発想力教育研究所 素数誕生のメカニズム

ポストセンター試験で問われる能力は 発想力です。 2013 年10月に出版した『ねこパズル&Seek10』も今年で5年目を迎えました。私の35年に渡る『ものづくり教育』の一環として開発した、ねこパズル発想力教育実践は、昨年定年退職で終了しましたが、今年2017年を発想力教育元年と位置づけて、ねこパズル発想力教育の普及を目指して活動していこうと考えていますので、よろしくお願い致します。このブログの内容はビッグバン宇宙の菅数論素数誕生のメカニズムを基にして構築した理論で、私の個人的見解です。ご自由にご判断下さい。素数と魔方陣で出版しました。ご興味がございましたらそちらをご覧下さい。この場での質問は受け付けていません。  

ポストセンター試験で問われる能力は 発想力です。 ポストセンター試験で問われる能力は 発想力です。 2013 年10月に出版した『ねこパズル&Seek10』も今年で5年目を迎えました。私の35年に渡る『ものづくり教育』の一環として開発した、ねこパズル発想力教育実践は、昨年定年退職で終了しましたが、今年2017年を発想力教育元年と位置づけて、ねこパズル発想力教育の普及を目指して活動していこうと考えていますので、よろしくお願い致します。このブログの内容はビッグバン宇宙の菅数論素数誕生のメカニズムを基にして構築した理論で、私の個人的見解です。ご自由にご判断下さい。素数と魔方陣で出版しました。ご興味がございましたらそちらをご覧下さい。この場での質問は受け付けていません。  

数学の定義によって断たれた自然数と正多面体のつながり

プラトン立体と呼ばれる正多面体は全5種とされている。
それは、それで良いのだが、その定義が数学では作図すら自由に出来ないと証明までされてしまった、正多角形を使うと定義されている。対称性、一様体など、正多面体の本質には何の関係もない定義によって、正多面体と自然数のつながりは謎になった。

IMG_1125

左から4,6,8,10,12・・・、2で割ると、2,3,4,5,6,・・・と、正多面体と1次元の自然数はつながっている。
 ところが、正4面体の後、最初に外れたのが、正三角形正六面体である。定義によるプラトン立体の正六面体は正方形の6面体で、2次元の平面図形である正方形6面で作れば、その形は歪みのない立方体だが、1次元のフラクタル自然数バイナリー線分だけを繋いで作るとその形は歪む。これが、定義によって断たれた、正多面体と1次元の自然数とのつながりである。
頂点に集まる線分の数が等しくないと言う正多面体の本質とは全く関わりのない定義によって、正多面体と自然数のつながりを解明するために非常に重要な意味を持つ、正三角形正六面体はプラトン立体から外されて、正多角形作図不可能証明同様に自然数と多面体のつながりも断たれ、自然数に関わる多数の謎を遺す結果になった。
この誤りに気付けば3次元の多面体も1次元の自然数と完全に繋がりがあり数学が宇宙を描くためのアルファベットである事が、数学的に証明できる。
上のフラクタル自然数バイナリー線分で作った、正8面体をみるとストロー線分を繋ぎ合わせただけで、正三角形8面を貼り合わせて作った正八面体と同様に歪みのない正8面体を3次元空間に形作っている。
正8面体をよく見ると、2つの正4角錐が底面を合わせた形である事がわかる。
線分で作った正六面体では歪んでしまった正方形が、正8面体の中には歪みのない正方形として描く出されている事がわかる。この事実は数学上もピタゴラスの定理で簡単に証明できる。
そう言う見方で、先の、正三角形正六面体を振り返って見ると、正三角形を底面とした正三角錐が底面とを合わせて2つつながった形である事が分かる。
では、次に正多面体から定義によって外された正三角形正10面体を見て見ると、写真の左から4番目もやはり正五角形を底面とした正五角錐が二つつながった形である事が分かる。そして,この五角形が正五角形である事は、正n角錐を構成する斜面のn面の三角形が合同な2等辺三角形である事から容易に証明できる。つまり、正三角形の正8面体の前後の6,8,10面体にはそれぞれ、正三角形、正方形、正五角形が、フラクタル自然数バイナリー線分を繋ぎ合わせただけで立体空間に描き出されている事がわかる。これが、1次元の自然数と3次元の正多面体のつながりである。
正n角形正2n面体の法則である。
正三角形では12面体で平面になって空間に描き出される正多角形は正六角形までで終わってしまいそうに見えるが、この正多角錐を構成する三角形は任意の高さの二等辺三角形であれば正多角錐は成立する。
そして、n枚の合同な2等辺三角形で作る正多角錐の頂点の座標は正多角形が内接するはずの、リーマンが予想した実部1/2の直線上に存在する円の中心点から、3次元のZ軸方向に立ち上がる垂線上に無限に存在している。言ってみれば2次元平面から、3次元空間につながるリーマン予想のようなものである。
IMG_1128
正多角錐の高さhは任意に設定すれば、正n角形の2n面体法は成立して、整数論では作図不能と証明された正7角形も2n面体の中描き出される事になる。
IMG_1127
 この正七角形14面体をセプタゴンタと名付けた。正三角形では中心に届かないが、中心までの長さより長ければ、正多角錐は成立すし、角錐の高さは任意である。

