札幌・不動産屋日記

不動産業界の片隅で頑張る、スポーツ観戦好き営業マンが日々をタラタラと書いてます。                                                     不動産のことはhttp://www.cho-ko.comへ!

お引っ越し

当ブログをご覧になって頂いている心優しい皆様へお知らせです。

突然ですが、ブログをアメーバに引っ越しました。
今まで結構な人数に「アメーバにしなさいよ」と指導・助言を受けてまいりましたが、面倒なのでそのままにしておりました。

が!
最近の忘年会で出会う多くの諸先輩方に「いいかげんに変えろ!」と一括されましたので、この度変更しました。
年末ですし。

2011年は気分も新たに、ってことで。

引越先は以下のアドレスです。クリックしても飛びます。

http://ameblo.jp/choko-staff/



アメーバって、なんかね。
若々しい感じで気恥ずかしい。
機能も若々しい感じだし。
こんなオッサンが使うモンじゃねぇだろ、と。


まぁ、今でも思っていますが。
こうなったら若者ぶっていこう。ピグとかも使ったりして。


今までありがとう、ライブドア。
好きだけど、お別れしなきゃいけない時もあるんだよ。
わかっておくれ。

病は気から

忘年会の続く今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

私も生意気に忘年会なるものに多数出席しております。
仕事関係から友人関係まであらゆる人間関係を網羅して、日頃疎遠になっている方とも改めて友好を深めたり、「年末ムード」と「お酒」の力を借りて日々精進しております。

忘年会が続くと、当ブログの更新が途絶えます。
いつも、仕事が一段落して「あ、ブログ書こう…」という勢いで書きますので、「今日は忘年会だからノー残業デーだ!」と仕事に精を出すと、ついつい…。

そんな酒浸りの日々(なんか響き悪いな…)に大きな助けとなるのが「ウコンの力」!
SMAPの中居君も三次会やら四次会やらまで飲み歩いても大丈夫、的なCMで私を元気付けてくれています。

そんな絶大なる信頼を置いている「ウコンの力」。
ある日、「今日もたくさん呑むぜ!」とススキノの小さな薬局にてウコンを買おうとレジに持っていくと、レジのオバサンが一言。

「これ、ただのジュースだよ。良いの?」
へ?ナニ言ってんの?ウコンでしょうが!クルクミン!

「お酒になんて効かないよ。効くのはコッチ」と、出してきたのは「ヘパリーゼ」。いや、それも知ってますけど。ウコンの倍の金額するヤツでしょ?
でも、ヘパリーゼは美味しくないし、ウコンの方が安いし、ウコン飲んで次の日快適だし。

「あー、それは思い込み(笑)」
…なんかムカつくんですけど(`ε´)

「オロナミンC飲んで元気になると思う?(笑)」
…思ってたんですけど(`ε´)

んで、このオバチャンに言い包められるのも癪に触るので、強引に「いや、コレで」と「ウコンの力」を買ってみましたが。

脳裏によぎる一抹の不安。
「…マジで効かないの?」
「…俺の思い込みだったの?」
「…みんな効くって言ってるから、俺もそう思い込んでいただけ?」
「…俺、昔っから人に流されるタイプだったからな…」
なぜか自分の人生まで反省しだす始末。
いや、信じてみよう。コイツを。


次の日は見事に二日酔いでした。
あのオバチャンに出会わなければ、今でも楽しく「ウコンの力」で過ごしていられたのに。

ってことで、最近の私、飲み会の前には「ウコンの力」と「ヘパリーゼ」をダブルで飲んでます。
これで効いたら「さすがウコン」。
効かなかったら「なんだよ!ヘパだって効かねぇじゃんか!オバチャン嘘つき!」となるわけで。
なぜ、そんなにウコンの肩を持つのかは私にもわかりませんが。

まぁ、そこまでして酒飲みたいか、って話ですけどね。

皆様も年末年始は海老蔵警報発令中!
お酒は楽しく飲みましょう。

声が出ない…

昨日、行ってきました。
旅人になりたいで書いた、先輩の会社の大忘年会。
そこらの結婚式並みの会場とゲストの数。
こんな会社にしちゃった先輩スゴイっす。

てことは、やりましたよ。バンド。
おそらく今年最後の人前演奏ですな。

歌うのはテレビ等にも出た事のあるモノマネタレントさん。
歌、超ウマイっす。声量、メチャありまくりっす。
会が始まり、食事しながら一連のモノマネショーがスタート。
終わりに近付き、司会の方から「では、最後にバンド生演奏でやってもらいましょう!」で、僕らもステージに登場。忘年会開始からほぼ1時間。


