2006年05月

2006年05月31日

今日は胴体班とキャノピー班からの投稿を掲載するはずなんですが・・・。
主翼の胴体への取付けが行われましたので、その模様をお伝えします。
予定していた内容は後日掲載します。

31日午後から胴体部への主翼の取付け作業が行われました。
29日のブログで掲載したとおり、
“仮組み”は済んでいたので順調に作業が進んで行きます。
0102





でも、いざ取り付けてみるといろいろと不具合が・・・。
すでにご報告のとおり、
主翼は中央に1枚そして左右各4枚の計9枚で構成されています。
構成翼の継ぎ目に隙間ができてます。
03





先端部および後縁部でそれぞれ15mm程隙間が開いてました。
0504





06












フィルムを“ピンッ”と張った影響でしょう。
補修を考えないと・・・。

徐々に翼が継いでいかれ、左右に3枚目の翼が付き、
キングポストからワイヤーを張り、
自重でどれだけたわむか試してみようとした矢先、
「パーン!」と甲高い音が格納庫内に響き渡りました。
07





「何事?」と思い、主翼を調べてみますが外観上は特に変化は見られない。
念のため、主翼の各構成翼をはずしてパイプ内部から見てみると、
中央翼の黄色の○のあたりのパイプ内部がおかしい(見た目や触覚)・・・。
08





まだ確証はありませんが、どうもこのあたりが怪しそう・・・。
明日以降でさらに詳細な調査&補修方法の検討をする事になりました。

大会まで50日ほど・・・、まだ時間は十分あります!
主翼班のみならず、4年生一丸となってこの難問に取り組んでください!
Comments(2) |  (23:36)

2006年05月30日

リニューアル2日目。
今日は駆動班とプロペラ班の作成です。
まずは駆動班から。。。

****************************************************************

駆動部です。

今日は駆動部を紹介したいと思います。
駆動部は、パイロットがペダルをこいでプロペラが回るまでを担当しています。
その中でも、メインとなってくるのが下部と上部のギアボックスです。
いわば人力機の心臓ですね!!!
01

02









駆動部は、度重なるトラブルにも負けずにがんばっています。
トラブルには、歯車の回転の不具合や、
胴体とギヤボックスの結合部予の強度不足などです。
一つ一つを解決しながら、僕達は日々精進しています。

駆動部は、栗原社長(最高経営責任者)を筆頭に、
松永専務、印丸工場長、峯浦隊長、井上(平社員)、園入(アルバイト)
そして、なんと隈元(テロリスト)の7人で活動しています。
なにか、聞きたいことがあれば、4階の大橋研究室までお越しください!!

****************************************************************

大橋先生は相談役・・・?、いや次期パイロット候補でしたね。(^o^)

次にプロペラ班。。。

****************************************************************

今回完成したスピナ−を付けて性能試験をしました(^^)/
03






このスピナ−に使われているエポキシ樹脂は、売っていないものなのですw
メーカーが開発中の製品で、名前は、「どんぐりコロコロ No.8」といいます!?
04






試作がてら使ってみると、頑丈に出来、軽く作ることに成功(^^)v
しかし、喜んでいるのも束の間、
甲斐先生から「中心が合ってない!」という“ダメ出し”が出てしまい、
このスピナーは、ボツに(; ;)よし、次こそは、完璧にしてやる!!
微妙にスペースがあるので佐藤君スマイルを載せましたw
05






****************************************************************

ダメ出しされてしょげてる((*_*;)写真が欲しかったなぁ・・・。
写真の挿入位置の指示が無かったけど、こんな感じで良かったでしょうか?

明日は主翼が胴体に取り付けられるらしい・・・。
割り込みで記事書いちゃおうかなぁ・・・。
どうなるかお楽しみに♪
Comments(3) |  (19:05)

2006年05月29日

今日からこのブログは各班が記事を投稿する事になりました。
まずは主翼班から。。。

****************************************************************

各班によるブログ更新初日ということで、
投稿期限の時刻にさっそく遅れてしまいました。
これからブログを書くことになる各班の人は注意しましょう。

作業に専念していると忘れますよ(苦笑…
ちなみに投稿締切は18:00となっています。

組立にはもう少し微調整が必要ですが、
先週末に主翼がほぼ完成段階に入りましたので、
まずはその話題から。

ARSP-106に使用される主翼は計11本のカーボンパイプで構成され、
このうち胴体に結合されるパイプを「第1パイプ」と呼んでいます。

この第1パイプを除いて、同様に第2,3,4,5,6という
外径の異なるパイプが各2本ずつあります。

このうち第5,6パイプは分割せずに一本のパイプとして
結合した状態で使用するため、
ここでは閲覧者のみなさんがが分かりやすいように
「永久結合パイプ」という名称を用いることとします。

