数学上の数字による魔方陣の定義では4^3の立体魔方陣以外は成立していませんが、その内部の2^3の立体魔方陣でも縦横対角線に 1から4の数字の内、同じ数字が重複しないというルールでは立体魔方陣が成立します。
これを色に置き換えれば、2×2の4つのマスに4色の色が重複しないというルールが成立する魔方陣が存在していると言えます。
これは極めて当たり前のことですが、着目点はその縦横対角線に、4色の色が縦横対角線に重複しないと言うルールで立体魔方陣が存在していると言う点にあります。
立体魔方陣は立方体の各辺に同じ数字が並んで立方体の表面の6面全部で魔方陣が成立しているので、立方体の表面、つまり球の表面で4色の色が隣り合わないというルールで塗り分けられている立方体が存在している事になります。ところで、球の表面は無限の平面と考えることができるので、2^3の立体魔方陣の存在という事実が、無限の平面に区切られたマスでも4色で塗り分けられると言う4色問題の証明になります。

IMG_3426
                             4色問題の証明   2^3  立体魔方陣
IMG_3432

                                   正8面体

IMG_3421
       球の表面は無限の平面    魔方陣のルールで4色塗り分け

IMG_3422
           立体魔方陣の内部 に 2^3 立体魔方陣

IMG_3424
     数学と宇宙の架け橋     4^3の立体魔方陣  (ユピテル方陣)

IMG_3425
        
数学と宇宙の架け橋     4^3の立体魔方陣  (ユピテル方陣 4色問題)
菅野正人
ビッグバン宇宙の菅数論 - 発想力教育研究所 素数誕生のメカニズムhttp://blog.livedoor.jp/art32sosuu/archives/18927757.html 
リーマン予想 証明完了! - 発想力教育研究所 素数誕生のメカニズム http://blog.livedoor.jp/art32sosuu/archives/42033644.html