既に酔ってる.。゚+.(・∀・)゚+.゚


呑んじゃった。たくさん。
ドラムの人も、もう一人のギターも、ベースを弾く社長も、みんな酔ってる…。
だって、楽しかったんだもの。

しかし、酒の力を借りて緊張せず。
楽しく演奏できました。
アンコールもいただき、皆様にも盛り上がっていただき、本当に楽しかったなぁ。

終わった後はガッパガパとお酒を嗜む。
歌ってくださったモノマネタレントさんに挨拶に行き、「もっとたくさんやりたかったねー」と言っていただき、嬉しかったっす。

誘ってもらって良かったなぁ。



しかし本日頭痛い。
昨日騒ぎすぎたせいで、声も出ない。
そして今日も忘年会だ。
何回年を忘れたいんだ。俺は。

今日はシットリ年を忘れよう。

旅人になりたい

私の不動産業界スタートの第一歩は、札幌最大手の賃貸仲介会社です。
えぇ、あのテレビでもタレントさん使ってCMしたりしてる、名前の意味がよく分からないあの会社(以下、J)です。

たくさんの先輩方にお世話になりながら仕事を覚えていった私ですが、今でもその先輩方とは交流があります。
先輩方の中には独立して不動産会社を立ち上げている方も何人かおりまして。
やはりデキル人は違う。

先日、そのデキル先輩(以下、社長)が立ち上げた会社、事務所を引っ越したのでその挨拶に伺いました。そもそも、その会社の社員達もJ出身の方ばかりで、私がこの会社に入ってからも仕事のやり方等を教えてもらったりしているので、とてもお世話になっている会社なのです。

社長に挨拶。他に何人か現Jの社員も来ている。
みんなでワイワイと話していると、社長が「そういえば、お前って楽器できるんだっけか?」と。
「まぁ、少しならできます。ギターとかベースなら」と答える楽器大好きな私。
社長曰く、社長の会社主催の忘年会(超大掛かりなヤツ!)でバンド演奏をするらしい。そこで社長がベースを弾くらしい。んで「ちょっと教えてくれよ」と。
譜面を見せてもらって、ココはこうですよ、ココはこんな感じで大丈夫です、なんて話している私の顔は、完全に

「僕も仲間に入れて欲しいです(´・ω・`)」

だったんでしょうね。
見かねた社長が「お前も一緒にやろうぜ。ギター、もう一人入った方が良いし」と言ってくれます。「えぇ?ギター結構下手ですけど、それでも良いんですか?」とワクッと感が隠せない私。あぁ恥ずかしい。

昨日、スタジオ入って練習に参加しました。
初対面の方が多くて、しかも年上の方ばかりで超緊張っス。
そして、メンバー皆様のレベルが超高い。
なんちゃってギターの僕は若干音を小さめにして弾いとりました。
もう一人のギターは現Jの社員で、そいつは元々知ってるし一緒にスタジオ入ったこともある。ギターも俺より全然ウマイ。
なので難しいパートを全て弾かせるという暴挙に。私は簡単な方でお茶を濁す。
コイツがいなかったらどうなっていたのか、ホント助かった。

でも、やはりバンドは良いっすね。
面識なくて歳も全然違う方達と、「この曲の終わり方、こうしましょうか」「いや、コッチの方がカッコイイよ」「じゃあ、何か合図決めてください」等々と話し合ったり、失敗して爆笑したり、爆音の中でアイコンタクトしたり、私が勝手に弾いたある曲のイントロにみんな入ってきてくれて1曲追加になったり。
とっても楽しかった。本番も頑張ろう。


中田ヒデが旅人になった理由も何となく理解できるわ。
サッカーボールを蹴りあえば仲良くなれる、みたいな。

当たった

先週末、ツイてましたね。あきらかに。

コンビニのお菓子詰め合わせセット当たるし(ハガキ送るヤツ)、どこに行っても駐車場が一番イイとこ空くし(コミコミの場所でも出入口隣がスッと空く)、部屋の模様替えしたらバッチリな感じになるし、ロトで1,000円当たるし、好きなサッカーチームは快勝するし好きな選手はゴール決めるし。