従って、2次元の平面図形としては、数学的に正多角形作図不可能証明がされた、正多角形の作図は、正n角形2n面体法によって、3次元の空間から任意の高さの2等辺三角形でアシストする事によって、全ての正多角形は、自由に描く事が出来ると言える。

ペンタゴンタ & セプタゴンタ
【ペーパークラフト シリーズ 第5集 A4版 3点¥500- 氷山の一角他】ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイス Creema https://www.creema.jp/item/6102825/detail













 

フラクタル自然数1=アクアビーズ1個で考える、複素1次元直線と、カオス、ランダム、シーケンス
 今日は 27日からの l.ペローシア展に向けて最高の出品作が完成した。
 


 IMG_1112
  第37回展youtube
https://m.youtube.com/watch?v=dzLORNEboBo

この画廊は、銀座七丁目にある老舗画廊で、このグループ展も、今回で40回目を迎えた。個人的にはこのブログにもあるが、2015年夏、拙著「素数と魔方陣」出版の折には、個展で素数と魔方陣展を開催した。

IMG_1114
IMG_1113
これは、その時の様子を記録するために作ったペパクラアートBOXの写真。ここから覗くと臨場感が味わえる。

【ペパクラアートBox バーチャル個展    算額素数と魔方陣展  東京銀座長谷川画廊】ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイス Creema https://www.creema.jp/item/1225372/detail


素数アート展 ( in i.ペローシア)   youtube 2014.12
https://m.youtube.com/watch?v=KUqzlEFztn4

 素数アート個展  2015.7

池袋から始まるsin都市伝説。池フクロウ誕生 素数と宇宙と魔方陣と - 発想力教育研究所 素数誕生のメカニズム http://blog.livedoor.jp/art32sosuu/archives/60123778.html

それはさて置き、本題のアクアビーズで考えるカオス、ランダム、シーケンスだが、現在の数学では、自然数1のフラクタルな性質も考えずに自然数の次元が全く適当に扱われている。
このアクアビーズオブジェはその誤りに気付き、フラクタル自然数の概念を理解するための最高の数学教材オブジェになるのではないかと考えている。

カオス、ランダム、シーケンスを知ろう。
自然数も素数も1次元の数直線上の数なので、自然数列は1乗数列で1回目の階差が1!のシーケンスに従って数直線上に刻まれる数列である。
素数の配置の証明が、2次元の複素平面上に持ち込まれたのは、リーマンの奇想天外な確率論のためだが、シーケンスに従って刻む事ができる自然数に中に配置された素数配置がランダムになる事はない。

IMG_1111

        アクアビーズ数学アートシリーズ 「カオス」430ピース

ペンジュレムと言う二重振り子でその動きは「カオス」と呼ばれてその複雑な動きは、まだ、数学では解明できていない。2次元平面上でXーY軸共にランダムに素数をばら撒いた状態が数学的にはカオスの状態で上のオブジェで言えば白いに囲まれた中のアクアビーズの状態が数学的に言う「カオス」の状態である。
         ランダム^2  = カオス     の数式が成り立つ。 

