発想力教育研究所 素数誕生のメカニズム

ポストセンター試験で問われる能力は 発想力です。 2013 年10月に出版した『ねこパズル&Seek10』も今年で5年目を迎えました。私の35年に渡る『ものづくり教育』の一環として開発した、ねこパズル発想力教育実践は、昨年定年退職で終了しましたが、今年2017年を発想力教育元年と位置づけて、ねこパズル発想力教育の普及を目指して活動していこうと考えていますので、よろしくお願い致します。このブログの内容はビッグバン宇宙の菅数論素数誕生のメカニズムを基にして構築した理論で、私の個人的見解です。ご自由にご判断下さい。素数と魔方陣で出版しました。ご興味がございましたらそちらをご覧下さい。この場での質問は受け付けていません。  

ポストセンター試験で問われる能力は 発想力です。 ポストセンター試験で問われる能力は 発想力です。
2013 年10月に出版した『ねこパズル&Seek10』も今年で5年目を迎えました。私の35年に渡る『ものづくり教育』の一環として開発した、ねこパズル発想力教育実践は、昨年定年退職で終了しましたが、今年2017年を発想力教育元年と位置づけて、ねこパズル発想力教育の普及を目指して活動していこうと考えていますので、よろしくお願い致します。このブログの内容はビッグバン宇宙の菅数論素数誕生のメカニズムを基にして構築した理論で、私の個人的見解です。ご自由にご判断下さい。素数と魔方陣で出版しました。ご興味がございましたらそちらをご覧下さい。この場での質問は受け付けていません。
 

マンデルブロ集合がフラクタルな幾何学図形を描く理由は複素数の累乗

現代の数学者は複素数は古典的代数などと言っているが、複素数はオイラーが定義した虚数単位によって誕生した単位円円周上の点の座標の表し方なので、古典的でも代数でもない。
円が1つあれば変数θを合わせるだけで、一切の数値計算不要で直読できる複素平面上に描き出された単位円円周上の点である。

IMG_4353












フラワーオブライフの数理完全解明!自然数1が見える!無理数が見える!正方形が見える!立方体が見える。

20190501-182708__img_2795
           数学と宇宙を繋ぐフラクタル次元と幾何学図形の関係
1次元 直線
 2次元 正方形
 3次元立方体


古代エジプトオシリス神殿に刻まれた謎の幾何学図形フラワーオブライフには、自然数1を定義すれば、直線、正方形、立方体の3次元のフラクタル次元に加えて無理数が含まれる平方根との繋がりが可視化している数学と宇宙の架け橋である事が分かる。  
IMG_7303
フラクタル自然数1単位ベクトル→の定義


IMG_7271
      フラクタル2次元 正方形との繋がり

IMG_7320
         フラクタル3次元 立方体との繋がり

IMG_7273
   フラクタル1次元 直線とフラクタル2次元正方形を繋ぐ 平方根との繋がり


‪‪池袋モンパルナス回遊美術館‬
‪  菅野正人 池袋の森展 今日から14日まで開催します。‬
‪拙著 素数と魔方陣をテーマにした数学と宇宙を繋ぐ架け橋研究も完結編!‬

‪64ビット3D量子コンピューターで数学と宇宙は繋がった! 第6回 池袋の森展 開催中! 11/11から14まで ‬

64ビット量子コンピューターで数学と宇宙は繋がった!
第6回 池袋の森展 開催中! 11/11から14まで

DSC04803



オイラーの数学の素晴らしさと盲点‬
‪オイラーは虚数を使って、2つの振動する粒(量子)の位相差を計算する術を編み出したが、2つの粒のフラクタルな大きさの関係を相殺してしまった。‬
‪今更、2次関数?オイラーやシュレディンガーの齟齬を生んだ虚数について学びましょう。http://blog.livedoor.jp/art32sosuu/archives/85650693.html‬

64ビット量子3Dコンピュータ誕生!!!
IMG_4680
    夢のオブジェクリプトキューブ  
       64ビット量子3Dコンピューター誕生!


