発想力教育研究所 素数誕生のメカニズム

ポストセンター試験で問われる能力は 発想力です。 2013 年10月に出版した『ねこパズル&Seek10』も今年で5年目を迎えました。私の35年に渡る『ものづくり教育』の一環として開発した、ねこパズル発想力教育実践は、昨年定年退職で終了しましたが、今年2017年を発想力教育元年と位置づけて、ねこパズル発想力教育の普及を目指して活動していこうと考えていますので、よろしくお願い致します。このブログの内容はビッグバン宇宙の菅数論素数誕生のメカニズムを基にして構築した理論で、私の個人的見解です。ご自由にご判断下さい。素数と魔方陣で出版しました。ご興味がございましたらそちらをご覧下さい。この場での質問は受け付けていません。  

2014年12月

素数の配置には公式が見つかって、その公式をオイラーの公式に置き換えて
複素平面上に持ちだしてもあいまいな要素はないことが証明できました。だから、
素数についてあいまいな教え方はもう止めよう!


 リーマン予想が解けないために素数について

>神秘的な素数だが、その振る舞いは実に気まぐれに見える。

>2から始まる素数を見ても、規則性は見えてこない。11までは素数出現の間隔が
徐々にあくが、11の次は13と縮まる。数字が大きくなっても、この「きまぐれ」は変わらない。

(朝日グローブより)

 このような前提を元にしていたら子供達に素数を教える事は出来ません

素数の配置は菅数論の公式

  y=sin(n/π)t  n=1→∞  t=0→∞

 によって時間軸上にすべての素数の配置を表現できる

この公式を複素平面上に持ち出してさらに詳しく調べてみると
e = cos θ + i sin θ
θ=(π/n)t   n=自然数  t=時間
と置くと
 単位円の中の宇宙にすべての自然数を持ち込んでその振る舞いを調べる
ことが出来るようになります。エラトステネスの篩頭で考えていてもこんな
事ができるでしょうか?電子工学が専門の私には随分慣れ親しんだ公式で、
これですっかり数学的な俎上に載っていると思います。
 これが可能になったのは y=sin(n/π)tがたくさんの皆さんに評価して
頂いたようにエラトステネスの篩と原理的に同じ事を言っているからです。

 そして素数の「1と自分自身でしか割り切れない数」という定義に照らして
眺めてみると、自然数1のベクトルが角速度πt で回転を初めて実軸と重な
ったときに、同じように実軸と重なるベクトルが1つである時、素数の判定が
出来ます。
 複素平面上に持ち出しても素数はすべて実軸上でしか誕生出来ません。
(複素平面上に解はない)つまり素数の出現にあいまいな要素や不確定な要
素がないと言う事の数学的な証明になります。

だから、これからは自信を持って子供達に素数を教えることが出来ます。

素数誕生のメカニズム 自然数の積木箱
https://www.youtube.com/watch?v=X5igiabB2e0

素数犬のお散歩
https://www.youtube.com/watch?v=oj5JYJF2Ge4&feature=youtu.be

素数アート展
https://www.youtube.com/watch?v=KUqzlEFztn4

youtubeにUPしました。

Seek10 10/10に出版しました。
【素数と魔方陣】https://www.creema.jp/item/5074195/detail
【大学生のための発想力脳トレパズル  Seek10 】https://www.creema.jp/item/5074010/detail
【発想力教育用 テキスト ねこパズル&Seek10】https://www.creema.jp/item/5073239/detail


2015.1.3

 今年は、ビッグバン宇宙の菅数論を使っていよいよリーマン予想の証明に挑
みます。
 菅野正人
art32m-kギャラリー
http://hw001.spaaqs.ne.jp/art32m-k/

リーマンが全部見つけることができなかった素数点を素数犬が全部見つけます。それはなぜでしょう?それはエラトステネスの篩という素数を見つけ出す唯一の方法を数学的な公式にした公式犬だからです。素数犬のお散歩アニメで公開中!


