arryjsp

BreakTime.

どうでもいい内容話します。

15 5月

こんにちは

こんにちは〜

この記事は常にTOPです。

FC2のほうでぶろぐやってたんですけど、
こっちに移行しました〜!

League of LegendsとMHF一応やってます。
ほかにもぷよぷよとかADSとかいろいろやってます


ツイッターは右側に飛べるところがあります。
IDは@_JasperJPです。

なにか話のネタがあれば書いていきたいと思ってます!

よかったら見て下さ〜いw
1 8月

ポップコーンについて

今日父親の誕生日でポップコーンを買いに行きました。

学校帰りに元々買おうと思ってて途中下車して東京駅にある「ギャレットポップコーン」というお店に行きました。

味はキャラメルとチーズのポップコーンが混ざってるシカゴミックス味とお父さんのためにカシューナッツとキャラメル味のポップコーンが混ざってる奴を買いました

凄い美味しかったです。コンビニとかスーパーに売ってる市販のやつよりもちろん美味しかったし値段も高かったです。でも美味しいのでオススメできますね。自分で買うよりプレゼントされたいと思う一品といったところでしょうか。
味見で自分にも買いました。一番小さいサイズなら自分にも買えるな~って思いましたね。

サイトはこちら  http://jp.garrettpopcorn.com/

東京駅と原宿にあるそうなので、ぜひ近いところに用事がある方がいたら寄ってみては?

 
18 7月

世界は狭い

こんにちはー。この前更新したばかりですが、もっと更新頻度を増やしていきたいと思ったんで書きます。真面目な話で痛い内容でもあるので、キツイ人はブラウザバックしてください。

今日は大学に関する話を詳しく。
私は情報系の大学に通い始めて2年目になったところです。1年間経験していろいろ感じたことがありましたね。

・私の中の大学生としての勉強。
  私は小学生の頃は勉強は好きではなかったです。それは中学生、高校生になっても変わらず、高校受験も無理やり勉強して、大学もテストが嫌いだから推薦で通ってきました。そして大学生になり自分が勉強したくなるようなことってあるんだろうかと思っていましたが、やはりそういうものは少ない印象です。
  それで、その勉強したくなるような授業に私の中で、ある共通点がありました。それは「先生の話が面白い」と感じることでした。もちろん自分が興味ある内容のシラバスのものを選びます。その後、一番最初の授業でその先生は自己紹介などをしたりするのでだいたいどんな先生かわかるようなものです。なので基本的に私は最初の授業でやる気が出るかどうか決まります。内容はどうであろうと「話し方、教え方がうまい先生」じゃないと、授業に対するやる気というものも出てこないことになります。
  大学生になってから情報系の知識も培ってきましたが、私が受けている授業の中には、倫理観を学ぶ授業や、映画を見て、それを分析し、解釈を自分で創り出す授業などもありました。
  確かに情報系の学問、情報系だけでなく、倫理や心理分析なども学んできてはいますが、どれもこれも身についてると言われるとそうでもありません。将来そういう道に進むと決めているわけでもありません。しかし、大学の授業を通して、「内容はどうであれ、話し方、伝え方、授業の進め方で興味が湧いてくる」ってところが勉強になると感じています。
  当初全く興味のない内容の授業が1つありました。それは先生の話も最初の授業は面白くなく、授業取り間違えたなと思ったこともありました。しかし、回を重ねていくと、先生が体験談や雑談などを展開する人で、私の中ではいま受けてる授業の中で面白い方の授業になりました。(中には早く授業しろと思ってる人もいるかもしれませんが)
話し方がうまい、伝え方がうまいというのは将来どの道に進んでも、話し方伝え方で相手の関心が惹きつけられるかという部分で使える技だと思い、自分にも身につけたいなと率直に感じました。
学問を身につけるというか、他にも「将来自分がどの道に進んでも活かせる技」を大学で学ぼうと現在は思っています。
(単位は欲しいです)