数論との繋がり
IMG_7082


  20210930-133351__img_7407
  IMG_6643
IMG_7351


 立体魔方陣の1から16の数字のトポロジーを瞬時に計算して魔方陣を作る3Dアナログコンピュータです。
DSC04812

DSC04811


自然数の次元の混同が生んだミレニアム問題たちの謎を解くバイブル「素数と魔方陣」!
IMG_7379
20210930-133351__img_7407

IMG_7360

フラクタル次元
20190501-182708__img_2795
 NHK特集 未来潮流 より


自然数に関わる全ての数値計算(数論)は、フラクタル1次元直線自然数単位ベクトル→上で完結している。フラクタル2次元、3次元の幾何学図形は、各次元毎に任意のノルㇺで存在するフラクタル自然数1単位ベクトルの繋ぎ合わせによって宇宙空間にその姿を現している。
IMG_4144
IMG_7140
IMG_5034


数学で宇宙を描くためのバイブル 「素数と魔方陣」

IMG_7379



数論は直流回路 1次元 (オームの法則による電気抵抗Rの計算)
自然数の数値計算は直流回路 フラクタル1次元直線上(フラクタル自然数1単位ベクトル→上)で∞が完結 

幾何学は交流回路 2次元 (交流理論 インピーダンスZの位相計算)
オイラーの数学は、虚数単位iを妄想し、複素数で構築した2次元交流回路の振動計算。
単位円円周上で振動計算(単位ベクトルの回転)
自然数1は3つ存在 最大値、実効値、平均値(√2,1,1/√2)
しかし、振動計算の総和は0が常識


ウユニ塩湖は宇宙を写す鏡‬
‪オイラーの公式から虚数の振動を取り除けば、実軸の鏡に宇宙は映る。‬
‪ウユニ塩湖の水面から虚数の波が消えた時、ウユニ塩湖は宇宙を写す鏡になる。‬
‪この事実は、逆さ江ノ島でも確認できる。‬
IMG_7333

IMG_7329

IMG_7337


鵠沼海岸から宇宙から来た数式たち発信中!‬
‪逆さ江ノ島、茶碗の湯、ウユニ塩湖‬
‪宇宙は粒と振動で出来ている。‬
‪振動を相殺すれば、自然数1の鏡に宇宙が映るのは当たり前👏👏👏🚀‬
 
IMG_7462

IMG_7429

‪数学で宇宙を描くためのバイブル 「素数と魔方陣」 - 発想力教育研究所 素数誕生のメカニズム http://blog.livedoor.jp/art32sosuu/archives/85629227.html‬

数学と宇宙を繋ぐトポロジーの根本理論
位相を持った単位ベクトルとビッグバン宇宙の菅数論

位相を持った単位ベクトルのトポロジー根本理論
全ての正多角形および正多面体は位相を持った単位ベクトルの繋ぎ合わせ、言い換えれば、単位ベクトルの空間配置のトポロジーによって、宇宙空間にその形を現している。
1次元の数直線上の全ての振る舞いは単位ベクトルの数直線上で完結しているので、フラクタル1次元の単位ベクトルのノルムが定義されれば、一切の数値計算なしで、位相を持った単位ベクトルトポロジーによって宇宙空間に唯一の大きさで森羅万象の形は決まる。
IMG_7407


フラクタル1次元の自然数の全ての振る舞いが単位ベクトルの数直線上で完結していると言う事実を数学的に証明したのが、素数誕生のメカニズムビッグバン宇宙の菅数論である。
素数と魔方陣
https://www.creema.jp/item/5074195/detail



茶碗の湯で感じた宇宙を描く学問の感動を消し去る現代数学教育の問題点


‪ウユニ塩湖に宇宙を写す0の鏡がある。‬

∞の鏡を覗いて見れば鏡の向こうに円顔の宇宙人が顔を出す。

 
‪宇宙は粒と振動で出来ている。‬
 
‪茶碗の湯=地球の水‬=重力波の宇宙

この等式を繋ぐ単位ベクトルのフラクタル&トポロジーの発想が、現代の数学ではオイラーの公式で相殺されたまま机上の空論を展開しているのが、数論と幾何学(数学と宇宙)が乖離した最大の原因である。

 
‪ウユニ塩湖の水は0振動  宇宙を写す鏡‬ 

IMG_6387

 
‪桂離宮の月見台の池の水は2次元振動の月光のリサージュ‬
IMG_5787
 
‪サンシャイン水族館の水槽の水はブラックホールの3次元の渦‬
IMG_6376

拙著 素数と魔方陣の冒頭にも書いたが、水切り遊びの水面に現れた波が数学と宇宙を繋ぐ素数誕生のメカニズムである。

‪ 数学と宇宙を繋ぐ架け橋
ゆらゆらと波に漂う素数誕生のメカニズム
IMG_6365
リーマントポロジーラインで単位ベクトルの次元を繋ぎ、数学と宇宙をつなぐ
近未来数学の扉を開くビッグバン宇宙の菅数論  
フラクタル&トポロジー数学の概念なしに立体魔方陣ピタゴラストーンは語れない。
IMG_6601