そして、サントリーの「ナノインパクト」が当たったし!
これは厳密にはアンケートモニターですけど。
でも、かなりの倍率だったと思いますよ。

つまり約1ヶ月分(10,000円分!高い!)の商品が送られてきて、それを試しに使ってみてください、という感じ。使ったら色々感想聞かせてね、と。

いやぁ、高いなぁ。
高いけど、でも効果が見られたらどうしようかなぁ。
買っちゃうかなぁ。
定期的にお届けコースにしようかなぁ。
それだとちょっと割引もあるしなぁ。


あ、髪のお薬みたいなヤツの話です。
まだまだ抵抗します(´・ω・`)

嫉妬メン

先日の友人の結婚式、なんと挙式は10:30からという早さ。
こっちはその前に楽器(余興で使う)の搬入とかあるんだよ〜、前日深夜までスタジオで練習してたんだよ〜、という最悪のコンディション。

披露宴が終わり二次会へ。16:00から!なにこの中途半端な感じ!1日中お酒飲んでる感がスゴイよ!
その後、三次会、四次会、五次会と続き、いつの間にか深夜1:00。いやいや何時間呑んでるの。

んで、野郎特有の「〆のメンラー行っとっか!」コール。
えぇ、シメのラーメンですね。超カロリー摂取。
この時間にこの場所で開いてるラーメン屋は、やはりススキノが世界に誇る「ラーメン横丁」。たくさんの店がひしめく中「あ、あそこは人気の店だ!食ってみようぜ!」って事で、観光客の皆さんに紛れて俺達も並んじゃうぜ。

と、お向かいの店から「え?ラーメン屋さん?」って感じのオバサマが出てきた。ド金髪で、白く塗ったキャンバスにお絵描きしたようなお化粧。怖いぜ!
「あらー!○○さん!いらっしゃーい!久し振りー!」とサラリーマン風のオジサマを店に連れ込む。怖いぜ!
ドアをピシャリと閉めるオバサマ。ちょっと力が強かったせいか、若干跳ね返る。

お向かいの店ですから、手を伸ばせば扉には手が届く訳で、僕らのリーダーH君がキチンと扉を閉めてあげる優しさ。それを見てみんなも感動。
あぁ、人間って捨てたモンじゃないな(´∀`)

と中からオバサマの恐ろしい声が。
「コラー!兄ちゃん!イタズラすんな!」


(((( ;゚д゚)))ヒッ!


さらにオバサマが、いや、敢えて言おう。ババァと!
そのババァが扉から顔を出して一言。
「イタズラすんな!黙ってそっちに並んでろや!」


Σ(=゚ω゚=;)キャ-----


恐るべし、ラーメン横丁ババァ!
その後、僕らの並んでたお店の席が空いたので、店に入って座る。H君が「いやー、あのババァ。何なんだよ!」とプリプリしていると、ラーメン屋のご主人が「あら。向かいのお店のオバサンかい?」と。
曰く。
どうやら、この僕らの並んでたお店が流行っているのが面白くないらしい。
そして、自分の店がヒマなもんだから並んでるお客さんにイチャモン付けてるらしい。
いわゆるヒガミですな。嫉妬。
昔、バービーボーイズでShit!Shit!嫉妬!って曲あったよネー、ネー、なんて話してたら、今度は隣の店からオッサンが「おい!テメーの店の客!邪魔くせぇんだよ!」と怒鳴り込んできた。
並んでるお客さんが隣の店の前までかぶってしまったらしい。

あんなことしても、自分の首絞めるだけなのにねぇ。
僕らは地元客だから良い(ってこともないけど)けど、観光客とかがアレに遭遇したら二度とラーメン横丁には足を運ばないでしょ。


最近、魚だし醤油が好きだ。



BlogPaint

時間は残酷です

先日、小学校からの同級生(♀、以下Hさん)がメデタク結婚!
結婚式に出席させて頂きました。
この結婚式にまつわる話はまた今度書きます。
色々な事があったので(笑)

会場で披露宴が始まる前、友人達とおしゃべりしていると何やら女性に話しかけられた。
「ツヨシ君(僕の名前)?だよね?」
「は、はい、そうです。」
「Sって、わかる?」
「…SってS?わかるけど…?」
「Sも札幌にいて、Hさんの結婚式に出るって言ったら「ツヨシがいたら渡して」ってコレ」
とSの名刺(美容師やってる)と殴り書きの電話番号が。

S!
僕の高校時代、同級生で1〜2を争う色男!
別の学校やら色んな学年やら、とにかくキャーキャー言われてたS!