以上をふまえると、実質組み立てる際のパイプ本数は
 9本 ということになります。

下の写真は先週末(27日)に
第1パイプに右翼用の第2,3,4パイプを
結合させている様子を写したものです。
karikumi






人が立っている場所が、ちょうど翼の分割ポイントです。

翼の大体の大きさが想像できるのではないでしょうか。

ちなみに全9本のパイプをつなぎ合わせると
主翼の全幅(スパン)は約30mになります。

 補足 : 写真一番右から 第1パイプ
                 第2パイプ (左翼用 )
                 第3パイプ ( 〃   )
                 第4パイプ ( 〃  )

 となっています。

ごらんの写真のように手で各パイプを支えての仮結合は
パイプの結合状態の確認と通称「キングポスト」呼ばれる
主桁(カーボンパイプ)をつり上げるための部品から張られる、
「ランディングワイヤー」の長さの確認と調整のために行いました。

 補足:キングポストとは下の写真において、翼置き台の上に固定されている
     翼の中央部から天井側に向かって伸びているパイプの名称です。
king










    
    後方のYS-11の機首部分に重なっていて形状が分かりにくいかも
    しれませんが、パイプをむき出しにすると空気の抵抗となるので、
    パイプの先端部にはキャップを、
    また、主桁取り付け部にはフェアリングを装着します。
    写真で白く見えるのがそれらです。
    材料は発砲スチロール。

    ちなみにこのキングポストが取り付けられるパイプが第1パイプです。
    
ちなみに実際には写真の一番左端に最翼端パイプとなる
永久結合パイプ(第5,6パイプ)が結合されます。

さて、本日の作業はというと、
先週までの主翼部品製作および部品組立の作業とは作業内容が少なくなり、
翼にまいたフィルムのはみだした部分をカットをしたり、
強化Rib(パイプの一番端のRibのこと)の結合用のネジ穴にボルトが通るかの確認、
また、締結面における加工による段差をヤスリで削ったりと微調整が主な作業となりました。

また、各部品の微調整に加え、
第1パイプの中央部にはまだフィルムを巻いていないので、
その部分のフィルムの巻き方、
主翼を胴体に取り付けるための部品( U 字の金具 )締め付け方法の
検討および実験を行いました。

ブログ内容投稿時間を3時間もすぎしまいましたので、
本日はこのあたりで。

それでは、南君お手製料理でお別れです。

本日の料理(昼食)
 
 『 手羽の赤ワイン煮込み 』
ryori






※本日の主翼班ブログ記載者は 昌伸卒研室代表、
 主翼班リーダーが担当いたしました。

****************************************************************

T君ご苦労様。
初回からこれだけの内容になると、
他の班にはプレッシャーになるかも・・・。
(って私から他の班にプレッシャーをかけておきます(~o~))


続いては尾翼班

****************************************************************

どーも、先日自ら垂直尾翼のリブを破壊した尾翼班の山口です。

学生が書くブログということで多々妙なところがあるかもしれませんが、
どーかお許しを・・・。

早速、尾翼班の近況報告をさせていただきます。主に先週の出来事です。

まず冒頭にあったリブの破壊についてなのですが、
これは自衛隊のテストフライト用の水平尾翼のカバー
(尾翼が破損した際に部品を紛失しないようにするためと、
急な雨が降ったときの雨よけ)を製作している時に事は起こりました。

作業に集中していて不用意に尾翼の周りをフラフラしていると、
自分の肩に何か当たる感触がし、
それと同時に『クシャッ』というヤな音が・・・。

「えっ?」と思い振り返ってみると、
そこには一部ひしゃげた垂直尾翼のリブの姿が。

どーやら、気づかぬうちに大切な垂直尾翼にショルダーアタックを
ぶちかましたようです。

このリブというものは、翼の断面の形状に合わせて切り出された板状の
ミラフォームでできており、それぞれのサイズ・形状のリブが
翼の中を何本もあばら骨のように通っています。

あばら骨といいましたが、役割も翼の強度に強く影響しているポジション、
というか翼の形を維持しているそのものです。

当然、これがわずかでも折れていれば、翼の強度にあたえる影響は深刻!