これがリーマンが奇想天外な確率論でζ関数で素数だけを複素平面上にばら撒いた状態である。

ところが縦軸の様にで1つ置きに白い玉に入れ替えるというシーケンスを決めて実行すると、縦軸の間にランダムは残るが、この縦線上はカオスからランダムが1つ消えランダムな一つ置きにランダムな色が残る。これが、2次元複素平面上のカオスの平面に姿を現した複素1次元直線である。
横軸は自然数の連続性で白いアクアビーズを連続的にならべたので、ランダムな色の玉が入り込むすきまはない。これが、シーケンスである。
さて、リーマンが予想した、素数のゼロ点が揃う実部1/2の直線について考えてみると、それは、縦軸の
            カオス/ランダム=ランダム^2/ランダム=ランダム
つまり、縦軸に一つ置きに白い玉と入れ替えると言うシーケンスを持ち込んだ、縦軸が実部1/2に立てた複素1次元直線で、そこに1つ置きに入っているランダムな色のアクアビーズが、素数のゼロ点であるという事が言える。勿論、今のシーケンスは、私が勝手に決めた縦軸のカオスを打ち消すシーケンスなので、正確な素数のゼロ点ではあり得ないが、元々自然数もその中に定義された素数も、1次元の連続性を持った数なので、横軸の値を固定すれば、縦軸にその姿を表すのは当たり前の事なのだ。

リーマン予想と実部1/2直線(複素1次元直線)

IMG_1115

IMG_1116

ここにも実部1/2の複素1次元直線が現れているが、素数のゼロ点ではない。
正n角形が内接するはずの円の半径の座標が、この実部1/2の複素1次元直線上に揃う。
それは、正多角形は円には全く無関係な存在であり、1辺の長さをフラクタル自然数1とした線分を底辺とするn個の2等辺三角形の集合体だからである。1辺の長さをフラクタル自然数1に固定すれば、正n角形を構成する二等辺三角形の頂点座標は超越数πとは無関係なピタゴラスの定理だけで計算できる。そして、正n角形のnは底辺の長さが同じ合同な2等辺三角形の数を数え上げる2次元の自然数である事が分かる。そして、1次元の自然数のフラクタルな性質を正多角形の1辺の長さと固定した為に、2次元の正n角形の外接円中心点座標が、全て、実部1/2の直線上に揃う。


IMG_0981

数の次元をつなぐ架け橋  実部1/2複素1次元直線





 

「宇宙は粒と振動で出来ている」の数学的証明 自然数と単振動の相似形 
        ビッグバン宇宙の菅数論
フラクタル自然数バイナリー線分とフラクタル自然数1の定義 

振動の1周期は、正弦波交流と考えれば数学的に表す事が出来る。 
自然数列は単なる階差定数項1!の スカラー量なので、自然数1の値を正弦波交流の半周期の円周の長さがと定義すれば、全ての自然数は複素平面の単位円円周上の複素数として2値化されるので、自然数に曖昧な要素はあり得ない。0,偶数、∞が 1+0i  、奇数が  ー1+0i  、 複素平面上に持ち込んだ全ての自然数の集合体に、最早虚数i は存在しない。全ての自然数は±1に2値化された all or not のデジタル2進数である。
 

  パズルで脳トレ日本の数学力をUPしよう!
ねこパズル&Seek10は、5年前に出版した、発想力をトレーニングして鍛える事を目的としたテキスト問題集です。読み書き算盤の日本の教育概念には発想力を教育するという概念がないので、子供達ばかりか大人になっても、自分には発想力があるのかないのか知らずにいますが、測定する方法もないので大きな個人差がある能力です。この機会に是非お試しください。人間だけが持っているこの能力は無ければトレーニングして鍛える事が出来ます。
テキストの問題は数字ですが、魔方陣には数字に拠らない法則性があるので、宇宙の森羅万象、何をパズルアイテムとして使っても、問題は成立します。これが、これまでのパズルにない特徴で、発想力を集中的にトレーニングして鍛える事が出来る理由でもあります。スマホで簡単にお試しいただける様に、波佐見焼プレートシリーズを始めました。お試しいただくと大体の状況がつかめると思います。もし、自分には足りないと感じたら、ねこパズル&Seek10でトレーニングして鍛えましょう。最終目標はseek10テスターで90から100点です。
波佐見焼プレートの問題はこちらです。
問題は全てねこパズル&seek10から出題しています。
小学4年生から
スマホで今すぐ出来る。発想力脳トレ!波佐見焼プレート〇〇パズル MS44X 
http://blog.livedoor.jp/art32sosuu-seek10/archives/1072546915.html
中学生
スマホで今すぐ出来る 発想力脳トレ!  波佐見焼プレート レゴパズル MS55X 始めました 。
http://blog.livedoor.jp/art32sosuu-seek10/archives/1072544165.html
高校から一般
スマホで今すぐ出来る。波佐見焼(風)プレート レゴパズル MS66X
http://blog.livedoor.jp/art32sosuu-seek10/archives/1072875002.html