僕は、地元(雄武町・人口5,000人位の超イナカ)の高校に行かず、50km離れた紋別市の高校に行ったのですが、イナカから行った僕には眩しすぎて、ちょっと近寄りづらかった。そんな存在でした、S。

Hさんも紋別市の高校(僕とは違う高校でしたが)に行った為、紋別の子が式に来ていた訳ですね。
そして、その子がHさんの話をして、雄武町の出身てことで、僕も来るかも、とSは予想をつけた訳です。

先程、もらった名刺をキチンと見てみました。
なんと、代表取締役になっとる。
ホームページもある。
見てみた。
スゲェ!オシャレだ!
Sの写真も出てるけど、基本的に変わってない!
カッコイイままのSだ!
うわぁ…。


正直、会うのが怖い。
かれこれ17〜18年ぶりだもの。
僕なんて、高校時代と比べたら+15kgだもの。
髪も何だかさみしくなってきてるもの。
ああぁぁぁあぁぁ…(;´Д`)

でも、やっぱ会ってみたい。
明日電話してみよう。

イヤだなぁ。楽しみだなぁ。

ちょっと怖かった

私の会社のパソコン(以下、PCと言います)はノートンが入っています。えぇ、セキュリティソフトの話です。
たまにセキリュティって言ってる人がいると若干気になります。
シミュレーションをシュミレーションと言う人も気になりますが何も言いません。通じますから。
茶葉の袋をティーバックと言ってる人がいたので、「下着かよ!何茶だよ!」と突っ込んだことはあります。

そのノートンですが、本日突然「期限切れです!」というメッセージが。
ちょっと!まだ更新したばかりじゃない!さては新手のウイルスか?
と、色々疑ったり調べたりしている内に、これはどうやら昨日行なった手動アップデートがうまくいかなかったのが原因ぽいぞ、と判明。

えぇ、私のせいです。

そして、再インストールしようと試みるも、「プロダクトキー」と言われるパスワードがわからない。どうやら購入した時に付いていたらしいが、見当たらない。捨ててしまったらしい。

えぇ、私ですよ。

仕方なく、サポートセンターっぽいところに電話。
明らかに日本人じゃない方(「オウと申します。宜しくお願いします。」と言ってた)に導かれ色々と操作するも、やはりアンインストール(プログラムをキレイに削除)してからインストール(プログラムをキレイに入れ直す)しなきゃいけないようだ。
「プロダクトキーは分かりますか?」と聞かれ、「分かりません」と言うと、明らかな長い沈黙…。スイマセン。

そこでオウさん、「こちらで操作しても宜しいですか?」と。
よく分からないままに「どうぞ」というと、幾つかの操作を命じられる。

すると!何ということでしょう!(ビフォーアフター)
私のPC画面のポインタが勝手に動いてる!
そしてオウさん、「電話を一度切ります。何かあれば、ココ(とポインタでウインドウを指す)のチャット画面で、お申し付け下さい」と。

SUGEEEEEEEEEEE!!
凄いね!世の中、こんなことになってるんだね!
そして、ちょっと怖い('д` ;)

色々と勝手に操作されてる私のPC。
何が行なわれているのかはよく分かりません。
と、チャット画面では「今、○○をしています」と、途中経過が続々と記入されていく。あ、電源切れた。再起動してる。あ、まだ勝手に動いてる。スゲェ…。
…と、チャット画面に「完了しました。これから電話します。」と。

電話来ます。
「オウです。終わりました。リモート操作も切ります。」
「は、はい。どうも、ありがとうございました。」
「御時間を頂いてしまったので、30日間の期間をサービスで延長しておきました。」
「あ、そうですか。ありがとうございます。」
「デスクトップにプロダクトキーを貼り付けておきます。大切に保管してください。それでは。」
かっこいいぜ、オウさん。

世の中、凄く進んでるのね。これなら「PC調子悪くなっちゃったんですけど」「あー、じゃあ今から見に行きますね」ってやり取りもなくなっちゃうかもね。


こんなの、もしかして普通なの?
私が遅れてるのかしらん。

雪!早っ!

