三国志系(読書)

2006年06月10日

最近の三国志漫画事情

今日ひまに飽かせてBOOK OFF巡りを敢行してまいりました。
お目当ては「火鳳燎原」のコミックス。
そろそろ出回るころかと狙って行ったんですが早かったようで、見つける事が出来ませんでした。(仕方ないので帰って来てからAmazonで注文しました)

で、本棚を隅から隅まで見て回っていると、いままで名前は知っていたけど読んだことのなかった三国志漫画を結構みつけたので、片っ端から読んでみた。立ち読み歓迎のBOOK OFF最高!
ネタバレ必至なので、未読の方はここから先おすすめできません。



まず「一騎当千」(笑)
いまや三国志の新たな境地を開いた感のある学園バトル漫画。樊能や呂布は男で登場するのに、主人公孫策を始め呂蒙、関羽は女の子という設定。なんでか呂蒙は眼帯(笑)確かに普通の三国志ファンが読んだら怒り出しそうだ。レビューでは「天上天下〜」のパクリ説が出ていたけど、他にもまあいろんなものが混ざり合ってる感じ。とにかくよく脱ぐし、キャラ萌え度は高いからウケは良さそう。
一騎当千 第1巻
一騎当千 第1巻



「ランペイジ」
張飛が主人公なんだけど、とにかく弱い。でもあることをきっかけに蛇矛に宿る死神に身体をのっとられ、不死で滅茶苦茶強くなる。関羽がしょぼくて劉備は女。
ランペイジ 1 (1)
ランペイジ 1 (1)



「覇-LOAD-」
2年前に発生した商業誌の三国志連載合戦の唯一の生き残り。こちらの主人公は倭人の燎宇が扮する劉備。他の三国志に比べて男の理屈が多いのが特徴。池上遼一作品だけあって、こちらもよく脱ぎます(笑) 今回1巻を改めて読んだんですが、劉備はこすっからい奴でしたね。燎宇が中国に覇を競うためにやってきたのは、そもそも曹操の言葉に感化を受けたからだったんですねえ。
覇-LORD 3 (3)
覇-LORD 3 (3)



「三国志艶義」
こちらはエロギャグ系三国志漫画。らんま1/2みたいに、張飛が女や虎なんかに感情の変化で変わる。とりあえず劉備と関羽はやりまくりって話(ウソ)。
三国志艶義 上 (1)
三国志艶義 上 (1)



こうしてみると、まっとうな三国志の筋をおっているものを読んでないね(笑)
そしてどれも登場人物の誰かが女体化している&お色気強め。同人誌的というか、なんだか読者におもねった感じがするなあ。ははは。エンターテイメントという点ではどれも面白かったよ。でもいずれも買ってまで読みたいかと言われると全然そんな気はしない。買う気ナッシング(笑) それはたぶん底が浅いと感じるからかな。読み解くという作業がないから目が誌面の上をすべっていくんだね、きっと。とはいえそれは作品の楽しみ方の違いだから、作品の善し悪しとはまた別の話。

で、ふいに思ったのは、
仮に三国志漫画をさらにカテゴライズしてみるとどうなるんだろうってこと。例えばこんな感じかな。

正史系漫画:蒼天航路
演義系漫画:横山光輝三国志
トリップ系漫画:龍狼伝
ギャグ系漫画:スイート三国志
学園系漫画:一騎当千
エロ系漫画:三国志艶義
劇画風漫画:天地を喰らう

他にもいろいろありそうです。
田中麗奈がポスト広末と言われたように、ポスト一騎当千とかポスト蒼天航路とかそのうち言われる作品が出てくるんでしょうね。また思い付いたら書き足そうと思います。




