発想力教育研究所 素数誕生のメカニズム

ポストセンター試験で問われる能力は 発想力です。 2013 年10月に出版した『ねこパズル&Seek10』も今年で5年目を迎えました。私の35年に渡る『ものづくり教育』の一環として開発した、ねこパズル発想力教育実践は、昨年定年退職で終了しましたが、今年2017年を発想力教育元年と位置づけて、ねこパズル発想力教育の普及を目指して活動していこうと考えていますので、よろしくお願い致します。このブログの内容はビッグバン宇宙の菅数論素数誕生のメカニズムを基にして構築した理論で、私の個人的見解です。ご自由にご判断下さい。素数と魔方陣で出版しました。ご興味がございましたらそちらをご覧下さい。この場での質問は受け付けていません。  

2016年10月

リーマン予想が証明できない原因は数学が抱える∞の壁のためですが、関数を選べば∞の壁を越える事ができます。その関数とは単位円の中で回転するベクトルを表すオイラーの公式の中に登場するsin関数です。複素平面上で回転運動する回転ベクトルは、πラジアン回転する毎に実軸と重なります。つまり、虚軸上の写影を表すsin θ=sin n π は常に0という値になります。nを正の整数として  sin n π=0   ゼータ関数でも使っているように、n=∞  においても sin ∞ π=0  である事は事実であり、整数論の都合で∞を完結した物と考えたくない数学でも論理的に正しいと言えます。

 ビッグバン宇宙の菅数論 - 素数誕生のメカニズム
http://blog.livedoor.jp/art32sosuu/archives/18927757.html

リーマン予想 証明完了! - 素数誕生のメカニズム
http://blog.livedoor.jp/art32sosuu/archives/42033644.html

 菅野正人の本 現在5冊 全国の書店からご購入いただけます。
                 art32m-kギャラリーで 直接販売も実施中

1.  新風舎         漢字パズル般若心経    2005年出版     600円+税  絶版 
2.  新風舎         脳トレ 数字パズル     2007年出版     500円+税  絶版 

    小中高校生の発想力を鍛える脳トレ授業のテキストとして出版しました。

3.  現代図書       ねこパズル&Seek10   2013年出版     980円+税

4.  リトルガリヴァ-社   Seek10 365問     2014年出版     1700円+税

    リーマン予想を証明する本「素数と魔方陣」出版しました。

5.  リトルガリヴァ-社   素数と魔方陣       2015年出版      1600円+税
    

 ビッグバン宇宙の菅数論とリーマン予想の証明
  0の概念がない中で考える自然数は単なる倍数である。 だから、いきなり無限を持ち出して完結したものと考えようとしても、ガウスが言うように無理な話で、数学上は 無限/無限≠ 1などと言うように、n/n=1を信じている我々凡人の常識を覆すような、大きな内部矛盾を引き起こす。この原因は自然数の1 が、数学上できちんと定義されていないためである。0の概念を持たずに論理展開してきた数学の宿命である。数学には無限の壁がある。ただ無限倍といっても1が決まらなければ話にならない。 1秒の無限倍と、1年の無限倍とでは、60×60×24×(365または366)倍も違う。
  数学上の素数の問題は、自然数が自然数で割り切れるか否かと言う事が、数学で確認できないと言うだけのことで、解は全て1次元の数直線上に存在している。1本の棒を3等分して、3本つなげれば1になるのは当たり前の事だ。いきなり2次元の複素平面上に持ち込んで、この何処かにあるかも知れないと考えることは自由だが、結論は見えている。
 素数は自然数倍周期の振動の重ね合わせの中にその姿を表す。 自然数が自然数で割り切れるか否かを判定する問題は数学上の命題だが、これは極めて物理的な問題として捉える事ができる。自然数倍周期の振動を、複素平面上の回転ベクトルとして考えれば、割り切れるか否かは、0点から一斉に回転を始めた自然数倍周期のベクトルが、同時に実軸上に並んだ時に判定できる。振動の半周期の時間を自然数倍に置き換えれば、その様子は、全て1次元 の時間軸上に半周期ごとに交差する正弦波交流として刻まれる。同時に2本の線だけが交差している点が素数であり、それ以上の線が交差していれば、間の数は割り切れる関係にある1以外の約数である。この関係は、自然数1に相当するベクトルの半周期の時間を設定すれば決定され、1秒でも1年でも関係は変わらないフラクタル性を持っている。
 自然数1のベクトルは,半周期ごとに複素平面上の実軸と交差して、素数も含めて全ての自然数を割り切る事ができる。自然数が自然数で割り切れるか否かと言う判定を数字で表現できない数学で無理に行ったとしても割り切れた時のベクトルは、実軸と重なっている。従って、素数か否かに関わらず、割り切れるか否かの判定は 自然数1と置いた回転ベクトルが半周期ごとに実軸と重なった時、1と同時に重なっているか否という、極めて物理的な条件で決まるので、実部1/2は、割り切れるか割り切れないかという条件で決まる、素数の定義から起こる必然的な結果である。 自然数1の回転ベクトルは、その周期に関わらず半回転毎に実軸と重なる。
 周波数無限Hz の半周期は 1/2無限 これを無限倍すれば、数学で証明できない無限の壁は相殺され、素数も含めた無限までの全ての自然数の振る舞いが、わずか 0.5秒の時間軸上に描き出されている事がわかる。この時、時間軸上の0.5秒の点で1と無限の2本の線のみが交差していれば、無限は素数であると論理的に判定出来る。