こちら札幌、初雪でございます。
と言っても、おそらくしばらくは路温でベチャベチャになって、根雪になるにはもう少しだろうけど。

この時期、秋から冬へ、そして冬から春へ、の時は道路環境がよろしくないです。ベチャベチャで飛びまくり。ズボンの裾やらも汚れるし。
車に乗ることが多い私も、できるだけ気をつけてはいますが知らず知らず歩行者に雪水をかけてしまっていることもあると思います。
あると思います!懐かしい…。

困るのは犬の散歩。
ウチのバカ犬は基本トイレが外なので、ベチャベチャ期にも連れて行かなきゃならない。しかも足が短い犬種なので、もれなくビチャビチャになります。
P1010818





連れて行かないとバタバタ私の周りを「むぐす!むぐす!」とアピール走り。
ちなみに「むぐす」とはオモラシしそうな時に使う方言です。私以外に使ってる人は私の母親くらいしか見たことありません。

車のタイヤ交換もしなきゃならんし、コートも引っ張り出して、靴も替えて、防水スプレーして、ホント面倒な地域だなぁ。

そして、私の仕事にも関わってきます。
この時期は「水道管凍結」と「ストーブ故障」のクレーム。
「水道管凍結」は毎年書いてますけど未然に防ぐことの出来るトラブルです。面倒ですけど。

でもねぇ、ストーブは防げない。
大体、家電製品とかって突然壊れるものですから。

寒い朝、リビングに出てきてストーブを付けたら点かない!
寒い!寒い!けど、どうしようもない!
怒りに任せて管理会社に「おい!ストーブ点かないぞ!どうなってるんだ!」とクレームを…。

こればっかりは、怒られてもどうしようもないんス。
業者が行くのを待ってもらうしかないんス。
北海道に住むリスクとして理解してもらうしかないんス。

だから皆さん、管理会社には冷静に「ストーブが点きません。寒いです。」と連絡を入れましょう。大至急、最善の方法を取ります。
「(#`皿´) ゴルァ!」とか言わないでください。悲しくなります。


もう冬かぁ…。
いろいろ面倒だなぁ…。

くしゃみ(あくびも少々)

光が眩しいとクシャミが出る。

これ、みんなそうだと思ってた。
なーんかクシャミが出そうで出なくてムズムズする時は、電気を見たり、太陽光を見たり、ずーと目を閉じてパッと目を開けたり…。
そんな方法でクシャミ出してました。

僕は、物心付いた時から光見たら出るし、母からも小さい頃に「光見なさい」と言われたし、僕の子供も眩しくすると出るし。

だからみんなそうなんだと思っていました。

僕は、その名も「光くしゃみ反射」という体質らしい。
日本人では約25%の人がこの体質らしい。4分の1ですな。
家系的な遺伝らしい。だから母も息子も…。
そして、この現象がどのような体内のメカニズムによって起こるかについてはまだ十分に医学的に証明されていないらしい…。

なんかちょっと怖い(´・ω・`)

皆さんもそうなんだと思ってたから、いつもムズムズしてる人いたら「光見なさい」って勧めてたのにな。
確かに( ・Д・)ポカーン の人もいたわ。
は?何で光見るの?的な。

ムズムズしてる時の、凄く便利な機能なんだけどな。


似たようなモノで、アクビが人に伝染するのも原因はよくわからないらしいですね。
ちなみに犬にもうつりますよ。犬からもうつされるし。何か腹立ちます、犬のアクビに伝染してしまうと。

まだまだ人体は不思議が一杯ですなぁ。

タバコ衰退

さて、今月から一気に超値上がりしたタバコ。
コレを機に禁煙を始める方々も多くいらっしゃるようで。
世間はそんな状況なので、私は「少しずつ本数を減らしていこう」作戦にすることにしました。
この作戦をしている輩が、実は一番多いと思います。
やめるにやめられず、でも高いから…、みたいな。

以前までは1日に20本、多い時は30本は吸ってました、私。
ちょっと多いですね。2日で1箱ペース(通常20本入/箱)です。

1日10本以内にしよう。

実はこれ、先日書いた歯医者さんで言われたことで、厳密に言うと値上がりとは関係ありませんでした。
出血の止まる薬を出され、「コレはタバコに弱い。服用中はタバコを減らしてくれ。」と。これが9月下旬の話。
それで本数を減らしてみると、意外にそんなに苦にならない。その期間中に丁度タバコが値上がりして、だったらこのまま減らそうか、という事です。