「あー、やっちまった俺、俺やっちまったよ・・・」とその日のその後の作業は気が気ではなく、とても集中できませんでした。

就活で事故現場にいなっかた尾翼班リーダーに、
電話で事の次第をしぶしぶ伝えると、
翌日に折れた部分の形に切り出したバルサで挟んで補強せよ!とのこと。

翌日、朝一で作業にとりかかりました。

最初の作業が、苦労して貼ったフィルムを剥がすことだったので、
いきなりテンションはガタ落ち。

写真は折れたリブとその作業の一部始終です。
0102






0304






幸い、折れたリブは一枚で、破損程度もそれほど大きくはなかったので、
思っていたよりすんなり作業は終了。

翼の周りで作業する時は、注意力をもってやろうと誓いました。


続いては、舵角調整。

前のブログで少し触れていましたが、
プロペラ後流が原因なのか左方向に曲がり右方向のラダーの効きが弱く、
そこで舵角を広げ、操縦桿がニュートラルの状態の時、
垂直尾翼は胴体と並行ではなく右に約5度傾けた状態
(機体を上から見た時、垂直尾翼は胴体に対して反時計回りに約5度傾いている)
にしました。写真が無 くてごめんなさい、、、

しかし、今度はそれだと右方向に効きすぎ、左方向が弱くなってしまいました。

今後、走行試験をやっていくなかで、
ベストな垂直尾翼のニュートラル位置を決定していく運びです。

この発案や作業は、主に制御班、駆動班がやってくれています。


さて、今度の自衛隊テストフライトまでに尾翼班単独で終わらせなくてはいけない、主な作業は垂直尾翼の下端キャップの予備の作成です。
もし、テストフライトで機体が後部から尻もちをついた場合、
間違いなく下端キャップは破損することが予想されるからです。

そしてもう一つ、垂直尾翼のカバーの完成です。単純にカバーといっても、
今年は脚立を持っていかないそうなので、
脚立なしの状態で約3メートルの高さの垂直尾翼に傷つける恐れがなく
スッポリとカバーをかけられるような仕様って意外と難しい・・・。
翼の繊細さは身をもって体験済みです。

色々話し合いをした結果、長ーい棒かパイプを2本使い、
その先にカバーの口を引っ掛けて、
上から被せるという案でいってみることになりました。

皆さん、頑張りましょう!!

最後に、慣れないメールソフトを使っていたため、
とんでもないミスをやらかしてしまい、
ブログへの反映が予定より1日遅れてしまったことを深くお詫びいたします。

****************************************************************

山口君
夜遅くと言うか、早朝にご苦労様。
今後は作業の進捗状況をこまめに撮影して行くと良いですよ。
記事を書く時、文章が少なくて済みます。(^o^)

Comments(1) |  (22:44)

2006年05月28日

5月10日にブログを開設して今日で19日目。
機体の方はほぼ完成と言う状況になり、ちょっと一段落と言ったところです。
もちろんこれから走行&飛行試験、機体の微調整、大会に向けての諸準備など
作業は目白押しで気を緩めることはできないんですが・・・。
製作に関する作業をまとめ、記録に残しておく事を目的に
今後のブログは各班の皆さんに記事を提供してもらうことにしました。
予定は以下のとおりです。
29日:主翼班&尾翼班
30日:駆動班&プロペラ班
31日:胴体班&キャノピー班
 1日:操縦班&パイロット班

以後はこの順番で投稿されます。

卒業生の皆さんから引き継いだ製作、
いろいろと苦労&仕様変更したところなど、各班から報告があると思います。
皆さんお楽しみに♪

さて今日の最後は、5月27日が松尾先生の54回目の誕生日でした。
1日遅れましたが、誕生日おめでとうございます。
01

Comments(2) |  (18:32)

2006年05月27日

26日のブログで、
「明日のブログでご報告」なんて書いておきながら・・・、すいません。m(_ _)m
今日は28日ですが27日分として掲載いたします。

主翼の完成状況を確認すべく朝から空港キャンパスへ。
格納庫に入ると主翼を構成する各翼がずらりと並んでいます。
0102






今回の主翼は中央に1枚そして左右各4枚の計9枚で構成されています。
そのうち8枚がフィルムまで貼られていました。
そして最後の一枚がフィルム貼りの真っ最中でした。
0304






なぜか正座で作業する長井君・・・、この体勢が楽なようです。
隙を見せると、何やら怪しい物が耳元に・・・。
0506











リーダーの入江君に聞いたところ、午後から重量計測&組立を行うそうです。
で、報告はここまでとします。
なぜか言うと、理由は28日分のブログで・・・。

私事ですが、夜には大学院の面々が遊びにきてくれました。
07






M2の峯崎君、就職活動のため大阪日帰りで空港から直行してくれました。
自分でつまみを調理そして飲む時は正座!?
08






09











楽しい時間を過ごし、気がついたら日付が変わっていました。
所々記憶が飛んでいるのですが・・・(-_-;)、失礼な事言ってないよね?(~o~)
Comments(1) |  (23:59)

2006年05月26日

ここ数日は大学での授業でまったく空港に行けず、ブログのネタが・・・。
「そろそろ完成するはず」と思っていた今日(26日)、
主翼を構成する各翼が完成したらしいとの情報が・・・!?
主翼班の皆さん、追込みで頑張ったみたいですね!