大学生一般用Seek10テスターのご案内 、Seek10テスター全25種PCアプリにリンクしています。
Krypto(クリプト)という遊びをご存知ですか?
http://blog.livedoor.jp/art32sosuu-seek10/archives/1022168471.html
 
ねこパズル テキスト使用とテスト問題複製使用についてのご案内
 全国書店扱いは2018.10で終了しました。今月から発想力教育研究所の直接販売に移行しました。
学習塾、学校、脳トレサークル、などでテキストとしての使用される場合は、当研究所の直接販売をご利用下さい。テキスト使用お申込みの団体・クラス・学校に限り、小テストやテスト問題作成のための問題複製使用権を許可します。

発想力脳トレテキスト  ねこパズル&Seek10    1冊  1008円 (税込) +送料       
           2018/11/12現在  在庫数 約600冊
大学生のための発想力脳トレパズル  Seek10 365問 +ねこパズル1  1冊  1836円 +送料
           2018/11/12現在  在庫数 約400冊
    お支払いは郵便口座振り替え
お問い合わせ  (下記メールのみの対応となります。ご了承ください。
art32mーkギャラリー 発想力教育研究所      メール     art32sosuu@icloud.com



 私のブログにも、ご覧になった方が開いたページには、私のブログとは何の関わりもないような色々な宣伝が載せられているようですが、ここで、発想力教育研究所から、発想力教育用テキスト、ねこパズル&Seek10の宣伝を入れさせていただきます。自分のブログで自分の本の宣伝をすると言うのは当たり前の事だと思いますが、今は、ブログと言う場を無償で提供して人気の記事に企業広告を入れるのが当たり前の時代なんですね。ますます、発想力が求められる時代になっています。

 正12面体宇宙音楽作曲用サイコロの面を塗りつぶす一筆書きルートが、単なる順列組み合わせやトポロジー(トポロジストさんが見たら怒るかも知れませんが)ではなく、ビッグバン宇宙の菅数論に基づいた、フラクタル自然数バイナリー線分の繋ぎ合わせによって出来た唯一の多面体、ベクトル平衡体によって、1次元の線分から3次元の立体空間までつながりが、図形幾何学で数学的に証明された。と言う事です。
ここがつながらなかった原因が、数の次元を無視したリーマン予想の奇想天外なアプローチです。
リーマン予想証明後の数学はもう25になりましたが、ビッグバン宇宙の菅数論は、今後の数学の発展に大きく貢献できると考えています。
 
 先日、形而上学研究所の先生から
『0と1で奏でる宇宙の音楽 複素平面上の12音階とフラクタル1オクターブ』-----相変わらずすごい発想力ですね。
と言うコメントを頂きました。

 0と1で奏でる宇宙の音楽 複素平面上の12音階とフラクタル1オクターブ - 発想力教育研究所 素数誕生のメカニズム
http://blog.livedoor.jp/art32sosuu/archives/77374824.html
 
youtubeなどでも私の発想力については、トレーニングによって非凡な能力が身についたと言う事は、客観的に評価されていると思いますが、私の数学未解決問題研究は、エルデスーシュトラウスの予想(日本数学協会数学文化別冊論文集第4集に収録)から始まっています。
目的は発想力トレーニングと発想力の因果関係を、自分自身で証明する事でした。
人間だけが持っている発想力という能力が、運動と同じようにトレーニングして鍛えることが出来るとすれば、これまでの人間が様々なアプローチから発想しても解けなくて未解決になっている問題も解けるのではないか?と言う論理的な発想から挑戦した未解決問題解明への挑戦から始まっています。
 教育現場での5年間の実践を経て現在は、発想力は、ねこパズルと言うメソッドがあれば、学校でトレーニングして鍛える事が出来る能力であるという、発想力教育の概念を普及させる為に発想力教育研究所を作り研究を続けています。
  研究はいよいよ宇宙空間に広がる数学的な法則性の解明に進んできました。このパズルには、見えないものに想いを馳せる空間認識能力をトレーニングして鍛える効果も期待できます。
【発想力 Seek10 ねこ惑星旅行 30問 発想力評価テスト付き A5版 39ページ】
 この、元になっているねこパズル、出版して5年が経ち、定年退職のため私の授業で使わなかった分約2年分が戻ってくる事になりました。今の学校では教育できない、子供達の発想力脳トレに、テキストとして使って見ませんか?私の授業では高校生でしたが、小学4年生から大学生まで使えます。お声がけよろしくお願いします。