実際ね、「あー、タバコ吸いたい」と思うまで吸わないようにしたら、意外とそんなもんですよ。1日10本。
今までは、車に乗れば吸って、書類が完成したら吸って、何か手持ち無沙汰になれば吸って、という感じでしたから。

だから、毎朝1箱に10本だけ入れて持ち歩くことにしました。
家には買いだめしたタバコがあるから、高い値段で衝動的に買うのも抑えられてるし、「あ、今日は残り3本だ」とかわかりやすいし。

しかしね、「1日10本まで」としたからといって、10本をムリヤリ消化するのも宜しくない。タイミングが良ければ(悪ければ?)、8本や9本で終わる日だって出てくるのだ。

そうなると、そういう貯金(貯タバコ)が出てくる。
それを貯めておいて、夜更かしする時などに吸う。
気兼ねなくスパスパ吸っちゃう日もあるのだ。ん〜、幸せ。

…が、これが良くない!
パッケージを開けてから3日も4日も置いといたタバコは、非常に美味しくないのです。風味も何もかも落ちる。
せっかく貯タバコしたのに…。これなら、その日のうちに10本吸っときゃ良かった。

もうね、1箱400円とか500円とかなんだから私のようなチビチビ吸いの人も増えるし、味も落ちるんだから、半額にして1箱10本入りにしなさいよ!
その方が気軽に買える価格に戻るし、いつでも開けたての美味しさだし。
なぜ、ショートホープだけ優遇されてるんだよ!

とか考えてたら、僕の吸ってる銘柄もあった。10本入り。

きゃめるミニ

※上部に「ミニサイズ」と書かれています


やったぜ!さすがJT!
とか考えてたら、東京限定らしい(´;ω;`)

なぜ!
いつも限定モノは北海道で試すくせに!
これだけ東京!
バカにして!


今日はあと2本 (´ー`)y-~~

世間は狭いぜ

歯が痛いと常々思っておりました。
近いうちに歯医者に行かなきゃと常々感じておりました。
そうこう思っているうちに、毎朝起きると口の中が血だらけになってきました。
イカンよ、これは。本格的にイカンよ。歯医者に行かんとイカンよ。


さて、歯医者。
大体、いつも不満な感じで治療は終了する。
結構キチンと通うのだけれど、なんかしっかり治った気がしないまま「終了宣言」をされる。こっちとしては「え〜?終わりなの〜?」なモヤモヤ感タップリ。
なので、毎シリーズ違う歯医者に行く。

札幌に住んでから、なんだかんだで4シリーズ目だ。
1シリーズ目は当時の会社の近く。良い先生だった。
2シリーズ目は自宅の近くで、通いやすかったけど下手だった。
3シリーズ目は、某掲示板で評判の良い所に行った。
大して良いとも思えず、金額は高かった。

ぶっちゃけ、歯医者さん選びは「運」だな。
通いやすい所に良い先生がいるか、という。

そして今回の決め手は、「駐車場があって、会社と自宅の間にある」歯医者。
もうね、口コミとかは見ても仕方がないね。場所の兼ね合いもあるし。

そうして、前々から目を付けていた歯医者さんに飛び込みました。
こじんまりとしていますが、なかなか雰囲気は良いです。

と、歯科衛生士の方が色々と今後の治療法について説明してくれます。
親切そうで良かった…。

すると、カルテを見ながら衛生士さん、「あれ?この住所…」。
私と同じマンションにお住まいの方でした。何という偶然。

これは恥ずかしい。
ただでさえ若い女性に大口開けてアホ顔で口の中見てもらう、って結構なハードルなのに。
それが同じマンションの住人とか、結構キツイ。
と言っても、「やっぱ通うの辞めます」って言ったらマンションで会った時に気まずくなるし、第一向こうはそんなアホ顔は見飽きてるだろうし…、という事で通うことに。
今では特に意識することもなく、毎回アホ顔を晒しています。


こないだ、なんとなく、その歯医者さんのHP見てみた。
先生の紹介ページで、出生に見慣れた町の名前が…。
俺の生まれた町と同じ!
あの、人口5000人位のド田舎で生まれた歯科医と患者が札幌で出会い、治療!
隣でバキュームを持つ衛生士は同じマンション!