問題だった後縁部はきっちり仕上がったようです。
0102






0304






そしてフィルム貼りも順調に・・・。
0506






明日は主翼の組立&胴体への取付けでしょうか・・・?
私も良く判らないので、空港キャンパスに行って確認&ご報告しますね!
お楽しみに♪
Comments(1) |  (23:25)

25日、走行試験3日目。
今日も五月晴れの絶好の走行試験日和♪
皆気合十分で走行試験を繰り返します。
22日のブログで尾翼取付けストッパーを削りこんだ結果ですが、
4.8°ほど舵角が広がったようで、今度は効きすぎると・・・。
0102






0304






操縦系のストッパーで調整することに・・・。

と行っていた矢先、走行試験中に“バキッ!”っといやな音が・・・。
格納庫に戻って調べてみると、
垂直尾翼を動かすために取付ているプーリーが外れている。
駆動部も振動で締付が緩んだらしく、隙間ができている・・・。
0506






プーリーの方はカーボンクロスで巻きつけることに。
操縦班・胴体班で共同作業です。
0807






無事完了!
と思ったら、接着剤がプーリーに流れ込んで大騒ぎに!
0910






今日確認したところ、なんとか無事に回転してくれているようです。(^o^)
Comments(2) |  (22:53)

2006年05月25日

3年生以下のテストフライト参加予定者への説明会がG号館で行われました。
01






4年生も後日説明会があると思いますが、
以下の内容を頭に入れておいてください。

日時:平成18年6月3(土)・4(日) 4:00〜7:00

場所:陸上自衛隊高遊原分屯地 エプロン(移動のため、熊本空港誘導滑走路を使用)

日程:2日(金)
    18:00 大学本館前よりバス出発
    19:00 バス空港キャンパス着、機体見学
    19:20 出席確認、参加者への説明(場所:宿泊棟食堂)
    20:10 各自解散

   3日(土) 日の出予定時刻5:09
     4:00 機体移動班集合、テスト前確認(場所:格納庫)
     4:20 サポート班集合(場所:食堂前広場)、出発
     4:30 機体移動開始
     5:00 自衛隊エプロン着、フライト準備
        テストフライト
     6:00 終了、機体移動
     6:40 キャンパスエプロン着、片付け、誘導路チェック、サポート班解散
     7:20 機体チェック、反省
     8:20 解散、必要に応じ修復作業等
    4日(日)
      天候により、実施or中止を決定する。(3日16:00時点による)
      実施の場合の日程は3日と同様。

その他:・実施要領については役割分担については、2日19:20にミーティング
    ・学科の青ジャケットを着用のこと
     (1年生の青ジャケットは5月末に配布予定)   
    ・宿泊になりますので、着替え洗面用具等忘れないようにして下さい。


Comments(0) |  (18:48)

2006年05月24日

今日は五月晴れのいい天気♪
風もなく走行試験にはもってこい!・・・と思ったら、
パイロットの濱崎君が来ない!!
浜崎君は大学で行われた企業説明会に出席中・・・どうも連絡の行き違いがあったみたいです。

そして主翼の製作も作業が遅れ気味のようです。
原因はというと、この後縁部です。
02
図面と完成品の間に微妙に誤差が生じているらしく、図面どおりに作ると、リブに合わないそうです。そのため作り直しを繰り返して時間をロスしているとのこと。


0104





でも主翼班の皆さんは連日夜遅くまで作業を続けています。
なんとか今週末頃までには完成するのでは・・・?

そんな主翼班に強力な助っ人が!?

真剣な表情でプランクにマークをつける吉松君。
03





主翼の先端部に近付くにつれ、形状が複雑になってきます。
この作業を手伝おうと弟子入り志願者が・・・!?
06
そうです。吉村先生が吉松君に指導を受けて作業のお手伝い♪
師匠の吉松君曰く、「1時間で師匠を超えました。もう何も教えることはありません」
吉村先生も「師匠の教えが良いからですよ!」

相思相愛の師弟関係(?)でした。(^o^)
0508
Comments(2) |  (23:50)

2006年05月23日

ブログを開設して14日目・・・、さて問題です。
昨日までの13日間で使用した写真がのべ87枚。
一番登場(写っている)回数の多い人は誰でしょう?