 ビッグバン宇宙の菅数論 - 素数誕生のメカニズム
http://blog.livedoor.jp/art32sosuu/archives/18927757.html

リーマン予想 証明完了! - 素数誕生のメカニズム
http://blog.livedoor.jp/art32sosuu/archives/42033644.html

 菅野正人著   素数と魔方陣 2015.10出版
  全国の書店からご購入頂けます。
http://www.l-gulliver.com/sosu-special.html 


IMG_0206
日本数学協会の理事の方から素数と魔方陣が、新宿紀伊国屋書店の数学本の
コーナーに並んでいたと写真を送っていただきました。
ありがとうございました。
2016.10.12

 このブログは10月4日から11日まで、東京上野の東京都美術館で公開した立体魔方陣の 作品3点を解説するスマホガイドです。公開展示は2016.10.11で終了しました。

 立体魔方陣とは

 立体魔方陣の数学的な考え方
魔方陣の定義からは考えられない法則性が、定義の次元を一つを下げてみるとサグラダファミリアのクリプトグラム33が作れたり、一つ上の3次元のまでつながる法則性を見つけることが出来るということで、数学の既成の概念をすこし変える事によって見えてくる魔方陣の真理を可視化したものです。



image


















立体魔方陣の立体写真

image

立体写真の見方
少し寄り目をして2枚の画像を重ねると立体的に見えます。(交差法)
少しトレーニングが必要ですが平行法で見ると画像がより大きく見えます。
どちらも、特別な器具はなくても見る事ができます。

 一昨年新日美展で公開した立体魔方陣のDNA
image


  魔方陣は4×4方陣でピタゴラスのユピテル方陣が有名ですが、これは、 2次元の平面上で定義された 数字の組み合わせで、たてよこ対角線など4つの 数字の和が 34 になる不思議な数字の組み合わせが、魔法と思えるほどの多数存在しています。このような数字の組み合わせがどのような仕組みで出来ているのかを調べてみると、数字では表せない法則がある事がわかりました。それを、アートで表現したのが今回の作品です。

解説youtube 魔方陣のDNA
https://youtu.be/_AUJ2F28xvc

 立体魔方陣の定義
立方体の各辺に同じ数字が並び、表面の6面全部と断面の6面,合計12面で魔方陣が成立している立方体を立体魔方陣と呼ぶ。

 菅野正人著  「素数と魔方陣」 出版    2015.9  リトルガリヴァー社
 全国の書店からご購入頂けます。
http://www.l-gulliver.com/sosu-special.html 

日本数学協会の理事の方から素数と魔方陣が、新宿紀伊国屋書店の数学本のコーナーに並んでいたと写真を送っていただきました。
IMG_0206
ありがとうございました。


上野公園 
 image


 東京都美術館 写真
image

新日美展入口 写真
 image

出品作

1. 洋画の部
       数学と宇宙の架け橋 立体魔方陣の公式  油彩F100 号

 サグラダファミリアのクリプトグラム33がどのようにして作られたかを調べてみると4×4の魔方陣には立体の1面に魔方陣の定義で成立しているものを当てはめれば、その面と接する辺を同じ数字するだけで残りの5面に入る数字が決定されてしまう法則性がある事がわかります。それを、16色の色を使って表したのがこの立体魔方陣の公式です。魔方陣の中に隠れていた法則性を色を使って表した時に見えるシンメトリーの美しさを感じていただければと思います。
http://blog.livedoor.jp/art32sosuu-sannkaku/archives/1055418183.html
http://blog.livedoor.jp/art32sosuu-kangaerutikara/archives/1002936473.html