素数犬のお散歩。僕は篩なんかに負けないぞ!
篩(ふるい)の話はもう古い。素数のすべては素数犬が見つけます。
自然数の新概念公式で解明する素数誕生のメカニズム!アニメで公開しました。
https://www.youtube.com/watch?v=oj5JYJF2Ge4&feature=youtu.be

【素数と魔方陣】https://www.creema.jp/item/5074195/detail
【大学生のための発想力脳トレパズル  Seek10 】https://www.creema.jp/item/5074010/detail
【発想力教育用 テキスト ねこパズル&Seek10】https://www.creema.jp/item/5073239/detail

2018.7.4 追記
素数は自然数の中に現れるπ/nのゆらぎ
素数の誕生は確かにカオスだが、その仕組みは、π/nの自然数のフラクタルな振動と重ね合わせのメカニズムに中に数学で勝手に決めた定義に従う数として現れる。
 フラクタルな自然数の性質を知らない数学者はそれを、単なるエラトステネスの篩として、一蹴しているが、素数は菅数論の公式に従って、自然数のフラクタルな繰り返しと重ね合わせの中に現れる数である。
 数学の新概念 フラクタル数学と自然数と宇宙 - 発想力教育研究所 素数誕生のメカニズム http://blog.livedoor.jp/art32sosuu/archives/71653577.html

2018.6.15 追記
宇宙の音楽を聴け!宇宙に飛び交うAM放送は、ゲルマニウムダイオードで検波しなければ、振動が相殺されて人間には聴こえない。自然数1=π、半分に斬る。ビッグバン宇宙の菅数論は数学の宇宙から音楽を取り出すためのゲルマニウムダイオードである。


2018.1.15 追記
 宇宙際まで持ち出さなくても、素数は自然数の中に数学上の定義に従って配置されている事は証明できる。般若心経の一文字を自然数1と置き換えれば、観自在菩薩行深般若波羅蜜多時照見のうち、自在薩深羅多は素数である。
IMG_6824

無無無無無無無無無無無無無無無見
無無無無無無無無無無無無無無照無
無無無無無無無無無無無無無時無無
無無無無無無無無無無無無多無無無
無無無無無無無無無無無蜜無無無無
無無無無無無無無無無羅無無無無無
無無無無無無無無無波無無無無無無
無無無無無無無無若無無無無無無無
無無無無無無無般無無無無無無般無
無無無無無無深無無無無無無深無無
無無無無無行無無無無無行無無無無
無無無無薩無無無無薩無無無無薩無
無無無菩無無無菩無無無菩無無無菩
無無在無無在無無在無無在無無在無
無自無自無自無自無自無自無自無自
観観観観観観観観観観観観観観観観

自在般若波時照見 (赤字素数配置)
123456789ABCDEF⑩ (16進)



2018.1.12 追記
そんな事をしたら虚数が消えてしまうじゃないか!
その通り!
2進数で表せる自然数の中で、虚数や超越数は無縁だ。最大の自然数は偶数で、メルセンヌ数は必ず奇数。リーマン予想はフラクタルな自然数が、定義のない1の長さの動径を持った回転ベクトルが描く、単位円円周上の点である事を示唆したもの。この、フラクタルな単位円は、自然数1の定義次第で同心円上に複素平面全体を網羅することが出来る。 


 2018,1.10 追記
 
2018年1月6日 東京大学 小柴ホール 
  そんな事をしたら虚数が消える!
数学者は激昂したが事実だ。πだって消える。
 
ついに発見!数学と宇宙をつなぐ架け橋 
素数誕生のメカニズム &魔方陣のDNA
微分積分では絶対に証明できない、素数配置や魔方陣の法則性を単位円とフラクタル数学で証明。
IMG_7821


 2018.1.8 追記
小柴ホールで数学者は激昂したが、置き換えは数学の常套手段!
この置き換えだけ数学的でないとは言えない。
自然数1を超越数πと置き換えれば、自然数(π)ガロア群は、超越数π、虚数、∞の壁を超えてその姿を現わすのは極めて数学的な事実である。