リーダーの入江君?・・・正解ですが、もう一人いるんです。
入江君に匹敵するくらい登場している人・・・。
そうこの人↓、南君です。
060523-01
過去の写真を良く見てください。どこかにオレンジ色の“つなぎ”が写っているでしょ!カメラを意識することなく黙々と作業を進める彼・・・、今日は彼が主役です。(^o^)


彼が本を開いているのを見つけ、気付かれないように後ろからパシャ!
ナント料理本を開いていました。話を聞くと昼食の献立を考えているとのこと。
060523-02060523-03





でっ、私が行くと警戒されてしまうので、
尾翼班の古相さんにカメラを預けて撮影をお願いしました。
手際よく材料を切り、炒めています。
060523-04060523-05






そして出来上がったのがこれ↓
060523-06060523-07






にゅうめん、肉じゃがの肉無しバージョン、野菜と春雨の焼肉のたれ炒めです。
6人分作って、材料費が約400円ほど・・・!?
某テレビ番組の「節約料理」に取り上げられてもおかしくないかも・・・。
あまりのおいしさに食事中の撮影を忘れてしまったそうです。(~o~)

そしてもうひとつの話題は・・・。
新しいパイロットのご紹介です。
060523-08
「若い者に負けてなるものか!」と大橋先生、
現パイロットの濱崎君を押しのけてシートに座りました。
・・・・・・・・・・嘘です。

濱崎君とギアボックスとペダルの位置関係について
打ち合わせをしていたようです(内容は定かでは・・・(-_-;))。

060523-11
駆動班の峯浦君と隈本君、
大橋先生から駆動部の微調整についてレクチャーを受けていました。

Comments(0) |  (22:16)

2006年05月22日

週が変わって走行試験2日目。
今日の天気予報だと午後からの走行試験が危ういかも・・・。
まずは恒例の入江君の風向&風力計測から。
01





問題無しとのことで、まずは1本目スタート!
02






・・・と、操縦班の松本君、ずーっと胴体の最後部を掴んだまま走ってます。
すなわち失敗です。(~o~)
気を取り直して、2本目、3本目、・・・・、と回数を重ねて行きます。
どうもまっすぐ進むことができないようです。
正面から撮影すると・・・、
03






04






05






プロペラからの影響が大きいのでしょうか・・・?
「とにかくまっすぐに進めるように!」と操縦系改良の話し合いが行われました。

尾翼取付具のストッパーを加工することで舵角を大きくしてみることに・・・。
06






左側が当初のストッパーで右側が削ったものです。
先端が細くなってますよね!山の片側だけを削りこみました。
削ったお陰でこのように・・・Before → After
0708





胴体との距離を約10mm程近づけることに成功しました。
おそらく、3〜5度ほど舵角が広がったと思われます。
詳しくは後日尾翼班から報告があるかと・・・、ヨロシクね!
午後から雨がポツポツ降り出したため、
走行試験ができず効果の程は判りませんが、
この方法ならまだ削れる余地が残っているので、今後の走行試験の結果待ちです。


さて人力飛行機製作も終盤にさしかかり、キャノピー製作も大詰めに!
連日空港キャンパスで作業です。
0910






ただキャノピー班の皆さんはカメラが“大好物”で・・・。(~o~)
カメラを向けると何処からともなく群がってきます。
↓こんな状態で作業できるわけないでしょ!ただの図面にありえない真剣な視線!
1112






そういえばこの研究室(某西田卒研)の大学院生の女性もカメラが大好物でした。
060512-1






でも、きちんと出来上がっているんですよ!
1314





今後、機体に装着して調整を行うそうです。
Comments(3) |  (23:01)

2006年05月21日

昨日から主翼のフィルム貼りがスタートしました。
まずは中央翼から・・・。
060521-1





リブに沿って両面テープを貼り付けていきます。
去年は幅3mmの両面テープを使用していましたが、
今年は5mmのものを使用しています。
フィルムを熱収縮させる時に3mmだと、フィルムが剥がれてしまうそうです。
060521-2060521-3






そしてフィルムが準備されます。
4年生の南君と3年生の米川君・・・、高さを競っています。
060521-11






フィルムを“ピンッ”と張った状態で内側から外側に向け“しわ”が寄らないように
貼り付けて行きます。
060521-4060521-5






尾翼班から応援に来た古相さん、
尾翼の方で既にフィルム貼りをかなりの回数こなしているのこともあり、
佐藤さんとの女性2トップで作業を引張って行きます。

そして吉村先生も作業に参加。
何気にカメラ目線でピースサインをしている長井君・・・、
彼もカメラを向けられると何かしないと気が済まないようです。(^o^)
060521-8






こうしてフィルム貼りが修了。
去年に比べて非常にきれいな出来だと思いません?
作業に携わった人達も「これならいける!」と手応えを感じていたようです。
060521-9






明日は走行試験の2日目です。
明日のブログでは、この走行試験の様子とキャノピー製作の様子をご報告の予定です。

Comments(0) |  (21:35)

