2016年09月15日

尾瀬 大江湿原の草紅葉


秋が来てしまいました。

まだ入り口ですが、季節は山を駆け降りてきます。

ただ、ここのところの異常気象で暑さが残っていたりはしますが、確実に涼しくなってきました。

晴れた日の大江湿原、草紅葉が始まっていました。

DSC02909




草紅葉の間に見える『アブラガヤ』は、今年、水不足なのか草丈が低い気がします。
DSC02912



草紅葉の中に、赤い花のようなものは『イワショウブ』の実のようです。まるで花みたいに見えますね。
DSC02913


草の色も模様になっています。湿原の水分や地形のよるものです。
DSC02916


草紅葉から、徐々に山も色を染めていきます。足元の花たちも霜が降りたら一晩で色が褪せていきます。

長い冬が来る前の秋空は、一段と青く澄み渡っていました。









arsoze at 00:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 沼往復コース 

2016年09月10日

長蔵小屋のお客様



久しぶりにカラリと、爽やかに晴れました。

尾瀬歩き、しばらくぶりに行ってみよう!

午前9時。御池到着。

週末ということもあり、御池駐車場はほどよく混んでいました。
DSC02988




今日の尾瀬歩きは、自己研修。

ゆっくりと歩き、景色を堪能、写真を何枚も撮り、尾瀬沼ビジターセンターへ。
DSC02953


休憩は尾瀬沼畔の無料休憩所へと向かう途中、長蔵小屋の前から回り込みます。


長蔵小屋の開け放たれた窓に、なにか黒いものが!
DSC02954


DSC02955



くま?

熊!

一瞬、騙されました。ほっこりな尾瀬沼畔です。
















arsoze at 22:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 沼往復コース 

2016年09月09日

『草紅葉』くさもみじ



大江湿原の秋の色は、草紅葉。

草紅葉が始まったようです。

長い冬が来る前の、鮮やかな山紅葉には少し早い、初秋の尾瀬の便りをお届けします。

042b61a9ce911de76d5401ebda1c252b



                  上記資料は尾瀬保護財団より














arsoze at 22:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 尾瀬保護財団より 

2016年08月22日

ジャコウソウ



ガイド依頼が一段落して、半月が過ぎました。

足の筋肉が衰えてしまいます!

ということで、筑波山登山へ。

もちろん往復歩きました(汗)

一日経って、あれほど尾瀬を歩いたんだから筋肉痛はないはず、

ないはず!だったのですが、軽くきました!これからは涼しくなるので足腰トレーニングしたいと思います。

そんなガイドのシーズンオフの話をなぜここで書く?

実は筑波山でも、尾瀬ヶ原で見た『ジャコウソウ』を見つけたのです。
IMG_3349


尾瀬保護財団より『尾瀬情報』↓にも掲載されています。
13尾瀬情報 ジャコウソウ


この時期、筑波山に登るのは初めてだし、『ジャコウソウ』も最近知った植物なので、夏でも筑波山の頂上付近で高山植物が楽しめるんだ!と新しい発見です。トリカブトも咲いてましたよ。

尾瀬は遠い、と思われる関東にお住いの方でしたら、高原の風を感じに筑波山登山もおすすめです。

ただし、意外ときつい筑波山登山。足元をしっかり、雨具も準備しましょう。急な階段や斜面を登っていくとき、下山時のサポートにストックもおすすめです。森の中を歩くときは虫よけがあったら、蚊、アブ対策にも有効かと思います。水は500ミリリットル2本用意しましょう。頂上まで売店は有りません。

筑波山登山のいいところは、ケーブルカーやロープーウェイがあるところです。往復乗車してもいいし片道乗車で登山も楽しむ、老若男女、いろいろな楽しみ方があります。

尾瀬がクローズしたあとも、筑波山はオールシーズンです。雪が降った直後の登山は軽アイゼン必要なくらいです。

次回、紅葉登山したいと思います♪

























arsoze at 21:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)  

2016年08月09日

尾瀬は秋〜♪


尾瀬の麓の南会津は、真夏、真っ盛りです。

暦の上では「立秋」。
秋の始まりです。

??秋の気配を感じますか??

尾瀬沼からの便り、秋を感じさせる写真が届きました。

リンドウにアキノキリンソウ。

ちょっと訪れていない間に、尾瀬は秋でした。

尾瀬





             尾瀬保護財団
                   尾瀬情報より

















arsoze at 00:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 尾瀬保護財団より