2017年09月27日

尾瀬沼ビジターセンターで偶然!



本日の目的地は、見晴の山小屋ですが、情報収集と休憩のため尾瀬沼ビジターセンターに立ち寄りました。

ビジターセンター入り口の掲示板で、天気や熊情報、登山道情報など確認します。
DSC04094



ビジターセンター内には工夫を凝らした掲示物があります。今年は尾瀬国立公園10周年記念ということで、いろいろなイベントがありました。
DSC04095



ビジターセンター入り口にスタッフが、いつもより多くスタンバイしてます。団体さんが見える頃なのかしら?と受付のスタッフに確認しましたら、本日ビジターセンター来場者45,000人目を待っているということでした。それならわたくしが!とビジターセンターへ入ろうとしましたら、関係者はNGということでした。今回はプライベートでの尾瀬歩きなのですが。。。。。

と話をしていると、カウンターが45,000を刻みました。人数カウンターはビジターセンター入り口に設置してあり、センターを出るときに動くそうです。

おめでとうございます

DSC04085

お二人とは、沼山峠から大江湿原への木道で、何度か追い越したり追い越されたりして、言葉を交わしていました。大阪から青森の奥入瀬、尾瀬への旅の途中ということでした。



昼食には少し早いので、長蔵小屋前の清水で手を洗い、沼尻目指します。
DSC04082



さっきは頭を隠していた燧ケ岳が全容を見せてくれました。
天気回復の兆しかしら?と、都合のいい解釈をして、また歩き始めました。

DSC04081



つづきます。




arsoze at 09:11|PermalinkComments(0) 沼往復コース 

2017年09月25日

大江湿原 秋の彩り



草紅葉の大江湿原は、小雨の止んだ曇り空の下に広がっていました。

湿原全体が色づいています。
DSC04072





所々の赤は、レンゲツツジの葉っぱの紅葉です。
DSC04075


花の少なくなった湿原の華は、オヤマリンドウ
DSC04071



猛毒といわれるオゼトリカブト。美しい青紫の花に誘われ、触れることのないようにしましょう。
DSC04074



木道の脇に、オオシラビソの倒木です。先日の台風で倒れたようです。
木道をふさがないよう、ビジターセンターの職員が整備してくれました。
DSC04078 DSC04079
























小雨がぱらついた大江湿原からは、頭に雲を乗せた燧ヶ岳の姿です。雄姿の一部が見られただけラッキーということで、ビジターセンターへ向かいました。
DSC04076
















arsoze at 03:45|PermalinkComments(0) 沼往復コース 

2017年09月24日

秋の尾瀬 沼山峠の秋



9月22日(金)

秋の尾瀬満喫コース
御池からシャトルバスに乗って、秋の尾瀬を歩いてきました。

ブナ林を上から見下ろす地点でバスは停車します。車窓から見下ろすブナの林は、まだ色づいていないようです。ブロッコリーの森が色づくのは今月末頃でしょうか。




沼山からの入山口には、九州からのツアーのお客様が一団体と、2〜3名の個人のグループが3組。

団体の出発前にスタートしました。
人もまばらな静かな峠です。

みずみずしい苔。
雨が降った後で、水を含んだ苔、そっと触ってみましょう。ふかふかです。
DSC04062


オオカメノキ
赤い実の季節
DSC04063


ゴゼンタチバナ
今頃、季節はずれの花が咲いていました。
今は、こんなに実らせて、頭を垂れています。
DSC04064

DSC04065



シラタマノキ
真っ白な実です。
DSC04066


オヤマリンドウ
DSC04067


DSC04068


大江湿原が見えてきました!
色づき始めた大江湿原の草紅葉。
DSC04069



大江湿原の草紅葉や景色、次に掲載します。




















9月


arsoze at 06:41|PermalinkComments(0) 尾瀬沼、尾瀬ヶ原縦断(山小屋泊) | 沼往復コース

2017年09月19日

色づく尾瀬。


湿原が色づいてきました。

尾瀬は、もう秋の装いです。

尾瀬保護財団より、
『尾瀬情報』大江湿原版、参照ください。


尾瀬情報


今週末、のんびりプライベートで入山します。
来週、秋晴れの尾瀬の風景をお届けでしたいと思います。

台風が過ぎて、登山道の様子が気になりますが、通行止めの情報はないようです。連休の天気に期待しましょう。






















arsoze at 21:27|PermalinkComments(0) 尾瀬保護財団より 

2017年09月08日

静かな尾瀬



県内の小学生が、林間学校行事の一環として、尾瀬入山しました。

尾瀬ガイドとして担当した生徒さんは13名。小学5年生です。

小雨ぱらつく程度で、予報ほど雨が降らず、静かな尾瀬を賑やかに歩いてきました。

毎回、植物よりも動物や昆虫に興味を示す生徒さんが多く、今回は『山ナメクジ』を見つけよう!と盛り上がったのですが、残念ながら遭遇できませんでした。オコジョにも会えず、今シーズンもオコジョ発見証をゲットできないかもしれません。

今の尾瀬沼・大江湿原の様子が尾瀬保護財団の「尾瀬情報」に掲載されていましたので転載します。
尾瀬情報



今回は、時間に余裕があったので、ゆっくりとビジターセンター内を見学、体験することができました。ビジターセンターの職員さんがいつも優しく対応してくださいます。今日は熊の被り物でお出迎えしてくれました。
IMG_0600[1]



オコジョの着ぐるみも人気です。
IMG_0601[1]


今シーズンの団体さん尾瀬ガイドは、ほぼ終了しました。

紅葉シーズン前で、とても静かな尾瀬歩きでした。












arsoze at 01:25|PermalinkComments(0)