2006年05月20日

今日からいよいよ走行試験が始まります!
まず始めにエプロンの除草作業から♪
松尾先生も作業に参加。日差しが強い中、エプロンの広さを思い知りました。
060520-1060520-2





15人程で約30分の作業でした。成果はこのとおり。↓
060520-3












そして風力&風向を調べる入江君。遠くから見ると・・・(~o~)
060520-4





さぁ、準備にとりかかります。
横の誘導路ではB-737が離陸準備に!
060520-5





準備OK!3・2・1・GO!真正面から見ると右側のように。
060520-6060520-10





060520-6060520-7





060520-8060520-9





060520-11





先日のブログで書きましたが、
テーパーパイプの細さが操縦にどのような影響を及ぼすか調べる必要がありました。
午前中は約50mの距離で2回の走行試験でラダーの効き具合をチェック。
現段階では問題無しとのことでしたが・・・、今後も様子を見る必要があります。

午後からも走行試験を予定していましたが、強風のため中止となりました。
そのため、午後からは各班がそれぞれの業務をこなすことに・・・。
主翼班はフィルム貼り、キャノピー班は「お弾さん(?)」の仕上げ、
胴体班は自衛隊飛行試験用の台車と本番用の車輪製作・・・、などなど
この様子は明日以降のブログでお知らせします。

今日の締めはこの3枚の写真、チアリーダー候補(?)です。
060520-12





「えぇ〜っ、これ使うの〜?」

「そうだよ!こうやるんだよ!フレー♪フレー♪」
060520-13






「ねぇねぇ、こんな使い方はどう?」
060520-14
Comments(0) |  (20:31)

2006年05月19日

今日予定していた走行練習は悪天候のため明日に延期となりました。

今日のブログは胴体班の白幡君&本岡君の撮影&報告をもとに作成します。

走行練習が明日に延期になり、
空港キャンパスでは“主翼無し”の状態で重心位置の計測が行われました。
060519-2






これ↓が計測装置、そして記録をとる入江君。
060519-3060519-1






計測&計算の結果、↓のようになりました。
右側に主翼を含んだ状態での予想(仮)重心位置があります。
060519-4






その後、1時間の耐久試験が行われました。
気温&湿度が高い悪条件の中、パイロットの濱崎君・・・、頑張ってます!
060519-5







そして機体後方では何やら密談が・・・。
060519-8






水平尾翼を取り付ける金具をしっかり固定するために巻きつけた
カーボンクロスのつき(乾燥状態)が悪く、ベタベタ・・・。(-_-;)
胴体班リーダーの白幡君、入江君から“ダメ出し”されています。(~o~)
明日の走行練習終了後に再度巻きつけることになりました。
060519-6060519-7
Comments(0) |  (23:14)

2006年05月18日

ブログ開設から1週間が経過しました。
どうにかネタ切れにならず毎日更新しております。

作業は主に空港キャンパスにて行われており、
講義や会議その他業務の関係上、
毎日空港キャンパスには行くことはできないので
私の卒研室の学生さん達に原稿作成や写真撮影をお願いしています。

昨日は胴体班の白幡君から原稿をもらっていたのですが、
職場に忘れてしまい、とりあえず写真のみをアップしました。
原稿を元に編集しなおしましたのでご覧ください。

さて、今日はこの1週間でブログに載せなかった“小ネタ”を♪

※※※ 携帯でもOK! ※※※
このブログですが、携帯TELでも閲覧可能です。
携帯アドレスは、http://blog.m.livedoor.jp/arsp106/ です。
右の「QRコード」を読み込んでいただくと簡単ですよ。
ネット接続の無い環境にいる卒業生の皆さんに連絡してもらえるとありがたいです。


※※※ 新戦力 ※※※(13日(土)取材)
この日の空港キャンパスでは、1年生の2人が手伝いにきてくれました。
97名の新入生の紅一点、崎元さんと南君です。
4年生の指導で主翼のリブ接着を手伝ってくれました。
1-11-2






接着後は4年生のチェックが入ります。
問題なく接着できたようです。
1-3






今後もメンバーとして頑張ってくださいね!


※※※ 踊りと呪文 ※※※
14日以降のブログで登場しております「踊り&呪文」ですが、
皆さんからの反響が多少ありまして、
もう少し膨らませてみようかと・・・。(^o^)

「踊り」といえば、やはり去年の琵琶湖でのこの人でしょう!
琵琶湖では“きれいどころ”が勢揃いしたチアガール陣を押しのけ人気者に、
そして熊本県内での放送でも話題をさらったMr.Tです。
Mr.T






カナダから苦情が来るといけないので、目だけは隠しておきます。
( Mr.T君へ お許しをm(_ _)m )

そして、今年ブレイクしそうなのがプロペラ班のMr.グロッキーです。
彼の華麗なダンスをご覧ください!
踊るグロッキー

プロペラ班(松尾研)卒業生の皆さん
グロッキー君は無事卒研着手となり、
今ではプロペラ班のムードメーカーで頑張ってますよ!