IMG_7649
【素数と魔方陣 】https://www.creema.jp/item/5074195/detail

2017.12.31追記
数学は客観的な事実の積み重ねで発見した定理によって構築されて行くもので、重力波などの新たな事実が発見されれば、それまでの理論や定義は見直す必要がある。数学者は数学史の番人であってはならない。
重力波にさらされても、地球上で数学は成立している。この事実を今の数学で説明できるでしょうか?そんな事考えもしなかったと言っても、物理的に観測された事実です。この事実を元に数学の矛盾を考えましょう。

今日は大晦日ですが、いよいよツイッターの方に逆ギレとも思える返信がありました。
 Q○Z○さんからです。  コピペは避けます。
12.27の追記の件についてのご意見だと思いましたが、「2名の会員とも知り合いになれない、お前のようなものが入会すると会が腐る」と言う趣旨の書き込みでした。まるで村社会ですね。数学界の現状を象徴していると思いました。日本数学会の会員なのか、他の数学愛好団体の会員なのか、学生なのかはQ○Z○だけでは分かりませんが、この名前で色々書き込みをしているとすれば、周りの人間は気付くと思います。SNSの匿名性を過信した安心感は、このような人間を作ってしまうのですね。数学以前の問題ですが、残念です。
Q○Z○さんのご研究のますますのご発展をお祈り申し上げます。

2017.12.29 追記
ベクトル量とスカラー量
 謎だ魔法だ神秘だと定義もせずに自然数の振る舞いを不思議がって喜んでいる場合ではありません。数の次元の違いをわきまえてね。素数も魔方陣も数字には全く関係がない自然の法則に従っているだけです。次元が違う!
自然数は単なる順番を表すスカラー量。10番目の数がπなら1番目の数はπ/10である事は数学の基本。π/10を自然数1と置いた時, 数字では表せなくても、自然数はベクトル量となって超越数を超越し、その振る舞いが見える化する。
10番目の数は(π/10)×10=π 
 
2017.12.27 追記
所属する日本数学協会、日本数学教育学会は、ただエラトステネスの篩を積み木で表しただけと言って一蹴したが、オイラーの単位円円周上に持ち込んだ自然数の振る舞いが見える化している事実に思考が付いてこない。
日本数学会はと言えば、大学生でも入れるのに、会員2名以上の紹介がないと高校数学教師でも入会すら拒絶する。呆れた話だ。全く意味不明の内規が理解できない。この国は数学研究で新しい事を発見しようと言う気が全くないらしい。
その様なわけでこんな形で発表して3年も経ちましたが、3年くらいで宇宙の真理は変わるわけもなく、フラクタルな自然数1を複素平面上の回転ベクトルの半周に置き換えれば、自然数の重ね合わせの中に見える化する素数誕生の数学的メカニズムに気付いていない。
 誰かそろそろエラトステネスの篩の次元ではない事に気づきませんか?



     認知症予防 脳活性化メソッド エコキャップクリプト誕生!
youtube
https://youtu.be/j-kfgH7VmYk


     素数と魔方陣 2015.9出版 リトルガリヴァー社 
                    ビッグバン宇宙の菅数論
      The secret of a prime numbers 素数犬のお散歩 https://youtu.be/oj5JYJF2Ge4 

 自然数の世界をsin関数一つで読み解く新概念
ビッグバン宇宙の菅数論を発表しました。

偶数は y=sin(π/2)t、     t=0→∞
奇数は y=sin(π/2)(t±1)   t=0→∞
素数は y=sin(π/n)t      n=1→∞  t=0→∞



【素数と魔方陣 】2015年出版
https://www.creema.jp/item/5074195/detail




自然数研究の新概念で自然数全体を可視化する

 ビッグバン宇宙の菅数論

 素数の配置を表す公式
  y=sin(π/n)t   n=1→∞  t=0→∞

https://www.youtube.com/watch?v=7u9NdEAOQaY

 は素数の配置も表しますが実は各自然数が自然数全体の中でどの様な振る舞いを
俯瞰してレントゲン写真のように描き出してみることが出来る撮影機のような物でこの
公式を使うと自然数全体が見えますので必然的にその中にあって隠れているつもりの
素数の存在もすべて見えてしまうと言うことになります。
話題のエラトステネスの篩は包含しているのでこの方法ですべての素数の配置を表す
ことが出来るというのは論理的に正しいと考えています。