 image
 



image
image

image



2.工芸の部
      数学と宇宙の架け橋 ピタゴラスの暗号
16色×4個=64個 の縄文土鈴で4×4×4の立方体を構成したオブジェで、重さは30kgあります。表から見えない内部の8個にピタゴラスの暗号が隠されています。
 そして、さらにその外側には、数学と宇宙の架け橋 となる、∞の次元までその法則性が完結している魔方陣の小宇宙を観る事が出来ます。
 今回初公開のピタゴラスの暗号は、4^2のユピテル方陣の中に隠された暗号を解読し4^3の立体魔方陣を作り、その4^3の3次元立体魔方陣を一つのアイテムとして今度は色を使って表現し立体魔方陣を構成したもので4^3×4^3=4^6,初めの魔方陣を2次元と考えれば、6次元の魔方陣と言うことになります。これを繰り返して行くと、数学では概念すら曖昧にしている無限の壁を越えて、∞の次元までその法則性が表されている魔方陣の宇宙を見る事が出来ます。
 そして、これは素数誕生のメカニズムと同じように魔方陣の新概念となる、魔方陣のDNAを発見したことによって、私たちの前に見える化した魔方陣の法則性がである事がわかります。 
 
 image


  image


image


image


image



3.工芸の部
              4色 問題の証明 ピタゴラストーン

image

数学の聖人ピタゴラスが遺した4×4の魔方陣ユピテル方陣は有名ですが、このユピテル方陣には、ユピテル方陣を1面として各辺に同じ数字が並ぶ3次元の立方体が成立する公式が隠れている事がわかりました。各辺に並ぶ同じ数字を1マスとおけば立方体表面は魔方陣のルールで4色のが隣り合わないので4色問題が球の表面で成立している事が証明出来ます
魔方陣の謎を数学的に解明!
4色の色は2次元の魔方陣の公式を表し、1から16の数字は3次元の立体魔方陣の公式を表しています。
【4色問題の証明 立体魔方陣 ピタゴラスの石】
ハンドメイド、手仕事のマーケットプレイス
Creema https://www.creema.jp/item/2928760/detail


image

image

image


image

以上です。

このページが展覧会のスマホガイドになります。

洋画のコーナーで展示している。立体魔方陣の公式を使うと魔方陣の定義から外れているサグラダファミリアのクリプトグラム33でも立体化できます。
立体魔方陣ペーパークラフト&スマホガイド

image
会場で見かけた方はお気軽にお声がけください。
立体魔方陣と立体クリプトグラムのペパクラをプレゼントします。

 お問合せはメールでお願いします。
art32sosuu@icloud.com


いよいよ最終日です。下記の情報を確認するために今日も上野駅に行って来ました。10時50分店頭にはまだ並んでいませんでしたが、聞いてみると今入ったところです。と言う事で今日のお昼は峠の釜飯になりました。
今日は最終日で1時までです。初日と同じように小田急のロマンスカーで食べながら帰ります。ご来場頂き有難うございました。

上野へお出かけの方にミニ情報です。
 
IMG_0207


image
 
毎日11時頃に上野駅構内の駅弁屋に行くと、昔懐かしい峠の釜めしを買うことが出来ます。
image

今食べました。やっぱり美味しい変わらない味でした。
2016.10.4 pm1:00

 
 ビッグバン宇宙の菅数論 - 素数誕生のメカニズム
http://blog.livedoor.jp/art32sosuu/archives/18927757.html

リーマン予想 証明完了! - 素数誕生のメカニズム
http://blog.livedoor.jp/art32sosuu/archives/42033644.html


 菅野正人の本 現在5冊 全国の書店からご購入いただけます。
                 art32m-kギャラリーで 直接販売も実施中

1.  新風舎         漢字パズル般若心経    2005年出版     600円+税  絶版 
2.  新風舎         脳トレ 数字パズル     2007年出版     500円+税  絶版 

    小中高校生の発想力を鍛える脳トレ授業のテキストとして出版しました。

3.  現代図書       ねこパズル&Seek10   2013年出版     980円+税

4.  リトルガリヴァ-社   Seek10 365問     2014年出版     1700円+税

    リーマン予想を証明する本「素数と魔方陣」出版しました。

5.  リトルガリヴァ-社   素数と魔方陣       2015年出版      1600円+税
    


 

↑このページのトップヘ