2006年03月27日

一人三国志〜エレキコミック

先日、横山光輝「三国志」で三国志オタ化させている友人から
1枚のDVDが送られて来た。
なんだろうと思って開けて見てみると、エレキコミック「ノーセンス」とある。
エレキコミック?!
ノーセンス?!
何それ。
ちょっとネットで調べてみると二人組のお笑い芸人さんらしい。
そういえばどこかで見たような気もするぞ。
というわけで観てみる。


インデックスにタイトルが並ぶのだけど、
その中に「一人三国志〜前編〜」「〜後編〜」の文字が。
何じゃこりゃ。
「一人三国志」?
さては今度はこちらをオタ化し返そうとの計略か!
なるほど面白い。その策乗ってやろうではないか!


…………。


(以下多少ネタバレ含みますよ)

あまりお笑いを知らない(僕の中ではお笑いブームはまだ来てない)ので、笑いの要素はよくわからなかったが、まあ、表題の「一人三国志」についてだけコメントを残そうと思う。

さて一人で三国志をどうするんだとお思いの方、ご安心を。
ちゃんと一人で三国志しようとしてました。

まず設定は、役者の卵が先輩役者に稽古をつけてもらうという設定。役者の卵が劉備役で、場面はまさに桃園の誓いのシーンです。劉備、関羽、張飛が「生まれた日は違えども死す時は同じ!」と宣誓する三国志演義で最も有名なシーンの一つですね。
さて、先輩役者の前で役者の卵が一人で桃園の誓いを演じるので、本来見えていない関羽、張飛を観客に居るように演じるにはどうするか。そこが演技の難しさであり、笑いのキーになるわけです。

まったく同じシーンを繰り返しながら、どんどん関羽・張飛の紹介がエスカレートしていくんですが、この中で関羽は偉そうに、張飛はぞんざいに扱われ、そのうちもう三国志でも何でもなくなっていく…。

しかし、三国志を知らない観客が意外と笑っている。
三国志を知っている僕が笑ってないのに?!
張飛がはなくそ扱いされているのを笑ってる?!
三国志のすごさを改めて思い知りました。
こんなとこにも有るんですよ、三国志。


三国志ファンの皆様。
この笑いのもとを知りたい方は、ぜひ一度ご覧くださいませ。

あとで友人に、あれは面白いのかと聞いてみたいと思いました。


●エレキコミックをあまりご存じない方の為に。
はてなダイアリー
ビリビリHP



arrow12ds at 00:32│Comments(2)TrackBack(1) 三国志系(総合) 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. エレキコミック  [ アイドル芸能Shop ]   2006年05月13日 08:58
エレキコミック

この記事へのコメント

1. Posted by ブ王   2006年03月27日 01:42
ご無沙汰しています。実は、突っ込みの方が俺と高校の同級生なんです。高校の時、三國志流行っていましたからね、きっと関係がありそうです。
2. Posted by 曹徳   2006年03月28日 00:43
こんばんは〜。コメントありがとうございます。
ほうほう、突っ込みの方が高校時代の同級生ですか。
意外なつながりですね。
二人のコントを観ていて思ったのは、確かにボケの方が印象深いんですが、コントがコントとして成り立っているのは突っ込みの方が上手いからです。素直にそう思いました。
もしお会いになる機会があれば僕がそう言ってたとお伝え下さいませw 頑張って欲しいですね。

そういえば高校生の時分に三国志読んでる友達いたなあ

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
洛陽を訪れてみる?
火鳳燎原TBP
最新こめ