Comments(2) |  (23:32)

2006年05月17日

主翼の製作状況について、先週末から取材した状況をご報告。

リブはレーザーを使って正確に接着されていきました。
Rib-1Rib-2






撮影に熱中しすぎてレーザーを動かしてしまい、ブーイングを。(-_-;)

調整の合間には「はい!あ〜ん♪」
Rib-2





そしてプランクの切り出し&接着が行われます。
プランクー5プランクー2






プランクー3プランクー1






プランクの継ぎ目が滑らかになるように接着剤を流し込み仕上げていきます。
プランクー4060516-6






こうして順調に製作されていったのですが、
材料のバルサ材が足りなかったらしく、慌てて発注していました。

そして昨日、フィルムが到着しました。
Film-1Film-2






左側の方は15ミクロンのもので、本番に使用するのは右の12ミクロンです。
「なんとか24日の走行試験には間に合わせたい!」とのことでした。


Comments(0) |  (23:07)

2006年05月16日

昨日は機体(胴体・駆動・プロペラ・パイロット(?))の耐久試験が行われました。
060516-2






機体後方で人がたくさんいますが、別に涼んでいるわけではありません!(^o^)
プロペラを回して機体が動き出さないようにするための言わば“重し”代わりです。
ずっといると体が冷え込んできます。
甲斐先生も心配そうに見守っています。

プロペラの回転とペダルの回転の相関について調べるため、
ビデオカメラでの撮影も行われました。
結果については後日報告があるかと・・・、ヨロシクネ!
060516-3














インターバル中には駆動部の取付具合のチェックも行っていました。
振動で緩み等が発生していないか真剣な表情で目盛りを読んでいます。
060516-4060516-5






昨日報告したとおり、概ね順調に進んでいたようです。
パイロットの濱崎君から「シートを30mm程高くしてほしい」との要望が寄せられ、
胴体班やキャノピー班と打合わせしたのですが、
「30mm座面を上げるとキャノピーが作り直しになるかもしれない。」とのこと・・・。
座面を上げつつ、背もたれの角度を調整することで様子を見ることになりました。

さて、1枚目に登場した甲斐先生、
「俺は口は出すけど、手は出さないよ!」なんて言っていたのですが、
とうとう我慢できず、作業に参加してしまいました。
060516-7060516-8






土・日に巻きつけたカーボンロービングの付具合が悪かったようです。
きっとこの人↓の踊りと呪文のせいです。(^o^) しつこいか・・・。(~o~)
060516-6






佐藤さんへ業務連絡!
「踊り&呪文を見たい」との土持君からのリクエストがありました。
後日ビデオ撮影を行いますので、準備しといて!!・・・・・・・・・・・・・・嘘!(^o^)
Comments(3) |  (19:07)

昨日撮影した動画をアップします。
私のPCでは問題なく表示されるのですが・・・。
駄目な場合は、QuickTimeを最新のバージョンにしてみてください。
それでも駄目な時は・・・、すいません。m(_ _)m

060516-1
Comments(0) |  (15:55)

2006年05月15日

空港キャンパスでは機体にプロペラを装着し、
約1時間の耐久試験を行っていました。
060515-1






この写真はM1の鈴木君が撮影したものです。
実際にペダルを漕いでみると、シートの高さが約30mm程度低いらしく、
座面をあげる応急処置を行いました。
それ以外は概ね順調に進んでいたようです。

写真・ビデオを撮ったのですが、
空港キャンパスに忘れてきてしまいこれ以上の素材が無いのです・・・。(-_-;)
他にノートPC・仕事の資料・財布に携帯TEL・・・、社会人として恥ずかしい限り・・・。
昨日の踊り&呪文のせいか・・・???


さて今後の予定ですが、

5月19日(金) 大学エプロン内での走行試験開始(主翼無し)
24日(水) 〃 開始(主翼全翼付)
6月3・4日 自衛隊エプロンでのテストフライト

となっているようです。

Comments(1) |  (21:33)

2006年05月14日

さて昨日の取材の後、主翼のコネクティングロッドへの
カーボンクロス巻きつけ作業が行われました。
060514-1060514-2






メンバーが真剣に作業に取り組んでいる中、
後ろで見守っている女性は奇妙な踊りを・・・、そして何か呪文を唱えています。
この踊り&呪文が後の事件を引き起こそうとは・・・!
060514-3060514-4