arrow12ds at 21:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年03月12日

陳舜臣「曹操残夢」

以前、陳舜臣氏の「曹操-魏の一族-」の読書感想を書きましたが、今回はその続編の「曹操残夢」の感想です。ひとことでいえば、前作よりまだ面白かったです(笑)
けど冷静になってみれば、前作の「曹操」が上下巻で曹操一代記だったのに対して、今作がたった一巻で曹丕〜曹叡〜曹芳〜曹髦〜曹奐の五代を描いた点だけを見ても、いかに内容が「残夢」であるかが想像できますね。単純に、曹操挙兵から死没までのおよそ三十数年と、曹操死後から晋に禅譲する四十数年を比較して、後者に特筆すべき出来事が少なかったかと言えばそんなことは全然ないわけで、おそらく紙面の都合もあったのだろうと容易に想像がつくわけですが、なんにせよ、「曹操の残した余韻の世界」を描いたものという感じで、物事の深層にはほとんど触れられることもなく、ものすごい早さで時間が過ぎ去って行きます。


前作は曹操を主軸とした構成のため、曹操とその周囲(主にオリジナルキャラ)たちが目立ってましたが、今作は、曹植や曹紅朱、甄氏、山陽公(献帝)、曹節など、時代とともに主軸となる人物が移り変わるので、視点も変わるので読み飽きにくいですし、第一余り知られていない時代の話なので、創作が相当入っても先入観が少ないため気になりにくいはずです(笑)

ただ世捨て人的な存在(前作では曹紅朱の立場)として、
1.甄氏(曹丕に殺されたのではなく、仏教に傾倒し自由な生き方を求めたため丕によって殺されたように見せ掛け放してやるという設定)、
2.山陽公(献帝。生き長らえるために禅譲したがっていた)、
3.曹節(献帝が山陽公となるに及んで一緒に隠世、曹操の娘)
が出て来ます。こういう設定をどう読むかは読者次第でしょうが、僕個人は「てへ」と舌を出した程度で楽しめました。曹操もいいひとでしたが、曹丕も曹植もいいひとです。曹家の方々が今以上に好きになるかもしれません。
反面、司馬一族は極悪人でしたね。


陳舜臣氏が曹植にひとかたならない思いをもっているのは伝わって来ます。
曹植の描かれ方が明らかに他と異なっていますから。
この巻はぜひ曹植の思いに浸って欲しいですね。

しかし思うのはこの3巻を通して何を描いたのだろうか。
「曹操」では曹操が新王朝を作る(力を無くした漢朝に幕を引き新しい世の中を作る事)前段階までが描かれ、「曹操残夢」では曹操が準備した世の中が脆くも崩れ去って行く過程が描かれる。これだけだと本当に詰まらないので、ここは登場する人物が見つけ続けた「生きるということ」について思いを巡らせていただきたいと思います。

最後に、これだけ三国志の世界の中を自由に描き回れたら、さぞかし面白かったんだろうなと陳舜臣氏が羨ましく思えました。


曹操残夢 -魏の曹一族
曹操残夢 -魏の曹一族





同書の感想をアップされているブログさん
畝源Theブログ
煙草片手に日々是剣呑
ねぶかどねざる
カルナック遺跡
カラフルボイス
dawn
似非晴耕雨読の日々。

arrow12ds at 23:11|PermalinkComments(0)TrackBack(2)

2006年01月09日

横山光輝三国志の第一印象

今日、図書館から「古代中国の生活史」(林巳奈夫著/吉川弘文館)を借りて来ました。
というのも、サポート掲示板三国志ニュース様でちょっと話題が出ていたので気になっていたからだ。著者の林 巳奈夫先生が死去されたのは今年の1月1日のことで、それも動機のひとつ。
これまで三国志に関する本は読んで来たけど、時代考証の範疇にはほとんど興味がなかったから、この手の書籍には目を通して来なかった。また感想はアップしたいと思う。



で、今回話題にしたいのは、上記の本と一緒に借りて来た横山光輝「三国志」の第一巻を友達に読ませてみた、という話。
知らない人のために内容をざっと説明すると、
年老いた母を故郷楼桑村に残して旅をしていた劉備玄徳が、馬元義率いる黄巾賊に襲われ、一時仲間に加えられる。偶然立ち寄った寺で和尚に見込まれて、そこでかくまっていた芙蓉姫を助け出すことになるのだが、賊に見つかり絶体絶命。そこに現れた張飛に助けられる。
数日後故郷で出会った張飛と劉備、それに張飛の兄貴分で塾長をしていた関羽は、桃園で兄弟の契りを結ぶ。