試しにはじめの方だけですがn=10くらいまで見てみましょう。 

     y=sin(π/n)t n=1→10  t=0→11 のグラフ
図10  数直線上に描き出された自然数1~10の波


分かりにくいかも知れませんがこれが、自然数1から10までの数が自然数の中でどの
ように振る舞うかを示しています。

         sosuuzu

 このグラフを分かりやすくしたのが自然数の積木箱です。
  2,3,5,7の下は1です。

写真15 自然数のDNA1

     nを増加すると

写真16 自然数のDNA2

 一部を拡大してみると風紋のような波や噴水のような吹き出し模様が見える

 これを見ていると、他にも多数の公式化出来る法則が隠れているのではないか
というようなイメージが湧いてくる。
 公式のように正弦波交流の半周期を自然数nと置くとt=nとなり時間軸上の
数直線上に各自然数の自然数全体の中での振る舞いが表れます。そのとき、
1とその数nの波だけが交差している点が素数です。他の波が交差していればその
波は約数になります。
 このように自然数全体を公式に従って俯瞰して考える自然数研究の新概念が
ビッグバン宇宙の菅数論です。
【素数と魔方陣】https://www.creema.jp/item/5074195/detail
【大学生のための発想力脳トレパズル  Seek10 】https://www.creema.jp/item/5074010/detail
【発想力教育用 テキスト ねこパズル&Seek10】https://www.creema.jp/item/5073239/detail

 菅野正人

ツイッターは瞬間に消えるので記録です。
神様がサイコロを振っているなどという説明は馬鹿げている!
 y=sin(π/n)t  n=1→∞ t=0→∞
 素数は公式に従って出てきます。確率論などあり得ません。
 素数の魔力じゃなくて、リーマン予想に取り憑かれた皆さんへ
 どうぞご自分の頭で冷静になって考えてみてください。

 リーマン予想がいつの間にか確率論に変わっていますが、
すべての自然数が1で割りきれるという定義を変えなければ
数学の世界ではあり得ない話です。
この原因は素数の階段を関数で近似してみるというリーマンの
アプローチに原因があると思います。
リーマン予想は素数の配置の謎を解くために考えられた物です。
リーマン予想のアプローチと素数犬はフラクタルな関係にあります。


リーマンがゼータ関数を駆使して作り出す壮大な素数の階段のほん
の一部を取り出して逆写像f^-1を作り拡大すれば素数犬が作り出
したグラフと同じグラブになります。ただし、リーマン予想は最後まで
出来ていないので素数犬の勝ちです。


 神様はサイコロを振らない!
アインシュタインが物理学の世界では敗れた考え方ですが
 数学の世界では成立します。
 神様はサイコロを振りません。
なぜなら、素数の定義の前に自然数の定義がありどちらも
人間が決めたことだからです。
全ての自然数は1で割り切れる。つまり、自然数の配列に
揺らぎはないと言うことです。

 素数の配置を表す公式(菅数論)は 

    y=sin(π/n)t   n=1→∞ t=0→∞ 
  
です。この式ですべての素数の配置が分かります。

 素数は神様ではなく、自然数nと時間tの変化に従って出現する
と言う事になります。

sosuu


 t=n、 時間軸の数直線上にリーマンが追い求めた素数の配置がすべて現れてきます。

      これが素数の配置の真実です。

 12/9 
 今日から世界初の素数アート展を開催します。11時からです。
http://blog.livedoor.jp/art32sosuu-gallery/archives/1008167705.html
 