休憩明けに皆が何やら相談しています。
「どうしたの?」とカメラを向けながら聞いてみると、
「何も無いです。」と言いつつカメラを見ようとせず、苦笑いしている・・・。
そのままカメラを向け続けたら、ようやく話してくれました。
踊り&呪文にかかり部品を付け忘れたらしいことを・・・!
060514-5






この部品、本来はこ赤線のように固定されるはずでしたが、
写真の左側のリブはすでに固定されていて、取り外し不可!
060514-6






でもなんとか後付け出来そうとのことで一安心。(^o^)
と言ってた矢先、まだ動揺していた入江君(本人曰く“心神喪失状態”)・・・、
リブを破損してしまいました。
予備のリブがあったので、これも一安心。
060514-7060514-8






外ではポケモンジェットが熊本を飛び立って行きました♪
060514-9
Comments(0) |  (21:31)

2006年05月13日

勢いでブログを初めて4日目・・・。
そろそろ今後の運営を考えなければ・・・、しばらくは自分が書くとしても
“毎日更新”を基本とすると一人ではちょっと続けられそうに無い・・・。

見ている人も各グループがどんな状況か知りたいはず!
今後は学生主体で更新できる体制を構築しなければ!!!!!

でっ、学生の中で最初に紹介するのは、やはりこの人達でしょう!
今年度“ARSP-106”を擁して琵琶湖に向かう代表 入江君 と 副代表 佐藤さん。

060513-1060513-2






二人とも就職が内定し、毎日 空港キャンパスで作業の指揮をとっています。
「今年は昨年の経験を生かして、トップ3に入れるよう頑張ります!」
と力強いコメントをくれました。

でも少々お疲れ(入江君曰く“心神喪失状態”)らしく、
この取材のあと、いろいろと事件を起こしてくれました。(^o^)
何が起こったかは、明日のブログで・・・♪
Comments(2) |  (20:28)

2006年05月12日

昨年実施した自衛隊エプロンでの飛行試験、
今年は6月3・4日に第1回目を予定しています。

今日のG号館ではその準備が行われていました。
早朝に空港の中を通過した皆さんは覚えてますよね?
この腕章に貼り付けていた印鑑部分がきれいに剥げずベタベタ・・・。
でっ、「後輩のために!」と立ち上がったのが大学院のこの人達。

ただ一人だけ、
「この様子を撮影&ブログに載せるよ!」と言う言葉につられて
飛んできてポーズをとった女性が混ざってますけど・・・。(^o^)
060512-1






3階の非常階段でシール剥しスプレーを使って剥すことに・・・。
でもスプレー・・・、かなりの悪臭を放ちます。(-_-;)
「かわいい後輩のために!」とこの臭いに負けず頑張ってくれた院生に感謝!
写真に釣られてやってきた女性も頑張ってました。(~o~)
060512-2
Comments(4) |  (19:22)

2006年05月11日

今日はG号館1階で作業しているプロペラ班にお邪魔しました。
ちょうど塗料を塗り乾燥させているところでした。
060511






乾燥と平行してもう1本のプロペラの磨き作業が行われていました。
060511-2











作業は1日がかりで行われるそうで、根気と忍耐が不可欠なようです。
詳しく話を聞くと、これは“練習用”だそうで、
大会に使用するプロペラを磨く時は3日程度かけて磨くつもりだそうです。
で、大会に使用するプロペラは磨きを待つだけの状態で置かれてました。
060511-3











明日から空港キャンパスでパイロットがペダルを漕ぎ、シートや操縦系等の微調整、
駆動系の耐久性について確認が行われる予定です。

Comments(1) |  (21:36)

2006年05月10日

卒業生の皆さ〜ん!
G.W.が終わり、お仕事が本格化してきましたね!
いかがお過ごしですか?
私の思いつきでブログを開設しました。
このブログでARSP-106の製作状況をご報告しますね!
OBの皆さんの書き込みお待ちしております!

さて今日の熊本は朝から雨で「もう梅雨か?」と思ってしまうほど、蒸し暑い1日でした。
そして空港キャンパスでは胴体にプロペラ・尾翼・制御系が取り付けられました。
しばらくはこの状態でパイロットがプロペラを回し各部署の挙動確認が行われます。
でもさっそく問題が・・・!
ARSP-106では胴体のテーパーパイプの長さ(5m)をフル活用することにしました。
ところが、尾翼をつけただけでこんなに撓んじゃって・・・。(-_-;)
この撓みも含め、パイプの剛性が操縦にも影響しそうなので
補強を考えなければならないようです。

pic-1






でもしばらくはパイロットに漕いでもらって様子を見る予定です。

pic-2






白石記
Comments(2) |  (22:47)

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Recent Comments
QRコード
QRコード
チェッカーズに登録
livedoor Readerに登録
livedoor Blog(ブログ)
livedoor (ライブドア)
Syndicate this site