【素数と魔方陣】https://www.creema.jp/item/5074195/detail
【大学生のための発想力脳トレパズル  Seek10 】https://www.creema.jp/item/5074010/detail
【発想力教育用 テキスト ねこパズル&Seek10】https://www.creema.jp/item/5073239/detail

 宇宙の根源はデジタルだと感じた3つの事実。素数と宇宙と(茶の湯=宇宙)と魔方陣と

 デジタル思考で考える 素数と宇宙と魔方陣と
この時代になって,世の中はコンピュータ無しには回らなくなってきましたが、コンピュータの中では、all or not、電圧があるのかないのかの、たった2通りの電気信号が論理回路の中を駆け巡り、映画を作ったり天気予報を出したり、スマホを動かしたりしています。最初の all or not から、これらの結論を得るまでの論理展開をすべて把握している人は、ほんの限られた人間だけになってしまいました。これは笑い話になりそうですが、もしかすると近い将来、便利になった結果だけを見て育った人達にとって、コンピュータの大元がall or not だと言う事すら忘れ去られてしまう時代が来るかも知れません。
 それと同じように、現在では暗号システムにまで使われている素数ですが、その配置の法則性は、現在のところ謎と言う事になっています。実は昔から、エラトステネスの篩によって素数を見つける事は簡単にできているので、謎というのはリーマン予想が証明されなければ分からないとされる、素数配置の法則性、つまり素数の配置がどのような法則に従っているのか?何か法則性があるのではないかと言う事が、数学的なアプローチで証明出来ていないという事なのです。だから、はじめから素数について謎はないはずですが,素数はリーマン予想のために謎にされてしまったと言えます。
 この問いに対して、デジタル思考で考えてみると、やはり大元は all or not のコンピュータと同じデジタルで表現できることが分かります。デジタルの宇宙に、自然数という一定の秩序が生まれたために、素数という立場の数が生まれた。つまり、素数の配置には「自然数の定義によって必然的に発生する」と言う法則性があるという事です。 それを、数学的な枠組みの中で証明する公式がオイラーの公式です。

bandicam 2015-06-07 11-57-44-526

 この公式のθを(π/n)t と置く事によって時間軸tと自然数nが重なり各自然数nの振る舞いが人間が見て分かる形でレントゲン写真のように見える化出来ます。つまり,オイラーの公式に従って素数は配置されているという事が出来ます。
https://makershub.jp/make/989
 そして、このオイラーの公式で表現される単位円の中の回転ベクトルの世界をもっと分かりやすく表現してみようと考えてみると次のようなデジタル模様にたどり着きます。

素数44

 素数アート 素数誕生のメカニズム 44B
 素数の誕生は下から2段目の自然数2の繰り返しの青いビー玉が右端の列の1と4の間に約数として入り4が素数になれないという事を視覚的に表しています。
この事実は昨年10月にSeek10と言う本で発表しています。
http://www.l-gulliver.com/seek-special.html 

 次に魔方陣ですがこれは4×4の魔方陣のDNAです。
魔方陣DNA1

                  魔方陣のDNA

 魔方陣のDNAについてはyoutubeで詳しく解説しましたので是非ご覧下さい。
  バルセロナで発見魔方陣のDNA
https://www.youtube.com/watch?v=_AUJ2F28xvc
 このように魔方陣の仕組みも大元を見てみるとデジタルで表現出来ました。

こちらの研究成果は今月末頃 『素数と魔方陣』という題でリトルガリヴァー社から出版します。

 ここまで考えてみて、素数アートの展示で京都を訪れて枯山水の禅寺を回り日本の伝統模様である市松模様の庭を見たとき、もしかするとこの市松模様はall or not のデジタルの世界を表し混沌とした宇宙全体を表しているのではないかと思いました。
 市松模様は桂離宮や枯山水の作庭家重森三玲氏の茶室のふすま絵にも描かれています。先日日曜美術館で枯山水を取り上げた番組に昔のインタビュー映像が流れ、『茶室でお茶を一服の飲むと言うことは美を全部その中に溶かして飲むと言うことでありこれを少し大げさな言い方をすれば宇宙を溶かし込んで飲んでいるのであり、宇宙を飲むと言うことがわからなければお茶を飲む必要はないと思うね』と語っていました。 北斗七星の庭などを見ても伝統の市松模様の中に宇宙観を感じていたのではないかと深読みしてしまいました。
bandicam 2015-05-22 14-16-34-441
素数と魔方陣の宇宙 襖絵デザインCG    
https://makershub.jp/make/975

 このような訳で私の34年の数学教育研究の中でたどり着いた結論は宇宙と素数と魔方陣はデジタルだ。
混沌とした市松模様の宇宙の中に一定の秩序が現れると素数や魔方陣を表現する事が出来ると言う事です。
 これまでの数学研究の成果を本にまとめて『素数と魔方陣』という本を7月にリトルガリヴァー社から出版します。
 7/26から素数アートの初めての個展を開催します。
『 素数と魔方陣 』 江戸時代に和算研究者の間で流行した算額奉納をイメージして初めて見える化した素数誕生のメカニズムや魔方陣のDNA 立体魔方陣作成定規などを発表します。
jpg


 数学に興味のある方もない方も純粋にアートとして楽しめるように構成して準備を進めていますので、是非お出かけ下さい。

さあ夏休みです!夏休みと言えば夏休み自由研究です。まだテーマが決まらない人にお勧め情報です。今年一番クールなテーマは「発想力を鍛える」です。新開発の魔方陣作成定規を使って4×4の魔方陣を自由自在に作るワークショップを開催します。

  素数と魔方陣出版記念初個展
 『素数と魔方陣展』 http://koten-navi.com/node/52233
  7月28日(火)から8月1日(土)  11:00から18:00 
   算額CG も多数展示する予定です。
 
  〒104-0061 東京都
       中央区銀座 7-11-11 長谷川ビル1階 
             長谷川画廊 03-3571-1462

 いよいよ最終日になりました。
今日はPM5:00までです。
 
ご来場下さいました皆様お暑い中ありがとうございました。

    菅野正人 art32m-k@u01.gate01.com