【発想力教育用 テキスト ねこパズル&Seek10】
    https://www.creema.jp/item/5073239/detail
【大学生のための発想力脳トレパズル  Seek10 365問 +ねこパズル1】
https://www.creema.jp/item/5074010/detail

 
スマホで今すぐ出来る。発想力脳トレ!波佐見焼プレート鉄道パズル MS44X 
http://blog.livedoor.jp/art32sosuu-seek10/archives/1072546915.html
スマホで今すぐ出来る 発想力脳トレ!  波佐見焼プレート レゴパズル MS55X 始めました http://blog.livedoor.jp/art32sosuu-seek10/archives/1072544165.html
 
2018.11.4
発想力教育研究所 
菅野正人

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ブログリンク
MS66X 解答コーナー
 レゴブロックが足りないので画像はありません。御了承下さい。
   
第1問    A-黄色      B-青
IMG_1096

第2問    A-黒       B-オレンジ色
IMG_1097

2018/11/09
第3問  Aー緑    Bー青
IMG_1110

第4問 Aー黄色   Bー赤
IMG_1117


2018/11/13

第5問  Aー無     Bー無
IMG_1129
2018/11/13

スマホで今すぐ出来る。波佐見焼(風)プレート レゴパズル MS66X 
http://blog.livedoor.jp/art32sosuu-seek10/archives/1072875002.html


    

数学と宇宙は半分で繋がっている。
数字で言えば1/2。振動の正弦波で言えば1/2周期。円で言えば半円。
長さで言えば、超越数π。
だから、超越数πを自然数1と置き換えれば、自然数の数学上の振る舞いは2で完結して、無限に循環を繰り返す。
複素平面上で言えば、そんな事をしたら虚数が消えちゃうと数学者が叫んだ様に、虚数も超越数πも∞も超越した自然数の真理、全ての奇数は-1で、全ての偶数が1のall or notの世界である。
IMG_9526
 0                                                  1                                                 2 (0)
                           フラクタル自然数バイナリー線分
                               
全ての自然数の数学上の振る舞いは、長さが2の数直線上で完結し∞に循環を繰り返している。

このフラクタル自然数論はビッグバン宇宙の菅数論と名付けて、2014,2015年に出版公開済みである。
IMG_1088
            素数誕生のメカニズムビッグバン宇宙の菅数論

2014,【大学生のための発想力脳トレパズル  Seek10 365問 +ねこパズル1】
                   https://www.creema.jp/item/5074010/detail
2015,【素数と魔方陣】
                   https://www.creema.jp/item/5074195/detail


超越数πの超越、曲線は直線で曲線は直線なのだ!
自然数と複素数を繋ぐ複素1次元直線
整数論の前に立ちはだかる超越数πの壁に空いた、1次元の自然数と2次元の自然数を繋ぐ抜穴発見!
これでいいのだ!

自然数は比を表す単なるスカラー量なので、直線は長さの比で等分出来るが、曲線は円弧として中心点を求めて円周角を角度の比で分割しなければ等分出来ない。この直線と曲線の長さの比の関係はピタゴラスによって定理となったが、唯一、角度の比と長さの比が一致するのが、実部1/2の直線上である。
つまり、直線か曲線かに関わらず、等しい長さに分割するときにn等分という概念と実際の物理的な長さが一致するは2等分の時だけである。

数学と宇宙をつなぐ架け橋。直線と曲線の交差点は実部1/2の直線上に存在している。
IMG_0981
全ての円の円弧の1/2と直線の1/2が一致している。
超越数πの超越する唯一の数がリーマンが予想した実部1/2である。
2018/11/11

青天さんへ

IMG_0936


 ベクトル平衡体からイメージしてアクアビーズで作ってみました。

IMG_1103
    エボニー&アイボリー  宇宙空間を12分割するフラクタル12音階の形
     宇宙鍵盤   ベクトル平衡体では正六角形の各辺が3次元空間から実部1/2の垂直2等分線で分割されフラクタルな1オクターブのなかでAから始まる12音階の配置が作られている。

IMG_1104
      宇宙鍵盤その2   
 

星型多面体の定義を調べて見ると、正6面体は各面の延長が交わらないので星型多面体は成立しないとし、成立しているものを見ると、何と二等辺三角形の正多角錐が使われている。