う〜む。
書いてみると、大したことないな。

悪いようにはしないってば

退去立会いに行くと、稀に嫌な気持ちになることがあります。

部屋全体が汚れている場合でも、それが生活上不自然な汚れでなく、かつ居住年数に相当する汚れであった場合は、当社では基本的に全額敷金をお返しします(難しく言うと「通常損耗」と「経年劣化」)。

オーナーさんにも、その旨はきちんと説明していますし、了承いただいてます。

あくまでも、国交省発行の原状回復ガイドラインに沿った内容で精算(清算)しています。

なので、長期間(10年とか)住んでくださった方等で、壁に穴を開けたり落書きがあったり、という内容(難しく言うと「故意・過失・善管注意義務違反、その他通常の使用範囲を超える損耗」)が無ければ、基本的に敷金は殆ど戻るのです。

しかし、敵対心をムキ出しにして「ここは最初から汚れてた!」「これは私がやったんじゃない!」と声高に向かってくる方がごくたまにいらっしゃいます。

こちらとしては、最初からあったのであれば、それを言ってくれたら然るべき方法で確認を取ったり、オーナーさんと協議したりします。
そんな向かってこないでも…、と思うのです。

大体、前述のガイドラインに沿っていれば、カーペットやクッションフロア、壁紙クロス等は6年以上経過していれば借主の修繕負担は10%までです。
5万円かかる工事でも5千円が最高なのです(ちなみに、設備は新設から8年で10%)。
そんなに多額の修繕費用を取ることは稀な事なのです。

そして私の場合は、長く入ってくれていた入居者さんの場合には「何も無ければ敷金返金しましょうね」と予めオーナーさんに報告して、了承を得てから退去立会いに向かうことが多いです。

ですので、ヤンヤヤンヤと頭ごなしに主張されている間、とても悲しい気持ちになってしまいます。



何も言わないと敷金返してくれない、莫大な清掃費用や修繕費用を請求される、という思いから、強く主張されるのでしょうね。
これも長年、悪い不動産屋が広めた「負の功績」なんだろうな。

お誘い?

本日お昼に、行きつけの定食屋さんに行きました。
その店はカウンターだけの狭い店で、サラリーマンや若い兄ちゃんがガッツリ食って満足、みたいなタイプの店です。

僕がカウンターでチキンカツ定食を食べてる。
隣にオジサンが座り、焼きサバ定食を頼む。

隣に焼きサバ定食が。
オジサン、おもむろにソースを手に取る。
サバにソース!?
と思って見ると、コロッケも付いてるのか。
フーン、いいね。
今度食べようかしら。

て、見てたらオジサンがコッチ見た。
あ、ジロジロ見てすんません。

てな感じで目をそらし、僕はまた自分のチキンカツを貪る。

…視線を感じる。

ん?と隣のオジサンを見ると、オジサン目をそらす。
コッチ見てたの?

と、コロッケを見ると、ソースがハートマーク。
意図的な仕上がり。


…なんか、ちょっと…。



とりあえず、すぐ食ってすぐ出ました。
ちょっと怖かったけど、お気に入りの店だからまたいくどー。

BlogPaint

最後の夏フェス

先週末、倶知安で行なわれた音楽野外フェスに行ってきました。
夏フェスと言えなくもなくもない微妙な時期です。夜は寒いよ。
ワタクシ、昔の仕事の繋がりがありまして…。
何とか潜り込めました。

しかし、当日の朝はドシャ降り。
お天気が心配です。

そら





自称、晴れ男の私が現地に着くと、やや天気も回復傾向。
物販テントの準備も完了。いよいよ始まるなぁ。

テントたち





と、私はバックステージで懐かしいスタッフさん達にご挨拶。
あまりの変わり様(当時より20kg太った)に久し振りに会う人たちは皆様爆笑して頂けます。ありがたいことです。

と、会場が開場!

人






わーわー。
始まりました。

実は、今年は野外ライブを見ていなかったのだ。今年、最初で最後の野外ライブなのだ。嬉しい。

最後のバンドが出た時には夕方18時。
私はスタッフTシャツで過ごしていたので、さすがに寒い!上着をくれ!

そして、楽しい時間はあっとゆー間に過ぎ…、バラシ(会場のお片付け)スタートです。
この半日の本番の為に3日前からステージを作ったり照明を組んだり、音響設備をセットして楽器を並べて…。
3時間で元の原っぱです。

儚いねぇ。でも楽しかった。
音楽ってステキだわ。


今回オチなし。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