IMG_5841

IMG_4645

  日本数学教育学会 全国大会で発表  立体魔方陣 ペーパークラフト
ピタゴラスのユピテル方陣をビッグバン宇宙の菅数論で見出した立体魔方陣の公式で立体化した立体ユピテル方陣と、サグラダファミリアのクリプトグラム33を公式で3D立体化した立体クリプトグラム33のペーパークラフトです。
現在の数学界では魔方陣自体が不思議と言われている状況なので、使う数字には無関係な魔方陣のDNAや立体魔方陣作成公式の存在は全く研究されていませんが、数学の魔方陣の定義に従ったピタゴラスのユピテル方陣と、その定義を無視したサグラダファミリアのクリプトグラム33の両方を公式で立体化して見ると、魔方陣には、4つのアイテムによる数字には全く無関係な空間配置の法則性が存在している事が確認できると思います。

‪リーマン予想証明後の数学 魔方陣のDNAから立体魔方陣へ
https://youtu.be/_AUJ2F28xvc @YouTubeより‬

IMG_5621






















素数と魔方陣 2015年出版
IMG_4881

IMG_6286
 

7番目の正多面体発見! ∞フラクタル七芒星で証明できるプラトン7の驚きの顏

宇宙人発見!
プラトン7  正7角形12面体と
ケプラー立体の星形正多面体を合わせたら、これは最早宇宙から来た立体と言えそうですね。
ケプラー立体は七芒星二等辺三角形84面体と言えるでしょう。
正五角形の正12面体からできる小星形12面体の黄金比二等辺三角形60面体と比較してみれば、正多面体との繋がりも明らかである。

IMG_7792
   正7角形12面体+星形正多面体七芒星二等辺三角形84面体 (宇宙人)

   正7角形12面体 
IMG_7791


IMG_7790

 

第44回 iペローシア展 11月29日から12月4日まで 銀座長谷川画廊で開催

IMG_7783




IMG_7768

IMG_7770
ガロアが見た宇宙 フラクタル円分体曼茶羅 油彩S20号


IMG_7769
        会場風景

IMG_6600


IMG_6603

IMG_20221126_0002
        フラクタル円分体 五芒星曼茶羅

IMG_20221126_0001
         フラクタル円分体 七芒星曼茶羅

フラクタル7芒星

IMG_7773
IMG_7772
IMG_7771

自然は証明のない数学アートで一杯ですが、フラクタルのキーワードを概念に加えれば、幾何学の言葉で宇宙を描く事が可能になります。
2015年 素数と魔方陣 出版から8年目、証明付きの数学アートを公開し続けています。
お時間がございましたら是非お出かけください。
 虚数振動を消したモンサンミッシェル2IMG_7738
IMG_7085
IMG_7654

3次方程式と2次方程式解の公式で証明する宇宙から来た数式

自然数と宇宙をつなぐ公式発見! (Σn)^2 =Σn^3   自然数・平方数・立方数の定理と証明

(自然数の総和)^2 =立方数の総和

自然数・平方数・立方数の定理と証明

自然数平方数立方数の定理
自然数n=1to ∞ として
   (自然数の総和)^2 =立方数の総和   の等式が成立する。


証明
1から6まで
(1+2+3+4+5+6)^2=441
1^3+2^3+3^3+4^3+5^3+6^3=441
右辺と左辺は一致している事がわかる。

次に7番目の7をxと置いて等式にしてみると

(1+2+3+4+5+6+x)^2=1^3+2^3+3^3+4^3+5^3+6^3+x^3

(21+x )^2=441+x^3

441+42x+x^2=441+x^3

x^3ーx^2 ー42x=0

x(x^2 ーxー42)=0

x(xー7)(x+6)=0

x=0 、7、ー6

7番目の数をxと置いて、等式が成立する条件を調べてみたらこんな面白い結果が得られた。
 
x=0 とは既に確認した様に1から6までで等式が成立していることを証明している。

x=ー6とは1から5まででも等式が成立している事を証明している。

そして、x=7は1から7まで拡張しても等式が成立する事を証明している。

これを8番目の数をxとして方程式の計算を繰り返してみれば、自然数の∞までこの等式が成立する事がわかる。

証明 終わり





 