数学上、人間が勝手に決めた定義によって正多面体の本質が見えなくなっている例がここにもあった。

tan1/2の未定義が3次元立体空間にも影を落としていた。

 数学上の定義によって消えた、正多面体 正24面体と正60面体

リーマン予想証明後の数学26  星型多面体の定義 角錐と角柱で分けられた星型正6面体

星型多面体と言う多面体があるが、良く見ると正n角形に正n角錐が貼りついただけで、こんな形は、角正多角形の中心から3次元空間に延びる垂直2等分線上に、この正n角錐の頂点座標は無限に存在している。

 
これも全くリーマン予想が証明出来ない整数論の影響か、正6面体では星型多面体は面が交わらないので、成立しないとしているが、ナンセンスだ、正三角形ではなく2等辺三角形を使って良いなら星型多面体は無限に存在する。
 
正6面体の角面に正三角形4面の正四角錐を貼り付ければ、正三角形だけで出来た正24面体になる。正12面体に正三角形5面の正5角錐を貼り付ければ正三角形だけの正60面体ができる。
もちろん、その辺長や角度を正多角形の作図不可能証明をしてしまった整数論で数値計算する事は出来ないが、ペンタゴンタ(正三角形10面の正五角形を描く出す正10面体)を見ればわかる様に、1次元で完結している自然数を使った数値計算は3次元空間では、全く意味がない。角度や線分の数値計算一切不要フラクタル自然数バイナリー線分をつなぐだけ。

  ペンタゴンタはここにあります。
【ペーパークラフト シリーズ 第5集 A4版 3点¥500- 氷山の一角他】ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイス Creema https://www.creema.jp/item/6102825/detail

 
 

アクアビーズで考える、フラクタル自然数1の定義とリーマン予想

IMG_1092
              素数と魔方陣  アクアビーズバージョン

 何故、アクアビーズを並べるだけで、素数が姿を表したり、数字の魔方陣をつくるための公式が出来るのは何故でしょう?
IMG_1088
      素数誕生のメカニズム アクアビーズ バージョン

【発想力教育研究所 発見 数学アートオブジェ 素数誕生のメカニズム13  アクアビーズ製】ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイス Creema https://www.creema.jp/item/6425174/detail

IMG_1065
        立体魔方陣の公式  アクアビーズバージョン
   魔方陣の公式は、4つ重ねると数字の立体魔方陣を作るための公式になります。

【発想力教育研究所 発見 数学アートオブジェ 立体魔方陣の公式 アクアビーズ製】ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイス Creema https://www.creema.jp/item/6425341/detail

立体魔方陣のペパクラはこちら
【ペーパークラフト シリーズ 第4集 A4版 3枚で送料込み500円 】ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイス Creema https://www.creema.jp/item/5065791/detail

     all or not の バイナリーとビッグバン宇宙の菅数論
 アクアビーズをご存知だろうか?並べた後霧吹きで水をかけるとくっつき作品が完成する、エポック社のおもちゃである。昨年、同社から5000個パックの提供を受けて色々なアクアビーズアートを作って見た。このオブジェに現れた素数も、魔方陣の公式から出来た数字の立体魔方陣も見ればわかる様に、自然数の新概念、フラクタル自然数1の定義から生まれた事実である。

 数学的なアプローチではないとか、魔方陣は不思議な魔法の様な法則性があるのではないかこいう事で中々数学とはご理解頂けないが、この自然数の新概念を理解すれば、名実ともに数学は宇宙を描くためのアルファベットになる事が出来るだろう。

アクアビーズとフラクタル自然数1の定義
何故アクアビーズを並べるだけで、素数が見える化したり、魔方陣の公式が出来るのか?
ビーズは子供のおもちゃだが、数える時は1個2個と自然数で数えあげるが、数学的に考えればビーズがあるかないかall or not のバイナリー表現が出来るが、それだけではない、色という情報を持っている。パソコンでは赤、青、緑の光の3原色を2進数8ビット^3の2進数で1700万色くらいの表現をしているが、アクアビーズはこの1個が自然数で考えれば無限の情報を持っていることになる。
これが、フラクタル自然数1の定義と同様にアクアビーズで素数や魔方陣が見える化出来る理由である。
しかし、これはアクアビーズに限った話ではなく、フラクタル自然数1の定義によってこれまで自然数の中に残されている未解決問題は、解決できる。







 

あなたの発想力をPCアプリで点数化してお知らせします。

カオスの宇宙からランダムを分離するシーケンス
Seek10テスター 宇宙を描く画家 渡邊智美works 2

 Seek10テスターでもご協力頂いた画家の渡邊智美さんのアートで、数学と宇宙とアートの繋がりについて考察して見ました。(敬称略で失礼します。)
なぜ、渡邊智美のアートに宇宙を感じるのか? 