  この理論を解説する本Seek10を会場で1700円で販売します。

上のグラフは写真プリントにして持って行きますので是非お出かけ下さい。

 12/15
昨日で終了しました。
Seek10
はこちらで販売しています。
【素数と魔方陣】https://www.creema.jp/item/5074195/detail
【大学生のための発想力脳トレパズル  Seek10 】https://www.creema.jp/item/5074010/detail
【発想力教育用 テキスト ねこパズル&Seek10】https://www.creema.jp/item/5073239/detail

 

リーマン予想の実部1/2は調和解析の基本波に倍振動を重ね合わせるという手法によって素数の定義が成立し必然的に表れた物である。基本波の周波数を∞Hzとし自然数倍周期で1から∞まで重ね合わせれば∞は相殺されて0から1/2までの時間軸上にすべての素数点が表れる。
リーマン予想QED 2015.12.13

菅野正人著  「素数と魔方陣」 出版
       2015.9  リトルガリヴァー社
【素数と魔方陣】https://www.creema.jp/item/5074195/detail
【大学生のための発想力脳トレパズル  Seek10 】https://www.creema.jp/item/5074010/detail
【発想力教育用 テキスト ねこパズル&Seek10】https://www.creema.jp/item/5073239/detail


世界最大の数学未解決問題 リーマン予想の証明 
今完成してyoutubeにUPしました。ご覧ください。
 
2015.11.10


この話はリーマン予想の証明になると思います。

Seek10の中にも書いてあるのですが
なぜ、リーマン予想のアプローチで素数の配置が近似できるかというと、
ここは先日再放送された白熱教室『素数』でソートイ教授が言っていたお話ですが
リーマンはガウス先生が考えた素数の階段をゼータ関数を倍振動という形で重
ね合わせて、テレビでは100倍振動まで重ねていく波形の変化が映し出されてい
ました。振動数を増加させると言うことは周波数をあげると言うことですが、正弦波の
高調波をいくつも重ね合わせることで角張った方形波を作り出すことが出来ることは
電気の世界ではよく知られている話です。
ゼータ関数の波は複雑な素数の階段を近似するために考えられた物のようなので
単なる正弦波というわけには行きませんが、話を単純化するためにこの際一つの
正弦波と考えてみましょう。
 
 
素数点というのは正弦波の積み重ねで表すことが出来るんです。Seek10ではそれを証明しています。


エラトステネスの篩も言葉でそれを言っている訳です。

https://www.youtube.com/watch?v=oj5JYJF2Ge4&feature=youtu.be

まったく純粋に数学的アプローチです。
 それをリーマンは菅数論と逆のアプローチをしてしまったために挫折して予想を残す羽目になったと言う事です。コンピュータで2億個0点を計算してもなんの意味もありません。私のパソコンでも15桁くらいは瞬時に判定できます。リーマンは2つの間違いを犯しています。一つは簡単な正弦波を使わずに超難解なゼータ関数を使ったこと。これは数学者達には受けた訳ですが、もう一つは菅数論のように周期Tではなくまったく逆数の関係にある周波数fを使ったことです。
 リーマンのアプローチが完成するのは∞まで計算が終わった時やっぱりリーマン予想は正しかったと証明できることになるとみんな思って取り組んでいて今まで未解決で残っている訳ですが、それが終わったとしても素数の配置の謎、法則性は見つかるとは限らないのです。リーマンはすべての数学者を1/nはn→∞まで持って行けばいずれは0になるでしょう。と言うネバーエンディングストーリーの中に引きずり込んでいる状態なのです。
 自然数の中に存在する素数は自然数を周期に置き換えた正弦波の積み重ねで表すことが出来る。
菅数論では時間軸tと自然数nが同じ軸に並ぶように正弦波交流の半周期を自然数nと同じになるように公式を作りました。素数犬です。
sannpo

    y=sin(π/n)t  n=1→∞ t=0→∞  
 この公式ですべての素数の配置が分かります。 
公式が出来て素数の配置の謎が解けました。
だからリーマンのアプローチでも素数の階段が近似できるんです。これを証明したのがSeek10の中で発表した菅数論です。フラクタルな関係にあるリーマン予想(ネバーエンディングストーリー)も菅数論で証明できます。