さて、この友達の感想はたったひとこと。
「張飛がバカ過ぎる!」

友達が特に印象に残ったのは、以下のくだり。
理想の主君を見つけた張飛は関羽に伝えようと、
深夜に城門を無理やり突破、
止めようとした守備兵をこてんぱんにやっつける。
さらにそのテンションで劉備の家へやってきて、追手と対峙し大暴れ。
そこへ関羽もやってきて、「お仕えしたい!」と
二人そろって劉備に迫った。
一方的に主君にされてしまった劉備はのたまう。


「あまり次々と突然のことが起こり、
どうお答えしていいかわかりません」



当たり前だ(笑)





自分もそんな風に思っていたのかどうか忘れてしまったが、
いま友達の言はもっともだと思った。




三国志 (1)
三国志 (1)


arrow12ds at 23:35|PermalinkComments(4)TrackBack(1)

2005年12月29日

この漫画がすごい 2006

ふと書店で見かけたこの本。パラパラと目次を見ているとカテゴリー別漫画の項目でわざわざ「三国志」と銘打っている企画があった。気になったので立ち読みしてみた。

ここでは、横山光輝「三国志」を三国志漫画の代表としてまず前置きし、以後これに挑むように数多くの三国志漫画が世に出たがいずれも単なる後追い漫画に終り大成しなかった。しかし、「蒼天航路」が現れたことによって、これまでの劉備=善、曹操=悪の図式が、演義=劉備主人公、正史=曹操主人公という図式に変わり、読者に新しい三国志漫画の有り様を示した。
今後も三国志漫画はいくつも発表されるだろうが、以後の作品はこの二作品を上回らなければならない。ここで塀内夏子「覇王の剣」が引き合いに出される。(先生にはちょっと可哀想に思ったが三国志が始まる前に終わったから仕方がないかな)

そして将来の三国志漫画への展望として、ひとつには池上遼一「覇-LOAD-」を上げ、その設定の奇抜さと独自解釈の斬新さ、仕掛けの巧妙さを紹介した後、今後の三国志漫画には、テキスト(演義と正史)の違い以外の部分、例えば主人公を周瑜や夏侯惇などにしてみるとか、より個々の人物に焦点を当てた形が求められ、移行していくのではないかと述べている。
その一方で、将来の三国志漫画を模索する雑誌として「三国志マガジン」も紹介されている。


それにしても、今年三国志関連の書籍・漫画が数多く出版され、大変にぎわったが、「三国志」というジャンルが確かに存在しているらしいということを再確認した一冊でした。


このマンガがすごい!2006 ・オトコ版
このマンガがすごい!2006 ・オトコ版


このマンガがすごい!2006・オンナ版
このマンガがすごい!2006・オンナ版



追伸:ちなみに三国志ファンの方が多くこの文章を読まれているかと思うのですが、今年のベスト漫画を一冊あげるとしたら、何を挙げられるでしょうか。やはり三国志漫画でしょうか。それともバガボンドやデスノートや鋼の錬金術士などを挙げられるのでしょうか。ちょっと聞いてみたいですね。


arrow12ds at 22:21|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2005年12月12日

曹操 魏の一族上下

蒼天航路も終わってしまって、読書意欲がやや減退していた今日この頃、史書を読みあさるのも憂いてきたので、他の曹操はどのように書かれているのだろうと本書を手に取ってみた。
上下二巻に渡って曹操の一生を追い掛ける点は蒼天航路と同じ。ただ連載誌面上ということもあって文章量の制限があったのだろう、ところどころはしょったり、表現に乏しかったりして、何とも物足りない感が残った。


曹操―魏の曹一族〈上〉


曹操―魏の曹一族〈上〉

読み易さ★★★  おすすめ度★続きを読む

arrow12ds at 00:06|PermalinkComments(2)TrackBack(1)
洛陽を訪れてみる?
火鳳燎原TBP
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
最新こめ