ランダム^2=カオス の宇宙に時間の関数である自然数の連続性で秩序を与えると、カオスの宇宙がベールを脱いで、ランダムが描き出す宇宙が見える化する。
ランダム×渡邊智美=宇宙
ガリレオの言葉を借りれば
渡邊智美は宇宙を描くためのアルファベットだ!

おわり

数学研究者が考える宇宙も有ります。
Seek10テスターNo⑲ 金原数学立体オブジェ  - 発想力教育研究所 素数誕生のメカニズム http://blog.livedoor.jp/art32sosuu/archives/72902972.html

カオスの宇宙からランダムを取り出す自然数の連続性と3次元球面上のトポロジー - 発想力教育研究所 素数誕生のメカニズム http://blog.livedoor.jp/art32sosuu/archives/77484691.html

   智美さんが描く絵には題名がありません。たまに作品を区別する意味で文字や記号が使われています。
この微妙なニュアンスの違いを感じるのが、人間の脳の働きです。昔、ガリレオは、数学は宇宙を描くためのアルファベットだと語ったそうですが、未だに、このような宇宙の微妙なニュアンスの違いを数学で描き切ることが出来ていません。数学で表すことができない、微妙なニュアンスを判断し、それを、論理的に組み立てながら宇宙の法則性を探る。これが、人間だけが持っている発想力です。人間なら誰でも下地は持っているので、トレーニングすれば鍛えることができます。

 こちらのサイトからダウンロードしてパソコンでお試しいただけます。
スマホ、ipadなどでご利用の方はusbメモリーなどに保存してPCでお試しください。
http://hw001.spaaqs.ne.jp/art32bd/



 このアプリは宇宙を描く画家渡邊智美さんの作品をお借りして作りました。
こちらのアプリは上記サイトで無料ダウンロードできます。PCをお持ちの方は是非お試しください。

23  宇宙を描く画家 渡邊智美works2  Seek10 
bandicam 2017-11-02 16-35-31-859
bandicam 2017-11-02 16-36-04-781
bandicam 2017-11-02 16-36-12-171
bandicam 2017-11-02 16-35-47-234
bandicam 2017-11-02 16-36-16-078



5分間であなたの発想力を点数化してお知らせします。
納得が行かない場合は、何度でもお試しいただけます。
90点100点をコンスタントにとれるようなら、特にトレーニングの必要はないでしょう。
もし足りない場合は、ねこパズル&Seek10でトレーニングして鍛えることも出来ます。
ねこが嫌いな方は、上記のダウンロードサイトから、色、写真などお好きなアイテムのアプリでお試しください。

【大学生のための発想力脳トレパズル  Seek10 365問 +ねこパズル1】ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイス Creema https://www.creema.jp/item/5074010/detail
【発想力教育用 テキスト ねこパズル&Seek10】ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイス Creema https://www.creema.jp/item/5073239/detail

ビッグバン宇宙の菅数論 - 発想力教育研究所 素数誕生のメカニズム 

リーマン予想 証明完了! - 発想力教育研究所 素数誕生のメカニズム 
http://blog.livedoor.jp/art32sosuu/archives/42033644.html 


2017.10.25

 立体空間の自然数の配置と魔方陣の法則性 立体魔方陣の公式発見!

リーマン予想証明後の数学22 バブルキューブ 立体魔方陣のDNA - 発想力教育研究所 素数誕生のメカニズム http://blog.livedoor.jp/art32sosuu/archives/76998039.html
 立体魔方陣の数学的な証明 - 算数・数学面白グッズ博物館 2117  since 2017.11 http://blog.livedoor.jp/art32sosuu-art/archives/1062772147.html

たまたま今日、昨年2017年に、ダブル素数年を記念して作った立体魔方陣2017ペパクラの注文が来たので、立体魔方陣の空間配置の法則性を表す立体魔方陣の公式と、自然数の数学的な関係について書こうと思う。
IMG_1065

【発想力教育研究所 発見 数学アートオブジェ 立体魔方陣の公式 アクアビーズ製】
https://www.creema.jp/item/6425341/detail

数学の公式と言えば数字や文字というのが一般的ですが、写真のオブジェを見ると16色のアクアビーズの色の配置が立体空間の中に存在する数学的な法則性を表しています。数字の魔方陣の中にも素数の配置と同じように数字に拠らない法則性が存在しているので、この公式を数字に戻せば、数字の魔方陣も簡単な数値計算によって自由自在に作ることができると言うことになります。