2015.9.20 発売 
  リーマン予想を証明する本「素数と魔方陣」。出版社の2割引特販サイトが出来ました。
http://www.l-gulliver.com/sosu-special.html 




        
 最近 菅数論を単位分数の世界まで拡張してみたら 単位分数の振る舞いが0から2の間で完結することが分かり オイラーの環と言うものをつくりました。半径がたった1/πの環の中に
単位分数の世界のすべてが表現されています。ご覧下さい。
https://makershub.jp/make/933 
http://blog.livedoor.jp/art32sosuu/archives/27679918.html
 追記 2015.5.12
 

 小学生にもわかる素数誕生のメカニズム 夏休み自由研究 

さあ夏休みです!夏休みと言えば夏休み自由研究です。まだテーマが決まらない人にお勧め情報です。今年一番クールなテーマは「発想力を鍛える」です。新開発の魔方陣作成定規を使って4×4の魔方陣を自由自在に作るワークショップを開催します。



 『素数と魔方陣展』 7/28から8/1 銀座 長谷川画廊
 素数誕生のメカニズムと魔方陣のDNAをテーマにした算額アート展覧会です。
案内ポスター印刷用
案内状ハガキ印刷用
案内状ハガキ裏面印刷用
お時間がございましたら、お出かけ下さい。
2015.7.13 
追記






菅野正人
 
2015.3.19

 素数の配置を表す法則が分からないのでその謎を解くために
リ-マン予想ができました。
12/5(金)NHK Eテレで再放送された白熱教室「素数」の中でも
マーカス・デュ・ソートイ教授はそう言っていました。
sannpo


 素数の配置を表す公式は 

    y=sin(π/n)t   n=1→∞ t=0→∞ 
  
です。この式ですべての素数の配置が分かります。
詳しくは菅数論へ
http://blog.livedoor.jp/art32sosuu/archives/18927757.html

 素数は神様ではなく、自然数nと時間tの変化に従って出現すると言う事に
なります。

 これで、リーマン予想が考えられた当初の目的は達成されたと言えます。

 ソートイ教授やリーマン予想の研究者まで届くようにリツイートよろしくお願
いします。

【素数と魔方陣】https://www.creema.jp/item/5074195/detail
【大学生のための発想力脳トレパズル  Seek10 】https://www.creema.jp/item/5074010/detail
【発想力教育用 テキスト ねこパズル&Seek10】https://www.creema.jp/item/5073239/detail

2014.12.8

 


素数の配置を表す法則が分からないのでリ-マン予想ができました。だから、
リーマン予想はもういらない。
素数の配置を表す公式は 
    y=sin(π/n)t n=1→∞ t=0→∞ です。
sannpo



この式ですべての素数の配置が証明できます。リーマン予想の研究者まで届く
ようにリツイートよろしくお願いします。 


11/6 夜

昨夜再放送された白熱教室 素数をまた見直してみました。5回目くらい
になると思います。

 リーマン予想は確かに難問ですが求めようとしていることは
どこに素数が出現するかではなく、素数の配置についての真実が知りたい!
リーマン予想は宇宙の中で素数の存在がどの様な物なのかを教えてくれ
ると言っていました。

全ての素数は全ての自然数が従う菅数論の公式
          y=sin(π/n)tによって
表す事が出来ます。
 従って、この式が素数誕生のメカニズムを表す公式と言う事が出来ます。
つまり、素数は自然数の規則正しいリズムとそのくり返しによって2から順次
出現していくので、あいまいでランダムな要素はあり得ないと言う事になります。
素数アートで示したように自然数を何か別の物理的な物に置き換えると自然数
全体を俯瞰して見ることが出来るようになります。覗いてみると明らかに自然数
のくり返しのメカニズムの中に素数の存在を確認することが出来ます。これが
素数の配置についての真実です。
 リーマンが倍振動を100まで重ねて近似した素数の階段はこの公式1つで完全
に表現す
ことが出来ます。菅数論とリーマン予想は周期と周波数の関係にありまったく逆
のアプローチです。
 ビッグバン宇宙の菅数論でリーマン予想が求めようとした素数の真実を求める
ことが出来ました。