∞の相殺 3∞^3+4∞^3+5∞^3=6∞^3  四立方の定理発見!ビッグバン宇宙菅数論

フラクタル3次元自然数1立方体の数理


菅数論の定理(4立方の定理)

ガロア理論の円分体を使って正多角形作図不可能証明がされて、神聖幾何学とされている幾何学図形も複素数を正しく使えば、定規だけでフラクタルな正多角形を∞に描くことが出来る。
出来る事を出来ないと本末転倒の証明をしてしまった原因は、
複素数とは何かを知らず、複素数とは古典的代数であるなどと言いながら神秘化し、数では無い複素数を暗黙のうちに原点と繋いで二次元ベクトル化し複素関数論まで仕立てた現代の数学者達の勉強不足にある。デカルトからロジャーコーツ、オイラー、ガロア、ガウスの複素数の数学史を学べば、複素数が単なる平面上の点を表す表示法で、関数計算の解ではなく、フラクタルな正多角形の頂点に存在する解の在処を表す0次元の座標点表示法である事は自明である。
複素数3点定規
点の座標表示法である0次元の複素数を平面上の点として正しく使えば、定規一つで正多角形は自由自在に描くことが出来る。


IMG_20221126_0001



フラクタル7芒星



IMG_7714
     フラクタル複素数3点定規 

IMG_7713




自然数平方数立方数の定理
菅数論の定理(4立方の定理)
bandicam 2022-11-26 08-30-54-757
bandicam 2022-11-26 08-31-33-429
IMG_20221126_0001
フラクタル7芒星
IMG_20221126_0002
虚数振動を消したモンサンミッシェル2

‪2π/n 宇宙をシェアする 元祖SDG's の発想が産んだ円分体(複素数体)‬
‪1次関数から実数解は存在しない。∞次関数まで全ての解は複素数である事を証明したのがガロア円分体2π/n‬
‪ビッグバン宇宙の菅数論数論 π/n‬
‪ガロアが見た宇宙 円分体(複素数体)曼荼羅 と菅数論 ‬
‪http://blog.livedoor.jp/art32sosuu/archives/86803511.html‬

IMG_7770

 IMG_20221126_0002IMG_20221126_0001
フラクタル7芒星





ガロアが見た宇宙 円分体(複素数体)曼荼羅 と菅数論 リーマントポロジーライン

IMG_7654
IMG_7653
IMG_4351

IMG_7738
虚数振動を消したモンサンミッシェル2

 

現代数学における自然数1とは何か? 自然数1と宇宙を繋ぐリーマントポロジーライン

1辺を共有した2つの正三角形の頂点は共有した辺の垂直2等分線上に揃う。
それが、リーマンが予想した実部1/2の直線(リーマントポロジーライン)である。


虚数振動を消したモンサンミッシェル2
IMG_7738

自然数1 (1∠0rad → 単位ベクトル)を正多角形の1辺として、位相角θ=±2π/n radで繋ぎ合わせれば単位ベクトルを共有した正多角形は正∞角形まで描くことが出来る。
この事実は、ガロア理論の円分体でも証明済である。
その時共有した1辺の垂直2等分線=リーマントポロジーラインは1次元の自然数単位ベクトルと垂直2等分線上に揃う二次元の正多角形の角数を表す自然数の繋がりを表す二次元の自然数直線である。


 

複素数は古典的代数ではなく解でもなく解の在処である事の証明

現代の数学者の本には複素数は古典的代数などと書いてある。
 特に異論もないようなのでこれが現代数学者の複素数に対する認識だろう。
しかし、複素数は古典的でも代数でもない。
ロジャーコーツが発明した弧度法と、オイラーが定義した虚数単位iによって単位円円周上の点として誕生した。複素平面上の点の座標をの表し方として誕生した単なる座標点の表示法である。

IMG_7724


はじめに複素数ありきの数学教育100年の弊害である。

ところが、デカルトあたりから数学史を紐解いてみると複素数の誕生物語はデカルトの二次関数の解の公式の中で誕生した数(今の所そう呼ぶ)である事が分かる。
 

↑このページのトップヘ