数学的な理論は2015年に素数と魔方陣で出版しました。

立体空間の色の配置は、数学的にはルービックキューブでかなり有名になりましたが、その後4^3のルービックリベンジと言うオモチャを出しましたが、そのオモチャに立体魔方陣の公式を使ってピタゴラスのユピテル方陣を貼り付けて見ると、ルービック先生は数字との関係性に気付いていないようですが、表面の6面全てで、数字の魔方陣が成立しているのが分かります。
そして、公式を見ると分かるように立体魔方陣の内部まで法則化されているので、スライスした断面まで、4^2の数字の定義に沿った魔方陣が出来ています。
IMG_1066
         ピタゴラスのユピテル方陣を公式に代入すると
IMG_1067
  16色のアクアビーズの公式に合わせて同じ色の位置に同じ数字を配置すれば、立体魔方陣が出来る。
IMG_1068

立体魔方陣の内部構造についてもう少し続きます。


 

カオスの宇宙からランダムを取り出す自然数の連続性と3次元球面上のトポロジー

 ランダムは対象の集合体から無作為に1つを取り出すことだが、例えば自然数の中から何か取り出すときには自然数と乱数の値は一致しているのが当たり前だ。
ところがサイコロでこれをやった場合、サイコロにこの順番通り自然数を書き込んでおかないと、本当にランダムなデータを得ることは出来ない。この辺りの考え方を混同しているのがリーマン予想だ。
これが、何を予想をした問題なのかを知る人はほとんどいないが、現在、数学の世界に残された最大の未解決問題である事はかなり知られている。
母体がランダムでサイコロもランダムだと、

               ランダム^2=カオス

2重振り子ペンジュレムになって、カオスの世界になってしまう。
カオスは、日本語で言うと 混沌である。
リーマン予想で自然数の連続性を無視して、確率論のζ関数サイコロで2次元の複素平面にばら撒かれた自然数は複素平面上で正に混沌としている。絵になりそうだ。
IMG_5295

【あなたを悩ます複素平面上の混沌  アクアビーズバージョン】
ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイス Creema
https://www.creema.jp/item/5685779/detail

 ところが、自然数は連続性を持った階差定数項1!のシーケンスで1次元の数直線線上に刻まれる数なので、ζ関数で素数だけ2次元化してばら撒いても、辻褄が合わないので、2次元の複素平面上にばら撒いても、変換を繰り返せば、連続性を持った1次元の数として複素1次元直線上に揃うのは宇宙の真理である。XーY座標平面で実部をaに固定した直線上は全て複素1次元直線である。これは、全ての自然数が自然数1で割り切れる事を表している。

ここでちょっと一休みして、Seek10テスターでもご協力頂いた画家の渡邊智美さんのアートで、数学と宇宙とアートの繋がりについて考察して見ました。(敬称略で失礼します。)
Seek10テスターNo23 宇宙を描く画家 渡邊智美works 2 - 発想力教育研究所 素数誕生のメカニズム http://blog.livedoor.jp/art32sosuu/archives/72993095.html

なぜ、渡邊智美のアートに宇宙を感じるのか? 

ランダム^2=カオス の宇宙に時間の関数である自然数の連続性で秩序を与えると、カオスの宇宙がベールを脱いで、ランダムが描き出す宇宙が見える化する。
ランダム×渡邊智美=宇宙
ガリレオの言葉を借りれば
渡邊智美は宇宙を描くためのアルファベットだ!

おわり




0と1で奏でる宇宙の音楽 複素平面上の12音階とフラクタル1オクターブ - 発想力教育研究所 素数誕生のメカニズム http://blog.livedoor.jp/art32sosuu/archives/77374824.html
 
宇宙にランダムに流れている旋律はフラクタル1オクターブ12音階の連続性をベクトル平衡体で秩序を与えた12面体のサイコロを振って取り出すことが出来ます。
数学、音楽、アートはみんなフラクタル自然数1で繋がっています。
宇宙空間を12音階に分割して一筆書きで循環するフラクタル1オクターブのトポロジーで秩序を与えたサイコロを振って、カオスの宇宙からランダムに流れてくる旋律は、宇宙の音楽です。
素数だけでは音楽になりません。
自然数の音楽を聴け!
数学と宇宙をつなぐ架け橋研究もやっとここまで来ました。
 数学って面白い!
今後ともよろしくお願いします。
 

↑このページのトップヘ