11/6 朝
 今朝起きて横浜ランドマークタワーのあたりから昇る日の出を眺めてい
たら素数犬の散歩から、今度は宇宙に思いをはせてガリレオガリレイの気
分になってきました。
 確かに、日の出を見ていると私たちが今立っている この地球は動いて
いる事が実感できます。
 この事実に最初に気付いた人はほかの人たちと何が違ったのかと考
えるとやはり論理的思考脳力だろうと思います。
教育の分野もこの脳力の重要性に気付いて学校教育の中で具体的な
形で教育する必要があると考えるようになる日も近いと思いますが、
その時には、論理的思考脳力の教育に着目して開発した、論理的思考
脳力を集中的に鍛え点数化して客観的に評価できる体系化した初めての
脳トレメソッド「ねこパズル」と「Seek10」をよろしくお願いいたします。

 さて、壮大なタイトルを付けてしまいましたが、実は私は素数に関する
リーマン予想は天動説ではないかと思っている人間の一人です。大数学
者のみならず一般人まで巻き込んでリーマン予想が解けないと素数の謎
が解けないと言われて、今では世界で残っている最大の未解決難問とさ
れて神格化された難問ですが、仕組みが分からないと言いつつ現実には
暗号などに利用していたりして、小学生でも2,3,5が素数であることは知
っている。リーマン予想が解けないのに現実には私たちの生活に利用され
小学生も含めてほとんどの人が知っていて、ほとんどの人がリーマン予想
が解けないと素数のことはわからないというのは、まるでその当時天動説
を宗教として信じ込まされていた民衆のようなものではありませんか?
少なくとも数学者・数学研究者であれば自分の論理的思考脳力で考えて
リーマン予想はおかしいと声をあげる人が一人くらいいても良いのではない
かと思っています。数学者のみなさんよろしくお願いします。

素数を含むすべての自然数が従っている法則
素数誕生のメカニズム
 ビッグバン宇宙の菅数論の公式は先に公開した素数犬

    y=sin(π/n)t   n=1→∞  t=0→∞ 

です。

イメージは

taitoru3

taitoru5

こんな感じです。最終的にはyoutubeにUPするつもりで現在制作中です。

これまでの数に対して持っている概念を少し変えてなにか物理的なものに置き換えて
みると自然数の世界では素数も含めて一つ一つの自然数の自然数全体の中での役割
や振る舞い俯瞰してみることができるようになります。
 「菅数論」の場合は自然数を回転ベクトルに置き換え上記の公式で自然数と時間軸を
一致させることによってこれを実現しています。
 余談ですが、菅数論を単位分数の世界にまで拡張するとリーマン予想が解けない理由
やエルデスシュトラウスの予想なども簡単に証明できます。

この数に対する新しい考え方を「菅数論」としてSeek10という本の中で発表し
ました。
【素数と魔方陣】https://www.creema.jp/item/5074195/detail
【大学生のための発想力脳トレパズル  Seek10 】https://www.creema.jp/item/5074010/detail
【発想力教育用 テキスト ねこパズル&Seek10】https://www.creema.jp/item/5073239/detail

自然数の積木箱は正方形の自然数を積木の個数に置き換えて並べています。

         sosuuzu
  論文が理解できないと言われて小学生でも理解できるようにと考えたものです。
 
さらに、自然数を回転角に置き換えてみると

   螺旋12時計
                      螺旋時計12

 このように素数の存在を絵画という手段で表現することも可能になります。
こちらはCGですが、これをS10号のキャンバスに油絵で描き素数アートとして
発表します。


素数アート展のご案内
 素数の仕組みがわかったので絵画で表現できるようになりました。12/9から
銀座長谷川画廊I.ペロ-シア展で公開します。
銀座長谷川画廊はこちらをご覧下さい。
 

 

↑このページのトップヘ