーバーの際の座席の埋まり様を見ていたので早めに動いたのですが、
割りと簡単に空いている所を見つけられました。
その後も去年のような埋まり方にはならなかったのを考えれば
やはり有名人である小林幸子さんは大きいですね。
ステージ衣装の話ではなく、影響の話です。

ステージを見ながら会話したりまたフレンド等に挨拶に行ったりし、
お昼の時間となったあたりで飲食コーナーへ。
私が行ったタイミングではですが、
流石にメニューコラボしたピザーラは長蛇の列を形成していましたが、
他の列はそうでもなかったため、牛すき焼き丼と富士宮焼きそばの両方を購入。
ここの列は特に捌くのが速かった印象があります。
他のケータリングカーと比べて働く人数を確保して
作って渡す流れをしっかり形成していたように見えました。
(実際私の前に並んでいた方が8個と多く購入していましたが、
 特段手間取ることも無く、かかる時間も少なく直ぐに渡していました。)
言い方は悪いですが、こういったケータリングにしては質も低くは無かったので、
前々回感謝祭の長蛇&低クオリティと比較すると雲泥の差だったと思います。
今回の感謝祭で感心したことの3指に入りますね、このケータリング。
残り2指?上記のポカリと『くじと物販を分けたこと』ですよ。
運営に関しては何もありません。
会場内の地図の記載も間違ってましたし、
ステージの進行グダって1時間以上時間オーバーした模様ですし。

昼食後もステージを見ながら会話&フレンド等に挨拶に行ったりし、
時間が17時になったところで会場からは撤退。
先の集まったチームメンバー&フレンド14名で食事会へと赴きました。
赴いた……は良いのですが、東京慣れしていない人が数名いたことと、
お盆の時期が故に東京駅が大混雑していたこともあり、纏まっての移動が困難な状態に。
とりあえず私が誰かが言ったか「引率の先生」のように道案内。
どうしてこうなった。

食事会もオードリーさんが合計4回目となる御手洗いに行ったこと以外は
和やかに騒がしく進行していきました。


この日の朝にこんなアンケートを取っていましたが、
正解は「4回(選択肢『3~4回』)」でしたね。
選択肢『6回以上』に54人もの票が集まりましたが(投票者92人中)、
流石にそこまで多くはありませんでした。とても残念です。

オードリーフィギュア贈呈式もここで実施。
「股間に入れてチャックから出しながら持ち帰る」と
オードリーさんは豪語していましたが結局どうやって持ち帰ったのでしょう。

食事会も楽しい空気のまま終了、私を含む数名はそのまま少し御茶をしましたが、
そのまま東京駅で解散となりました。

あの日参加した皆々様、楽しい時間をありがとうございました。


因みに食事会の前にですが、
紅蓮ほむらさんが各員に自キャラの入ったチャームと
レアドロキューブのレジンを組み合わせたストラップを、
今回の記念にと造って下さりました。

KIMG0255

この場を借りて改めてお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。


では、当記事を読んで下さった貴方に感謝を。
今後とも気が向いたときに流し読みでもして頂ければ幸いです。   

半年ぶりでございます皆々様、如何お過ごしでしょうか。
めっきり暑くなりましたが次回更新する頃にはきっとまた寒くなっているのでしょう。
それともまた一周して暑くなっているでしょうかね。 

ゲームで設定6がきているので、
そろそろヘッダーも変えようかと思いつつ
思うだけで終わってしまっています。
変えた時に本文も更新するんでしょうね、私のことですから。
ということはまた半年~一年後ですかね、私のことですから。 


今回も前回同様、ブログ脇のリンクを更新して、
個人的なポータルとして利用するついでの更新です。
緊急等でよくご一緒させて頂いているチーム、*NYAROs*のチーム員である
ゆなちーさんがブログ開設とのことで遅ればせながらリンクを貼らせて頂きました。

*NYAROs*といえば紅蓮ほむらさんも一員ですね。
昨晩日付が変わった頃に更新された記事は良くも悪くも相変わらずでした。
( ほむたんサキュバス説 )
表情の作り方なんかは流石なんですけれどもね。


さて、チームの話を出したところで、
このブログ上で私が現状所属させて頂いているチームのことを、
全く触れていないことを思い出しました。
まずはタイトルの一つ、チームについて述べさせて頂こうと思います。

現在私は『アルコ・イーリス』というチームに所属しています。
私のブログに来てこんな文章を読むような人は、
オードリーさんのことをご存知だと思われます。
そのオードリーさんが所属しているチームです。 

2015年の1月頃から所属しているので、丁度このブログが年刊になったころですね。
そりゃチームについて記事で触れてないわ。 

その『アルコ・イーリス』が6月初めにチーム結成2周年を達成しております。

pso20160604_231028_002 (2)

 
決して大人数のチームではありませんが、
なんだかんだ活気のあるチームになっています。
女性キャラが多いのはPSO2の縮図を表しているようですね。

ちなみに1周年の際も集まっております。
この時に比べれば本当に賑やかになったものです。

pso20150530_221927_006 (2)

現在、チームメンバーを表立って募集はしておりませんが、
「入ってみたい!」という奇特な方がいらっしゃいましたら、
チームマスターのドナルドジャックさんに連絡をとるか、
私やオードリーさん、だいごさん等がマネージャーを務めておりますので
ゲーム上でもTwitterでも連絡をとって頂ければ対応致します。

ただチームチャットが割りと無法地帯です。
楽しい話題や装備の話題、真面目な話題もありますが、
ホモだの百合だの下ネタだのも多く飛び交います。
そういった話題を許容できる方のみお願い致します。

私もこの文章上では丁寧に務めておりますが、
チームチャット上ではボロクソです。
お陰で「ドS」だの「嗜虐狂」だの「ゲス顔」だの「イメージ動物は蛇」だの
チームメンバーより不当なイメージを抱かれております。
ええ、不当ですよ。不当ですとも。異議は取り下げてください。


続いてタイトル二つ目、SSについてですが、
私はTwitterを使用しておりますので、
何かあったらそちらに投稿しております。

ですが会話の途中にネタ画像を使用したりですとか、
その日の食事をスマホで撮りアップロードしていることもあり、
遡って探すのも大変かと思われます。

そのため、気が向いた更新の中で更に気が向いた場合、
今回のようにSSを貼らせて頂こうかと思います。以下5枚。

・徒花花畑
pso20160422_231529_008

・凍土とフローズンシューター
pso20160507_004756_000

・公式ミュージアム応募の没モノ
pso20160529_234811_303

・カブキカミトキ+ドス
pso20160616_235443_236 (2)

・カブキカミトキ+レイカタナ
pso20160704_012031_243 (2)

 
では、当記事を読んで下さった貴方に感謝を。
今後とも気が向いたときに流し読みでもして頂ければ幸いです。   

このページのトップヘ