・大学における交友関係
  幼稚園から高校生までは幸い、友達には恵まれ、トータルで見ると困ったことはありませんでした。
しかし、いままで誰かしら一緒の学校に行く友達は入学前からいるものでしたが大学ではいませんでした。私の中ではそれが不安材料でした。
結局入学してからは授業で一緒になる人と仲良くなり、委員会にも入ったので友達と言える人は予想よりできました。
ですが、大学は遠くから通ってるケースが多く、学校外で遊ぶことは多くありませんでした。それこそ一番仲良いタメと学校外で遊んだことは未だにありません。でも授業は毎回一緒に受けますし、一緒に昼飯も食べます。
  そういえば、去年友達が誰1人いない授業もあったこともありましたが、正直困ったことはありませんでした。
  実はここで言いたいのは、ふっくさんもいってたことではありますが、「大学では友達と言える人がいなくても生きていける」ということでもあります。
  クラスと名付けられているものはあるが、小中高とは全く違うものであり、私自身大学は違うクラスの人の方が友達がいたりします。
  大学生になった人や専門学校に通ったりしないと伝わらないかもしれませんが、友達が少なかったりいなかったりしても、授業をただ受けるだけなら全くもって困らないものです。
  しかし、私は委員会にも入ったり、同じ授業の人とは壁は作らず接するようにしてきました。
  なぜなら、「人との関わりがないとただ単純につまらない」と感じるようになるからです。これは学校だけでなく、社会に出てもそうなのではないかと考えます。どんなに自分に才能のある道にいっても人との関わりがあるのとないのとでは全くもって変わります。
  しかし、人との関わりは不自然に作ると良いことが起こらなくなります。そこは自然にというか、明確なきっかけがあることが大事です。それが私の場合、委員会であり、2年生になって創設することになったサークルだったわけです。1年生の時に委員会に入ったのは、大学に通っていた人たちがだいたい口を揃えて「なんかしらサークルにでも入っておけばよかった」と言っていたのです。それはサークルに入ってた人も入ってなかった人も言ってる人がいました。この事には関しては人によって意見は違うかもしれませんが。確かに入るサークルによっては、面倒くさい人間関係に巻き込まれたり、そもそも入ってても意味がないサークルだったりそういうものもあると大学でも聞きます。でも入るサークルを見極めれば巻き込まれることはないと思います。活動内容に興味がないサークルばかりなら、一番安全なのは学校行事に関わってるサークルや学校の看板を背負ってるサークルだと思います。そういうところには自ずと良い人が多いです。もちろん、中にはめんどくさい人もいますし、ノリも合わない人もいます。
  でも私は同じノリの人を見つけることができました。そのきっかけが委員会に入ることだったってだけです。
  せっかく通う大学ですから、やっぱり私としては楽しくありたいものでした。
  私の場合は委員会に入ることがきっかけであり、その後サークル立ち上げにも参加することになり、今があります。きっかけというのは人それぞれ違います。
  人との関わりが広がると日々を面白く感じるようになっていきます。
  だから今回は大学のこと中心で話してはいますが、ネットでできた友好関係も私とっては嬉しいものです。
  それが頻繁に会える人の中で出来たら2倍3倍面白みが増えていくと思います。
  長々と書いてきましたが、大学に通うならなんかしらきっかけを見つけ、自分から行ってみることがいいってことです。
  ただ、無理に仲良くなる必要はないです。


つらつらと書いてきましたが、この文章読んでこれから変わろうとか思ってくれる人が出てきたらありがたいですし、ここまで読んでくれた人ありがとうございますw

今後はもっとゆるい話をしようと思います〜

では最後に


カルタは実は優男。

ギャラリー
  • 白猫とlol
  • 白猫とlol
  • 白猫とlol
  • 白猫とlol
  • 白猫とlol
  • 白猫とlol
  • 白猫とlol
  • 白猫とlol
  • 白猫とlol
livedoor プロフィール